その他

【看護師】やりがいがない状態で働くのがシンドイ…【対処法を解説】

【看護師】やりがいがない状態で働くのがシンドイ…【対処法を解説】
やりがいがない状態で働いている看護師
やりがいがない状態で働いている看護師
看護師ですが、やりがいがない状態で働くのがシンドイ…。

できれば、やりがいがないときの対処法を知りたいです。

とはいえ正直な話、看護師を辞めてやりがいのある仕事をみつけたいです。

「やりがいがない…」という理由で看護師をやめてもいいですか?

それと看護師を辞めたあとに後悔したくないので、やりがいがないという理由で看護師を辞めた人から「やりがいがない理由」や「やりがいがないときの対処法」、「やりがいのある仕事を見つける方法」などのリアルな話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は転職アドバイザーとして活動しています。

「やりがいがない状態で働くのがシンドイ…」その気持ち痛いほどよくわかります。

なぜならわたし自身も、「陰湿すぎる人間関係にうんざい…」「昇給もみこめないし将来に絶望しか感じない…」「etc…」という理由から、看護師という仕事にやりがいを感じない状態で働いていた経験があるから。

やりがいがないと感じはじめたのは、5年目をすぎたあたりから…。

とはいえすぐに病院を辞める勇気はなく、実際に行動することができたのは10年目をむかえてから…、遅すぎる決断に今もなおヒドイ後悔をしています。

その一方で、勇気をだして病院・看護師を辞めたことで、やりがいのある仕事がみつかり、いまは充実した毎日を過ごせるようになりました。

今回はそんなわたしの実体験にもとづいて「やりがいがない理由」や「やりがいがないときの対処法」、「やりがいのある仕事を見つける方法」などに関して解説します。

やりがいがない状態で看護師をつづけるのがシンドイです…【その気持ちわかります】

「やりがいがない状態で働くのがシンドイ…」、その気持ち痛いほどよくわかります。

なぜならわたし自身、以下の理由から看護師という仕事にやりがいを感じない状態で働いていたから。

  • どれだけがんばっても給料に反映されない現実に、絶望を感じる…
  • 多忙な業務に不規則な勤務、心身ともにシンドイのに給料が見合ってない…
  • 将来に絶望しか感じないし、看護師として働くうえでの目標もみいだせない…
  • 看護師特有の人間関係がとにかく苦痛、こんな環境で看護師を続けるのはムリ…
  • 看護師を続けるための目標がない、残された人生を看護師だけで終えるのはイヤだ…
  • 有給も連休もとれないし、たまの休日もチーム会や研修…、なんのために仕事しているかわからない…
  • etc…

理由①「どれだけがんばっても給料に反映されない現実に、絶望を感じる…」

そう感じるようになったのは、5年目を過ぎたあたりから。

理由は「努力した結果が、給料に反映される仕事がある」、ということに気づいてしまったから。

とくに手に職をつけるために看護師になった私にとって、「努力量=給料」というはモチベーション維持するための重要な要素でした。

とはいえ看護師として働く限り「努力量が給料には比例しない…」、それを知ってしまった状態でやりがいを維持するのはけっこうシンドかったです。

理由②「多忙な業務に不規則な勤務、心身ともにシンドイのに給料が見合ってない…」

わたしの場合、経験年数を重ねるごとに「給料が見合ってない…」という思いが強くなっていきました。

というのも、経験年数が増えて「責任が増えても」、給料にはまったく反映されないから。

実際、看護師5年目を過ぎたあたりから「あれ?やることは増えるのに3年目と比べて給料がほぼかわらない…」、という事実に気づいてしまいました。

心身ともにシンドさが増しているのに、給料がまったく見合ってない…そんな状況でやりがいを保つことはかなりツラかったです。

理由③「将来に絶望しか感じないから、看護師として働くうえでの目標もみいだせない…」

わたしの場合、「先輩の話」を聞いたり、「先輩の姿」をみるたびに、将来に対する絶望感がつのっていきました。

理由は、以下のとおり。

  • 楽しそうに働いている先輩が圧倒的にいなかった
  • 先輩から聞く話は、どれもこれも憂鬱な内容だった
  • 「仕事を辞めたい…」が口癖の先輩が圧倒的に多かった
  • etc…

