看護師転職サイト

看護師転職サイトの選び方【実際に使ってよかったオススメベスト3】

看護師転職サイトの選び方【実際に使ってよかったオススメベスト3】
転職サイトの選び方を知りたい看護師
転職サイトの選び方を知りたい看護師
看護師転職サイトの選び方や、実際に使ってよかったオススメの看護師転職サイトを知りたいです。

そもそも看護師が転職するときは、転職サイトを使ったほうがいいんですか?

使ったほうがいいなら、「その理由」や「メリット・デメリット」、「効果的な使い方」、「注意点」などを知りたいです。

あとはじめての転職で右も左も分からないので、実際に転職活動をおこなったことがある看護師から「失敗しない転職方法」や「転職してほんとうによかったか?」などのリアルな話を聞きたいです。

こういった疑問にこたえます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

いまは看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

わたし自身、これまでに複数回の転職をおこないました。

転職活動では、看護師転職サイトを使ったパターンと、使わないパターンの両方を経験し、看護師転職サイトが「有効なツール」であることを肌で感じました。

それと同時に、選び方や使い方を間違えると、不利益をもたらすツールになることも実感しました。

とはいえ看護師転職サイトは、失敗しない転職をおこなうためには必須のツール。

実際にわたしも看護師転職サイトを使うことで、転職活動を有利にすすめることができました。

今回はそんなわたしの実体験にもとづいて、「看護師転職サイトの選び方や効果的な使い方」、「看護師転職サイトを使うメリット・デメリット」、「失敗しない転職方法」などについて解説します。

看護師転職サイトの選び方【重要→複数登録からの比較検討】

看護師転職サイトを選ぶときには、以下のことが重要です。

  1. 「大手の看護師転職サイト」から選ぶ
  2. 大手の看護師転職サイトを「複数登録」する

選び方①「大手の看護師転職サイトから選ぶ」

結論として、看護師転職サイトを選ぶときは「大手の看護師転職サイト」から選べば問題なしです。

理由は、以下のとおり。

  • 求人保有数が多い
  • サポート内容が充実している
  • 職業紹介優良業者認定を取得している

理由①「求人保有数が多い」

具体的には、以下のとおり。

求人数 非公開求人の有無
ナース人材バンク 約20万件
マイナビ看護師 約9万件
ナースではたらこ 約9万件
医療ワーカー 約8万件
看護のお仕事 約6万件
看護roo! 約5万件

*2021年10月現在

上記のとおりで、大手の看護師転職サイトは「非公開求人を含む」おおくの求人を保有しているんです。

よくある質問「求人保有数が多いとなにがいいの?」

求人保有数が多いというのは、「失敗しない転職をおこなう」うえでかなり重要になります。

理由は、以下のとおり。

  1. 求人保有数が多いと‥、
  2. より多くの求人を比較検討することができる。
  3. 結果、あなたにとって最適な求人がみつかる可能性が高くなる

実際、以下の2つの転職サイトがあった場合、あなたならどちらを選びますか?

  • A転職サイト:保有求人数「1,000件」
  • B転職サイト:保有求人数「10,000件」

わたしの場合は、より多くの求人を比較検討できる「B転職サイト」をまよわず選びます。

理由②「サポート内容が充実している」

大手の看護師転職サイトに登録すると、「担当の転職エージェント」が転職活動で必須となるすべてのサポートを「無料」でおこなってくれます。

具体的なサポート内容は、いかのとおり。

  • メール・電話・面談いずれかでのヒアリング
  • 希望条件にあった求人の検索・紹介
  • 気になる求人についての詳細情報の提供
  • 求人情報の読み方についてのレクチャー
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策(必要に応じて面接への同行)
  • 見学・面接の日程調整
  • 条件面・待遇面の交渉
  • 入職条件のダブルチェック(内定後)
  • 内定辞退を希望する場合の連絡

上記のとおりで、大手の看護師転職サイトに登録すれば「無料+転職活動で必須になるすべてサポート」をうけることができるんです。

わたしがとくに「ありがたい」と思ったのサポート内容

それが以下のサポート内容。

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 見学・面接の日程調整

それというのも私の場合…、

履歴書にかんしては、新卒のときに書いたっきり、一度も書いたことがなく…

面接経験も新卒のときだけ…

職務経歴書については、もはやチンプンカンプン。

そんなわたしにとって無料の転職サポートはほんとうにありがたかったです。

あとわたしの場合、「電話するのが大の苦手」なため、見学・面接の日程調整をかわりにおこなってくれたのはかなり助かりました。

理由③「職業紹介優良業者認定証を取得している」

職業紹介優良業者認定証とは、経営の安定性や法令の遵守、業務の適正運営、従業者に対する教育など78項目の「きびしい審査基準をクリアした事業者」だけに、厚生労働省から交付される認定証です。

