看護師

看護師を辞めたら…幸せになれた【本当にしたい生き方をみつけたから】

看護師を辞めたら幸せになれるのか知りたい人
看護師を辞めたら幸せになれるのか知りたい人
看護師を辞めたら、幸せになれるか知りたいです。

もし幸せになれるなら…看護師を辞めた後に、幸せを掴むための方法を教えてほしい。

看護師を辞めたあとに後悔したくないので、実際に看護師を辞めて幸せな生活を送っている人のリアルな話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私は看護師として10年間働いた後に、看護師を辞めました。

その結果、今は本当にしたい生き方をみつけることができ、けっこう幸せな毎日を過ごすことができています。

とはいうものの、幸せな毎日とひきかえに失ったものもありました。

看護師を辞めて幸せになるためには、そういった失うリスクを踏まえたうえで、本当に辞めてもいいのかを要検討することが重要です。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、看護師を辞めた後に幸せになる方法や、看護師を辞めることによるリスク、リスクへの対処法などを解説します。

看護師を辞めたら、幸せになれた【本当にしたい生き方をみつけたから】

私の場合は、看護師を辞めたことで、幸せな毎日を過ごせるようになりました。

理由は、以下のとおり。

  • 「本当にしたい生き方」を見つけることができた
  • 本当にしたい生き方を実現するために、日々行動することができるようになった

ちなみに、私が本当にしたい生き方というのは、「組織に属すことなく働く」ことです。

そのために、今はパソコン1台で稼ぐ力を身につける努力を、日々続けています。

体験談:本当にしたい生き方が見つかったら、苦痛な作業でも幸せに感じるようになった

なぜかというと、すべての作業が、自分の夢や希望を実現させるための資産になっていくから。

たとえば、看護師時代のときは、自己学習や勉強会、研修会への参加など「自己研鑽・自己啓発」をおこなうことに苦痛しか感じず、自発的に取り組むことはほぼしませんでした。(恥ずかしながら…)

しかし、「組織に属さずに働く力を身につける」ことを生きる目的にしてからは、仕事終わりに勉強・休みの日に勉強・ちょっとした隙間時間に勉強など「自己研鑽・自己啓発」を積極的かつ自発的にとりくむようになりました。

もちろん、作業自体は苦痛を感じていますが、それでも本当にしたい生き方を実現するためだと思うと、幸せを感じながら作業をすることができています。

【実感】自己研鑽・自己啓発したら幸せ度がアップした

理由は、以下のとおり。

  • 収入の柱を増やすことができたから
  • 人間関係のストレスを減らすことができたから

実際に私の場合は、バイトをしながらブログ運営や動画編集など副業の勉強(自己研鑽・自己啓発)をすることで、月3〜5円万の副収入や、不定期ですが10万円/回の副収入を得ることができるようになりました。

その結果、以下のような好循環がうまれ、幸せ度がかなりアップしました。

  • バイトに行く日数を減らすことができた
  • 人間関係のストレスがかなり減った
  • 幸せ度がかなりアップした

私が看護師を辞めた後に、幸せになれたもう一つの理由【重要→人生の保険】

看護師を辞めた後に幸せになれたもう一つの理由は、「看護師資格+看護師経験」という人生の保険があったから。

具体的には、以下のとおり。

  1. 「看護師資格+看護師経験」という人生の保険がある
  2. もしものときも、看護師として仕事復帰ができる
  3. 看護師に戻ることができれば、食いっぱぐれることがない
  4. 看護師を辞めて、新しいことに挑戦できる
  5. 結果、本当にしたい生き方を実現でき、幸せ度がアップした

そもそもとして、「看護師資格+看護師経験」という人生の保険がなければ、新しいことに挑戦することができなかったと思います。

人生の保険をつくるためには、最低でも看護師経験3年は必要

なぜかというと、多くの職場で「3年目=一人前の看護師=即戦力になる」という認識をもってもらえるから。

実際、多くの採用担当者から、以下のような話を聞きました。

採用担当者
採用担当者
3年目は一つの目安。

3年働いている実績があれば安心して雇うことができる、即戦力として期待できる。

人材不足の現場としては、ウエルカムな人材ですよ。

このあたりの詳しい話については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてもらえるとうれしいです。

