その他

毎日に疲弊した看護師に伝えたい【働き方を変えると心が豊かになる】

もっと心が豊かになる働き方をしたい看護師
もっと心が豊かになる働き方をしたい看護師
看護師でも、もっと心が豊かになれる働き方を知りたい。

もしくは…病院以外での看護師の働き方を知りたい。

そもそもとして、看護師以外の働き方があるなら知りたい。

これ以上、心と体が疲弊する毎日を過ごしたくないので、同じ看護師として異なった働き方をしている人の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私自身、看護師時代は心身とも疲弊する毎日を送っていました。

とはいえ、看護師は病院勤務があたりまえみたいな空気が流れていたし、看護師以外の働き方なんてできないと思っていたので、思考停止したまま毎日を過ごしていました。

その考えが変わったのが、緊急オペで運ばれてきた同世代の方を担当したときです。

「自分もいつ死んでもおかしくない、3分後に死んでも後悔のない人生を送っているか?」

この問に対する、自分の答えは「No」でした。

そして、この日から心を豊かにするための働き方を模索するようになり、今は結構幸せな毎日を送ることができています。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、看護師の働き方について解説します。

毎日に疲弊した看護師に伝えたい【働き方を変えると心が豊かになる】

あなたも、疲弊した毎日を送っている一人ですよね。

かく言う私も、看護師時代は心身ともに疲弊する毎日を送っていました。

そんな毎日を送りながらも、働き方を変えることができなかったのは、看護師は病院で働くものだという固定概念に縛られていたからです。

しかも、私の周囲では、「病院以外で働く看護師=負け組の看護師」みたいな空気も流れてしました。

実際、先輩看護師や師長などに、働き方の相談をしても、みんなから同じような回答が返ってきました。

  • 「病院を辞めるのは逃げだ」
  • 「辞めずにがんばるべだ」
  • 「看護師なら病院で働くべきだ」
  • 「病院を辞めるなんてもったいない」
  • 「病院辞めたら人生終わり」
  • 「etc…」

体験談:私が看護師として働き方を変えた話

私が看護師としての働き方を変えようと決意したのは、手術室にいるときの出来事がきっかけでした。

その日は、待機で夜中に緊急オペに呼ばれました。

急いで病院にいくと、同世代の方が救急からオペ室に運ばれてきました。

朝までオペをおこない、ICUに戻ったのですが、残念ながら翌日には亡くなられてしまいました。

この経験を通して、「自分もいつ死んでもおかしくない」ということを、あらためて実感しました。

それと同時に、「3分後に死んでも、後悔しない人生を送っているか?」という問いが自分のなかにうまれました。

この問いに対する私の答えは「No」。

そして、この日から、心を豊かにするための働き方を模索するようになりました。

仕事は人生の大半を占める…だからこそ「働き方」が重要

「1ヶ月=約30日」のうち、「仕事=約20日」「休み=約10日」。

こう考えると、仕事は人生の大半を占めていますよね。(1ヶ月・1年が早いわけだ…)

そして、仕事に疲弊しているということは、1ヶ月の大半を疲弊した状態で過ごしていることになってしまいます。

そう考えると、すごく憂鬱な気持ちになってしまいますよね…。

とはいえ、生きるためには、仕事をしなければいけないのもまた事実。

だからこそ、働き方を変えて、少しでも心豊かに過ごせる日を増やすことが大切だと思います。

そのためには、リスクをとってでも「働き方」を変えていく必要があります。

看護師=病院という働き方にこだわる必要はない【病院以外にも働く場所はある】

実際に、転職を経験して思ったのが「看護師=病院」という働き方に、こだわる必要はなかったな〜ということ。

というのも、病院以外にも看護師を必要としている職場が、たくさんあることに気づいたから。

具体的には、以下のような職場があります。

保育 介護 企業
検診 献血 クリニック

各職場のメリット・デメリットについては、以下の記事で解説しています。

【実体験】病院以外に転職した看護師が解説【おすすめは介護系です】看護師ですが、病院以外に転職したいです。とはいえ、病院以外に転職するのはかなり不安…。病院を辞めてから後悔したくないので、病院以外に転職するときの注意点や、メリット・デメリット、転職前にやるべきことなどを知りたいです。それと、病院以外の転職先の候補と、おすすめの転職先も知りたいです。 病院以外に転職するかしないかの決断をしたいので、実際に病院以外に転職した経験がある看護師のリアルな声を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

私は介護系の職場に転職しました。

なぜかというと、自分のなかで転職のハードルが一番低いかな、と思ったから。

実際に私は、デイサービス・介護施設・訪問入浴で働いた経験がありますが、以下のことを感じました。

  • 時給がそこそこ高い
  • 医療行為がほぼほぼない
  • ストレスが少ない
  • 心と体への負担が少ない
  • 病院で身につけた知識・スキルをそのまま活かすことができる
  • etc…

