看護師

【低リスク】看護師から別の仕事に転職することは可能【私もできた】

看護師から別の仕事に転職したい人
看護師から別の仕事に転職したい人
看護師から、別の仕事への転職を考えています。

そもそも、看護師経験しかない私が、別の仕事へ転職することは可能ですか?

可能なら、その理由や転職するときの注意点、リスクなどについて教えてほしいです。

あと、できる限り後悔のない転職をおこないたいので、実際に看護師から別の仕事へ転職した経験がある人から、失敗しないための転職方法や転職してわかったメリット・デメリット、転職後の生活などについて話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。
現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

「看護師から別の仕事に転職したい…」、という気持ちよくわかります。

なぜなら私自身も、新人の頃から看護師を辞めて別の仕事に転職したい、と思っていたから。

そんな私も、10年目にしてやっと看護師から別の仕事に転職し、今は「一般職+副業」という形で働いています。

結果として、看護師時代よりも給料が下がってしまいましたが、「充実感や幸せを感じられる時間が格段に増えた」ので後悔はまったくしていません。

また心配していた転職活動についても、思った以上に「低リスク」でおこなうことができました。

とはいえ、失敗のリスクを下げ、貴重な時間をムダにしないためには、いきあたりばったりの転職をせずに計画的に転職活動をおこなうことが重要だと実感しました。

今回は、そんな私の実体験にもとづいて、看護師から別の仕事に転職するメリット・デメリットや、低リスクで転職できる理由、失敗しない転職方法などに関して解説します。

看護師から別の仕事に転職したい…【その気持よくわかります】

看護師から別の仕事に転職したい…、その気持とてもよくわかります。

なぜなら私自身、新人の頃からずっと「看護師を辞めて別の仕事に転職したい…」、と思いながら働いていたから。

ただ実際に、看護師から別の仕事に転職できたのは、10年目になってからでした。

これに関しては、もっと早く行動をすればよかったと、今でも「強い後悔」を抱えています。

看護師から別の仕事に転職するまでに、時間がかかってしまった理由

理由は、以下のとおり。

  • 周囲の意見に流されてしまった
  • 漠然とした不安を、不必要に恐れてしまった

実際、看護師から別の仕事に転職したいことを、周囲の人に伝えると、ほぼ全員から猛反対を受けました。

なかには「看護師を辞めたら絶対に後悔する」とか、「別の仕事に転職するなんて逃げだ」、という人もいました。

今思えば、なんの根拠もない意見なんですが、当時の私はこれらの意見をすべて真に受けてしまいました。

結果、漠然とした不安を不必要に恐れてしまい、転職するまでに時間がかかってしまいました。

そんな私が、看護師10年目にして、別の仕事に転職できたのは、決定的な理由ができたからでした。

私が看護師から別の仕事に転職した決定的な理由

看護師から別の仕事への転職を「決定的」にしたのが、以下の3つの理由です。

  • 看護師を続けることに、限界や絶望を感じてしまった
  • 看護という仕事に、やりがいを感じなくなってしまった
  • 組織に属さず働きたい、と強く思った

ちなみに上記以外にも、以下のような理由で看護師から別の仕事に転職したいと思っていました。

  • 看護師だけで、一生を終えるのが恐ろしくなった
  • 多忙で責任が強い職場から、離れたいと思った
  • 夜勤がない生活を、手に入れたいと思った
  • 陰湿な人間関係に、耐えきれなくなった
  • そもそも、看護師になったのは手に職がほしかったから
  • 慣れるどころか、年々、心身ともに疲れることが多くなった
  • etc…

理由①「看護師を続けることに、限界や絶望を感じてしまった」

というのも、先輩看護師や主任、師長をみていたら、自分のいきつく絶望の未来が想像できてしまったから。

具体的には、頭打ちの給料、愚痴ばかり言う先輩、不幸せそうな先輩、いつも疲れた顔をしている管理職、夢や希望がないという先輩、etc…。

「このまま働き続けたら、自分のこんなふうになってしまうんだ…」と思ったら、一瞬にして看護師を続けることに限界や絶望を感じ、別の仕事に転職しなければという強い意思がうまれました。

