看護師

【限界】仕事を辞めたい…看護師ムリ【実体験から得た解決策を解説】

仕事を辞めたいと思っている看護師
仕事を辞めたいと思っている看護師
看護師を続けることにひどく疲れた…、もう仕事を辞めたいです…。

ただ、仕事を辞めることに対する不安がいっぱいで、あと一歩が踏み出せません…。

できれば、実際に仕事を辞めた看護師から、仕事を辞めるリスクやデメリット・メリット、仕事を辞めた理由などを教えてほしいです。

それと、仕事を辞めたあとに後悔したくないので、仕事を辞める前・辞めた後にするべきことや実際に仕事を辞めた後の生活、仕事を辞めてもいいタイミングなどのリアルな話も聞きたいです。 

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。
現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています

私自身、看護師時代は毎日のように「仕事を辞めたい…」と思いながら、働いていました。

しかし、仕事を辞めることに対する不安が大きく、あと一歩を踏み出すことができませんでした。

結局、仕事を辞めることができたのは、看護師10年目になってから…。

かなりの時間がかかってしまいましたが、それでも毎日のように「仕事を辞めてよかった」と思っています。

というのも、仕事を辞めてからの人生はけっこう幸せで、生きていて楽しいと思えることが格段に多くなったから。(もちろん、デメリットもあります…)

ただその一方で「もっと早い段階で辞めていればよかった…」と、ひどい後悔も抱えています。

今回は、そんな私の実体験にもとづいて、仕事を辞めるデメリット・メリットや仕事を辞める前・辞めた後にするべきこと、実際に仕事を辞めた後の生活などに関して解説します。

もう限界…仕事を辞めたい…看護師ムリ【その気持ちよくわかります】

「仕事を辞めたい…」という気持ち、痛いほどよくわかります。

というのも、私も看護師時代は、毎日のように仕事を辞めたいと思っていたから。

私が「仕事を辞めたい…看護師ムリ…」と思った理由

理由は、以下のとおり。

  • 仕事に追われる人生に疲れた…
  • 人間関係がとにかく陰湿でシンドイ…
  • 看護師だけでなく他の仕事を経験したい…
  • 体力的・精神的な負担が大きすぎてツライ…
  • そもそも看護師をやりたいわけじゃなかった…
  • 看護師だけで人生を終えるのは絶対にイヤだ…
  • 看護師をすることにやりがいをみいだせない…
  • 一生、病院で働き続けるなんて絶望感しかない…
  • 夜勤がとにかくキツイ…夜勤のない生活をしたい…
  • とにかく疲れた…仕事を辞めて楽な働き方をしたい…

こんな感じで、看護師時代は毎日のように仕事を辞めたいと思いながら、働いていました。

こんな理由で仕事を辞めてもいいの?と悩んでいる看護師へ【退職理由はなんでもOK】

結論として、仕事を辞める理由はなんでもOK。

なぜなら、仕事を辞める理由よりも「不平不満のある現状を変えること」のほうが重要だから。

たとえば、「他の仕事をしてみたい…」「夜勤のない仕事をしたい…」「とにかく疲れた休みたい…」「etc…」という不平不満があったとしても、ただ頭で考えているだけでは現状はなにも変わりません。

仕事を辞めるというのは、こうした現状を変えるための有効な手段になります。

ただし、注意点あり【仕事を辞めるときの心得】

それは「仕事を辞めても解決できない問題がある」ということを納得したうえで、仕事を辞めること。

というのも、仕事を辞めたとしても「組織に属して働いている限り」、今と同じような問題が発生する仕組みから、完璧に逃れることができないから。

実際、雇用されている状態では、一緒に働く人を選ぶこともできませんし、雇用主の命令に従って仕事をしなければなりません。

そういった状況では、たとえ仕事を辞めて新しい職場に転職したとしても、「人間関係が憂鬱」「仕事が大変でシンドイ」「etc…」という問題にふたたび直面するリスクが常につきまといます。

とはいえ、不平不満がある現状を変えるためには「行動」するしかない

なぜなら、仕事を辞めるという具体的な行動をしないと、現状はなにも変わらないから。

実際に私の場合、勇気をだして仕事を辞めた結果、人生の幸福度がグーンとアップしました。

【実体験】看護師を辞めてよかったです【理由→幸せ指数があがった】質問です…看護師を辞めてよかったですか?辞めてよかったと思うなら、その理由を知りたいです。あと「看護師を辞めなければよかった…」、という後悔をしたないので、実際に看護師を辞めた経験がある人から、辞める前にやるべきことや看護師から別の仕事に転職するための方法、看護師を辞めた後の生活などについて教えてほしいです。こういった疑問に答えます。...

