看護師

企業看護師に転職するとこんな職場で働けます【病院勤務からの脱出】

企業看護師に転職したい看護師
企業看護師に転職したい看護師
企業看護師に転職する場合の仕事内容を知りたい。

転職後に後悔しないためにも、企業看護師として働くメリット・デメリットを知りたい。

これから企業看護師として転職したいので、自分の働き方にあった職場をみつけたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

企業看護師の転職に関して、実際の体験談にもとづいて解説します。

企業看護師に転職するとこんな職場で働けます

企業看護師の転職先には、以下のような職場があります

  • 治験コーディネーター
  • 臨床開発モニター
  • クリニカルスペシャリスト
  • コールセンター
  • 企業の医務室・健康管理室

一つづつ解説します。

治験コーディネーター

治験コーディネーターは被験者となる患者さん含め、治験に関わるすべての人の調整を一手に引き受ける仕事です。(主に製薬会社や医師、看護師、薬剤師、事務など)

治験コーディネーターは、医療系の国家資格をもっている・病院勤務がある人が優遇される傾向にあり、看護師からの転職も多い職種です。(全体の約3割程度|参考:日本SMO データ2017

給料はどれくらい?どんな仕事を行うの?

給与
平均月収 20〜25万円程度+賞与3〜4ヶ月(初年度)

*5年目以降 年収500〜600万円前後

休日

夜勤はないが、繁忙期になると残業や休日出勤などが発生する

仕事内容
  1. 治験に向けての準備
    ・治験実施計画書や医師、薬剤師などから治験薬と疾患についての情報収集を行う
    ・関係各所によるミーティングに向けての資料作成やミーティングのサポート
    ・治験に必要となる検査機器などの管理
  2. 治験実施中の業務
    ・治験候補者を選定する
    ・治験者に渡す説明文・同意書を作成する
    ・治験者のさまざまなフォローを行う
    ・症例報告書を作成する
  3. 治験終了
    ・治験終了報告書を作成

*参考:なるほどジョブメドレー

メリット・デメリットは?

メリット
  • 看護師の知識と経験を生かすことができる
  • 夜勤がない
  • 基本的に土日休み
  • 主にデスクワークになるので体が楽
デメリット
  • 看護技術のスキルが低下する
  • 繁忙期になると残業が多くなる

体験談「治験コーディネーターとして働いている人の声」

不安はありましたが、治験コーディネーターへ転職してよかったと思います

一番の理由は、たくさんの人が救われる可能性がある新薬開発の一端に携われているからです。

とはいえ仕事をはじめた当初は、調整先があまりにも多くプチパニックな毎日を過ごしていました。

また病院から病院への移動も多く、看護師時代とは違う疲れと戦っていました。

ただすべてやりきった後の達成感は格別で、その瞬間に転職をしてよかったなと感じます。

最後に個人的なアドバイスとして、人と人のコーディネートする仕事なのでコミュニケーションが苦手な人にはオススメしない職場です。

臨床開発モニター

臨床開発モニターは、製薬会社または医薬品開発事業委託機関としての立場から治験を管理する仕事です。

臨床開発モニターは治験コーディネーター同様、医療系の国家資格をもっている・病院勤務がある人が優遇される傾向にあり、看護師からの転職も多い職種です。

給料はどれくらい?どんな仕事を行うの?

給与
平均月収 25〜30万円程度+賞与3〜4ヶ月(初年度)

*5年目以降になると、年収600〜1000万円前後
*転職先の企業によって大きく異なる(大手・中小・外資系)

休日

夜勤はないが、繁忙期になると残業や休日出勤などが発生する

仕事内容
  1. 治験に向けての準備
    ・標準業務手順を作成・チェック
    ・治験を行うことができる医療機関・医師などの選定・契約締結
    ・関係各所を集めた会議の設定・実施
  2. 治験実施中の業務
    ・治験薬の交付・管理
    ・治験者に説明する同意書の作成依頼・内容のチェック
    ・治験のモニタリング・報告書の作成
    ・症例報告書の確認・修正
  3. 治験終了
    ・治験の終了手続き・報告・通知

*参考:なるほどジョブメドレー

メリット・デメリットは?

メリット
  • スキルアップが年収に直結する
  • 開発中の新薬開発に携わることができる
  • 基本的に土日休み
  • 夜勤がない
デメリット
  • 看護技術のスキルが低下する
  • 繁忙期になると残業が多くなる

体験談「臨床開発モニターとして働いている人の声」

看護師時代とは大きくフィールドが違いますが、転職したことに後悔はありません

なぜなら新薬の開発に携わることができていることに、毎日やりがいを感じているからです。

想像以上に作成しなければいけない書類が多く、定時に帰れない日も続くこともありますが、それと同時に新しい情報に触れることで知識を深めることができています

ただ担当する案件によって帰る時間がバラバラになったり、泊まりのときもあるので子育てと両立するは難しいのがネックです。

クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストは、医療機器の販売において臨床的・専門的見地から支援する仕事です。

それに伴い、営業職の仕事をサポートすることになるため、医療機関からの問い合わせに対しても対応していく必要があります。

給料はどれくらい?どんな仕事を行うの?

給与
平均月収 25〜30万円程度+賞与3〜4ヶ月(初年度)

*5年目以降になると、年収500〜700万円前後

休日

夜勤はないが、繁忙期になると残業や休日出勤などが発生する

仕事内容
  • 医療機器の使用方法の説明
  • 説明会や研究会の企画・実施
  • 営業職のサポート(データ収集・分析)

*参考:ライプニツ・リサーチ

メリット・デメリットは?