理由②「看護という仕事に、やりがいを感じなくなってしまった」

一番の理由は、看護師としてのキャリアを伸ばすための、気力や活力、モチベーションが空っぽになってしまったから。

具体的には、年間目標をたてることができない、自己研鑽ができない、看護師としての将来をイメージできない、etc…。

「あ、自分は看護師という仕事にやりがいを感じなくなってしまったんだ…」、そう思った瞬間に、別の仕事に挑戦しなければ、という強い気持ちがうまれました。

理由③「組織に属さず働きたい、と強く思った」

そう思った一番の理由は、看護師同士の「陰湿で最悪な人間関係」にほとほと疲れてしまったから。

とくに以下のような人たちと、一緒に仕事をするのは「本当に苦痛」でしかなかったです。

  • 無視する人
  • 気分屋の人
  • 理不尽に怒る人
  • いつも嫌味を言う人
  • とにかく性格が悪い人
  • 常に粗探しをしてくる人
  • 人によって態度が変わる人
  • 聞こえるように悪口を言う人
  • なにかと威圧的な態度をとる人
  • etc…

「こんな苦痛でしかない人間関係から開放されたい…」、そのためには個人の力で稼ぐ力を身につけ、組織に属さず働く必要がある、これからはその目的を実現するために行動しよう。

そう思った瞬間から、看護師から別の仕事に転職するための決意が固まりました。

  • 稼ぐ力がない→雇われの身→会社が働く人を選ぶ→自分で働く人を選ぶことができない
  • 稼ぐ力がある→独立の身→自分で働く人を選ぶことができる

余談:看護師から別の仕事に転職した方がいい人

やっぱり…以下のような人は、看護師から別の仕事に転職した方がいいです。

  • 看護師を続けることに、限界や絶望を感じてしまった人
  • 看護という仕事に、やりがいを感じなくなってしまった人
  • 陰湿で最悪な人間関係から解放されたい人

なぜなら、看護師のままでいると、負のサイクルからずーと抜け出すことができないから。

私もなんだかんだ理由をつけて、看護師を続けていたら数年後にひどい後悔をすることになっていたと確信しています。

看護師から別の仕事に転職することは可能【しかも低リスクでできる】

結論として、看護師なら「低リスク」で別の仕事に転職することができます。

理由は、看護師資格+経験という「人生の保険」があるから。

具体的には、以下のとおり。

  1. 多くの医療・福祉現場で看護師が不足しているため、働く場所がたくさんある
  2. そのため、「看護師資格+経験=人生の保険」があれば、基本的に仕事に困ることがない
  3. 転職に失敗したとしても、ひとまず看護師に戻れば、仕事があるため衣食住には困らない
  4. 結果として、過度に失敗を恐れることなく、転職活動をおこなうことができる

実際に私が、公務員看護師という安定した生活を捨てて、別の仕事に転職することができたのは「人生の保険」があったのが大きいです。

とくに「仕事に困ることがない=衣食住に困ることがない」というのは、失敗しても大丈夫という「絶対的な安心感」につながりました。

余談:看護師不足は今度も続く話

具看護師不足に関しては、厚生労働省の看護職員受給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてで以下のような明記があります。

