看護師

2年目で看護師を辞めたい…【できれば3年目までは続けた方がいい】

2年目で看護師を辞めたい人
2年目で看護師を辞めたい人
2年目ですが看護師を辞めたい…。

2年目で看護師を辞めてもいいか知りたい。

2年目で看護師を辞めて、他の仕事ができるか知りたい。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私も看護師2年目のときは、1年目のように聞くことができない不安や、任させる仕事の責任が重くなるプレッシャー、仕事が終わらない疲労などで、「あー看護師辞めたいな…」っと思っていました。

そんな私も、なんだかんだんで看護師10年目まで働くことができました。

ただ、今思えば、もっと早く看護師を辞めてほかのことにチャレンジするべきだったなと、後悔することも多々あります。

今回の記事では、2年目を乗り越えた方法や、2年目を超えた後の方向性に関して、実体験にもとづいて解説します。

2年目で看護師を辞めたい…【できれば3年目までは続けた方がいい】

結論からいうと、できれば3年目が終わるまでは、同じ病院で働き続けたほうがいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 採用担当者に与える印象がよくなる
  • 転職先選びの幅が広がる
  • 人生の保険になる

一つずつ解説します。

採用担当者に与える印象がよくなる

なぜなら、採用担当者は「すぐに辞めない、安心して採用できる人材」を求めているからです。

そして、3年目が終わるまで働き続けたという実績は、採用担当者に「すぐに辞めない人材である」ということを、アピールするための十分な材料になります。

採用には多くのコスト・時間がかかる

実際のところ、看護師1人を採用するためには、多くのコスト・時間がかかっています。

また、採用後のさまざまな事務処理にも多くのコスト・時間がかかっています。

そうやって過程を経て採用した人材が、すぐに辞めてしまうのは、そこまでかけてコスト・時間をムダにしてしまうことになります。

そういったリスクを避けるためにも、「すぐに辞めない人材」というのはかなり重要な要素だといえます。

転職先選びの幅が広がる

なぜかというと、看護師経験3年あれば、病院以外の転職先を選びやすくなるから。

実際、病院以外の転職先では「経験年数○年以上必須」という縛りがある職場があります。

そして、そういった職場の多くでは、看護師経験3年以上を求めていることが多いです。

経験年数の縛りをつけている理由

一番の理由は、1フロアあたりの看護師の絶対数が少ないから。

クリニック 1〜3人
デイサービス 1人
老人ホーム 1〜2人
訪問入浴 1人
産業看護師 1人

このように、病棟以外の職場では基本的に、看護師の人数は1〜3人程度しかいません。

そういった職場では、即戦力や実務能力が求められる反面、十分な教育体制がとれないという現状があるため、経験年数の縛りをつけているんです。

裏を返せば、経験年数の縛りをつけることで、採用する側だけでなく、働く側を守っているシステムともいえます。

看護師2年目だと、クリニックは厳しい件

一番の理由は、経験不足が否めないから。

先ほどもあったように、ほとんどのクリニックでは、看護師1〜2人体制で、以下のような業務をこなす必要があり。

  • 検査や心電図測定、内視鏡、レントゲン、小さなオペの介助
  • 採血・点滴
  • 薬剤の在庫確認や発注
  • 急患・急変患者への対応
  • etc…

このように、クリニックで働くためには、臨機応変に判断でき、なおかつ実務能力・即戦力が求められます。

また、クリニックの場合は、病棟のように十分な教育体制が整っていないことも多々あるため、看護師2年目では正直厳しいところがあります。

人生の保険になる

理由は、看護師経験3年あれば、いざというときでも、仕事に困ることがほぼほぼないからです。

実際、看護師業界の感覚として「看護師3年目=一人前の看護師=即戦力となる人材」という、認識があります。

そして、人材不足な看護師業界では、看護師経験3年ある看護師は、基本的に引く手数多の人材となります。

そういった意味で、看護師3年の経験は、人生の保険になるといえます。

人生の保険ができるメリット

結論、看護師以外の仕事に挑戦しやすくなります。

なぜかというと、仮に挑戦が失敗しても、いざとなったら看護師に戻ることができるから。

実際に私の場合も、目標の実現のために看護師を辞めて、アルバイト+副業の生活をしていますが、こんなリスキーな生活ができるのも、看護師資格+経験という人生の保険があるからです。