メリット
  • 働き方によって病院勤務より年収がアップする
  • 看護師の経験を生かすことができる
  • 基本的に土日休み
  • 夜勤がない
デメリット
  • 求人が少ない
  • 看護技術のスキルが低下する
  • 繁忙期になると残業・休日出勤が多くなる

体験談「クリニカルスペシャリストとして働いている人の声」

現状に満足せずに、一歩踏み出してよかったと思います

そう思うことができるのは、看護師としての可能性を広げてくれる仕事に携わることができているからです。

医療機器の知識はもちろん、その知識を臨床現場とリンクさせること、さらにその両方を効果的に説明し売上につなげることなど、病院勤務では経験できないさまざまなスキルを学ぶことができています

最近ではさらなるキャリアップを目指すために英語学習をはじめました。

病院勤務と違い必要なスキルを身につけることで、活躍の場が広がるだけでなく給料もアップにもつながるのでとてもやりがいを感じます。

看護師経験を生かしたコールセンター

ここでいうコールセンターとは、看護師の経験を生かすことができるコールセンターです。

たとえば製薬会社や保険業界、医療機器会社などがあり、健康相談や医療的な相談、医療機器の相談業務などがあります。

給料はどれくらい?どんな仕事を行うの?

給与
平均月収 25〜30万円程度
時給 1,700〜2,200円程度

*夜勤のみの場合は50万円を超える人もいる

休日

日勤のみや夜勤のみ、非常勤などから選ぶことができる
基本的に勤務は決まっているため残業や休日出勤などをすることはない

仕事内容
  • 製薬会社:健康相談や薬の飲み方、病気に関する相談など
  • 医療機器会社:医療機器の使い方やトラブルの対処法など
  • 保険会社:健康相談や病気・怪我についての相談、子どもについての相談など

メリット・デメリットは?

メリット
  • 看護師の知識・経験を生かすことができる
  • 病院勤務に比べて体が楽
  • 平均時給が高い
  • 基本的に土日休み
  • 夜勤がない
デメリット
  • 看護技術のスキルが低下する
  • クレーム対応がある

体験談「コールセンターで働いている人の声」

病院勤務に比べて給料は減りましたが、今の私にはとてもいい職場環境です

なぜかというと、日勤のみ×夜勤なし×残業なしという環境で働くことができているからです

私も以前は病院勤務をしていたのですが、先輩が帰らないと帰れない(ムダな残業…)、そもそも夜勤が体に合わないという環境で体を壊してしまいました。

そういったこともあり、日勤のみの仕事を探した結果みつけたのが保険会社のコールセンターの仕事でした。

どんな質問にも的確に答えなければいけないというプレッシャーは凄まじいですが、それでも病院勤務よりは全然いいです。

企業の医務室・健康管理室

企業の医務室・健康管理室は、主に従業員の健康管理・健康増進を目的として設置されていて、企業看護師のなかでもとくに多くの求人がでています

給料はどれくらい?どんな仕事を行うの?

給与
平均月収 22〜35万円程度
休日

企業によって異なりますが、基本的にカレンダー通りの休日になります。
一般的に9〜10時の8時間勤務で、残業もほとんどありません。

仕事内容
  • 健康相談
  • 健康診断の計画・準備・管理
  • メンタルカウンセリング
  • 緊急時の対応

メリット・デメリットは?

メリット
  • 病院勤務に比べて体が楽
  • 平均時給が高い
  • 基本的に土日休み
  • 夜勤がない
  • 緊急対応がほとんどない
デメリット
  • 看護技術のスキルが低下する
  • 病院勤務への復帰が難しくなる

体験談「企業の医務室で働いている人の声」

規則的な生活ができるのが、一番の魅力です

その理由は、やはり夜勤がなくカレンダー通りに休めるからです。

慣れるまでは週5日の勤務がキツかったですが、慣れてしまうと病院勤務のときに比べて体の調子よくなり夜もぐっすりに眠れるようになりました。

仕事も主にデスクワークになるので、足への負担も少なくなりました。

給料が少ないのがネックですが、もう病院勤務には戻れない気がします…。

企業看護師の求人をみつける方法

結論として、転職サイトを利用するのが最善策です

その理由は以下の通りです。

  • 求人数が少ないのに人気がある
  • 病院ではなく企業に就職する

求人数が少ないのに人気がある

企業看護師は求人倍率が高いんです

とくに条件がいい求人の場合は、争奪戦になってしまうためタイミンが重要になります。

以前の私も転職先の候補として、企業の医務室の就職を考えていましたが、通勤圏内に求人がなく諦めました。(3〜4ヶ月ほどチェックしていましたがダメでした…。)

朝比奈
朝比奈
実際に企業看護師として働いている方に教えてもらったのですが、「そもそも看護師1〜2人の勤務で、やめる人も少ないから求人を探すのは難しいね」と言っていました。

ちなみにその方も転職サイトに登録して、半年ほど待っていたら情報をもらえたそうです

病院ではなく企業に就職する

当たり前の話ですが、企業看護師で働く場合は病院ではなく企業に就職することになります。

そのため確実に内定をもらうためには、企業向けの履歴書・職務経歴書の作成、面接対策が必要になります

実際に私の場合も、転職サイトのキャリアアドバイザーさんに履歴書・職務経歴書の添削、面接対策をしてもらい非常に助かりました。

【無料】企業看護師の求人がある転職サイト3選

企業看護師の求人を見つけるなら、転職サイトへの登録がオススメです

無料で利用することができ、一般企業の求人も取り扱っています。

転職したいと思ったときでは遅いので、まずは登録だけ済ませておきいつでも情報をキャッチできるようにするのが最善策です。

https://life-climber.com/nurse-changejob-recommended/