社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

このように、今後も看護師不足は続くため、病院を含む「多くの医療・福祉現場」で看護師が必要とされます。

結果、「仕事に困ることがない=衣食住に困ることがない」という状況がうまれるため、低リスクで看護師から別の仕事への転職に挑戦することができます。

別の仕事に転職するなら、3年目をやりきってからするべし

結論として看護師から別の仕事に転職するなら「3年目をやりきってから」のほうがいいです。

理由は、以下のようなメリットがあるから。

  • 転職先選びの幅がひろがる
  • 人生の保険ができる
  • 働き方の幅がひろがる

具体的には、以下の記事で解説しています。

【実体験】3年目だけど看護師を辞めたい…【その気持ちわかります】もう限界…3年目ですが、看護師を辞めたいです。ただ、周囲からの反対もあり、あと一歩を踏み出すことができません。そもそも3年目というタイミングで、看護師を辞めるとどんなデメリットやリスクがありますか?かりにデメリットやリスクがあったとして、絶対に辞めない方がいいんですか?ここだけの話、手に職をつけるために看護師になったので、これ以上、スレレス大の環境に耐えることができません。できれば、看護師を辞めて、人生が楽しくなるような仕事をしたいです。とはいえ、看護師を辞めたあとに後悔したくないので、実際に看護師を辞めて転職した経験がある人のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師なら低リスクで別の仕事に転職できるが…注意点あり

というのも、看護師から別の仕事への転職には、メリットだけでなくデメリットもあるから。

そこでここからは、実際に転職してわかったメリット・デメリットについて解説していきます。

看護師から別の仕事に転職してわかった【デメリット】

実際に、看護師から別の仕事に転職して、とくに実感したデメリットは、以下のとおり。

  • 看護師時代よりも、給料が下がる
  • 自分の無力さに絶望する

デメリット①「看護師時代よりも、給料が下がる」

看護師から別の仕事に転職すると、給料が下がることの方が多いです。

理由は、以下のとおり。

  • 夜勤手当がなくなる
  • 基本給が下がる
  • ボーナスが支給されない職場がある
  • etc…

実際に私の場合、看護師から一般職に転職した結果、給料がガクッと減ってしまいました。

ただそのぶん、心身ともにリラックスした状態で仕事することができるようになったので、まったく後悔はしていません。

看護師と一般職の平均年収の違い

具体的には、以下のとおり。

具体的には、以下のとおり。

全体 20〜29歳 30〜39歳
看護師 約525万円 290〜348万円 356〜368万円
一般事務 約248万円 136〜199万円 114〜214万円
医療秘書 約320万円 190〜257万円 176〜276万円
経理 約360万円 221〜289万円 210〜321万円
広報職 約440万円 281〜353万円 279〜379万円
営業職 約520万円 341〜418万円 348〜448万円

参照:平均年収.jp

ちなみに、営業職の場合は、看護師より年収が高くなることが多いです。

ただ営業職の場合は、人格を否定されるようなことが多々あるため、看護師以上にメンタル面が重要になります。

実際に私も営業職の経験をしたことがありますが、毎日のように「No」と言われる生活にメンタルがもちませんでした。

【実体験】看護師が営業に転職するときの必須要素【NOに耐える心】
【実体験】看護師が営業に転職するときの必須要素【NOに耐える心】看護師が営業職に転職することはできる?看護師が営業職に転職したときのメリットやデメリットを知りたい。看護師と営業職の違いや共通点などを知りたい。看護師が営業職に転職したときに活かすことができるスキル・知識を知りたい。看護師でも営業職に向いている人を知りたい。営業職への転職に失敗してもまた看護師に戻ることができる?こういった疑問に答えます。...

デメリット②「自分の無力さに絶望する」

看護師から別の仕事に転職すると、自分の無力さに絶望してしまいます。

なぜなら、看護師として積み上げてきた知識・スキルが、ほぼほぼ役立たないから。

実際に私の場合、看護師から一般職に転職しましたが、「ビジネス戦闘力がゼロ+使えない人材である」という事実を、毎日のようにつきつけられました。

ただ、自分の無力さに絶望した結果、ビジネスで必要となる知識・スキルをみにつけることができたので、勇気をだして別の仕事に転職してよかったと思っています。

看護師経験は、一般職ではほぼほぼ役に立たない件

というのも、看護師と一般職では仕事内容がまったくことなるから。

具体的には、以下のとおり。

電話対応 名刺交換等のマナー 営業回り・営業事務
顧客対応 郵便物の発送・仕分け アポ取りの方法
見積書・請求書・発注書などの作成・発送・管理 決算業務の補助 プレゼン資料の作成
伝票処理・整理 契約書の説明〜締結 etc…

