看護師

看護師辞めたい…5年目は転職にベストな時期【失敗しない転職方法】

看護師
看護師
5年目までがんばったけど、いろいろ限界だから看護師を辞めたい…。

5年目で看護師を辞めるのはアリ?ナシ?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 看護師を5年目で辞めたいと思ってしまう原因
  • 看護師を5年目で辞めたいと思ったときにやるべきコト
  • 看護師5年目が転職時期としてベストな理由
  • 看護師5年目で転職するメリット・デメリット
  • 失敗しない転職方法
朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

辞める勇気がでず、10年目にして病院を辞めましたが「もっと早く辞めていればよかった」と今でも後悔しています。

「5年目までがんばったけど、いろいろ限界だから看護師を辞めたい…」と思ったら、転職を前向きに検討しましょう。

なぜなら、看護師5年目は転職にベストな時期だから。

実際、5年目の看護師には、以下のような強みが!

  • 転職を有利にすすめられる
  • 低リスクで転職できる
  • 多くの選択肢の中から転職先を選べる

転職の第一歩として、とくにオススメの方法は「働く病院を変える」もしくは「病院以外に転職する」ことです。

そもそも、今あなたが看護師を辞めたいと思っているのは、現在の「病院」に勤めているからだけかもしれません。

働く環境を変えれば、同じ看護師業でも「仕事が楽しい!」と感じられるようになる可能性は十分にあります。

転職するときは看護師転職サイトの活用が必須。

看護師転職サイトを活用すると、

  • 比較検討できる求人数が増える
  • 希望する求人を探してくれる
  • 内部情報をゲットできる可能性がアップする
  • 職場見学のセッティングしてくれる

などさまざまなメリットが得られます。

なお、わたしが実際に利用したよかった看護師転職サイトは以下の3つ。

 転職サイト  求人数 HP
1位 マイナビ看護師
2位 看護のお仕事
3位 ナースパワー

看護師転職サイトの選び方やオススメの転職サイトの詳細については「【転職経験者が厳選】看護師転職サイトランキングTOP3を紹介!」で詳しく解説しているので、参考にしてもらえたらうれしいです。

看護師を5年目で辞めたいと思ってしまう原因

「5年目までがんばったけど、看護師を辞めたい…」と思っているのは、あなただけでないです。

実際、看護roo!の行ったアンケートをみてみると、8割以上の人が看護師を辞めたいと思ってたことがあると回答。

また、日本医療労働組合連合会が公表しているデータをみてみると、5〜10年未満に転職する看護師が、全年代において一番高い割合を占めていました。

さらに、マイナビ転職や看護roo!、日本労働調査組合などが行ったアンケート調査をもとに看護師を辞めたいと思った原因・辞めた原因をみてみると、

  • 人関関係のストレス
  • 給与・待遇面への不満
  • 仕事の責任が重すぎる
  • ワークライフバランスがとれない
  • 休みがとれない
  • 今後のキャリアに対する不安や迷い

などが上位にランクイン。

この他にも、仲の良かった同期が転職してしまった、看護師に向いてないと感じたなども看護師を辞めたい原因のなかにありました。

原因①|人関関係のストレス

イジメ・パワハラの横行、スタッフ同士のいざこざ、古株職員の存在など人間関係のストレスが原因で看護師を辞めたいと思っている人はたくさんいます。

実際、マイナビ転職や看護roo!などが行ったアンケート調査をみてみると、

看護師
看護師
常に気を配って先輩の顔色をうかがいながら仕事するのが大変
看護師
看護師
上司の陰湿ないじめを見ているのにも受けているのにも疲れた
看護師
看護師
人間関係が悪くて仕事に行きたくなくなる
看護師
看護師
挨拶しても無視され、わからないことを聞こうとしたら舌打ちされ、泣くまで怒鳴られた…辞めたい

などの声が。多くの看護師が人間関係に苦しめられていることがわかります。

わたしも看護師時代は人間関係に苦しめられていた一人。5年目になっても、一部の先輩や医師からは陰湿で無慈悲なイジメや、過激で理不尽なパワハラを受けていました。

イジメやパワハラを受けるたびに「5年目になってまで、なんでこんな仕打ちを受けなければいけなんだろう」とブルーな気持ちに…。

それに加えて、後輩が先輩からイジメやパワハラを受けて泣いているのを見るのも、かなり苦痛でした。

原因②|給与・待遇面への不満

給料に見合わない業務量や夜勤による不規則勤務、経験年数ととも増える身体的負担など、給与・待遇面への不安を原因に看護師を辞めたいと思っている人も多くいます。

実際、マイナビ転職や看護roo!などが行ったアンケート調査をみてみると、

看護師
看護師
仕事量が多すぎて毎日こなすだけで精一杯…
看護師
看護師
仕事量に対して給料が少ない…
看護師
看護師
勤務時間が長くて激務…プライベートで何もできないほど体力がもたない…
看護師
看護師
不規則なシフトに当たり前の残業、業務外の出勤など、仕事に追われることに疲れた