仕事を辞めたいなら辞めてもOK【ただし、3年の看護師経験を積んだ方がいい】

繰り返しになりますが、仕事を辞めたいと思っているなら、どんな理由でも辞めてもOK。

ただし、できれば「3年の看護師経験」を積んでから、仕事を辞めたほうがいいです。

理由は以下のとおり。

  1. 3年の看護師経験を積むと、即戦力・実務能力が身につく*当然ながら、個人差ありです
  2. 結果、「転職先選びの幅が広がる+人生の保険ができる」

実際、中途採用では「即戦力・実務能力」のある人材が求められています。

そのため、3年の看護師経験を積み、即戦力・実務能力を身につけることができれば、仕事を辞めた後の「転職を有利に進めることができる」ようになります。

また、「人生の保険ができる」という点も、仕事を辞めるうえで重要な要素になります。

人生の保険が仕事を辞めるうえで重要な理由

理由は、以下のとおり。

  1. 人生の保険がある=看護師資格+3年の経験
  2. 仕事に困ることがない
  3. 仕事にこだわなければ、衣食住に困らない
  4. 低リスクで仕事を辞めることができる
  5. 結果、仕事を辞めて自分がしたいことに挑戦することができる

実際に私自身、今は看護師を辞めて「一般職(アルバイト)+副業」という形で働いていますが、こういったリスキーな働き方を選ぶことができたのは「人生の保険」があったからです。

【実証済】ブログは看護師にオススメの副業です【月3万を稼ぐ方法】看護師ですが、副業でブログを始めたいと考えています。ただ…知り合いにブログを行っている人がいないため、本当に稼げるかわからず、あと一歩が踏み出せずにいます。そもそも副業でブログを始めて、収入を得ることは可能ですか?可能なら、その理由やブログで収入を得るための方法を教えてほしいです。それとブログを始めてから後悔したくないので、実際に副業でブログを行っている看護師から「ブログを行うデメリット・メリット」や「副業を始めるときの注意点」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師3年未満でも辞めるべき【今すぐ仕事を辞めた方がいい人の特徴】

具体的には、以下のような症状が2週間以上続いている場合は、「うつ病の可能性」があるので我慢せずにすぐに辞めるべきです。

【気分や行動面】
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。
【身体面】
  • 重く締めつけられるような頭痛。
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。
  • 食欲不振、胃の痛み。
  • 発汗、息苦しさなど。

*引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

仕事を辞めるデメリット【実際に仕事を辞めた看護師が解説】

実際に仕事を辞めて感じたデメリットは、以下のとおりです。

デメリット
  • 給料が下がった
  • これまでの培ったスキル・知識が無価値になった

デメリット①「給料が下がった」

「病院以外+正社員以外」という条件での転職を考えているなら、避けては通れないデメリットになります。

理由は、以下のとおり。

  • 病院以外の職場に転職した→基本給が下がった
  • 夜勤がない職場に転職した→夜勤手当がなくなった
  • 正社員ではなく、パート・アルバイトとして働いた→ボーナスがなくなった