そんな職業紹介優良業者認定証は、質のよい転職サイトを選ぶさいの目安のひとつになります。

実際、大手の看護師転職サイトである「マイナビ看護師」は、職業紹介優良業者認定証を取得しています。*2021年10月現在

選び方②「大手の看護師転職サイトを複数登録する」

看護師転職サイトを選ぶときは、大手の看護師転職サイトを「複数登録」することが重要。

その一番の理由は、看護師転職サイトの「比較検討+取捨選択」をおこなうため。

実際にわたしの場合は、以下の方法で「5社→3社」にしぼりこみました。

  1. まずは大手の看護師転職サイト「5社に登録」する
  2. 「転職エージェント」の優先順位をつける
  3. 上位3名の転職エージェントが所属する転職サイト3社にしぼりこむ

よくある質問①「なんで転職エージェントに優先順位をつけるの?」

なぜなら看護師転職サイトの良し悪しは「転職エージェントの質」で決まるといっても、過言ではないから。

実際に看護師転職サイトにたいする悪い口コミのほとんどは、転職エージェントが原因になっています。

看護師さんAの場合
看護師さんAの場合
転職エージェントがすすめてくれたところなら大丈夫だろうと、深く考えずに就職したら、想像していた職場とは違った…
看護師さんBの場合
看護師さんBの場合
実際に紹介してくれた求人は、私が伝えた希望とはまったく違うものだった…
看護師さんCの場合
看護師さんCの場合
日勤のみで働けるときいていたが、内定をもらった直後に、転職エージェントから連絡がきて、最低でも2回は夜勤をしなくてはならいないと、言われた
看護師さんDの場合
看護師さんDの場合
とにかくレスポンスが悪い、最初のヒアリングから1週間たってやっと連絡がきました

このように質の悪い転職エージェントにあたってしまうと、嫌な思いをするだけでなく「トラブルの原因」にもなってしまいます。

看護師転職サイトへの複数登録は、こういった質の悪い転職エージェントを避けるための「有効な手段」になります。

よくある質問②「どうやって転職エージェントに優先順位をつければいいの?」

私の場合は、以下のような判断基準をもとに、転職エージェントに優先順位をつけました。

  • レスポンスは速いか?
  • しっかりと距離感を保ってくれるか?
  • こちらの要望をしっかりと反映してくれるか?
  • いい情報だけでなく、悪い情報も教えてくれるか?
  • 質問に対して誠実で正確な答えがかえってくるか?
  • 一つひとつの確認を、しっかりとおこなってくれるか?
  • etc…

優先順位をつけたら、上位3人のいる看護師転職サイトだけをのこして、転職活動をすすめていけばOKです。

よくある質問③「大手の看護師転職サイトってどこを選べばいいの?」

とくにこだわりがなければ、「わたしが実際に利用してよかった看護師転職サイト3社」+「大手の看護師転職サイト2社」に登録すればOK。

理由は、以下のとおり。

  • 大手の看護師転職サイトなら、基本的なサポート内容に大差がないから
  • 結局のところ、重要なのは転職エージェントの質だから

具体的には、以下のとおり。

わたしが実際に利用してよかった看護師転職サイト
大手の看護師転職サイト2社

なお以下の記事では、「どうやってランキングをつけたのか?」「ランキングをつけた具体的な理由」「各転職サイトの口コミや登録・退会方法」などについて解説しているので、参考にしてもらえればさいわいです。

【利用してよかった】看護師転職サイトランキング【ベスト3を紹介】看護師転職サイトの利用を考えているけど、どこを利用すればいいかわからない…。判断基準が欲しいので、おすすめの看護師転職サイトを、ランキング形式で教えてほしいです。ただ、あまりにランキング数が多すぎると、迷って決めれなくなるので、ベスト5くらいに絞り込んでほしい。というか…本当にランキング上位の看護師転職サイトを利用したほうがいいの?利用した方がいいなら、看護師転職サイトに登録するときの注意点や、失敗しないための使い方などを教えてほしです。後悔のない転職をおこないたいので、実際に転職経験がある看護師から、失敗しない転職の進め方などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