などの声が。多くの看護師が給与・待遇面への不満を抱えながら看護師をしているのがわかります。

わたしも経験年数と給料が見合ってないと思っていた一人。とくに新卒から20年働いていも10万円程度しか昇給しないという事実をしったときは、看護師を一生続けるのはムリだと感じました。

20年かけて身につけた知識・スキルに対しての価値が10万円…うーんって感じですよね。

原因③|仕事の責任が重すぎる

後輩指導やリーダ業務など責任の重い仕事ばかりが増える、与えられる課題が多すぎる、仕事に対するプレッシャーが大すぎるなど仕事の責任の重さも、看護師を辞めたいと思う一つの原因になっています。

実際、マイナビ転職や看護roo!などが行ったアンケート調査をみてみると、

看護師
看護師
後輩からは頼られ、上司には仕事を押し付けられる。仕事に対するプレッシャーでつぶされそう
看護師
看護師
職場は毎日が緊張の連続で激務…。ミスが出来ない重圧に心も耐えられない
看護師
看護師
とにかく大変。責任の重さとプレシャーに耐えられる気がしない

などの声が。経験年数ととも増える責任というプレッシャーに苦しめられていることがわかります。

原因④|ワークライフバランスがとれない

結婚や育児・介護などライフスタイルの変化や、業務外の勤務、休日出勤などでワークライフバランスがとれなくなってしまうのも、看護師を辞めたいと思ってしまう原因になっています。

実際、マイナビ転職や看護roo!などが行ったアンケート調査をみてみると、

看護師
看護師
子どもの保育園のお迎え時間を考えると辞めるしかないと思っている
看護師
看護師
委員会活動や勉強会など勤務外のことが多い
看護師
看護師
自分の人生を犠牲にして働いていることに限界を感じる
看護師
看護師
休みの日にも出勤しなければいけない仕事を続けるのは、ムリだと思った

などの声が。ワークライフバランスがとれない現状に不満を感じ看護師を辞めたいと思っている人がいることがわかります。

原因⑤|休みがとれない

希望休がとれない、有給がとれない…とれたとしても勝手につけられているなど、休みが思うようにとれない状況に不満を感じ、看護師を辞めたいと思っている人もいます。

実際、マイナビ転職や看護roo!などが行ったアンケート調査をみてみると、

看護師
看護師
有給も夏休みもないに等しい。連休なんて夢のまた夢で、なんのために働いてるのかわからなくなる
看護師
看護師
人手不足で有給がとれないし、とろうとすると白い目でみられる
看護師
看護師
希望休も有給もれず、プライベートがまったく充実できない

などの声が。休みがとれない現状に不満を抱えながら働いていることがわかります。

わたしも看護師時代は希望休も有給も思うようにとれなくて、ブルーな気持ちになっていました。

1年に使える有給は数日だけで、残り数十日の有給は毎年すてることに。合計すると数百日の有給がムダになっていました。捨てることになった有給だけで、数ヶ月間は旅ができたと思うと絶望しかありません。

原因⑥|今後のキャリアに対する不安や迷い

看護師を続けることへの不安や、看護師以外の仕事への興味など、今後のキャリアに対する不安や迷いも看護師を辞めたいと思う原因の一つになっています。

実際、マイナビ転職や看護roo!などが行ったアンケート調査をみてみると、

看護師
看護師
やりがいはあるが、ほかにも経験してみたい職業がある
看護師
看護師
給与や待遇、不規則な勤務など、このまま看護師を続けるのはムリ
看護師
看護師
自分の存在意義を確かめたい

などの声が。今後のキャリアに対する不安や迷いを抱えながら、働いていることがわかります。

わたしが看護師を辞めたいと思ったのも「このまま看護師を続けたら後悔するかも」という将来への不安があったから。

不安の原因はさまざまで、人間関係や給与・待遇面の不満はもちろん、努力して高めた知識・スキルが給料に反映されない、という現実も看護師を続けたら後悔するかもと思う大きな要因になりました。

