看護師

看護師を辞めた人のその後は幸せ?【私は後悔ゼロ+幸せ指数アップ】

看護師を辞めた人の「その後」を知りたい人
看護師を辞めた人の「その後」を知りたい人
看護師を辞めたいけど、辞めた後のことが不安で転職する勇気がでません…。

看護師を辞める勇気をだすためにも、看護師を辞めた人の「その後のこと」を知って、不安な気持ちをなくしたいです。

あと看護師を辞めたあとに後悔したくないので、実際に看護師を辞めた経験がある人から「看護師を辞めた後に後悔しないためのポイント」や「後悔しない転職方法」「看護師から他職種に転職する方法」などについて聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は、Webライターとして働きながら、フリーナースの学校を運営しています。

「看護師を辞める勇気をだすためにも、看護師をやめた人のその後のことを知って、不安な気持ちをなくしたい…」、その気持ちよくわかります。

というのもわたし自身、看護師を辞めた後の不安に負けて、ズルズルと看護師を続けてしまった一人だから。

結局、病院を辞めることができたのは、看護師10年目になってから…。

病院を辞めた後、介護系の職場や起業の手伝い、副業、一般企業などを経験して、いまはWebライターとして看護師以外の仕事をしています。

看護師を辞めてわかったのは、なるべく早い段階で病院の外にでた方がいいということです。

なぜなら、決断を先のばしにすると、数年後に後悔する可能性が高くなるから。

わたし自身、看護師を辞めた後の不安に負け、決断を先のばしにしたことを、今でもひどく後悔しています。

今回はそんな私の実体験にもとづいて…、

  • 看護師を辞める後に後悔しないためのポイント
  • 後悔しない転職方法
  • 看護師から他職種に転職する方法

などについて解説します。

目次
  1. 看護師を辞めた人はどんな理由で辞めたの?【実際に看護師を辞めた私の場合】
  2. 看護師を辞めるか迷っている人へ【病院を辞めた後にわかったコト】
  3. 看護師を辞めた人のその後を知りたい【私は後悔ゼロ+幸せ指数がアップした】
  4. 看護師を辞めた後に後悔したくない人へ【辞めたその後の生き方を明確にするべし】
  5. 看護師を辞めた人のその後の転職先【私は一般企業に転職できました】

看護師を辞めた人はどんな理由で辞めたの?【実際に看護師を辞めた私の場合】

わたしが看護師を辞めた理由は、下記のとおり。

  • 命を預かる責任が重すぎる…
  • 看護師にやりがいを感じない…
  • 定年まで夜勤を続けるのはムリ…
  • どう考えても給料が割にあわない…
  • 看護師を続けることが本当にシンドイ…
  • 今よりも低ストレスな職種で働きたい…
  • 多忙な毎日に疲れた、のんびり働きたい…
  • 10年続けたきたけど、看護師には向いてない…
  • これ以上、夜勤のある生活を続けるのはムリ…
  • 陰湿でドロドロの人間関係に耐えるのが限界…
  • プライベートと仕事が両立できる仕事をしたい…
  • 残りの人生、看護師のままで終わるのはイヤだ…
  • etc…

上記のとおりで、看護師を辞めた理由はたくさんあります。

看護師を辞めた理由のなかでも、

  • のんびり働きたい
  • 看護師に向いてない
  • やりがいを感じない
  • 看護師以外の仕事をしたい

という4つの理由は、看護師を辞める決意をする大きな動機になりました。

理由①「のんびり働きたい」

のんびり働きたいと思った一番の理由は、夜勤のある不規則な生活が心身ともにかなりしんどかったから。

先輩からは「そのうち慣れるよ」と言われましたが、何年たってもキツイまま…。

むしろ年数を重ねれば重ねるほど、心身のシンドさが増していきました。

とくに30代目前になってからは、夜勤のキツさがさらに倍増…。

「こんなにキツイ夜勤を定年まで続けるのはムリ」だと悟り、看護師を辞める決意をしました。

理由②「看護師に向いてない」

看護師に向いてないと思った一番の理由は「マルチタスク力がまったく上がらなかった」から。

先輩や同期が要領よく仕事をこなしている一方で、わたしと言えば…、

  • 同時多発的な事態に対処できずにテンパる…
  • 複数作業になると頭の回転が追いつかずに効率ダウン…
  • 不器用で要領が悪く、複数作業をスマートにこなせないため自己嫌悪におちいる…
  • etc…

