看護師

看護師を二度とやらないと決めた【私も辞めました→結果:幸せです】

看護師を二度とやらないと決めた人
看護師を二度とやらないと決めた人
看護師を二度とやらないと決めた。

だけど、看護師を辞めた後、どうすればいいかわからない。

そもそも、本当に看護師を辞めてもいいのか、少し悩んでいる。

今後は看護師以外の仕事で生活していきたいので、他の人が二度と看護師をやらないと決意した理由や現状を知りたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私も、看護師は二度とやらないと決めた一人です。

その結果、今では完全に看護師とは違う仕事をしながら、平穏な生活を送ることができています。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、看護師以外で生きていく方法や注意点などを解説します。

私も看護師を二度とやらないと決めた一人です【結果→幸せです】

経験として、看護師を二度とやらないと決意したなら、勇気を出して一歩を踏み出したほうがいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 看護師だけの人生は、もったいない
  • 看護師以外の仕事をすると、世界が広がる
  • 看護師なら、低リスクで新しい挑戦ができる

一つずつ解説します。

理由①「看護師だけの人生はもったいない」

これは、看護師を辞めてから、強く実感したことです。

というのも、看護師という世界から一歩踏み出したことで、看護師時代とは比べものにならないほど、平穏で楽しい毎日を手に入れることができたから。

具体的には、ドロドロの人間関係から解放されたり、人の死と関わることがなくなったり、夜勤がなくなったり、etc…、など看護師時代に苦しんでいた問題からほぼほぼ解放されました。

ただただ日常に耐えて、看護師だけをやっていたら、そんな平穏な生活は手に入らなかった。

そういった経験をしたからこそ、看護師だけの人生はもったないと、心から思います。

理由②「看護師以外の仕事をすると世界が広がる」

これも、看護師を辞めてから、はじめて知ることができました。

というのも、看護師を辞めるまでは、病院のなかが社会(世界)のすべてだと思っていたから。(もちろん、今思えばバカみたいな話ですが、当時は本当にそう思っていました…)

実際、当時の私は、師長や先輩看護師の言うことが、社会(世界)の答えだと思っていました。

だから、師長や先輩看護師に「病院(看護師)を辞めるのは、絶対間違ってる」といわれたときは、正直かなり迷いました。

体験談:師長と先輩看護師が言ってたことは違ってた件

なぜなら、病院を辞め、看護師を辞めたことで、人生における選択肢をかなり増やすことができたから。

たとえば、私の場合、今は副業で月3〜5万円の副収入と、単発で10万円程度の収入を得ることができるスキルを身につきました。

それができるようになったのは、看護師を辞めて、狭い世界や偏った常識から抜け出すことができたからです。

そういった経験をしたからこそ、師長と先輩看護師の言ってたことは違ったことを確信することができました。

もしも、あのとき師長と先輩看護師のいうことを鵜呑みにして、イヤイヤ看護師を続けていたら、人生を振り返ったときに後悔していたと思います。

理由③「看護師なら低リスクで新しい挑戦ができる」

なぜかというと、新しい挑戦に失敗したとしても、食いっぱぐれることがないから。

実際に私が、病院以外の職場や異業種、起業、副業などに挑戦することができたのは、看護師資格という保険があったからです。

そのあたりの、詳しい話については、以下の記事で解説しているので、参考にしてくれるとうれしいです。

看護師はジョブチェンジがしやすい【異業種へ転職するときの注意点】看護師が異業種へジョブチェンジするための方法を知りたい。というか、看護師が異業種へジョブチェンジすることはできるの?看護師が異業種へジョブチェンジするときの注意点を知りたい。看護師としてジョブチェンジを考えているので、実際に異業種へ転職した人の経験談を知りたいです。こういった疑問に答えます。...

私が看護師を二度とやらないと思った理由

私が看護師を二度とやらないと思った理由は、以下のとおりです。(たぶん、共感してもらえるはず…)

  • 女社会ですべてがドロドロ…
  • 先輩看護師からの陰湿なイジメ…
  • 性格の悪い人が多かった…
  • 人の死に慣れることに違和感を覚えた…
  • 労働力と責任の重さの割に給料安い…
  • 人手不足で残業や夜勤回数が多すぎる…
  • 看護という仕事にやりがいを見いだせなくなった…
  • etc…