こんな感じで「基本的にマイナスな要素ばかり…」、まったくもって明るい未来が想像できませんでした。

とうぜんながら、そんな状態では看護師として働くうえでの目標も見出すことができず、やりがいを保つのもシンドかったです。

理由④「看護師特有の人間関係がとにかく苦痛、こんな環境で看護師を続けるのはムリ…」

ただでさえやりがいを感じない状態のなかで、看護師特有の人間関係はよりいっそうやりがいを奪うものでした。

というのもどれだけ経験年数をかさねても、「陰湿すぎる環境」や「お互いを非難しあう環境」、人間性を否定されるような環境」は、まったくもってかわらなかったから。

実際、看護師10年目にして「看護師でいる限りは、最悪な人間関係からぬけだすことができない…」、そう悟った瞬間に看護師としてのやりがいは崩れさりました。

理由⑤「看護師を続けるための目標がない、残された人生を看護師だけで終えるのはイヤだ…」

わたしの場合、「看護師5年目をすぎてから」看護師だけの人生を過ごすことに、かなりの疑問がわいていました。

理由は、「看護師を続けるための明確な目標」をたてることができなかったから。

実際にわたしの病院では、5年目以降から自分で年間目標をたてることになっていました。

しかしいざ5年目をむかえてみると「まったくもって目標がうかんでこず」、あたりさわりのないような目標しかたてることができませんでした。

そんな状態のなかで、看護師としてのやりがいを保つことはかなりシンドかったです。

理由⑥「有給も連休もとれないし、たまの休日もチーム会や研修、なんのために仕事しているかわからない…」

「プライベートが充実できない…」、そんな状況も仕事に対するやりがいがなくなる原因の一つでした。

というのもわたしにとって、看護師というのは「生きるための手段」でしかなかったから。

もちろん看護師として仕事をしているときは、命を預かる身として至極マジメに仕事にとりくんでいました。

とはいえあくまでも看護師は生きるための手段だったので、プライベートの時間が確保できないのはかなりの苦痛でした。

その結果として、「なんのために仕事をしているのだろう…」という気持ちがうまれ、看護という仕事に対するやりがいを感じなくなっていってしまいました。

【条件付き】やりがいを感じないなら、いったん看護師を辞めた方がいい件

結論として「3年目をやりきったタイミング」で看護師にやりがいを感じないなら、いったん看護師を辞めた方がいいです。

とくに「看護師以外の仕事をしたい」と考えているなら、なるべくはやい段階で決断することが重要です。

理由は、以下のとおり。

  • 「若さ+時間」という、貴重な武器+資産をムダをしてしまうから
  • 決断を先のばしにすると、後悔してしまう可能性が高いから

実際に私自身も、新しい挑戦をするたびに、以下のことを痛感しています。

  • 若いほうが、体力がある
  • 若いほうが、柔軟性がある
  • 若いほうが、吸収力がある
  • 若いほうが、方向性をかえやすい
  • 若いほうが、たくさんのことを試すことができる
  • 若いほうが、トライ&エラーを実践できる時間がたくさんある
  • 若いほうが、etc…

上記のとおりで、若さ+時間というのは「人生において大きな強み」になります。

そういった強みを最大限いかすためには、なるべく早い段階で決断することが重要です。

私の場合は、「不安に負け」決断を先のばしにしてしまったせいで、上記のメリットを最大限いかすことができませんでした。

その結果、今でもひどい後悔を感じています。

私と同じような後悔をしないためにも、看護師にやりがいを感じないなら、決断を先のばしにせずに積極的に行動するべきです。

【実体験】看護師辞めて違う仕事をしたい【注意点や転職方法を解説】「看護師を辞めて違う仕事に転職したい」と考えています。ただ、親への罪悪感や周囲からの猛反対、同じ看護師からの白い目などがあり、踏ん切りがつきません…。看護師を辞めて違う仕事に転職するのは、やめた方がいいですか?それとも勇気をだして行動した方がいいですか?勇気をだして行動した方がいいなら、「その理由」や「メリット・デメリット」、「どんな方法でどんな職種についたのか?」などを知りたいです。看護師を辞めたあとに後悔したくないので、実際に看護師を辞めて違う仕事に転職した人から、「失敗しない転職方法」や「違う仕事に転職すると決めたあとにやるべきコト」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