看護師を5年目で辞めたいと思ったときにやるべきコト

では次に、看護師を5年目で辞めたいと思ったときにやるべきコトを紹介します。辞めたいと思ったときにやるべきコトは以下の2つ。

やるべきコト2つ
  1. いろいろな人の話を聞く
  2. 少しづつ働く環境を変える

ポイント①|いろいろな人の話を聞く

「看護師を辞めたいと思うけど、辞めたあとのコトが不安…」と感じているなら、いろいろな人の話を聞くことが大事。

実際に看護師を辞めた人の話を聞くことで、看護師を辞めたあとのイメージがしやすくなり、看護師を辞めたあとの不安を減らせます。

いろいろな人から話を聞くときには、意見や考え方が偏らないように、異なるバックグラウンドを持った人たちの意見や考え方を聞くようにしましょう。

周囲に話を聞ける人がいない場合は、カンゴトークなどのアプリを使ったり、キャリアサポートサービスなどの利用がオススメ。

たとえばカンゴトークなら、

  • どういう基準で次の転職先を選んだのか教えてほしい
  • 転職経験がある人に、転職した後の流れを教えてほしい
  • 病院以外に転職した人の経験談を教えてほしい

などキャリアや転職についての相談をすることが可能。しかも匿名で相談できるので、知り合いには聞けないリアルな相談ができます。

いろいろな人の話を聞く時には、異なるバックグラウンドを持った人の話を聞き、意見や考え方の偏りを防ぐようにしましょう。

朝比奈
朝比奈
ちなみにわたしも、看護師を辞めたい方のキャリア相談を行っているので、ご活用していただけたらうれしいです。

ポイント②|少しづつ働く環境を変える

看護師を辞めたいと思ったら、いきなり看護師を辞めるのではなく「少しづつ働く環境を変える」のがオススメ。

具体的には、

  • 正社員からパートに切り替える
  • 異動する
  • 働く病院を変える
  • 病院以外に転職する
  • 全く別の仕事に転職する

など勤務形態の変更や転職を検討しましょう。

そもそも、今あなたが看護師を辞めたいと思っているのは、現在の「病院」に勤めているからだけかもしれません。

働く環境を変えれば、同じ看護師業でも「こんなに楽しく働けるのか!」と感じられるようになる可能性は十分にあります。

働く環境を変える第一歩として、とくにオススメの方法は「働く病院を変える」もしくは「病院以外に転職する」こと。

なお病院以外の転職先には、以下のような職場があります。

老人ホーム 保育園 障害者福祉施設
企業の看護師 治験コーディネーター ツアーナース
救護室 デイサービス 検診センター
美容クリニック 訪問看護 献血ルーム
児童養護施設 コールセンター クリニカルスペシャリスト
クリニック 訪問入浴 etc…

看護師5年目は転職にベストな時期!辞めたいと思ったら転職を検討しよう

看護師5年目は転職にベストな時期!

「5年目までがんばったけど、いろいろ限界だから看護師を辞めたい…」と思ったら、転職を前向きに検討しましょう。

看護師5年目が転職時期としてベストな理由は、以下のとおり。

看護師5年目が転職時期としてベストな理由
  1. 転職を有利にすすめられる
  2. 低リスクで転職できる
  3. 多くの選択肢の中から転職先を選べる

ポイント①|転職を有利にすすめられる

5年目の看護師には、以下のような強みがあるため、転職を有利にすすめられます。

  • 即戦力となる経験・スキルを備えている
  • 新しい環境への柔軟性、新しい業務に対する吸収力がある
  • 経験年数5年という実績がある

中途採用では即戦力・実務能力のある人材が求められています。そのため、看護技術の習得はもちろん、プリセプター業務、リーダー業務なども経験している5年目の看護師は、多くの転職先で重宝される人材になります。

実際、採用担当者からも「人手不足の現場で、すぐに戦力になってくれる看護師の存在は非常に大きい」との声がありました。

さらに、経験年数5年という実績も、採用担当者に高評価を与える一つのポイントになります。

日本看護協会がおこなった調査の「中途採用する看護師の経験年数に対する評価」をみてみると、看護師の経験年数をすべて評価する施設が46.0%、一部評価する施設が48.6%という結果が。実に9割の施設が、採用時に経験年数を評価していることがわかります。