よくある質問「選び方はわかったけど、そもそも看護師転職サイトは使ったほうがいいの?」

結論として、転職活動をおこなうときには、看護師転職サイトを「使ったほうがいい」です。

理由は、以下のとおり。

  1. 看護師転職サイトは、転職活動において「有益なツール」になる
  2. 転職活動において必要なサービスを、すべて「無料」で利用できる
  3. 有益なツールを使わないのは「損」でしかない

実際に私の場合、看護師転職サイトを「使わないパターン」と「使うパターン」の両方を経験しましたが、看護師転職サイトを使わない方が「損をするな〜」と思いました。

看護師転職サイトを使わないと「損」をする理由

理由は、以下のとおりです。

  • 転職の相談をすることができない
  • 求人情報を網羅的に集められない
  • 見学日・面接日の調整を自分でやらないといけない
  • 履歴書・職務経歴書の添削をおこなってもらえない
  • 面接対策をおこなってもらえない
  • 条件・待遇面の交渉を自分でやらないといけない
  • 雇用契約書を確認してもらうことができない

こんなかんじで、看護師転職サイトを使わないと「損」をしてしまいます。

このあたりについては、以下の記事で詳しく解説しています。

【実証済】看護師転職サイトは使わない方がいい?【使った方がいい】看護師転職サイトは、本当に使わない方がいいの?というか…なんで看護師転職サイトを使わない方がいい、という声があるの?理由を知りたいです。看護師転職サイトを使わない場合のメリット・デメリットを知りたいです。ちなみに、看護師転職サイトを使わない場合は、どんな流れで転職活動をすすめていけばいいの?看護師転職サイトを使うか、使わないかで悩んでいるので、実際に転職サイトを使った場合と使わなかった場合の両方を経験したことがある看護師のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

【注意点】看護師転職サイトも完璧なサービスではない

とはいっても看護師転職サイトも完璧なサービスではないので、「デメリット」もあります。

その原因となっているのが、さきほどもあった「転職エージェントの質バラツキある問題」。

実際に質の悪い転職エージェンが担当になってしまった場合、以下のようなデメリットが発生してしまいます。

  • しつこく連絡してくる
  • 相性(性格)があわない
  • 希望条件と違う求人ばかり紹介してくる
  • 求人を紹介してくれるまでに時間がかかる

とはいえ上記のデメリットについては、しっかりとした対処をおこなえば問題なし。

具体的にな対処法については、以下の記事で解説してます。

看護師転職サイトの効果的な使い方【デメリットを最小限にする方法】看護師転職サイトって、どんな使い方ができるサービスですか?そもそも看護師転職サイトは使った方がいいですか?使わない方がいいですか?使った方がいいなら、メリットだけでなく、デメリットも含めて教えてほしいです。それと「看護師転職サイトの効果的な使い方」や「注意した方がいい使い方」、「実際に利用してよかった転職サイト」なども知りたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師転職サイトのメリットを最大限いかす方法

結論、複数登録するのが最適解。

なぜなら看護師転職サイトを複数登録すると、以下のようなメリットがあるから。

  • 希望する求人がみつかる確率があがる
  • 貴重な求人情報をゲットできる確率があがる
  • よりよい条件の求人がみつかる確率があがる
  • より詳しい内部情報をゲットできる確率があがる
  • 後悔の少ない転職ができる確率があがる

とくに失敗しない転職をするうえでは、徹底的な情報収集が重要になります。

そういった意味で、看護師転職サイトに複数登録して「より多くの求人情報が手にいれること」は必須作業といえます。

  1. 複数の看護師転職サイトに登録する
  2. 徹底的な情報収集をおこなう
  3. 徹底的な比較・検討をおこなう
  4. 比較・検討した情報のなかから、自分に最適な転職先を選ぶ
  5. 納得したうえだから後悔の少ない転職ができる

具体的には、以下の記事で解説しています。

【実証済】看護師転職サイトは複数登録したほうがいい【メリット大】看護師転職サイトを利用するときは、複数登録したほうがいいの?複数登録したほうがいいなら、その理由やメリット・デメリットなどを教えてほしいです。というか、複数登録するなら何社の転職サイトに登録するのがベストなの?あと、複数登録するときは、どうやって転職サイトを選べばいいのかも知りたい。看護師転職サイトを利用して転職しようと思っているので、転職サイトを複数登録したときの効果的な使い方や複数登録すると起こるトラブルなどを、実際に転職サイトに複数登録して転職活動をおこなった看護師のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