ただし経験年数3年目未満の場合は、3年目をやりきるまでがんばるべし

理由は、以下のようなメリットがあるから。

  • 転職先選びの幅がひろがる
  • 人生の保険ができる
  • 働き方の幅がひろがる

具体例:具体的には、以下の記事で解説しています。

【実体験】3年目だけど看護師を辞めたい…【その気持ちわかります】もう限界…3年目ですが、看護師を辞めたいです。ただ、周囲からの反対もあり、あと一歩を踏み出すことができません。そもそも3年目というタイミングで、看護師を辞めるとどんなデメリットやリスクがありますか?かりにデメリットやリスクがあったとして、絶対に辞めない方がいいんですか?ここだけの話、手に職をつけるために看護師になったので、これ以上、スレレス大の環境に耐えることができません。できれば、看護師を辞めて、人生が楽しくなるような仕事をしたいです。とはいえ、看護師を辞めたあとに後悔したくないので、実際に看護師を辞めて転職した経験がある人のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

そこでここからは、3年目未満の看護師にむけて、やりがいを感じない状態で働きつづけるための対処法を解説します。

やりがいがない状態で働くのがシンドイ看護師へ【3年目までやりきるための対処法】

やりがいがない状態でも、看護師をつづけるためには、以下のことが重要なります。

  • 異動して環境をかえる
  • どう生きたいかを明確にする
  • 仕事以外のやりがいをみつける
  • 看護師をやめたあとのことをイメージする

対処法①「異動して環境をかえる」

なぜならおなじ病院内でも、部署によって「今よりもやりがいを感じられる」場合があるから。

実際にわたしの場合も、病棟から手術室に異動したことで「仕事に対するやりがい」がアップしました。

異動したら仕事にやりがいがアップした理由

一番の理由は、「手術室の仕事が肌にあっていた」から。

もちろん「似たような器械の名前をおぼえる作業」や、「今まで経験したことがない業務を一からおぼえること」はかなり大変でした。

とはいえそれ以上に、さまざまな手術に関われることが思ったよりも楽しく、病棟に比べてやりがいをもって仕事ができました。

対処法②「どう生きたいかを明確にする」

理由は、「目標設定=看護師をつづけるための原動力」を確保するため。

実際問題、やりがいがない状態で仕事をつづけるためには、「看護師をつづけるための原動力=モチベーションの維持・アップ」が重要になります。

そこでおこなってほしいのが「自己分析」です。

自己分析をおこなう理由

理由は、3年目をやりきるまでの「目標設定」をすることができるから。

たとえば「旅をするように仕事をしたい」という目標設定ができた場合、以下のような感じで3年目までやりきるための原動力をうみだすことができます。

  1. 旅をしながら仕事をするためには、派遣看護師として働くのが最適
  2. ただ派遣看護師として働くためには、最低でも3年の経験年数があった方がいい
  3. 旅をするように仕事をするための準備期間だと思って、いまこのときを乗り切ろう

【余談】誰かに相談するのも一つの方法

なぜなら自分が本当に思っていることを明確にするためには、誰かと「話をしながら」頭の中を整理することも大切だから。

相談する相手については、ポジティブな話し合いができる相手なら誰でもOK。

なお私のように、「周囲の人に相談できない」「相談したけど、否定的な意見しか返ってこない」などの状況で悩んでいるなら、プロのキャリアトレーナーに相談できる「キャリア支援サービス」を利用するのがいいです。

【無料で相談できる】キャリア支援サービス
朝比奈
朝比奈
ちなみにわたし自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...

対処法③「仕事以外のやりがいをみつける」

理由は、仕事以外のやりがいが「看護師をつづけるための原動力」になるから。

たとえばわたしの場合は、「仕事終わりのバスケ=仕事以外のやりがい」をみつけてから、仕事をおこなうモチベーションがあがりました。

実際「仕事が終わったら、気の知れた仲間と楽しく汗を流すことができる」、そう思えだけでその日の仕事へのモチベーション率がかなりあがりました。

ちなみに知り合いの看護師の場合は、「英語とプログラミングの勉強=仕事以外のやりがい」にしていました。

その看護師は…

「数年後には海外を旅をしながら、旅先で仕事をする。そんなことを考えたら、やりがいのない今の仕事をがんばるモチベーションがあがる!」

といっていました。

仕事以外のやりがいをみつける方法

結論、小さいことでもいいから「とにかく新しいことに挑戦する」ことが重要。

なぜなら実際に挑戦して経験してみないと、「それ」にやりがいを感じるかどうかわからないから。

実際にわたしの場合も、「仕事終わりのバスケ=仕事以外のやりがい」をみつけるまでに、ゲームや読書・英会話・映画鑑賞・テニス・旅行・etc…など、いろいろ挑戦してみました。