【実体験】看護師を辞めたい人のマニュアル書【後悔しないノウハウ】看護師を辞めたいです。とはいえ、なにから始めたらいいのかわからない…。 辞めたあとに後悔をしたくないので、実際に看護師を辞めたことがある人のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師を辞めただけでは、幸せになれない【辞めた後、後悔しないためにやるべきコト】

辞めた後に後悔しないためには、思考停止をやめることが重要。

なぜかというと、思考停止したままだと、以下のような悪循環にはまってしまう可能性が高いから。

  1. 思考停止したまま
  2. 自分が本当にしたい生き方が見つからない
  3. なんとなく看護師以外の仕事をする
  4. やりがいを感じず、不満や苦痛を感じる
  5. 結果、看護師を辞めたとして幸せ度がアップしない

実際問題、思考停止のままだと、永遠に現状から抜け出すことができません。

体験談:私が思考停止していた話

私の場合も、長らく思考停止していたせいで、現状維持維持どころから「下降する人生」を過ごしてきました…(後悔)。

  • 看護師以外のことをしたいけど、どうすればいいかわからない
  • 仕事は苦痛に感じるけど、給料をもらっているのだから仕方ない
  • とりあえず、毎日をこなしていけば生活に困ることはない
  • 病院で決められたことを実行すれば、お金には困らない
  • etc…

上記のとおりで、過去の私は「思考停止し、現状維持を選ぶ」ことで、本当にしたい生き方を見つけることを自ら放棄していました。

本当にしたい生き方を見つけ、幸せになるためには「思考し行動する」ことが大切

とはいえ、本当にしたい生き方をみつけるためには、思考するだけではNG。

大切なのは、「思考し、行動すること」です。

というのも、「これが本当にしたい生き方かだろうか…?」という疑問への答えを出すためには、実際に考え行動して経験してみないとわからないから。

実際に私の場合も、以下のような感じで「思考して行動して経験しながら」試行錯誤してきました。

  1. 病院辞めて、介護業界で働く
  2. 介護業界で知り合った人と、起業する
  3. 起業に失敗…、一人で生きる手段を模索する
  4. インターネットビジネスに出会う
  5. バイトをしながら、インターネットビジネスをはじめる
  6. 本当にしたい生き方がわかる→「パソコン1台で、世界中を飛び回る」
  7. 本当にした生き方を実現するために、現在も思考&行動中

こんな感じで、思考&行動を繰り返した結果、「本当にしたい生き方と、それを叶えるための手段」を見つけることができました。

そして今は、本当にしたい生き方を実現するために、日々を生きることができているので、毎日が結構幸せです。

余談:看護師にやりがいを感じないなら、辞めた方が幸せ

なぜなら、やりがいを感じることをしたほうが「後悔しない人生」を過ごすことができると実感したから。

たとえば私の場合は、看護師5年目を過ぎたあたりから、年間目標を立てることができなくなりました。

今思えば、看護師という仕事に対して、やりがいを感じなくなってしまったから、だったのかなと思います。

本当は、そのときにしっかりと「思考し行動して」現状を変えるべきだったと、今でも後悔しています。

看護師にやりがいを感じないときの対処法【新しい挑戦をするべし!】看護師にやりがいを感じない…どうすればいいか知りたい。というか…看護師にやりがいを感じないなら違う仕事をしたほうがいい? 看護師にやりがいを感じなくて人生に絶望しているので、実際に看護師を辞めてやりがいのある仕事をみつけた人の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

本当にしたい生き方を見つける方法【まずはじっくりと考える時間を確保すべし】

経験として、本当にしたい生き方を見つけるためには、以下の2つのことが重要です。

  • 心に余裕がある状態をつくる
  • 心に余裕があるその状態で、じっくりと考える時間を確保する

なぜなら、心に余裕がないと、心の裏側にある「本当の自分の気持」に気付くことができないから。

心に余裕をつくり、じっくりと考える時間を確保する方法

結論、まずは「派遣看護師」として働くのがいいです。

なぜかというと、「ストレス減+高時給」でゆるりと働くことができるから。

実際、派遣看護師なら、「時給2,000円超」の職場で働くことも可能です。

具体的には、以下のとおり。

病院 1,800〜2,200円
検診センター 1,600〜1,800円
保育園 1,500〜2,000円
特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円
コールセンター 1,900〜2,000円
クリニック 1,500〜2,000円