【結論】看護師転職サイトを選ぶときは複数登録・比較検討するべし

理由は以下のとおり。

  • 看護師転職サイトのよし悪しは「転職エージェントの質」できまる
  • 複数登録+比較検討することは、質の悪い転職エージェントをさける「有効な手段」になる

とはいえ看護師転職サイトを有効活用するためには、選び方だけでなく「使い方」も重要になります。

そこでここからは、看護師転職サイトを効果的につかう方法について解説していきます。

選び方よりも重要【看護師転職サイトの効果的な使い方や注意点】

看護師転職サイトを有効活用するためには、選び方だけでなく「使い方」も重要になります。

というのも使い方を間違えると、看護師転職サイトのメリットを最大限いかすことができなくなってしまうから。

実際、看護師転職サイトを効果的につかうためには、以下のことが大切になります。

  • 違うと思ったらことわる
  • 自分のペースですすめる
  • 使えるものはすべて利用する
  • 看護師転職サイトは、一つのツールであると考える

とくに「断るのが苦手」という人は、注意が必要。

というのも…

  1. 転職エージェントのなかには、あなたにとって「不利益になるコトをしてくる人」がいる
  2. 不利益になるコトに対して「断ることができない」と…、
  3. 「望まない転職」をしてしまう危険が高くなる。

こうした事態をふせぐためには、「断る勇気」が必須になります。

そのあたりについては、以下の記事でも詳しく解説しているので参考してもらえたらうれしいです。

看護師転職サイトの効果的な使い方【デメリットを最小限にする方法】看護師転職サイトって、どんな使い方ができるサービスですか?そもそも看護師転職サイトは使った方がいいですか?使わない方がいいですか?使った方がいいなら、メリットだけでなく、デメリットも含めて教えてほしいです。それと「看護師転職サイトの効果的な使い方」や「注意した方がいい使い方」、「実際に利用してよかった転職サイト」なども知りたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師転職サイトをつかうときの注意点

看護師転職サイトをつかうときには、「無料で使えるしくみ」を知ることも重要。

なぜかというと、無料で使えるしくみを知ることが、「看護師転職サイトの闇を知る」ことにつながるから。

看護師転職サイトが無料で使えるしくみ

具体的には、以下のとおり。

  1. 看護師Aが、転職サイトに登録する
  2. 看護師Aが、転職エージェントのサポートをうける
  3. 転職サイト経由で、A病院に就職する
  4. A病院から、転職サイトに「紹介料」が支払われる

このように看護師転職サイトは、主に病院等から支払われる「紹介料」によって運営されています。

なお紹介料については、「理論年収の20〜30%」といわれています。

たとえば…

  1. B病院に就職した、A看護師の理論年収が「約450万円」の場合
  2. B病院から転職サイトに「約100万円」の紹介料が支払われる

ことになります。

紹介料が看護師転職サイトの闇をうみだす原因になる

というのも紹介料の一部が「インセンティブ」として、転職エージェントに還元されるから。*すべての転職サイトにあてはまるわけではありません

たとえば、紹介料の「3%」がインセンティブとして還元される場合。

看護師一人あたり「3万円」のインセンティブが、転職エージェントに還元されることになります。*紹介料100万の場合

さらに看護師5人を就職させることがでれきば「15万円」。

看護師10人を就職させることがでれきば「30万円」。

こんな感じで、就職した看護師の人数がおおいほど、転職エージェントに還元されるインセンティブが増えていきます。

とうぜん転職エージェントとしたら、より多くの看護師を就職させて、より多くのインセンティブを得たいと思います。

そのため売上重視の転職エージェントにつかまってしまうと、以下のようなトラブルにまきこまれてしまう危険が高くなってしまうんです。

  • ブラックすぎる職場を紹介された
  • 希望条件に合わない求人ばかりを紹介された
  • 強引に転職させられそうになった
  • とにかく連絡がしつこかった
  • 実際に働いてみたら労働条件と違った
  • etc…