とくに痛手だったのが、夜勤手当とボーナスの消失…。

  • 夜勤手当:約4万円/月×12ヶ月=約50万円/年
  • ボーナス:基本給×4,4ヶ月=約100万円/年

上記のとおりで、約150万円/年もの収入がなくなりました。

とはいえ、仕事を辞めたことで、人生の幸福度があがり「生きていて楽しい」と思えることが増えたので、まったく後悔はありません。

デメリット②「これまでの培ったスキル・知識が役に立たなかった」

「他業種への転職」を考えているなら、避けては通れないデメリットになります。

というのも、医療・福祉以外の他業種では、看護師として培ってきたスキル・知識がほぼほぼ役に立たなかったから。

体験談:私が他業種へ転職して自分に失望した話

実際に私は、看護師から一般職へ転職しましたが「自分の社会能力の低さ」にかなり落ち込みました。

とくにヤバイ…と思ったのが、一般社会で必須となるビジネス力の欠如。

電話対応 名刺交換のマナー 営業・経営などのサポート
顧客対応 郵便物の発送・仕分け アポ取りの方法
見積書・請求書・発注書などの作成・発送・管理 取引先へのメールの送り方 プレゼン資料の作成
伝票処理・整理 契約書の説明〜締結 etc…

こんな感じで一般職では、看護師として培ってきたスキル・知識がほぼほぼ役立ちませんでした。

当然、はじめは新人と同レベルな感じで働かないといけなかったので、結構きつかったです。

ただ、腐らずがんばった結果、一般職で必須となるビジネス力の基礎の基礎は身につけることができました。

他業種に挑戦しなければ、こうしたスキル・知識を身につけることができなかったので、勇気を出して仕事を辞めてよかったと思っています。

仕事を辞めるメリット【実際に仕事を辞めた看護師が解説】

実際に仕事を辞めて感じたメリットは、以下のとおりです。

メリット
  • 人生の幸福度があがった

メリット①「人生の幸せ指数がグーンとあがった」

もう、デメリットなんて無に変えるくらい、仕事を辞めたメリットの方が大きかったです。

理由は、以下のとおり。

  • 夜勤がなくなった
  • ストレスが軽減した
  • 命に関わるプレッシャーから解放された
  • 陰湿な人間関係から解放された
  • 視野が広がり、世界が広がった
  • 生活が規則的になった
  • 心の余裕ができた
  • ゆったりと考える時間ができた
  • 生きていて、楽しいと思えることが増えた
  • 人生に希望を見出せるようになった

こんな感じで仕事を辞めたら、人生の幸せ指数がグーンとあがりました。

ちなみに、看護師時代のときの、幸せ指数はほぼほぼ0…。

仕事を辞めてなかったら、こんなにも幸せ指数があがることがなかったと思うので、勇気をだして仕事を辞めてよかったと思います。

【実体験】看護師を辞めてよかったです【理由→幸せ指数があがった】質問です…看護師を辞めてよかったですか?辞めてよかったと思うなら、その理由を知りたいです。あと「看護師を辞めなければよかった…」、という後悔をしたないので、実際に看護師を辞めた経験がある人から、辞める前にやるべきことや看護師から別の仕事に転職するための方法、看護師を辞めた後の生活などについて教えてほしいです。こういった疑問に答えます。...

仕事を辞めた後に後悔したくない看護師へ【まずは自己分析をするべし】

仕事を辞めた後の後悔を防ぐためには、まず「自己分析」をおこなうことが重要。

なぜかというと、自己分析をおこなうと「失敗=後悔」ではなく、「失敗=経験」と捉えることができるようになるから。

  1. 自己分析をおこなう
  2. 「どう生きたいか・転職活動の軸・転職の目的」が明確になる
  3. 理想の生き方に向かって行動できる
  4. 「失敗=理想の生き方に近づくための経験」と捉えることができる

たとえば私の場合、今の生き方にたどり着くまでに、いくつもの失敗を繰り返してきましたが、一度も後悔したことはありません。

むしろ、失敗という経験があったからこそ「理想とする生き方に近づくことができた」と、失敗に感謝しています。

そういった思考でいられるのは、自己分析をおこない「どう生きたいか?」を明確にし、理想とする生き方にむかって行動することができているからです。

自己分析をおこなう方法

まずは無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を利用すれば問題なしです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、明確な答えがでない…

そんな場合は、誰かに相談するのが最適解。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには、誰かと「話しながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また、今だと「どう生きたいか?」を明確化してくれる、キャリア支援サービスもあります。

私のように、「周囲の人に相談できない」「相談したけど、否定的な意見しか返ってこない」などの状況で悩んでいるなら、プロのキャリアトレーナーに相談するのがいいです。

【無料で相談できる】キャリア支援サービス
朝比奈
朝比奈
あと、これは宣伝ですが、私自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...