はじめての転職に不安を感じているなら、まずは介護系の職場に転職するのがいいと思います。

ただし、介護系の職場に転職するときは、注意することがあります

それは、向き不向きがある点。

というのも、病棟勤務と介護系の職場では、さまざまな違いがあるから。

具体的には、以下の記事で解説しています。

看護師が介護施設へ転職する際の注意点【正直、向き不向きありです】看護師が介護施設に転職する際の注意点を知りたい。看護師が介護施設へ転職するメリット・デメリットを知りたい。看護師としてのブランクがあっても、介護施設で働くことはできますか?病棟勤務から逃げたいという理由で、介護施設に転職するのはあり?というか…病棟勤務から介護施設への転職はハードですか?介護施設での看護師の役割や業務内容などを知りたい。これから介護施設への転職を考えているので、実際に病棟勤務から介護施設へ転職した看護師の話を知りたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師だからこそ、看護師以外の働き方ができる【私は副業をしています】

私の場合は、看護師として10年働いたあとに、介護職を転々として、起業して起業に失敗して、一般職に転職して、現在はアルバイト+副業をしています。

この経験を通してわかったのは、看護師だからこそ「看護師以外の働き方ができる」ということです。

というのも、「看護師資格+経験」が、生きるうえでの保険になってくれるから。

生きるうえでの保険をつくるためには、資格だけでなく「経験」が必要

具体的には、病棟経験3年あるといいです。

なぜなら、転職において重要な、以下の力が身につくから。(もちろん個人差ありです…)

  • 状況に応じて判断できる力
  • 患者や家族と目標を共有する力
  • 看護に対するリーダーシップ力
  • 課題に対して主体的に取り組む力
  • 危険を予測して対処できる力
  • 患者・家族・チームと連携する力

6つの力が身につけば人生の保険になる

理由は、以下のとおり。

  • 万が一のときにも、看護師に戻りやすくなる
  • 看護師に戻ることができれば、食いっぱぐれることがない
  • 6つの力が身についていれば、転職先が選びやすくなる

上記のなかで、とくに重要なのが「食いっぱぐれることがない」という点です。

これがあるだけで、精神的余裕がかなりできて、さまざまなことに挑戦しやすくなります。

そういった意味でも、看護師を辞めるなら病棟経験を3年つんだほうがいいです。

看護師に疲弊しているなら、看護師以外の働き方を模索するべき

なぜなら、そのほうが圧倒的に心豊かな生活を手にいれることができるから。

実際に私は今、看護師以外の仕事をしていますが、看護師時代とは比べものにならないくらい、心豊かな生活をおくることができています。

しかも、私の場合、叶えたい夢を実現するための仕事をすることができているため、「仕事=疲弊」ではなく「仕事=充実」と思うことができるようになりました。

「仕事=充実」になったら、いい変化がうまれた

具体的には、以下のとおり。

  • あんなに嫌いだった勉強を、自発的におこなえるようになった
  • 仕事のことを考えると楽しいと思えるようになった
  • シンドイ作業も、楽しみながらおこなえるようになった
  • 楽しいと思える仕事をはじめたら、プライベートも楽しめるようになった
  • 仕事で悩むことが苦痛ではなくなった
  • 仕事にやりがいをみつけ、熱意がうまれ、もっと学びたいと思えるようになった
  • 仕事が楽しいから、プライベートの時間をつかっても作業するようになった
  • 楽しいと思える仕事をはじめたら、月3〜5万円の副収入を得られるようになった

看護師以外の働き方を模索する方法【自己分析をしよう】

なぜなら、自己分析をおこなうと「どう生きたいか」を、明確にすることができるから。

そして、どう生きたいかの答えが、看護師以外の働き方を模索するための軸になります。

実際に私の場合は、自己分析をすることで「どう生きたいか=組織に属すことなくなく働きたい」という結論に至りました。

そして、今はそれを実現するために副業をおこない、月3〜5万円の副収入と不定期で10万円/回の副収入を得ることができるようになりました。

【実証済】ブログは看護師にオススメの副業です【月3万を稼ぐ方法】看護師ですが、副業でブログを始めたいと考えています。ただ…知り合いにブログを行っている人がいないため、本当に稼げるかわからず、あと一歩が踏み出せずにいます。そもそも副業でブログを始めて、収入を得ることは可能ですか?可能なら、その理由やブログで収入を得るための方法を教えてほしいです。それとブログを始めてから後悔したくないので、実際に副業でブログを行っている看護師から「ブログを行うデメリット・メリット」や「副業を始めるときの注意点」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

自己分析をおこなう方法

まずは、無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を、利用すれば問題なしです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

【無料】キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、どうすればいいかわからない…

そんな場合は、誰かに相談するのがいいと思います。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには、誰かと「話をしながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また、今だと「どう生きたいか?」を明確化してくれる、キャリアのパーソナル・トレーニングサービスもあるので、そういったものを利用するのもいいと思います。

朝比奈
朝比奈
あと、これは宣伝ですが、私自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...