私が後悔していること

とはいえ、今思えば3年目で看護師を辞めて、もっと早い段階で新しいことにチャレンジすればよかったと、よく後悔しています。

あなたが、看護師以外に挑戦したいと思っているなら、看護師にこだわらずに、気軽に新しいことに挑戦したほうがいいと思います。

看護師を辞めたい2年目の方へ【我慢のしすぎはダメ絶対】

ここまでは、3年目の終わりまで続けたほうがいいことを伝えてきましたが、絶対そうしなければいけないわけではありません。

とくに、以下のような症状が2週間以上続いている場合は、うつ病の可能性があるので「我慢のしすぎはダメ絶対」です。

【気分や行動面】
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。
【身体面】
  • 重く締めつけられるような頭痛。
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。
  • 食欲不振、胃の痛み。
  • 発汗、息苦しさなど。

*引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

重要のはうつ病になる前に辞めること

なぜなら、一度うつ病を発症してしまうと、復帰するのがかなり大変になってしまうから。

実際、同期の看護師のなかにも、我慢しすぎた結果、うつ病になってしまった人が何人かいました。

どの人も、以前の状態に戻るまで何年かかっていましたし、未だに以前の状態に戻ることができず、苦しんでいる人もいます。

心を壊すくらいなら、甘えでもいいから辞めるべき

同じような環境でも、物事の感じ方や心の耐久度などは、人それぞれ。

人によっては、それぐらいで看護師を辞めるなんて甘えだという人もいます。

ただ、それはあくまでもその人の考えであって、あなたに当てはまるわけではありません。

だから、人から甘えだと言われても、心が限界なら我慢せずに辞めるべきだと思います。

そのために必要なのが、定期的なセルフチェックです。

セルフチェックできるものには、以下のようなものがあります。

少しでも異変を感じたらセルフチェックをして、常に自分の心の状態を把握してあげましょう。

看護師2年目で辞めたいけど不安【基本なんとかなるから大丈夫】

あくまでも、3年目までの終わりまでは続けたほうがいいというのが、基本的なスタンスです。

とはいえ、看護師2年目で辞めたとしても、基本なんとかなるからそこまで不安になることはないです。

理由はシンプルで、全国で看護師が不足しているから。

看護師不足に関しては、厚生労働省の看護職員受給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてで、以下のような明記があります。

”社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

このように、今後も看護師不足は続くため、看護師2年目で辞めたとしても、こだわらなければ仕事に関しては基本なんとかなるといえます。

人生に疲れたら、派遣看護師がいい件

なぜなら、ストレス減+高時給で、ゆるりと働けるから。

実際、派遣看護師なら、時給2,000円超の職場で働くことも可能です。

具体的には、以下のとおり。

病院 1,800〜2,200円
検診センター 1,600〜1,800円
保育園 1,500〜2,000円
特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円
コールセンター 1,900〜2,000円
クリニック 1,500〜2,000円

*2020年6月現在
参照:MC-ナースネット

固定費を下げれば、週休3日も可能

たとえば、時給1,800円の職場で4日/週・8h /日で働く場合。

1,800円/時間×8h/日×4日/週×4週=230,400円

このように、派遣看護師なら週休3日で、ゆるりと働くことができます。

さらに、毎月の固定費を下げれば週休4日も可能、ストレス減でゆるりと働けます。

ちなみに…

派遣会社にはそれぞれ得意の分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

私が実際に利用したオススメの派遣会社