看護師

【経験談】責任が重い仕事に疲れた…看護師辞めたい【選択肢は2つ】

責任が重い仕事を辞めたいと思っている看護師
責任が重い仕事を辞めたいと思っている看護師
責任が重い仕事に疲れた…看護師辞めたい。

というか…こんな考えで看護師を辞めるのは甘え?

できれば、責任が重くない(命に影響しない)職場に転職したい。

それか、看護師を辞めて違う仕事に転職したい。

「転職する」もしくは「看護師を辞めたい」と考えているので、実際に看護師を辞めた人の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

いまは転職アドバイザーとして活動しています。

わたしはこれまで、病院だけでなく、介護施設やデイサービス、訪問入浴、一般職などを経験してきました。

そのなかでもとくに責任が重く(命に影響する)、精神的な負担が大きかったのは、やっぱり病院でした。

わたしの場合は、そんな大変な生活を一生続けるのはムリだと思い、「病院を辞め、看護師を辞め」いまは一般企業種で働いています。

結果、人生の幸福度が格段にアップしたので、病院・看護師をやめた判断は正しかったです。

今回はそんなわたしの実体験にもとづいて、責任が重くて看護師を辞めたい人に向けて「どんな選択をするのがいいのか」を解説します。

責任が重い仕事に疲れた…看護師辞めたい【選択肢は2つ】

結論として「責任が重い仕事に疲れた…、看護師を辞めたい…」と思っているなら、選択肢は以下のの2つしかないと思います。

  • 耐え続ける
  • 耐える続けのをやめる

なぜかというと看護師として働く限り「人の命に責任をもつ」ということから、逃げられないから。

体験談:わたしが看護師を辞めた話

わたしが最終的に出した答えは、「耐え続けるのをやめる」でした。

一番の理由は、命に関わるという責任の重さ対して「看護師として働く熱意や向上心が足りない」と感じたから。

もちろん看護師として働いているあいだは、プロして責任をもって仕事をしていました。

ただ残りの人生を考えたときに、以下の自問した結果、わたしの答えは「No」でした。

  • 「責任の重さに耐え続けることができるか?」
  • 「責任の重さをはねのけるほどの情熱をもって、看護師を続けることができるか?」

よくある質問「看護師を辞めるか、他の仕事をするか迷っている…どうすれば?」

この場合まずは、「病院以外で看護師資格をいかして働く」のがいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 働く環境を変えると、看護師という仕事が楽しくなることがある
  • 病院以外の職場のなかには、直接的に命に関わる業務をしなくてすむところがある

実際、看護師を辞めたいと言っていた同期の看護師の場合、病院から介護施設に転職したとたんに「毎日楽しく仕事ができるようになった」と言って、いまでも看護師を続けています。

その看護師に理由を聞いてみると、以下のようなことをいっていました。

治療ではなくて生活のサポートがメインなったから、病棟勤務のような責任の重さを感じることが少なくなった。

病院以外で看護師資格を生かして働ける職場

下記のとおりで、看護師資格があると「病院以外」でも働くことができるんです。

病院 クリニック 診療所
臨床開発モニター コールセンター 美容クリニック
介護施設 デイサービス 保健所
リゾートナース 大学の保健室 訪問入浴
保育園 訪問看護 ツアーナース
治験コーディネーター 企業看護師 献血ルーム
救護室 障害福祉施設 児童養護施設
教員 乳児院 健診センター
イベントナース クリニカルスペシャリスト etc…

【注意点】看護師経験3年未満だと、転職できない職場がある

なぜかというと病院以外の職場では、「経験年数の縛り」があるところがあるから。

たとえば以下のとおりで、応募要件に臨床経験○年以上必要と記載されている職場があります。(一例)

  • 企業看護師:臨床経験3〜5年以上
  • 救護室:臨床経験2年以上
  • 検診センター:臨床経験2年以上
  • 治験コーディネーター:臨床経験2〜3年以上
  • etc…

もちろん転職先によって、経験年数不問というところもあるので、必ずしも臨床経験が必要というわけではありません。

ただ職場によって、求められるものや傾向等が違うため注意が必要です。

病院以外のとくに規模が小さい職場の場合

1フロアあたりの看護師の絶対数が少ないため、即戦力や知識・スキル等が求められる傾向がある。

全体として看護師が少ない職場の場合

教育体制が十分に整っていない、指導してくれる人がいないなど、入社後に十分な指導・教育を受けることができない、ということがありえるので注意が必要。

失敗しない転職をするために重要なこと

結論として、失敗しない転職をするためには以下のことが重要になります。

  • 自己分析をおこなう
  • 徹底した情報収集をおこなう
  • Win-Winの関係を意識する
  • 確認作業を確実におこなう
  • 3年目までやりきってから転職する

詳しくは以下の記事で解説しています。

【看護師転職】失敗しない人と失敗する人の違いを解説【失敗談アリ】
【看護師転職】失敗しない人と失敗する人の違いを解説【失敗談アリ】看護師ですが、転職を考えています。ただ始めての転職なので、何から始めたらいいかまったくわかりません。失敗しない転職をおこないたいので、実際に転職経験がある看護師から「転職するにあたりやるべきコト」や「失敗しない転職活動の方法」、「転職サイトを利用した方がいいのか?」などの話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。 ...

