その他

のんびりした性格の人は、看護師に向いてない?【答えは、Noです】

のんびりした性格で悩んでいる看護師
のんびりした性格で悩んでいる看護師
のんびりした性格の人は、看護師に向いてない?看護師を辞めたほうがいい?

答えが、「No」なら、のんびりした性格の長所(強み)を、最大限活かす方法を教えてほしいです。

というか…自分なりにがんばったけど、今の職場での仕事に限界を感じている…、できればのんびりした性格でも働きやすい職場を知りたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私自身、マイペースというか、のんびりした性格だったので、テキパキできる先輩から毎日のように怒られていました。

しかも、怒られると焦って余計にミスをして怒られて、また焦ってミスをする…、という悪循環を繰り返してしました。

そのたびに、看護師に向いてない…、辞めたいと思っていました。

それでも、なんとか10年目まで看護師を続けられたのは、のんびりした性格の長所(強み)を最大限活かす方法をみつけられたことが大きいです。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、のんびりした性格の長所(強み)を活かす方法や、のんびりした性格の看護師と相性のいい職場などを解説します。

性格がのんびりした人は看護師に向いてない?【答えはNoです】

経験として、性格がのんびりしているからといって、看護師に向いてないということはないです。

なぜなら、のんびりした性格には、以下のような長所(強み)があるから。

  • 周囲に目を配ることができる
  • 話をしっかりと聞くことができる
  • 相手に温かい印象を与えることができる
  • 些細なことに動揺せずに、冷静に行動できる
  • 自分は自分、他人は他人と考えることができる
  • 周囲の状況に左右されず、一定のペースで行動することができる
  • ペースは遅くても、一つひとつの仕事を丁寧におこなうことができる
  • 感情的にならず、ゆったりとした気持ちで物事を考えることができる
  • 緊急時でも、焦らず普段とおりのパフォーマンスを発揮することができる

このように、のんびりした性格には、さまざまな長所(強み)があります。

そして、これらの長所(強み)は、のんびりした性格の人が看護師に向いているという「大きな理由」になります。

向いている理由①「患者さんたちに癒やしを与える存在になれる」

なぜなら、のんびりした性格の看護師には、「相手に温かい印象を与えることができる×話をしっかりと聞くことができる」という長所(強み)があるから。

実際、不安を抱えて入院生活を送っている患者さんにとって、しっかりと話をきいてくれる看護師は心強い存在になります。

また、温かい雰囲気がある看護師は、無気質でどこか暗い空気が漂う病院生活において、患者さんの心をホッとさせ、心落ち着く癒やしの安心感を与えることができる存在になれます。

向いている理由②「患者さんから信頼される存在になれる」

なぜなら、のんびりした性格の看護師には、「ペースは遅くても、一つひとつの仕事を丁寧におこなうことができる×感情的にならず、ゆったりとした気持ちで物事を考えることができる」という長所(強み)があるから。

実際、今からなにをされるのだろう…とすべての手技に対して恐怖を感じている患者さんにとって、一つひとつの仕事を丁寧にこなしてくれる看護師は、患者さんから信頼される存在になります。

また、どんなときでも感情的にならない看護師は、右も左もわからず不安しかない入院生活において、どんな些細なことでも気軽に相談できる環境をつくりだし、患者さんに信頼と安心を与えることができる存在になれます。

結論→のんびりした性格の看護師がいてもいい【むしろ、必要な存在】

ここでは、のんびりした人が看護師に向いている理由を2つ紹介しましたが、これら以外にも向いている理由はさまざまあります。

そういった事実から言えるのは、のんびりした性格の看護師はいてもいい、「むしろ必要な存在」だということです。

ただし、職場で必要とされる存在になるためには、のんびりした性格の長所(強み)を「最大限」活かすことが重要になります。

のんびりした性格の看護師へ【長所(強み)を最大限活かす方法】

のんびりした性格の長所(強み)を最大限活かすためには、「短所(弱み)を克服する努力より、長所(強み)を伸ばす努力に重点を置く」ことが重要です。

理由は2つ。

  • そもそもとして、のんびりした性格を変えるのは難しいから
  • 長所(強み)を伸ばすことで、短所(弱み)をカバーすることができるようになるから

体験談:私が長所(強み)を伸ばすために行ったこと

たとえば、私の場合は、「緊急時でも、焦らず普段とおりのパフォーマンスを発揮することができる」という長所(強み)を伸ばす努力をしました。

具体的には、以下のとおり。

  • どんな状況でも決して慌てない
  • どんなに怒られても、一呼吸おいてから次の行動にうつる
  • 死ぬ以外かすり傷と考える
  • 焦れば焦るほど非効率で逆効果であることを自覚し、マイペースを貫くようにする
  • 常に一定のペースで動くようにする
  • 心の起伏をなくし、常にフラットでいるようにする
  • 慌てたり急いだりするほど、余計にミスをすると肝に銘じる
  • etc…