などマルチタスク力のなさを毎日のように露呈していました。

それでもなんとか看護師を続けていましたが「10年続けても、マルチタスク力が上がらない…」、という悲しい現実を突きつけられた瞬間に、看護師を辞める決意をしました。

理由③「やりがいを感じない」

やりがいを感じないと思った一番の理由は、看護師を続けるための「明確な目標」をたてれなくなったから。

実際にわたしの病院では、5年目以降から自分で年間目標をたてることになっていましたが、いくら考えても、まったくもって目標がうかんでこず…。

最終的には「あたりさわりのないような目標」しかたてれませんでした。

あたりさわりない目標しかたてれないのは、10年目になっても変わらず…。

そもそも目標をたてれない時点で「看護という仕事にやりがいを感じていない証拠だな」と、ようやく気づき看護師を辞める決意をしました。

 理由④「看護師以外の仕事をしたい」

看護師以外の仕事をしたいと思った一番の理由は、多忙な業務やドロドロの人間関係、安い給料、心身への負担など、さまざまなことに限界を感じていたから。

とくに手に職をつける目的で看護師になった私には、嫌なことを我慢してまで看護師を続けるの意味を見いだすのはかなり困難でした。

看護という世界に限界を感じ…看護師を続ける意味も見いだせない…「こんな状態で看護師を続けたら死ぬときに絶対に後悔する」、そう悟った瞬間に看護師を辞める決意ができました。

【結論】周囲から反対されても受け入れないことが大事

看護師を辞めるというと、上司や同期、親などから猛反対されると思います。(私も反対されました…)

なかには「そんな理由で辞めるなんて、人として終わっている」と言ってくる人もいるかもしれません。

とはいえ、周囲の反対意見を「無条件に受け入れるのは絶対にダメ」です。

なぜなら猛反対してくる人たちは、意見を言うだけで、あなたの人生の責任をとってくれるわけでないから。

たとえば私の場合は、周囲の反対意見を受け入れてしまったせいで「時間という貴重な資産」を失ってしまいました。

だからといって失った時間を上司や同期、親が返してくれるわけでもなく…。

今でも、周囲の反対意見を無条件に受け入れてしまい、貴重な時間を失ってしまったことをひどく後悔しています。

わたしと同じような後悔をしないためには、周囲の意見を無条件にうけいれず「自分が後悔しない選択」をすることが重要です。

看護師を辞めるか迷っている人へ【病院を辞めた後にわかったコト】

看護師を辞めるか迷っている場合は「小さな変化をつけていく」のが最適解です。

理由は、心身への負担やリスクを最小限におさえつつ、新しい働き方に挑戦できるから。

実際にわたしの場合、いきなり看護師を辞めるのは不安だったので、まずは「看護師資格+経験」がいかせる介護系の職場に転職しました。

介護系の職場に転職したあとは、少しずつ看護とは関係ない職場に挑戦し、今はWebライターとして看護師とは関係ない働き方ができるようになりました。

体験談:介護系の職場は初めての転職に最適な件

一番の理由は「病院で培ったスキル・知識」をそのまま活かせるから。

たとえばわたしが働いた経験のある、介護施設やデイサービス、訪問入浴では、下記のような業務をおこないました。

わたしが介護系の職場で行った業務内容
トイレ介助 お風呂介助 体位変換
バイタル測定 褥瘡処置 胃ろう管理
緊急時の対応 往診の対応 etc…

上記のとおりで介護系の職場なら、病棟で培ったスキル・知識を活かしながら働くことができます。

病院を辞めた後に改めてわかったコト【看護師経験+資格の重要性】

というのも看護師経験+資格があれば「仕事に困らない=衣食住に困らない」という環境をつくりだせるから。

実際にわたしが看護師以外の働き方に挑戦できるのも、失敗しても食いっぱぐれることはない、という「絶対的な安心感=人生の保険」があるからです。

人生の保険をつくるために重要なコト

人生の保険をつくるためには、「3年目をやりきってから」病院を辞めた方がいいです。

なぜなら3年目をやりきると「働き方と転職先選びの幅がひろがる」から。

とくに病院以外の転職先では「最低でも3年以上の臨床経験が必須」という条件のある職場が多々あります。

実際にわたしも、転職活動をおこなったときに「臨床経験があってよかった」とちょいちょい思いながら、求人をながめていました。

よくある質問「なぜ病院以外の転職先には、臨床経験の縛りがあるの?」

一番の理由は、1フロアあたりの看護師の絶対数が少ないから。

それに加えて看護師の絶対数が少ない職場では、十分な教育体制がとれないという傾向があるため「臨床経験の縛り=即戦力や実務能力のある看護師」が求められることが多いです。

