看護師

看護師にやりがいを感じないときの対処法【新しい挑戦をするべし!】

仕事にやりがいを感じない看護師
仕事にやりがいを感じない看護師
看護師にやりがいを感じない…どうすればいいか知りたい。

というか…看護師にやりがいを感じないなら違う仕事をしたほうがいい?

看護師にやりがいを感じなくて人生に絶望しているので、実際に看護師を辞めてやりがいのある仕事をみつけた人の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私が看護師を辞めたのも、いつからか看護にやりがいを感じなくなり、残りの人生を看護師でいることに絶望したからです。

その結果、今ではやりがいのある仕事を見つけ、充実した毎日を過ごすことができるようになりました。

今回は、そんな私の実体験にもとづいて、看護師にやりがいを感じないときの対処法などを解説します。

看護師にやりがいを感じないときの対処法【新しい挑戦をするべし】

看護師にやりがいを感じないなら、一旦、看護師を辞めて新しいことに挑戦するべきです。

なぜかというと、やりがいを感じないと思っていることを続けると、数年後に後悔する確率が高いから。

実際に私も、看護師5年目あたりから、看護という仕事にやりがいを見いだせなくなっていました。

今思えば、あのとき、あの瞬間に看護師を辞めるべきだったのですが、その一歩を踏み出すことができませんでした。

そのせいで、私は数年後にひどい後悔をすることになりました。

やりがいを感じないのに看護師を続けて後悔した話

私の場合は、やりがいを感じないのに看護師を続けたことを、今でも後悔しています。

なぜなら、辞めるべきときに辞めなかったことによって、約5年という貴重な時間をムダにしてしまったからです。

現実問題、時間ほど貴重なものはありません。

とくに、新しいことに挑戦することにおいて、「若さ」は大きな武器になると実感しました。

新しい挑戦において若さが大きな武器になる理由

理由は、以下のとおり。

  • 失敗しても立て直ししやすい
  • 柔軟性があるためいろいろなことを吸収することができる
  • 体力があるため、多少ムリをしてもなんとか乗り越えることができる
  • より多くの選択肢のなかから選ぶことができる
  • etc…

上記のとおりで、若さには新しいことに挑戦するためのメリットが数多くあるんです。

私自身、新しい挑戦をするたびに、若ければ若いほどそのメリットが大きいということを、強く実感しました。

そういった貴重な時間をムダにしてしまったのは、後悔以外の何ものでもありません。

私のような後悔をしないためにも、看護師にやりがいを感じないなら、一旦、看護師を辞めて新しいことに挑戦するべきです。

とはいえ、新しい挑戦に年齢は関係ないのも事実

もちろん、新しい挑戦に若さは重要な要素になりますが、絶対的な要素ではありません。

なぜなら、若さにメリットがあるように、年齢を重ねたことによるメリットもあるからです。

その一つが、これまで培ってきた看護師経験です。

看護師経験が新しい挑戦へのメリットになる理由

理由は、少ない日数で、ある程度の収入を確保しながら、新しい挑戦をおこなうことができるから。

その方法というのが、派遣看護師として働くです。

実際、派遣看護師なら、時給2,000円超の職場で働くことも可能なんです。

病院 1,800〜2,200円
検診センター 1,600〜1,800円
保育園 1,500〜2,000円
特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円
コールセンター 1,900〜2,000円
クリニック 1,500〜2,000円

*2020年6月現在
参照:MC-ナースネット

派遣看護師をするメリット

一番のメリットは、収入の減り幅を少なくすることができること。

そもそもとして、年を重ねれば重ねるほど、経験のない職場へ正社員で雇ってもらうことが難しくなります。

そのため、はじめはどうしてもアルバイトから、経験を重ねることになってしまうことが多くなります。

そういったときに、派遣看護師とアルバイトを組み合わせることで、収入の減り幅をなるべく少なくすることができます。

たとえば、時給1,000円だけの仕事を20日おこなう場合…

月の収入は、約16万円になります。

1,000円/時間×8時間/日×20日/ヶ月=16万円

しかし、時給1,000円の仕事を10日、時給2,000円の仕事を10日でおこなう場合…

月の収入が約24万円になります。

「1,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」+「2,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」=24万円

ここでは、10日ずつに分けて計算していますが、月の収入をもう少し下げてもいいなら、看護師以外の仕事の比率をもう少し増やすこともできますよね。

こうやって徐々に看護師以外の仕事を増やしてして、他職種のスキル・知識を身につけることで、看護師以外の仕事にも挑戦しやすくなります。

派遣会社の選び方について

派遣会社には、それぞれ得意な分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

私が実際に利用したオススメの派遣会社

よくある質問「挑戦したほうがいいのはわかったけど、看護師を辞めるのは不安…辞めても大丈夫?」

結論、大丈夫です。

なぜなら、看護師資格があれば、万が一のときでも、食いっぱぐれる心配がないから。

それを裏付けるのが、今後も続く看護師不足です。

看護師不足に関しては、厚生労働省の看護職員受給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてで、以下のような明記があります。

社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

このように、看護師を辞めたとしても資格さえもっていれば、仕事に困ることはありません。

なので、看護師にやりがいを感じていないなら、看護師を辞めて新しい挑戦をしたほうがいいです。

看護師にやりがいを感じないけど、何をしたらいいかわからない人へ

何をしたらいいかわからない…そんな場合は、とにかく行動して、これまでしたことがない経験をするしかないです。

というのも、やっぱり考えているだけでは、何をしたらいいいのかの「答え」はみつけることができないから。

実際に私の場合、組織に属したくないという思いをもって、病院を辞めましたが、明確に何をしたいというはわかっていませんでした。

そんな私が、やりたいこと・やりがいがあることをみつけることができたのは、失敗を前提に行動していろいろな経験をしてきたからです。

【体験談】私がやりがいを見つけるために行った行動

実際に私の場合は、以下のような感じで、試行錯誤しながら行動してきました。

  1. 病院辞めて、介護業界で働く
  2. 介護業界で知り合った人と、起業する
  3. 起業失敗して、一人で生きる手段を模索する
  4. インターネットビジネスに出会う
  5. バイトをしながら、インターネットビジネスをはじめる
  6. 本当にしたい生き方がわかる→「パソコン1台で、世界中を飛び回る」
  7. 本当にした生き方を実現するために、現在も思考&行動中

こんな感じで、思考&行動を繰り返した結果、本当にしたい生き方と、それを叶えるための手段を見つけることができました。

今は、本当にしたい生き方を実現するために、日々を生きることができているので、結構幸せです。

人生は一度っきり、時間は有限→幸せになろう

私の場合は看護師を辞めたら、幸せになれました。

ただ、一つ後悔していることは、決断を先延ばしにして、時間をムダに浪費してしまったこと。

人生は一度っきりで、時間は有限です。

看護師にやりがいを感じないなら、今すぐに看護師を辞めて、自分が本当にやりたいこと思うこと、やりがいを感じることができる仕事を見つけたほうがいいです。

私は、勇気を出して一歩踏み出したことで、幸せになることができました。

看護師を辞めたら…幸せになれた【本当にしたい生き方をみつけたから】看護師を辞めたら、幸せになれるか知りたい。看護師を辞めた後に、幸せになる方法を知りたい。できれば、看護師を辞めたいと考えているので、実際に看護師を辞めた人の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。 ...