朝比奈
朝比奈
転職を有利にすすめられる看護師5年目は、転職にベストな時期!辞めたいと思ったら転職を検討しましょう。

ポイント②|低リスクで転職できる

5年目の看護師には「看護師資格+5年の臨床経験」という心強い保険があるため、低リスクで転職ができます。

実際、看護師資格+5年の臨床経験という保険があると、

  • 基本的に仕事にも衣食住にも困らない
  • 失敗しても割と簡単にやり直せる

という強みをもった状態で転職活動を行うことが。

とくに、仕事にも衣食住にも困らないというのは重要で、絶対的な安心感と心の余裕をもちながら転職活動がおこなえます。

朝比奈
朝比奈
わたしも看護師資格+臨床経験という心強い保険があったおかげで、さまざまなコトに挑戦できました。

ポイント②|多くの選択肢の中から転職先を選べる

5年目の看護師には、多くの選択肢の中から転職先を選べるという強みがあります。

多くの選択肢の中から転職先を選べる理由は「5年の臨床経験+若さ」という武器があるから。

実際、5年の臨床経験という武器があると、病院以外にも、以下のような職場を転職先の候補にいれられます。

老人ホーム 保育園 障害者福祉施設
企業の看護師 治験コーディネーター ツアーナース
救護室 デイサービス 検診センター
美容クリニック 訪問看護 献血ルーム
児童養護施設 コールセンター クリニカルスペシャリスト
クリニック 訪問入浴 etc…

また若さという武器があると、一般企業など異業種への転職ハードルが低くなるため、より多くの選択肢の中から転職先を選ぶことが可能に。

とくに25歳前後は第二新卒層とよばれ、即戦力よりも将来性を重視した判断をしてもらえる傾向があるため、未経験の職場でも採用してもらえる確率が高くなります。

朝比奈
朝比奈
異業種含め、多くの選択肢の中から転職先を選べる5年目の看護師は、転職にベストな時期!広い視野をもって転職を検討しましょう。

看護師を辞めたい…5年目で転職するメリット・デメリット

では、5年目で転職するメリット・デメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

5年目で転職するメリット

まずは5年目で転職するメリットから紹介します。

5年目で転職するメリット
  1. 身体的な負担が軽くなる
  2. 人間関係のストレスが減る
  3. 仕事に対する苦痛が減る
  4. 休みがとりやすくなる
  5. ワークライフバランスがとりやすくなる
  6. 家庭と仕事が両立しやすくなる

上記のとおりで、転職して働く環境を変えると、身体的な負担が減る、人間関係のストレスが減るなどさまざまなメリットを得られます。

実際に転職した看護師の声をみてみると、

看護師
看護師
思い切って転職したら身体的な負担が減って、プライベートも楽しめるようになった
看護師
看護師
体も楽になったし、精神的にも楽なって体調がよくなった
看護師
看護師
人間関係のストレスが減って、仕事に行くストレスも減った
看護師
看護師
夜勤がない生活をはじめたら、ワークライフバランスが整って、家庭でのギスギスが減った

などさまざまなメリットを感じていることがわかります。

わたしも勇気をだして転職したことで、人間関係に苦しめられることが減ったり夜勤がない規則的な生活を送れるようになったり楽しみながら仕事ができるようになったりなど、とにかくに人生の幸福度がアップしました。

5年目で転職するデメリット

5年目で転職すると多くのメリットを得られますが、以下のようなデメリットもあります。

5年目で転職するデメリット
  1. 退職金が少なくなる
  2. 経験年数の評価が下がる場合がある
  3. 新しいことを覚える必要がある

退職金について公務員看護師の場合でみてみると、経験年数に応じて退職金の金額が大きくことなることがわかります。

経験年数 退職金
3年目以上 30万円前後
5年目以上 50〜100万円前後
10年目以上 250〜300万円前後

とくに5年目以上と10年目以上では、100万円近く差が生じることも。

ただし上記の表はあくまでも参考値。正確な金額について知りたい場合は、事務の人に確認しましょう。

民間の病院の場合「そもそも退職金の制度がない」なんてこともあります。

朝比奈
朝比奈
わたしが事務の人に確認したときは、経験年数ごとの詳しい退職金の金額を教えてもらえました。

5年目での転職では、退職金の他にも経験年数の評価が下がる場合がある、新しいことを覚える必要があるというデメリットも。

とくに経験年数の評価については、病院によって考え方が異なるので注意が必要。場合によっては「5年目で転職したのに、3年目からのスタートになってしまった…」という事態に陥ることも。