長所(強み)を伸ばしたら悪循環から抜け出せた

上記のことを意識するようになってから、怒られて「焦って」余計にミスをして怒られて、さらに焦ってミスをする…、という悪循環にはまることが少なくなっていきました。

その結果、どんな状況でも普段とおりのパフォーマンスを発揮できる回数が増え、「マイペース=とろい=仕事ができない人」と思われることが減りました。

もしも、このときに「とろいと思われる短所」を克服するために、マイペースを捨てスピードを重視するような努力をしていたら、「焦ってミスばかりする=仕事ができない人」というレッテルをはられていたと思います。

長所(強み)を伸ばすときに大事なこと

経験上、長所(強み)を伸ばすときには、以下の2つが大事になります。

  • 誰になんと言われようと、「ありのままの自分」を受け入れる
  • 誰になんと言われようと、「ありのままの自分」を前向きに捉える

理由は、軸がブレない人になるためです。

現実問題、長所(強み)を伸ばす努力をしているときは、「本当にこれでいいのだろうか…」「もしかして間違った行動をしているのではない…」など、後ろ向きな迷いが生じることが多々あります。

そういった迷いを払拭し、長所(強み)を伸ばす努力をし続けるためには、軸がブレないことが重要になります。

長所(強み)を伸ばすためには、環境を変えることも大切

とはいえ、今置かれている環境では、長所(強み)を伸ばすことが困難な場合があります。

そんなときは、一旦、今いる職場を辞めて、長所(強み)を伸ばすことができる職場への転職を検討することも重要になります。

【実体験】看護師が解説する失敗しない転職の始め方【マニュアル書】看護師ですが、転職を考えています。とはいえ、なにから始めたらいいのかわからない…。失敗や後悔をしたくないので、実際に転職経験がある看護師から転職のノウハウ等を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

のんびりした性格の看護師と相性がいい職場【介護系です】

「とうの昔に今の職場での仕事に限界を感じている…、できればのんびりした性格でも働きやすい職場に転職したい」と悩んでいるなら、介護系の職場へ転職するのがいいと思います。

なぜかというと、病院に比べて「のんびり」と働くことができるから。

実際に私は、デイサービス・介護施設・訪問入浴で働いた経験がありますが、どこの職場ものんびりと働くことができました。

のんびり働ける職場①「デイサービス」

デイサービスを利用するのは、基本的に介護度が低く、元気な人です。

そのため、介護といっても歩行介助をしたり、着替えの手伝いをしたりなど、簡単な介助をすることがほとんどでした。

また、バイタル測定も基本的に血圧測定や体温測定などの健康チェックが主になるため、そこまで大変ではなかったです。

それに加えて、1日のスケジュールが決まっていて、イレギュラーのことが起こることがめったになかったので、時間に追われることもほとんどなかったす。

デイサービスでの仕事内容

デイサービスでは、主に以下のような仕事をしていました。

  • 利用者さんのバイタル測定
  • 入浴後の簡単な処置
  • レクレーションの手伝い
  • 記録業務
  • 配膳・食事介助
  • 服薬管理
  • etc…

のんびり働ける職場②「介護施設」

私が働いていた介護施設では、ほとんどの人がある程度、自立した生活を送っていたため、デイサービス同様、簡単な介助をすることがほとんどでした。

また、利用者さんのペースに合わせたスケジュールが組まれていたため、比較的のんびりとした時間の流れで働くことができました。

介護施設での仕事内容

介護施設では、主に以下のような仕事をしていました。

  • 利用者さんのバイタル測定
  • 入浴介助・入浴後の簡単な処置
  • レクレーションの手伝い
  • 配膳・食事介助
  • 服薬管理
  • おやつや食事の準備
  • 散歩
  • etc…

のんびり働ける職場③「訪問入浴」

訪問入浴では、「オペレーター+ヘルパー+看護師」の3人体制で、利用者さんの自宅に訪問して入浴介助をおこなっていました。

私がおこなっていたのは、入浴前後のバイタル測定と入浴中の手伝い、更衣、入浴後の簡単な処置だけでした。

また、入浴介助についても、急いでおこなうのではなく、時間をかけてゆっくりとおこなうシステムだったので、のんびりと働くことができました。

介護系で働くなら、まずは派遣看護師として働くのがいい件

なぜかというと、派遣看護師の場合、時給が高いため、「週4勤務でのんびり働く」ことも可能だから。

特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円

*2020年6月現在
参照:MC-ナースネット

たとえば、時給1,800円の職場で働いた場合

1,800円/時間×8h/日×4日/週×4週=230,400円

このように、派遣看護師なら「週4勤務」でも約23万円の収入を得ることができます。

どうですか?23万円あれば、十分に生活できますよね。

さらに、生活水準を下げることができれば、週3勤務も不可能ではありません。

ちなみに、派遣会社にはそれぞれの特徴があるため、複数登録して求人の比較をしたほうがいいです。

私が実際に利用したオススメの派遣会社