*2020年6月現在
参照:MC-ナースネット

たとえば、時給1,800円の職場で4日/週・8h /日で働く場合。

1,800円/時間×8h/日×4日/週×4週=230,400円

上記のとおりで、「週休3日」でゆるりと働くことができます。

さらに、毎月の固定費を下げれば週休4日というのも不可能ではないですよね。

このように派遣看護師なら、本当にしたい生き方を見つける時間を確保することができるんです。

ちなみに…

派遣会社にはそれぞれ得意の分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

私が実際に利用したオススメの派遣会社

看護師を辞めた後に、幸せを掴める人になる方法【失敗を前向きに捉える】


看護師を辞めた後に、幸せを掴める人になるためには「失敗を前向きに捉える」ことが重要です。

というのも、失敗を「前向きに捉える」のと、失敗を「後ろ向きに捉える」のとでは、圧倒的な違いがあるから。

具体的には、以下のとおり。

  • 失敗を「後ろ向きに捉える」:失敗を「後悔するだけ」で終わる
  • 失敗を「前向きに捉える」:失敗を後悔するだけでなく、「反省→改善→成長」まで行える

体験談:私が看護師を辞めた後に幸せを掴めた話

実際問題、看護師を辞める(=新しいことに挑戦をする)と、必ずといっていいほど失敗がセットでついてきます。

もしも私が、すべての失敗を後ろ向きに捉えていたら、後悔するだけで終ってしまい、今のような幸せを掴むことはできなかったと確信できます。

そういった経験から、人生の幸せ度数をアップさせるためには、失敗を前向きに捉えることが重要だということを学びました。

よくある質問「失敗を前向きに捉えるためには、どうすればいいの?」

結論、失敗は「成長のために欠かせない一つの要素」と考えることが重要。

なぜなら、失敗を成長の過程と捉えることができれば、「失敗を受け入れ」今後に活かそうと考えられるようになるからです。

失敗を受け入れることができると、幸せ度がアップする

なぜかというと、失敗よりも「成長」にフォーカスできるようになるからです。

実際に私の場合は、「失敗した→成長できる」という思考で生きているので、新しいことにチャレンジするたびに成長する幸せを感じることができています。

病院を辞めたい…、けど看護師の仕事は続けたい【働く環境を変えると幸せになれる可能性大】


この場合は、病院以外に転職するのがいいです。

なぜなら、働く環境を変えると状況がよい方向に変わることがあるから。

実例:働く環境を変えたら、清々しい表情になった看護師の話

実際、会うたびに辞めたいと言っていた看護師は、転職することで楽しく仕事ができるようになっていました。

この看護師が辞めたいと言っていた理由は、イジメやパワハラ、多忙な業務の連続で心身ともに疲れ切ってしまったから。

しばらくして、その看護師は中規模な病院に転職したのですが、久しぶりに再会するとあの頃とは比べものにならないくらい清々しい表情をしていました。

話を聞いてみると、転職した病院の雰囲気や勤務状況がとても合っているようで、転職後は楽しく仕事ができるようになったと言っていました。

看護師の働く場所は、病院以外にもたくさんある

具体的には、以下のとおり。

老人ホーム 保育園 障害者福祉施設
企業の看護師 治験コーディネーター ツアーナース
救護室 デイサービス 検診センター
美容クリニック 訪問看護 献血ルーム
児童養護施設 コールセンター クリニカルスペシャリスト
クリニック 訪問入浴 etc…

それぞれの仕事内容については、以下の記事で解説しています。

看護師の働く場所は、病院以外にもたくさんある【オススメは介護系】病院以外で、看護師が働くことができる場所を知りたい。できれば、働く場所ごとの仕事内容や、給料、オススメの職場なども知りたい。病院以外で働きたいと思っているので、実際に働く場所を変えたことがある看護師の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

人生は一度っきり、時間は有限【どんな方法でもいいから、幸せになろう】

人生は一度っきりで、時間は有限です。

看護師を辞めたいと思っているなら、思考し行動し経験するべきです。

看護師だからといって、看護師にこだわる必要はないです。

重要なのは、自分が本当にしたい生き方を実現し、幸せな毎日を手に入れることです。

実際に私の場合は、看護師を辞めることで、幸せな毎日を手に入れることができました。