経験年数の評価が下がってしまうという事態を防ぐためには、入職後の経験年数の評価についてしっかりと確認する必要があります。

自分では確認しずらい場合は、看護師転職サイトを活用するのがおすすめ。看護師転職サイトを活用すれば、あなたのかわりに転職エージェントが入職後の経験年数の評価について確認してくれます。

看護師5年目で辞めたい方必見!失敗しない転職方法

では最後に、失敗しない転職をするための方法について紹介します。失敗しない転職をするための方法は以下の3つ。

失敗しない転職方法
  1. 円満退職の準備をする
  2. 自己分析をおこなう
  3. 看護師転職サイトを活用する
  4. 派遣を活用する

ポイント①|円満退職の準備をする

円満退職するためには、退職の意思と明確な退職時期をできるだけ早く伝えましょう。

なぜなら早い段階で退職することがわかれば、上層部が人員の補填や確保をしやすくなるから。

とくに勤務表をつくる上司にとって、現場の人員が減るのは避けたいところ。退職の意志をできるだけ早く伝えることで、人員の補填や確保の目処がたてば、円満退職できる可能性が高くなります。

さらに、人員の補填や確保の目処がついた状態での退職なら「自分が辞めると職場に迷惑がかかってしまう…」という心配も不要に。

朝比奈
朝比奈
なお退職時期については柔軟に対応しつつも、絶対に譲れないラインを決めて、折り合いがつくようにしましょう。

とはいえ、上層部としては辞めずにいてくれるのが一番。そのため、退職したい旨を伝えると、強い引き止めにあうこともあります。

強い引き止めを回避するためには、スキルアップや他分野・他施設への興味など前向きな退職理由を準備しておくことが重要。

退職理由を伝えるときは、院内異動を避けるために、今の職場では実現できないことも伝えましょう。

最後に重要となるのが、辞めるという強い意思をもつこと。というのも、退職の意思を伝えると「辞めるなんて間違えている」「今やめるなんて無責任だ」などネガティブな意見を言われる可能性が高いから。

朝比奈
朝比奈
ネガティブな意見に屈しないためにも、自分の将来のことを一番に考え、退職するという強い意思をもちましょう。

ポイント②|自己分析をおこなう

看護師を辞めたいと思ったら、自己分析を行い、以下の3つを明確にしましょう。

  1. どう生きたいか
  2. 転職活動の軸
  3. 転職の目的

なぜなら、上記の3つがハッキリしないと、

  • 辞めた後のことがわからない
  • 転職の方向性が定まらない
  • 転職に求める条件や優先順位がわからない
  • 何を基準に転職先を選んだらいいかわからない
  • 自分がなんのために転職したいのかわからない

など何もかもが曖昧になってしまうから。

とくに転職活動において、何もかもが曖昧という状態は危険!

何もかもが曖昧な状態のまま、転職活動をおこなってしまうと、転職先選びが曖昧になり、なんとなく転職先を選んでしまうことに…。

さらに、なんとなく転職先を選んでしまうと「思っていたのと違った…」「前の職場の方がよかった…」など転職後に後悔する可能性が高くなってしまいます。

転職後の後悔を避けるためにも、自己分析をおこない「どう生きたいか・転職活動の軸・転職の目的」を明確しましょう。場合によっては、転職という選択肢を選ばない可能性もあります。