上記のようなトラブルを避けるためには、さきほども說明したとおり「質のいい転職エージェントを選ぶ」ことが必須になります。

実際にわたしの担当になってくれた転職エージェントは、とても頼りになる方で「安心して」サポートを任せることができました。

【結論】看護師転職サイトは選び方だけでなく使い方も重要

以上、看護師転職サイトの選び方と効果的な使い方になります。

ここまできたらあとは、転職活動をすすめていくだけ。

とはいえ「行きあたりばったり転職」をすると、転職後に後悔する確率が高くなるので注意が必要です。

後悔しない転職先の選び方【看護師転職サイトを活用した転職活動のすすめ方】

結論、後悔しない転職先を選ぶためには、「計画的」に転職活動をすすめることが重要。

理由は、じっくりと考える時間を確保して、まちがった選択をする可能性をゼロにちかづけるため。

具体的には、転職の決意〜転職終了まで「3〜6ヶ月」の準備期間をもうけます。

具体的なスケジュール

具体的なスケジュールは、以下のとおり。

内容
転職の決意 転職時期の決定
6〜4ヶ月前 自己分析
4〜2ヶ月前 求人探し
求人先への見学
求人先の絞り込み
面接対策・履歴書・職務経歴書の作成
2〜1ヶ月前 求人先への面接
転職終了 内定・入社

「自己分析の方法」や「最適な転職時期」、「看護師転職サイト以外のオススメのツール」などについては、以下の記事で解説しているので参考にしてもらえるとうれしです。

【実証済】看護師の転職方法を徹底解説【後悔しない転職をする方法】看護師ですが、転職を考えています。とはいえ、なにから手をつければいいのかわからない…。転職したあとに後悔したくないので、失敗しない転職方法を知りたいです。具体的には、転職スケジュールの立て方やオススメの転職方法、自分に合った転職先を見つける方法などを知りたいです。それともう一つ、円満に退職する方法も知りたいです。失敗しない転職をおこないたいので、実際に転職した経験のある看護師のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

よくある質問①「在職中でも看護師転職サイトに登録していもいいの?」

OKです。むしろ在職中にこそ「積極的」に看護師転職サイトをつかって転職活動をおこなったほうがいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 効率的に情報収集できる
  • 転職活動の負担が減る

実際にわたしも看護師転職サイトをつかうことで、以下のサポートを無料でうけることができまました。

求人の検索・紹介 見学日・面接日の調整
面接対策 履歴書・職務経歴書の添削
雇用条件の交渉 etc…

求人を検索するのって地味に大変ですし、かけた労力のわりにはいい求人がみつからない…。

見学日や面接日の調整も仕事をしてると大変で、なかなか担当者がつかまらなかったり、せっかく電話がきても仕事中ででれなかったり…。

職務経歴書も書き方がわからないし、正解もわからない…。

これらの問題をすべて解決してくれた、転職エージェントさんにはほんとうに感謝しています。

【看護師に告ぐ】転職活動は在職中に行うべし【成功の鍵=情報取集】転職活動は、在職中におこなったほうがいい?退職後におこなったほうがいい?在職中に転職活動をおこなうとどんなメリットがある? 在職中の転職活動はどうやって進めていけばいい?とういうか…在職中でも、看護師転職サイトに登録することはできる?登録できるなら、看護師転職サイトの効果的な利用方法を知りたい。在職中に転職活動を進めたいので、実際に転職活動をした人の話を聞きたい。こういった疑問に答えます。 ...

よくある質問②「看護師転職サイトをつかえば人間関係のいい職場に転職できる?」

そもそもとして「人間関係の改善」を転職目的にしていると、転職に失敗する確率が高くなってしまいます。

なぜかというと、どこにいったとしても「あなたにとって嫌な人」というのが存在するから。

実際にわたしも、転職をすれば人間関係のいい職場で働けるとおもっていました。

しかし医療・福祉の現場だけでなく「一般企業」でも働いた結果、どこの職場にもイヤな人がかならずいました。

もちろんイヤな人レベルは職場によって変わりますが、結局のところ「人間関係の悩み」がなくなることはなかったです。

こんなかんじで、「人間関係の改善」を転職目的にしていると、転職に失敗する確率が高くなってしまいます。

それは看護師転職サイトをつかったとしても同じです。

とはいえ失敗しない転職をおこなうためには、看護師転職サイトはつかったほうがいいのはかわりません。

【実証済】看護師転職サイトは使わない方がいい?【使った方がいい】看護師転職サイトは、本当に使わない方がいいの?というか…なんで看護師転職サイトを使わない方がいい、という声があるの?理由を知りたいです。看護師転職サイトを使わない場合のメリット・デメリットを知りたいです。ちなみに、看護師転職サイトを使わない場合は、どんな流れで転職活動をすすめていけばいいの?看護師転職サイトを使うか、使わないかで悩んでいるので、実際に転職サイトを使った場合と使わなかった場合の両方を経験したことがある看護師のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...