その結果、たどりついたのが仕事終わりのバスケ。どうやら私の場合は「気の合う仲間と汗を流す」ことを求めていたみたいです。

対処法④「看護師をやめる前提で仕事をする」

理由は、「やめる前提=期限をきめる」ことで、仕事に対するモチベーションを維持しやすくなるから。

実際にわたしの場合も、「つぎに異動命令がでるまではがんばろう」という期限を決めたことで、10年目まで看護師をつづけることができました。

とはいえ今おもえば、3年目をやりきったタイミングで病院をやめておけばよかったと「かなり後悔」しています。

「やりがいがない…」という理由で看護師を辞めてもOK【やりがいのある仕事を見つける方法】

むしろ3年目をやりきったタイミングで、「やりがいを感じない」なら看護師をやめるべしです。

なぜならやりがいを感じないのに、ダラダラと仕事をつづけてしまうと「若さ+時間」という人生において大きな強みをムダにしてしまうから。

実際にわたしの場合は、やりがいを感じないのに看護師をつづけてしまったせいで、「若さ+時間」という貴重な資源を失い、いまになって大変な思いをしています。

わたしと同じような失敗をしないためも、3年目をやりきったタイミングで「やりがいを感じない」なら看護師をやめるべしです。

ただし「ただなんとなく」看護師を辞めるのはNG

理由は、以下のとおり。

  1. 考えなしに看護師をやめると…、
  2. 行きあたりばったりの転職をすることになり、
  3. 貴重な時間を「ムダ」にしてしまう危険がある

上記のようなリスクを防ぐためにおこなってほしいのが「自己分析」です。

自己分析をおこなうべき理由

理由は、転職活動における「道筋」と「ゴール」を明確にすることができるから。

具体的には、自己分析をおこなうことで、以下の3つのことが明確になります。

  • どう生きたいか
  • 転職活動の軸
  • 転職の目的(道筋+ゴール)

実際に私の場合も、自己分析をすることで「転職の目的」が明確になり、今はやりがいのある仕事をみつけることができました。

  • どう生きたいか:組織に属すことなく働きたい
  • 転職活動の軸:看護師資格を活かして、組織に属さず働く方法を身につける
  • 転職の目的:まずは「病院以外の職場に転職」して、看護師の可能性を探る

自己分析をおこなう方法

まずは無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を利用すれば問題なしです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、明確な答えがでない…

そんな場合は、誰かに相談するのが最適解。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには、「誰かと話をしながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また今だと「転職目的の明確化」をサポートしてくれる、キャリア支援サービスもあります。

私のように「周囲の人に相談できない」「相談したけど、否定的な意見しか返ってこない」などの状況で悩んでいるなら、プロのキャリアトレーナーに相談するのがいいです。

【無料で相談できる】キャリア支援サービス
朝比奈
朝比奈
あとこれは宣伝ですが、わたし自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

くわしくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...

看護師辞めて違う仕事に転職したい人へ

まずは「派遣看護師 × アルバイト」という形で働くのがいいです。

理由は、以下のとおり。

  1. 看護師から別の仕事(未経験の職種)に転職する場合…
  2. 転職したい分野の経験値をあげることが転職成功の鍵になる
  3. というのも、中途採用では「即戦力のある人材」が求められているから
  4. そのため「派遣看護師×未経験の職種でアルバイト」という形で、経験を積むことは…
  5. 転職を成功させるための有効な手段になる

くわしくは、以下の記事で解説しているので、参考にしてもらえるとうれしです。

【実体験】看護師辞めて違う仕事をしたい【注意点や転職方法を解説】「看護師を辞めて違う仕事に転職したい」と考えています。ただ、親への罪悪感や周囲からの猛反対、同じ看護師からの白い目などがあり、踏ん切りがつきません…。看護師を辞めて違う仕事に転職するのは、やめた方がいいですか?それとも勇気をだして行動した方がいいですか?勇気をだして行動した方がいいなら、「その理由」や「メリット・デメリット」、「どんな方法でどんな職種についたのか?」などを知りたいです。看護師を辞めたあとに後悔したくないので、実際に看護師を辞めて違う仕事に転職した人から、「失敗しない転職方法」や「違う仕事に転職すると決めたあとにやるべきコト」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...