看護師から別の仕事に転職してわかった【メリット】

実際に、看護師から別の仕事に転職して、とくに実感したメリットは以下のとおり。

  • 幸せ指数がグーンとアップした
  • 人生の充実度が格段に向上した
  • 人生に希望を見出だせるようになった

メリット①「幸せ指数がグーンとアップした」

理由は、看護師から別の仕事に転職したことで「心身のストレスが激減」したから。

具体的には、陰湿な人間関係や先輩看護師や医師からの理不尽な扱い、不規則な勤務、命に関わるプレッシャー、etc…、など看護師時代に毎日のように感じていた、さまざまなストレッサーから解放されました。

もちろん、仕事をするなかでストレスに感じることはありますが、看護師時代に比べれば全然大したことないです。

メリット②「人生の充実度が格段に向上した」

理由は、看護師から別の仕事に転職したことで「やりがいのある仕事」をみつけることができたから。

実際、やりがいのある仕事をみつけてからは、誰にいわれるでもなく目標をたて、自己研鑽をおこうようになりました。

  • 仕事が終わってからの作業
  • 休みを日を削っての作業
  • ちょっとした空き時間をつかっての情報収集
  • さらに数万円をする教材を購入しての勉強
  • etc…

しかもこれらのことを、嫌だなという気持ちではなく「楽しんで」おこなえるようになりました。

なんだかんだで仕事は人生の大半をしめるもの。

そんな仕事を楽しんでおこなえるようになった結果、人生の充実度が格段に向上しました。

メリット②「人生に希望を見出だせるようになった」

理由は、看護師から別の仕事に転職したことで「組織に属さず生きるための方法と手段」を、みつけることができたから。

その結果、今は3〜5万円/月の副収入と、不定期ですが10万円/回の副収入を得ることができるようになりました。

まだまだ少ない金額ですが、それでも自分の力でお金を得るスキルを身につけられたことで、人生に希望を見出だせるようになりました。

絶望と希望のない人生からの脱出…、これができただけでも看護師から別の仕事に転職した価値が大いにあったと思います。

【実証済】ブログは看護師にオススメの副業です【月3万を稼ぐ方法】看護師ですが、副業でブログを始めたいと考えています。ただ…知り合いにブログを行っている人がいないため、本当に稼げるかわからず、あと一歩が踏み出せずにいます。そもそも副業でブログを始めて、収入を得ることは可能ですか?可能なら、その理由やブログで収入を得るための方法を教えてほしいです。それとブログを始めてから後悔したくないので、実際に副業でブログを行っている看護師から「ブログを行うデメリット・メリット」や「副業を始めるときの注意点」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師から別の仕事に転職してよかった【後悔ゼロです】

このように看護師から別の仕事への転職は、メリットだけでなくデメリットをともなうものになります。

とはいえ私自身は、看護師から別の仕事に転職したことを一切後悔してしません。

なぜかというと、看護師を辞めたことで「圧倒的に幸せな毎日」を過ごせるようになったから。

私が圧倒的に幸せな毎日を過ごせるようになった理由

理由は、以下のとおり。

  1. 「本当にしたい生き方」を見つけることができた
  2. 本当にしたい生き方を実現するために、日々行動できるようになった

とくに、以前まで苦痛の根源になっていた仕事が、「自分の夢や希望を実現させるためもの」と思えるようになったのはかなり大きいです。

実際、以前なら苦痛した感じなかった作業も、自分の夢や希望を実現させるためものと考えるようになってからは、楽しみながら行えるようになりました。

看護師を辞めたら…幸せになれた【本当にしたい生き方をみつけたから】看護師を辞めたら、幸せになれるか知りたい。看護師を辞めた後に、幸せになる方法を知りたい。できれば、看護師を辞めたいと考えているので、実際に看護師を辞めた人の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。 ...