転職は余裕をもって計画的におこなうべし

理由は、熟考する時間を確保して、間違った選択をする可能性をゼロに近づけるため。

具体的には、「3〜6ヶ月」の準備期間をもうけましょう。

スケジュール 内容
転職の決意 転職時期の決定
6〜4ヶ月前 自己分析
4〜2ヶ月前 求人探し
求人先への見学
求人先の絞り込み
面接対策・履歴書・職務経歴書の作成
2〜1ヶ月前 求人先への面接
転職終了 内定・入社

詳しくは以下の記事で解説しています。

【実証済】看護師の転職方法を徹底解説【後悔しない転職をする方法】看護師ですが、転職を考えています。とはいえ、なにから手をつければいいのかわからない…。転職したあとに後悔したくないので、失敗しない転職方法を知りたいです。具体的には、転職スケジュールの立て方やオススメの転職方法、自分に合った転職先を見つける方法などを知りたいです。それともう一つ、円満に退職する方法も知りたいです。失敗しない転職をおこないたいので、実際に転職した経験のある看護師のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

仕事を辞めたいときは看護師以外の仕事をするのもアリ【低リスクで転職できる】

とくに「看護師ムリ…」「看護師にやりがいを感じない…」「そもそも看護師になりたいわけじゃなかった」「etc…」と理由で仕事を辞めたい思っているなら、看護師以外の仕事に挑戦するのがいいです。

というのも、自分の気持を押し殺し、後ろ向きな気持ちで仕事を続けると「数年後に後悔」する可能性が大だから。

実際に私の場合は、看護師5年目を過ぎたあたりから、看護の仕事にやりがいを感じなくなり本格的に仕事を辞めたいと考えるようになりました。

しかし、「仕事を辞めることに対する不安」「新しいことに挑戦する不安」など、さまざまな不安に怖じけついてしまい、看護師10年目になるまで仕事を辞めることができませんでした。

結果、「若さ+時間」という貴重な資源をムダにしていまい、ひどい後悔を抱えることになってしまいました。

看護師なら低リスクで他の仕事に転職できる

理由は、たとえ転職に失敗したとしても「衣食住に困らない」から。

具体的には、以下のとおり。

  1. 今後も看護師不足が続く
  2. 病院・病院以外にも働く職場がたくさんある
  3. 多様な勤務形態で働くことができる

とくに看護師不足に関しては、厚生労働省の看護職員受給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてで以下のような明記があります。

社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

このように、今後も看護師不足は続くため、病院を含む「多くの医療・福祉現場」で看護師が必要とされます。

結果、「仕事に困ることがない=衣食住に困ることがない」ため、低リスクで他業種への転職に挑戦することができます。

私は看護師から一般職に転職できました

ただ私の場合は、いきなり一般職に転職できたわけではなく、一番はじめは看護師資格を活かして働ける「介護系の職場」に転職しました。

理由は、徐々に働くフィールドを広げていき、病院以外で働く自信をつけようと思ったから。

実際、介護系の職場を転々としたことで、病院以外で働くことへの抵抗が徐々になくなりました。

さらに、介護系の職場で働いたことで、起業する機会にも恵まれました。

結果、看護と関係ない仕事をすることに抵抗がなくなり、最終的に一般職に転職することができました。

他業種へ転職するなら、まずはキャリアアドバイザーに相談するべし

他業種への転職を考えているなら、マイナビエージェントやリクナビネクストなどの大手転職サイトに登録するばOK。

というのも、大手の転職サイトなら、転職を支援してくれるキャリアアドバイザーが在籍しているから。

実際問題、看護師から他職種への転職は、看護師から看護師への転職とは事情がまったく異なります。

自分の置かれている状況を客観的に理解し、後悔のない転職をするためにも、まずはキャリアアドバイザーに相談をするところからはじめるのが最適解です。

看護師転職サイトの完全利用ガイド【失敗しないためのマニュアル書】看護師転職サイトの利用を考えている。とはいえ、 右も左もわからない状態なので、どんな感じで利用すればいいか知りたい。また、実際に転職サイトを利用した人の立場から、おすすめの看護師転職サイトを教えてほしい。こういった疑問に答えます。...