上記のとおりで、理由はさまざまありますが、決定的になったのは、看護という仕事にやりがいを見いだせなくなったことだと思います。

やりがいを見いだせなくなったら、早めに辞めたほうがいい件

なぜなら、やりがいを感じないと思っていることを続けると、数年後に後悔する可能性が高いから。

実際に私も、看護師5年目あたりから、看護という仕事にやりがいを見いだせなくなっていました。

今思えば、あのとき、あの瞬間に看護師を辞めるべきだったのですが、一歩を踏み出すことができませんでした。

そのせいで、約5年という貴重な時間と、若さという大きな武器をムダにしてしまい、今でも深い後悔をしています。

私のような後悔をしないためにも、看護師にやりがいを感じななら、早めに看護師を辞めて新しいことに挑戦するべきです。

看護師を二度とやらないと決めたらするべきこと【自己分析】

結論、自己分析をしたほうがいいです。

なぜなら、新しい挑戦をおこなうためには、「今後の目標」を明確にすることが重要だからです。

実際問題、今後の目標が曖昧だと、非効率でムダの多い情報収集をおこなうことになり、貴重な時間をムダにしてしまう危険あります。

自己分析をおこなうメリット

メリットは、新しい挑戦に必須となる「自己理解」と「目標設定」をおこなえること。

  • 自己理解:仕事を選ぶ上でのこだわりや大事にしたい価値観、将来取り組みたい働き方などが明確になる
  • 目標設定:自己理解で得た情報をもとに、目標設定を明確にする
  • 情報収集:目標設定を軸に、情報収集をおこなう

よくある質問「自己分析はどうやっておこなえばいいの?」

とりあえずは、無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」というツールを、利用すれば問題なしです。

というのも、キャリアプラン作成補助シートを利用すると、以下のことを明確にすることができるから。

  • 自分が大事にしたい価値観
  • 今後やってみたい働き方
  • 興味・関心を持っていること
  • これから取り組みこと
  • etc…

実際に私も、キャリプラン作成補助シートを利用したことがありますが、順番とおりに答えていくことで、比較的スムーズに自己理解と目標設定をおこなうことができました。

【無料】キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、明確な答えがでない…

そんな場合は、誰かに相談するのが最適解。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには、誰かと「話をしながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また、今だと「どう生きたいか?」を明確化してくれる、キャリア支援サービスもあります。

私のように、「周囲の人に相談できない」「相談したけど、否定的な意見しか返ってこない」などの状況で悩んでいるなら、プロのキャリアトレーナーに相談するのがいいです。

【無料で相談できる】キャリア支援サービス
朝比奈
朝比奈
あと、これは宣伝ですが、私自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...

看護師を二度とやらない…ジョブチェンジしたい【成功率を上げる方法】

結論として、採用する側と採用される側が「Win-Winの関係」になることが重要です。

そのためには、あなたが採用する側にとって、利益になる存在だということをアピールする必要があります。

そういった意味では、新卒入社で看護師経験3年以下の場合は、将来性という強い武器があるため、転職を有利にすすめやすい傾向があります。

もちろん、採用を勝ち取るためには、将来性だけでなく、採用する側にとって利益がある存在であることをアピールする必要があります。

よくある質問「看護師経験が長い人はどうすればいい?」

まずは「派遣看護師+転職したい異業種でアルバイト」という形がいいです。

なぜかというと、ジョブチェンジの成功率をあげるためには、転職したい異業種の「実務能力・即戦力」を身につけることが重要だから。

実際問題、中途採用では「実務能力・即戦力のある人材」が求められているため、アルバイトで経験値を積むことは重要なことになります。

派遣看護師がいい理由

時給がよくて、勤務の融通がきくからです。

実際、派遣看護師の場合は、時給2,000〜2,500円を超える求人もあります。

時給平均が900〜1,000円といわれている飲食店や販売系と比べると、派遣看護師の時給の高さがわかります。

収入の確保は、心の余裕に繋がる

現実問題、実務能力・即戦力を身につけてる間の期間は、収入がガクンと下がってしまいます。

そういった意味でも、時給の高い派遣看護師で少しでも多くの収入を確保することは、心の余裕を保つ意味でも重要なことです。

時給1,000円で20日働いた場合
  • 1,000円/時間×8時間/日×20日/ヶ月=16万円
時給1,000円で10日+時給2,000円で10日働いた場合
  • 「1,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」+「2,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」=8万円+16万円=24万円

派遣会社は複数登録がいい

実際に、私も派遣会社を利用することで、効率的に収入を確保しつつ、ジョブチェンジへの準備をすることができました。

ちなみに、派遣会社にはそれぞれ得意な分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

私が実際に利用したオススメの派遣会社

ジョブチェンジ以外の選択もあり【看護師×副業】

経験として、ジョブチェンジを考えているなら「看護師×副業」という選択肢もありだと思います。

実際に私も、副業をおこなっていますが、人間関係の悩みを劇的に減らすことができ、収入の柱も増やすことができました。

詳しくは、以下の記事でご紹介しています。

【実証済】ブログは看護師にオススメの副業です【月3万を稼ぐ方法】看護師ですが、副業でブログを始めたいと考えています。ただ…知り合いにブログを行っている人がいないため、本当に稼げるかわからず、あと一歩が踏み出せずにいます。そもそも副業でブログを始めて、収入を得ることは可能ですか?可能なら、その理由やブログで収入を得るための方法を教えてほしいです。それとブログを始めてから後悔したくないので、実際に副業でブログを行っている看護師から「ブログを行うデメリット・メリット」や「副業を始めるときの注意点」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...