責任の重さに耐えられなそう…【看護師を辞めて他の仕事に挑戦するべし】

責任の重さに耐えられなそうなら、いったん看護師を辞めて「他の仕事に挑戦したほうがいい」です。

なぜなら、そのほうが心おだやかに人生を過ごすことができるから。

実際にわたしの場合は、病院を辞めたあとに、介護施設やデイサービス、訪問入浴、一般職などを経験してきました。

そのなかでもとくに心穏やかに過ごせているのは、一般職として働いている今です。

看護師辞めても、人生詰まないから大丈夫【周りの声は気にしない方がいい】

なぜなら看護師資格さえもっていれば、いざというときでも食いっぱぐれることがないから。

実際に看護師資格があれば、よほどこだわらない限りは「容易に仕事を得る」ことができます。

それを裏付けるのが、今後も続く看護師不足。

看護師不足に関しては、厚生労働省の看護職員受給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてで以下のような明記があります。

社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

余談:20代女性の話(看護師ではない人)

先日お話した20代女性の場合だと、20社以上に履歴書をおくったのに、面接にすすむことができたのは1社のみだと言っていました。

とはいえこれが現実。しかも「将来性がある20代」でこれだけ苦しい環境。

即戦力・実務能力が求められる30代になったら、もっと厳しい現実が待っているなと、思いました。

そういった意味でも、国家資格でなおかつ、全国どこもで仕事がある看護師資格は「生きるという意味_で心強い資格だと思いました。

よくある質問「責任が重いから看護師を辞めたいは甘えですか?」

個人的には、甘えではないと思いますし「甘えでもいい」と思います。

というのも「責任重いから辞めたい=甘え」というのは、一概に言えるものではないから。

物事の感じ方、捉え方などは人によって異なる

実際、心の耐久度や受けるダメージ、責任の感じ方などは「人によって」大きくことなります。

それを一色単にして「責任重いから辞めたい=甘え」というのは、横暴な考え方といえます。

それと同じように「辞めるべきではない」「我慢して続けるべきだ」という「〜すべき」という他人の言葉も、人生における「完璧な正解ではない」ので気にしないほうがいいです。

重要なのは「あなたがどう生きたいか」を明確にすること

そのためにはしっかりと立ち止まって、今後の人生を考える必要があります。

実際にわたしの場合は、病院を辞めてあとすぐに転職するのではなく「自分と向き合う時間」をつくりました。

そこで気づいたのは、バタバタと追われる日々をただただ消耗するだけの人生で「なにも考えずに生きてきてしまった」こと。

そんな当たり前なことをすら気づかなかった自分に、深く反省しました。

自分と向き合う時間を確保する方法

派遣看護師をするのがいいです。

理由は2つ。

  • 高時給で働くことができるから
  • 勤務の融通がきくから

実際、派遣看護師なら「時給2,000円超」の職場で働くことも可能。

病院 1,800〜2,200円
検診センター 1,600〜1,800円
保育園 1,500〜2,000円
特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円
コールセンター 1,900〜2,000円
クリニック 1,500〜2,000円

*2022年3月時点
参照:MC-ナースネット

看護師派遣ってどうなの?【メリットやオススメの派遣会社を紹介!】派遣看護師ってどうなの?派遣看護師として働きたいから、メリットとか注意点とかいろいろ知りたい。本記事ではこういった疑問に答えます。具体的にはわたしの実体験にもとづいて、派遣看護師として働くメリット・デメリットや派遣看護師をオススメする人の特徴、派遣看護師として働く方法などについて解説しています。...
たとえば、時給1,800円の職場で4日/週・8h /日で働く場合。

1,800円/時間×8h/日×4日/週×4週=230,400円

このように派遣看護師なら週休3日でも、ある程度の生活費を稼ぐことができます。

それに、固定費を下げれば週休4日も不可能ではありません。

それだけの時間ができれば、自分と向き合う時間を十分に確保することができますよね。

経験者がオススメする派遣会社

なお派遣会社に登録するときは、実績があり求人数の多い大手の派遣会社を選ぶようにしましょう。

またより良い求人を探すためには、複数の派遣会社に登録して、なるべく多くの求人を比較検討することが重要です。

わたしが実際に利用してよかったオススメの派遣会社は、下記の3つ。どの派遣会社も実績があり求人数も豊富で、担当になってくれた方もとてもいい方でした。

経験者がオススメする派遣会社
派遣会社 求人数
MC-ナースネット 約2,000件
看護のお仕事 約10,000件
ナースパワー 約2,000件

看護師派遣ってどうなの?【メリットやオススメの派遣会社を紹介!】では、派遣看護師の具体的な働き方や、注意すべきこと、メリット・デメリットなどに関して解説しているので、参考にしてもらえれば幸いです。

関連記事