他職種への転職したいけど不安…【まずは派遣看護師×アルバイトが最適解】

悩みを抱えた看護師
悩みを抱えた看護師
他職種へ転職したいけど、未経験の職種でいきなり正社員として働くのは不安…

そもそも、経験がないのに内定をもらえる自信がない…

できれば、ある程度は、経験をつんでから他職種への転職を挑戦したい。

そんな悩みを抱えているなら、「派遣看護師×アルバイト」という形で働くのがいいです。

理由は、生活費を稼ぎながら、興味がある職種の経験を積むことができるから。

具体的には、「週3日:派遣看護師・週2日:アルバイト」という形で働くのがいいです。

派遣看護師なら時給2,000円超の職場で働くことも可能

具体的には、以下のとおり。

病院 1,800〜2,200円
検診センター 1,600〜1,800円
保育園 1,500〜2,000円
特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円
コールセンター 1,900〜2,000円
クリニック 1,500〜2,000円

*2020年6月現在
参照:MC-ナースネット

例①「週3日:派遣看護師(時給2,000円)+週2日☓:アルバイト(時給1,000円)」の場合

具体的には、以下のとおり。

  • 2,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 3日/週 ☓ 4回/ヶ月=192,000円
  • 1,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 2日/週 ☓4回/ヶ月=64,000円

派遣看護師とアルバイトの収入を足すと、「256,000円」。

十分に生活できる金額ですよね。

例②「週2日:派遣看護師(時給2,000円)+週3日☓:アルバイト(時給1,000円)」の場合

具体的には、以下のとおり。

  • 2,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓2 日/週 ☓ 4回/ヶ月=128,000円
  • 1,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 3日/週 ☓ 4回/ヶ月=96,000円

派遣看護師とアルバイトの収入を足すと、「224,000円」。

こちらも、十分に生活できる金額ですよね。

しかも、アルバイトを週2→週3に増やしたため、より短時間で経験を積み上げることができます。

実際に利用してよかったおすすめの派遣会社

以下のとおり。

ちなみに、派遣会社にはそれぞれ得意な分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

仕事を辞めたいけど、強い引き止めにあって辞めれない看護師へ【最終手段→退職代行サービス】

「今すぐにでも仕事を辞めたいけど、自分一人では強い引き止めに対処できない…」、そういった場合は、退職代行サービスを利用するのがいいです。

なぜなら、退職代行サービスを利用すれば「ノーダメージ+スムーズ」に仕事を辞めることができるから。

看護師と相性がいい退職代行サービス

わたしNEXTがいいです。

というのもわたしNEXTは、女性の退職代行に特化していて「女性特有に悩みに考慮した対応をおこなってくれる」という特徴があるから。

そんな、わたしNEXTを利用するメリットは、以下のとおり。

  • 退職成功率が100%で安心*2020年11月現在
  • 病院と直接、話さなくてすむ
  • あなたに直接、連絡しないように伝えてくれる
  • 残りの給料を払ってくれない場合は相談できる
  • 最短で即日(依頼当日)から出社しなくてすむ
  • 有給休暇の交渉をしてくれる
  • 弁護士の指導を受けているから安心して利用できる

個人的にいいなと思ったのは、師長と直で話さなくてすむこと。

やっぱり直で話をしてしまうと「うまいこと丸こまれてしまい」、退職できなくなるという危険が大いにあります。

そういったリスクを回避する意味でも、退職代行サービスの利用には大きなメリットがあると思います。

相談は無料でLINEでやりとりすることができるので、強い引き止めに悩んでいるなら、状況報告がてら相談するのがいいと思います。

わたしNEXTの評判・口コミ【結論→安心して利用できるサービス】わたしNEXTの評判を知りたい。というか…いい評判だけでなく、悪い評判も知りたい。わたしNEXTを利用しようか迷っているので、実際にわたしNEXTを利用したことがある人たちの声を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...