看護師

看護師を辞めたい…と悩んでいるあなたへ【甘えは悪いことではない】

看護師を辞めたいけど、現状から逃げ出すのは甘えですか?

というか…こんな甘い考えで、違う病院や看護師以外の仕事に転職することはできますか?

甘えなのはわかっているが、今がツライ…どうすればいいですか?

看護師を辞めたいけど、辞めるのが怖い…、どうしたらいいのかわからないので、同じ経験をした人の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

そんな私がたどり着いた答えは、「甘え決して悪いことではない」ということです。

むしろ、状況によっては、積極的に甘えの選択をしたほうがいいことがあります。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、甘えること大切さなどについて解説します。

看護師を辞めたいと悩んでいるあなたへ【甘えは悪いことではない】

経験として、甘えは決して悪いことではありません。

なぜなら、心身ともに健康に過ごすためには、がんばるだけではなく、甘えることも必要だからです。

実際に私の場合は、嫌なことから逃げた結果、自分が本当にしたい生き方が見つかり、生きることが楽しくなりました。

もしも「甘えは悪、嫌なことから絶対逃げ出してはいけない」という考えのまま、看護師を続けていたら、今頃猛烈に後悔していたと思います。

「甘えは悪だ」という人への対処法

経験上、そういった人の意見は気にしなくても大丈夫です。

なぜかというと、根拠なき意見であることがほとんどだから。

実際に私が看護師を辞めるときも、「甘えは悪だ的な意見」をたくさんもらいました。

  • そんな甘い考えで生きていけるわけがない
  • 看護師を辞めたら絶対に後悔することになる
  • 嫌なことから逃げたら人生詰む
  • etc…

しかし、いざ看護師を辞めてみると、すべて的外れな意見でした。

というのも、今現在、後悔もせず、人生詰まず、楽しく生きることができているからです。

なので、「甘えは悪だ」という他人の意見は気にしなくても大丈夫です。

大切なのは、他人ではなく「自分自身」と対話すること

なぜなら、甘えだと感じる基準は人によって異なるから。

たとえば、まったく同じ環境・内容で上司から怒られた場合。

  • 看護師A:ダメージ10
  • 看護師B:ダメージ50
  • 看護師C:ダメージ90

上記のとおりで、同じ環境・内容でも、心と体の耐久度や物事の感じ方、性格などによって、受けるダメージは人それぞれ異なります。

仮に看護師Cが看護師Aに、「毎日ツラくて逃げ出したい」と相談しても、看護師Aからは「そんなの甘えだ」と言われてしまいます。

このように、看護師を辞めたいと思うほどのツライ気持ちや、シンドイ気持ちは、当事者であるあなたにしかわかりません。

だからこそ、看護師を辞めようか悩んでいるときは、他人の意見ではなく、自分自身と対話して最終的な答えを出すことが重要です。

自分自身と対話するときのポイント【甘え上手になろう】

なぜなら、甘え上手になったほうが、人生楽に生きることができるから。

こんな言い方をすると、一部の人から批判の声が聞こえてきそうですが、個人的には人生楽に生きるのは全然良いと思います。

実際のところ、人生は長いです。

そんな長い人生を走りきるためには、常に全力疾走で走り続けるだけでなく、ちょこちょこ休憩をとることが大切です。

とくに、看護師を辞めたいと、心が叫んでいるならなおさら、甘え上手になるべきです。

個人的には、ムリして強くなる必要はないと思いますし、ムリして乗り越える必要もないと思います。

心が悲鳴をあげているなら、今すぐ看護師を辞めるべき【甘えと言っている場合ではない】

結論として、心が悲鳴をあげているなら、今すぐに看護師を辞めたほうがいいです。

なぜなら、そのままの状態でがんばり続けると、うつ病になってしまう危険が大だから。

具体的には、以下のような症状が2週間以上続いているなら注意が必要です。

【気分や行動面】
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。
    ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。
【身体面】
  • 重く締めつけられるような頭痛。
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。
  • 食欲不振、胃の痛み。
  • 発汗、息苦しさなど。