看護師から別の仕事に転職する方法【まずは自己分析をするべし】

結論として、失敗しない転職をおこなうためには、「転職目的を明確」にすることが重要です。

なぜなら転職目的が曖昧だと、「負の連鎖」に陥ってしまう可能性が高くなるから。

具体的には、以下のとおり。

  1. 転職目的が曖昧…
  2. 行き当りばったりの転職活動をしてしまう
  3. せっかく転職に成功しても、転職後に後悔する確率が高くなる
  4. それによって、短期間で転職を繰り返してしまう確率も高くなる
  5. 履歴書が傷つき、採用担当に与える印象が悪くなってしまう
  6. 結果、内定をもらる確率が低くなってしまう

転職目的を明確にする方法

「自己分析」をおこないましょう。

なぜなら自己分析をおこなうと、転職目的を導き出すことができるから。

実際に私の場合も、自己分析をおこなった結果「なにから始めたらいいのか?」、という疑問の答え(=転職の目的)を明確にすることができました。

  • どう生きたいか:組織に属すことなく働きたい
  • 転職活動の軸:看護師資格を活かして、組織に属さず働く方法を身につける
  • 転職の目的:まずは「病院以外の職場に転職」して、看護師の可能性を探る

よくある質問「自己分析ってどうやっておこなえばいいの?」

まずは無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を利用すれば問題なしです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、明確な答えがでない…

そんな場合は、誰かに相談するのが最適解。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには、誰かと「話をしながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また、今だと「どう生きたいか?」を明確化してくれる、キャリア支援サービスもあります。

私のように、「周囲の人に相談できない」「相談したけど、否定的な意見しか返ってこない」などの状況で悩んでいるなら、プロのキャリアトレーナーに相談するのがいいです。

【無料で相談できる】キャリア支援サービス
朝比奈
朝比奈
あと、これは宣伝ですが、私自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...

看護師から別の仕事への転職に不安がある人へ【派遣看護師+アルバイトからはじめるべし】

そもそも、経験がないのに内定をもらえる自信がない…

できれば、ある程度は、経験をつんでから他職種への転職を挑戦したい。

そんな悩みを抱えているなら、まずは「派遣看護師×アルバイト」という形で働くのがいいです。

理由は、以下のとおり。

  1. 看護師から別の仕事(未経験の職種)に転職する場合…
  2. 転職したい分野の経験値をあげることが転職成功の鍵になる
  3. というのも、中途採用では「即戦力のある人材」が求められているから
  4. そのため「派遣看護師×未経験の職種でアルバイト」という形で、経験を積むことは…
  5. 転職を成功させるための有効な手段になる

派遣看護師を推奨する理由

それは、以下のようなメリットがあるから

  • 時給がよくて、勤務の融通がきく
  • 収入を確保しながら、転職したい職種の経験を積める

実際問題、未経験の職種の実務能力を身につけてる間は、収入がガクンと下がってしまいます。

そういった意味で「ある程度の収入を確保しながら、転職したい職種の経験を積める」、派遣看護師をすることには大きなメリットがあります。

派遣看護師なら時給2,000円を超える求人もある

そのため「派遣看護師として働きながら、未経験の職種でアルバイト」という形でも、そこそこに収入を確保することができます。

時給
病院 1,800〜2,200円
検診センター 1,600〜1,800円
保育園 1,500〜2,000円
特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円
コールセンター 1,900〜2,000円
クリニック 1,500〜2,000円

*2020年6月現在
参照:MC-ナースネット

例:「時給1,000円の職場で10日」+「時給2,000円の職場で10日」働いた場合
  • 「1,000円/時間 × 8時間/日 × 10日/ヶ月」= 8万円
  • 「2,000円/時間 × 8時間/日 × 10日/ヶ月」= 16万円
  • 「8万円」+「16万円」= 24万円

こんな感じで、派遣看護師と未経験の職種でアルバイトの両軸でいけば、ある程度の収入を確保しながら、転職したい職種の経験を積むことがきます。

ちなみに派遣会社にはそれぞれ得意な分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

実際に利用してよかった派遣会社