なお、自己分析を行うときは、無料で利用できるキャリアプラン作成補助シートというツールがオススメ。

朝比奈
朝比奈
わたし自身も看護師を辞めたい方のキャリア相談を行っているので、ご活用していただけたらうれしいです。

ポイント③|看護師転職サイトを活用する

失敗しない転職をするためには、看護師転職サイトの活用して、転職先のリアルな様子を知ったうえで転職することが重要。

転職先のリアルな様子を知った上で転職すれば、新しい職場・環境で働く不安を軽減できます。

看護師転職サイトは、転職活動で必須となるすべてのサポートを「無料」で行ってくれるサイトのこと

実際、看護師転職サイトを活用すると、

  • 比較検討できる求人数が増える
  • 希望する求人を探してくれる
  • 内部情報をゲットできる可能性がアップする
  • 職場見学のセッティングしてくれる

などさまざまなメリットを得られます。

とくに転職先のリアルな様子を知るためには「職場見学」が必須。とはいえ「見学だけをさせてほしい」という連絡をするのはけっこうハードルが高いですよね。

一方で、看護師転職サイトを活用すれば、転職エージェントがあなたの代わりに職場見学のセッティングをしてくれるので、ストレスフリーで情報収集をおこなえます。

さらに、看護師転職サイトを活用すれば、転職エージェントが転職のサポートをしてくれるため、在職中でも転職活動をすすめることが。

在職中に転職先が決まれば、退職から転職までの間隔をあけずに転職できるため、貯金がない場合や次の転職先が見つかるか不安な場合でも安心して転職できます。

なお、わたしが実際に利用したよかった看護師転職サイトは以下の3つ。

 転職サイト  求人数 HP
1位 マイナビ看護師
2位 看護のお仕事
3位 ナースパワー

看護師転職サイトの選び方やオススメの転職サイトの詳細については「【転職経験者が厳選】看護師転職サイトランキングTOP3を紹介!」で詳しく解説しているので、参考にしてもらえたらうれしいです。

ポイント④|派遣を活用する

看護師転職サイトともに活用したいのが「派遣」。

とくに「新しい職場・環境で働くのが不安」「実際の仕事内容を知ってから転職したい」と考えている人にとって、派遣を活用するメリットは大きいです。

というのも派遣看護師として働くと、

  • 短期間かつ期間限定で働ける
  • 履歴書を傷つけずにさまざまな職場を経験できる

というメリットを得られるから。

実際、派遣を活用すると「派遣会社のスタッフ」として、さまざまな職場で短期間かつ期間限定で働けるように。

しかも派遣の場合、職場を変えても雇用主(派遣会社)は変わらないため、履歴書を傷つけずにさまざまな職場を経験できます。

さらに派遣には、高時給の職場で働けるというメリットも。時給2,000円以上の職場も珍しくありません。

なお派遣看護師として働くためには、派遣会社への登録が必須。

以下の3つはわたしが実際に利用してよかった派遣会社です。どの派遣会社も実績があり求人数も豊富で、担当になってくれた方もとても丁寧な対応をしてくれました。

派遣会社 求人数
MC-ナースネット 約2,000件
看護のお仕事 約10,000件
ナースパワー 約2,000件

派遣会社に登録するときは、実績があり求人数の多い大手の派遣会社を選ぶようにしましょう。

また、より良い求人を探すためには、複数の派遣会社に登録して、なるべく多くの求人を比較検討することが重要。

派遣看護師の具体的な働き方や、注意すべきこと、メリット・デメリットなどについては「看護師派遣ってどうなの?【メリットやオススメの派遣会社を紹介!】」で詳しく解説しているので、参考にしてもらえれば幸いです。

【まとめ】看護師5年目で辞めたいと思ったら転職がオススメ

今回は、看護師を5年目で辞めたいと思ったときにやるべきコトや看護師5年目が転職時期としてベストな理由、5年目で転職するメリット・デメリットなどについて解説してきました。

結論として「5年目までがんばったけど、いろいろ限界だから看護師を辞めたい…」と悩んでいるなら、転職して働く環境を変えるのがオススメ。

なぜなら転職して働く環境を変えれば、同じ看護師業でも「こんなに楽しく働けるのか!」と感じられるようになる可能性は十分にあるから。

しかも看護師5年目には、転職を有利にすすめられる、低リスクで転職できる、多くの選択肢の中から転職先を選べる、という強みがあります。

朝比奈
朝比奈
新しい環境・職場で働くことは不安が大きいかもしれませんが、今の停滞した環境から抜け出すためにも勇気を出して転職に挑戦しましょう!

看護師におすすめの転職サイトを知りたい方はこちら!
看護師の派遣について詳しく知りたい方はこちら! 

  • 看護roo!|「看護師を辞めたい」8割超の人が思ったことがある…!|看護師の本音アンケート
  • 看護roo!|看護師のストレス原因、1位は人間関係|看護師の本音アンケート
  • マイナビ転職|看護師辞めたいけど不安…… 経験者が語る辞めて良かったこと・転職後の仕事
  • 退職代行マイスター|今すぐ看護師を辞めたい!退職と転職、対処法のすべてがわかる!アンケート調査でわかった看護師の苦悩
  • Biz His|202人に聞いた!看護師の転職理由ランキング【伝える際のポイントや例文も解説】
  • 日本労働調査組合|看護師の退職動機に関するアンケート
  • 三重看護雑誌|看護師の離職意図の発生時期とその内容の分析
    日本看護協会|2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査