看護師

看護師に向いてない…もう辞めたい【私もそう思って働いていました】

看護師に向いてない…辞めたいと悩んでいる人
看護師に向いてない…辞めたいと悩んでいる人
看護師に向いてない…もう辞めたい。

こんなときは、どんな気持ちで看護師をしているか知りたい。

また、看護師を辞めたいと思ったときに、どうやって乗り越えたか知りたい。

もしくは、看護師を辞めて、他の仕事をしたいと考えているけど可能?

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

ちなみに、私の場合は、看護師に向いていると思ったことは一度もなかったです。

そんな私が、看護師を10年続けることができたのは、考え方を180度変えることができたからです。

とはいうものの、今思うと、もっと早く看護師を辞めて、新しいことに挑戦すればよかったとかなり後悔しています。

今回はそんな私の実体験に基づいて、看護師に向いてないと思ったときの対処法などについては解説します。

看護師に向いてない…もう辞めたい【私もそう思って働いていました】

私も看護師時代は、「自分は絶対に看護師に向いてない…」「1日でも早く看護師を辞めたい…」と思って働いていました。

とくに、以下のようなことなときに、看護師に向いてない…と思っていました。

  1. 先輩看護師にボロクソに言われたとき
  2. 協調性がないと言われたとき
  3. マルチタスクが苦手だと感じたとき
  4. 何年やっても夜勤に慣れないとき
  5. 看護という仕事に対する熱意が低いとわかったとき
  6. 組織に属して働きたくないと思ったとき

場面①「先輩看護師にボロクソに言われたとき」

先輩からの容赦ない攻撃、キツイですよね。

とくに私の場合は、器用に仕事ができる人間ではなかったので、がんばってもがんばってもボロクソに言われました。

しかも、ボロクソに言われるたびに、以下のような悪循環にはまっていったため、最悪でした。

  1. ボロクソに言われる
  2. 不安・緊張度アップ
  3. 結果、テンパる
  4. ミスる
  5. ボロクソに言われる
  6. さらに、不安・緊張度アップ
  7. さらに、テンパる
  8. さらに、ミスる

ボロクソに言われるたびに、がんばって改善していこうと思うのですが、だんだん「あれ、自分、看護師向いてない…」と考えるように。

そこに先輩からの「あんた、看護師向いてない!」の一言に、無力感・絶望感を覚えたのを今でも覚えています。

場面②「協調性がないと言われたとき」

はいそうです、看護師に必要なのはチームワークという名の協調性です。

協調性の低いというのは、働く前から薄々は気づいていました。

しかし、まるで生きている価値がないような感じで「協調性がない」と言われたときは、看護師向いてない以上に、生きていくことに向いてないのかもと、まじめに落ち込みました。

もう毎日死にたいな〜と思っていましたね、本当に…。

ただ、今では協調性の低いことで、わずわらしい人間関係が激減したので、結果オーライです。

場面③「マルチタスクが苦手だと感じたとき」

マルチタスクは、看護師に必須スキルといっても過言ではないと思っています。

ただ、私の場合は、マルチタスクが苦手だと気づいてしまいました。

そのため、受け持ち患者が増える、夜務は結構厳しかったです。

点滴管理や経管栄養の管理、オペ後の管理、呼吸器の管理、バイタルチェック、ナースコールの対応などなど、マルチタスク祭り…。

「いつか致命的なミスをするのではないか…」、夜勤のときはとくにそんな恐怖を抱えながら仕事をしていました。

もちろん、経験を重ねてある程度はマルチタスク力は向上しましたが、苦手なのは変わらないな気づいたときに、あらためて看護師向いてないと思いました。

場面④「何年やっても夜勤に慣れないとき」

看護師仲間のなかには、むしろ夜勤のほうが好きという人もいましたが、私の場合は10年間ずーと夜勤に慣れることはなかったです。

夜勤以外にも、待機や当直なども経験しましたが、夜寝ているときに突然呼び出されるストレスは、かなり大きくムリだと思いました。

とはいえ、「病院に勤務する=夜勤や待機・当直は絶対」ということは明白。

夜勤がある生活を定年まで続けると考えたときに、看護師向いてないなと思いました。

場面⑤「看護という仕事に対する熱意が低いとわかったとき」

それがわかったのが、看護師5年目を過ぎてから。

具体的には、年間目標を自分で決めるようになってからです。

それまでは、病院が用意した年間目標に沿って、仕事をしてきたのですが、看護師5年目を過ぎてからは自分で年間目標を立てるようになりました。

しかし、その年間目標がまったく浮かばない…。

師長と面談の末、なんと決めてきたものの、やっぱりこんな看護師になりたいという明確なビジョンが見えない状況が続きました。

そんななか、看護師に向いてないと確信したのは「看護という仕事に対する熱意が低い」ということに気づいたからです。

場面⑥「組織に属して働きたくないと思ったとき」

私にとっては、組織に属して働きたいくないというのが、看護師を向いてないと感じた決定的な要素になりました。

そもそも、組織に属して働きたくないと思ってしまった時点で、看護師に向いてない以前に、会社員にも向いてないともいえます。

そう悟った私は、今は自分の力でお金を稼ぐ力を身につけるために、アルバイト+副業で日々奮闘しています。

【月5万】看護師の副業でオススメの在宅ワークは「ブログ運営」です看護師の副業でオススメの在宅ワークを知りたい。副業で在宅ワークをはじめたいが、どうやってはじめていいかわからない…。副業で在宅ワークをするメリット・デメリットを知りたい。副業で在宅ワークをすると、本当に収入を得ることはできるの?というか…副業で在宅ワークをするリスクはないの?こういった疑問に答えます。...