引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

我慢のしすぎは禁物【甘えかどうかを可視化することが重要】

なぜなら、現状から逃げ出すのは甘えだと思って我慢し続けると、うつ病の症状がどんどん悪化してしまう恐れがあるから。

そういった事態を避けるためには、定期的なセルフチェックが重要です。

セルフチェックできるものには、以下のようなものがあります。

心の状態を可視化できるチェックシートは、甘えかどうかを判断するための重要なツールになります。

ツライ、シンドイと思ったら、チェックシートを利用して、定期的に心の状態を可視化するようにしましょう。

また、セルフチェックで少しでも異変に気づいたら、すぐに病院に受診することが大切です。

【甘えでもいい】重要なのは、うつ病になる前に看護師を辞めること

なぜなら、一度うつ病になってしまうと、元の状態に戻るのが大変になってしまうからです。

実際、私の同期も我慢に我慢を重ねた結果、うつ病になってしまい休職してしまいました。

その後、しばらくして勤務に復帰できましたが、以前のような働き方ができず、それに悩んでまた心を病んでしまうという、負のサイクルに陥ってしまいました。

このようなツライ状況を避けるためにも、うつ病になる前に仕事を辞めるべきです。

今の職場を辞めると、状況が劇的に改善する可能性大

理由はシンプルで、あなたが働きやすい職場に転職することができるから。

たとえば、「毎日がツライ…今すぐにでも辞めたい」と言っていた後輩の場合は、規模が小さい病院に転職した結果、毎日出勤するのが楽しくなったと言っていました。

理由を聞くと、病院の雰囲気や業務内容・量が、自分にあっているからと言っていました。

転職するときの注意点【計画的にすすめるべし】

なぜなら、行き当たりばったりの無計画な転職をすると、転職後に後悔する確率がグッとアップするから。

実際に私の場合、無計画で転職をおこなったせいで、転職後に後悔した経験があります。

とくに問題だったのが、情報収集不足。

転職先が看護師にどんな役割を求めているかを調べずに、なんとなく転職してしまった結果、入職後のギャップに仕事への意欲を無くして、短期間で転職することになってしまいました。

短期間での転職は避けるべき【転職活動に甘えは禁物】

なぜなら、採用担当者に「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか…」という悪い印象を与えてしまうから。

実際、採用してもすぐに辞めてしまう人材というのは、採用する側にとってデメリットがかなり大きいんです。

  • 採用のためにかけた時間とコストが、すべてムダになってしまう危険があるから
  • 入職した人がすぐに辞めてしまうというのは、現場の士気低下にも繋がってしまうから
  • すぐに辞めてしまった場合、同じかそれ以上の時間とコストをかけて、再び採用活動をおこなう必要があるから

上記のとおりで、すぐに辞めてしまいそうな看護師を雇うというのは、採用担当者にとってリスクが大きすぎる行為なんです。

なので、短期間での転職は避けるべきです。

失敗しない転職をする方法【看護師転職サイトの利用が◎】

なぜなら、以下のようなメリットがあるから。

  • 転職に必要な情報を「無料」で入手することができる
  • 転職に必要なサポートを「無料」で受けることができる

転職サイトは複数登録したほうがいい件

なぜかというと、以下のようなメリットがあるから

  • 単純に求人数が増える
  • 転職エージェントの比較検討ができる

とくに、転職サイトの良し悪しは、担当になった転職エージェントで決まるといっても過言ではありません。

だからこそ、複数の転職サイトに登録して、それぞれの転職エージェントを比較検討することが重要です。

【無料】私が実際に利用した転職サイト

もちろん、看護師以外の転職するのもOK【注意点あり】

ただし看護師以外に転職するなら、3年目をやりきったタイミングがいい

理由は、以下のようなメリットがあるから。

  • 転職先選びの幅がひろがる
  • 人生の保険ができる
  • 働き方の幅がひろがる

詳しくは、以下の記事で解説しているので、参考にしてもらえるとうれしいです。

【実体験】3年目だけど看護師を辞めたい…【その気持ちわかります】もう限界…3年目ですが、看護師を辞めたいです。ただ、周囲からの反対もあり、あと一歩を踏み出すことができません。そもそも3年目というタイミングで、看護師を辞めるとどんなデメリットやリスクがありますか?かりにデメリットやリスクがあったとして、絶対に辞めない方がいいんですか?ここだけの話、手に職をつけるために看護師になったので、これ以上、スレレス大の環境に耐えることができません。できれば、看護師を辞めて、人生が楽しくなるような仕事をしたいです。とはいえ、看護師を辞めたあとに後悔したくないので、実際に看護師を辞めて転職した経験がある人のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...