【乗り越える方法】看護師に向いてない…辞めたいと思っている人へ

結論として、以下の3つが大切だと思います。

  • 自分への期待度を下げる
  • 他人と比べない
  • 他人の期待に応えない

方法①「自分への期待度を下げる」

なぜなら、理想とする期待度と、実際の期待度の差が小さいほど、向いてないと感じる頻度が減るからです。

実際のところ、看護師に向いてないと感じるのは、「私ってこんなこともできないんだ…」と期待どおりの結果が出なかったときのことが多くないですか。

私が看護師に向いてないと感じていたのも、理想と現実の乖離が大きいからでした。

しかし、自分への期待度を意識的に下げて、少し自分に優しくなってからは、理想と現実の乖離が小さくなり、結果として向いてないと感じることが少なくなりました。

方法②「他人と比べない」

なぜかというと、他人と自分を比べても、意味がないどころか、悪影響しかないからです。

実際、同じ看護師でも、成長具合って人によって大きく違います。

  • Aさんが3ヶ月でできることが、Bさんだと6ヶ月かかってしまう
  • Bさんが3ヶ月でできることが、Aさんだと6ヶ月かかってしまう
  • AさんとBさんが6ヶ月でできることが、Cさんだと3ヶ月でできてします

他人と比べて焦る必要はない

なぜなら、6ヶ月で仕事を覚えた人でも、1年で仕事を覚えた人でも、3年すればだいたい同じようなレベルになるから。

重要なのは、他人ではなく過去の自分と比べ、コツコツと毎日を積み上げることです。

私も、できないなりにコツコツと積み上げることで、徐々にいろいろができるようになりました。

方法③「他人の期待に応え過ぎない」

理由は、ムダに心が削られ、疲弊してしまうから。

とくに、意地悪な先輩看護師の期待に応えようと、全力を尽くしたとしても、結局のところ粗探しをされて、ほぼほぼの確率で攻撃をされてしまいます。

もちろん、仕事を全力でこなして、ミスをなくすことは大切なことです。

とはいえ、他人の期待に応えすぎるというのは、自分の身を守るためにもやめたほうがいいと思います。

それよりも、あなたが今もっている最大限の力を発揮することに、集中するほうが大事です。

向いてないと思ったら、転職or看護師辞めて他の仕事をするのがいい

そうはいっても私同様、「やっぱり看護師に向いてない…辞めたい」と思ったら、転職or他の仕事に転職したほうがいいと思います。

なぜかというと、職場を変えることで、劇的に環境が改善することが多々あるからです。

実際に私の場合も、病院を辞めて職場を変えてから、人生が少しずつよくなっていきました。

病院辞めたら看護師資格の実用性がわかった件

理由は、多様な働き方ができることがわかったからです。

実際、看護師資格があれば、病院以外にも以下のようなところで働くことができます。

病院 クリニック 診療所
臨床開発モニター コールセンター 美容クリニック
介護施設 デイサービス 保健所
リゾートナース 大学の保健室 訪問入浴
保育園 訪問看護 ツアーナース
治験コーディネーター 企業看護師 献血ルーム
救護室 障害福祉施設 児童養護施設
教員 乳児院 健診センター
イベントナース クリニカルスペシャリスト etc…

失敗しない転職をするために重要なこと

結論、情報収集です。

なぜなら、しっかりと情報収集をおこなうことで、転職後のギャップを少なくすることができるから。

実際に私の場合、しっかりと情報収集をせずになんとなく転職してしまった結果、入職後のギャップに仕事への意欲をなくして、短期間で退職することになってしまいました。

そういった、失敗をなくすためにも情報収集は必須になります。

【看護師に告ぐ】転職活動は在職中に行うべし【成功の鍵=情報取集】転職活動は、在職中におこなったほうがいい?退職後におこなったほうがいい?在職中に転職活動をおこなうとどんなメリットがある? 在職中の転職活動はどうやって進めていけばいい?とういうか…在職中でも、看護師転職サイトに登録することはできる?登録できるなら、看護師転職サイトの効果的な利用方法を知りたい。在職中に転職活動を進めたいので、実際に転職活動をした人の話を聞きたい。こういった疑問に答えます。 ...

派遣看護師ならやりたいことに挑戦できる

具体的には「派遣看護師+転職したい異業種でアルバイト」という方法がオススメです。

理由は、以下のとおり。

  • 異業種でのアルバイト:転職したい異業種の実務能力・即戦力を身につけ、転職の成功確率を上げるため
  • 派遣看護師:時給がよくて、勤務の融通がきくから

現実問題、実務能力・即戦力を身につけている間の期間は、収入ががくんと下がってしまいます。

そういった意味でも、時給の高い派遣看護師で少しでも多くの収入を確保することは、心の余裕を保つ意味でも重要なことです。

派遣看護師なら時給2,000円超も可能

たとえば、時給1,000円で10日+時給2,000円で10日働いた場合

「1,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」+「2,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」=8万円+16万円=24万円

これなら、他の仕事でアルバイトしながらでも、十分に生活できますよね。

ちなみに、派遣会社にはそれぞれ得意な分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

実際に利用してよかった派遣会社