看護師の人数
クリニック 1〜3人
デイサービス 1人
老人ホーム 1〜2人
訪問入浴 1人
産業看護師 1人

ただし3年をやりきる前でも「うつ病の症状」がでている場合は、今すぐにでも辞めるべきです。

なおセルフチェックできるものには、以下のようなものがあります。

【結論】辞めるか迷っているなら、いったん環境をかえるべし

3年目をやりきった状態で、看護師を辞めるか迷っているなら、勇気をだして環境をかえた方がいいです。

なぜなら環境を変えると、ツラくてシンドイ現状を打破できる可能性が高くなるから。

実際にわたしも勇気をだして環境を変えた結果、看護師を辞めることができ、いまは心安らかな日々を送れるようになりました。

看護師を辞めた人のその後を知りたい【私は後悔ゼロ+幸せ指数がアップした】

わたしは看護師を辞めたことを、一切後悔していません。

なぜなら看護師を辞めたことで、

  • 身体的・精神的負担が激減した
  • 心身ともに穏やかに過ごせる日が増えた
  • 楽しみながら仕事ができるようになった

というメリットを得られたからです。

メリット①「身体的・精神的な負担が激減した」

看護師を辞めた後は、身体的・精神的な負担が激減しました。

理由はさまざまありますが、とくに大きかったのが「夜勤のない生活」を送れるようになったこと。

とくに30代を目前に、夜勤のシンドさが倍増していた私にとって「夜に寝て、朝起きる」という規則的な生活は、身体的・精神的な負担をかなり軽減してくれました。

メリット②「心身ともに穏やかに過ごせる日が増えた」

看護師を辞めた後は、心身ともに穏やかに過ごせる日が増えました。

理由は…

  • ストレス過多な職種
  • 命に関わるプレッシャー
  • 夜勤による心身への負担
  • 看護師を続けるストレス
  • 陰湿でドロドロな人間関係
  • 上司や医師からの理不尽な扱い
  • etc…

などのさまざまなストレッサーから解放されたから。

たとえば人間関係でいえば、病院以上に劣悪な環境の職場に出くわしたことは、今のところありません。

また今は一般企業で働いているので、命に関わるプレッシャーはゼロになりました。

もちろん看護師を辞めたからといって、ストレッサーがゼロになるわけではないです。

とはいえ、看護師時代に比べたら全然マシ。

むしろ看護師を辞めたことで、ストレスが激減して、心身ともに穏やかに過ごせる日が増えました。

メリット③「楽しみながら仕事ができるようになった」

看護師を辞め後は、楽しみながら仕事ができるようになりました。

理由は、自発的にやりたいと思える仕事をみつけられたから。

実際、自分がやりたいと思える仕事がみつかってからは「仕事に対しての意欲や向上心、モチベーションが高くなり」楽しみながら仕事できるようになりました。

しかも苦痛だった仕事が楽しめるようになったことで、生きていて楽しいと思えることも増えました。

よくある質問「看護師を辞めて後悔していることは、本当にないの?」

わたしは看護師を辞めたことを、一切後悔していません。

むしろ看護師を辞めてよかったと、毎日のように思っています。

もちろん看護師を辞めたことで、給料が下がるなどのデメリットはありましたが、デメリット以上のメリットを得られているので後悔はゼロです。

看護師を辞めた後に後悔したくない人へ【辞めたその後の生き方を明確にするべし】

看護師を辞めた後に後悔しないためには、看護師を辞めた「その後の生き方」を明確にすることが重要です。

なぜかいうと、その後の生き方が明確になっていると「失敗=後悔」ではなく「失敗=いい経験」と捉えられるようになるから。

たとえば私の場合は「看護師資格を活かして、組織に属さず働く方法を身につける」を、看護師を辞めた後の生き方に決めました。

新しいことに挑戦するたび失敗したけど、後悔はゼロ

もちろんはじめから組織に属さず働く方法がみつかるわけもなく、新しいことに挑戦するたびに失敗してました。

なかなかうまくいかない現実に、モチベーションが下がることも…。

だからといって失敗したことを後悔したことは一度もなく、逆に失敗という経験があったからこそ「理想とする生き方に近づくことができている」と失敗に感謝できました。

看護師を辞めた後に後悔しないためには「失敗=いい経験」という思考が重要

実際にわたしが看護師を辞めた後に後悔しなかったのは、辞めたその後の生き方を明確にし「失敗=いい経験」と捉えられるようになっていたからです。

しかも「失敗=いい経験」と捉えられるようになると「失敗してるってことは成長しているってこと!」という幸せを感じれるようになります。

看護師を辞めた「その後の生き方」を明確にする方法

看護師を辞めた後の生き方を明確にするためには「自己分析」をおこないましょう。

なぜなら自己分析をおこなうと「その後の生き方=どう生きたいか」を明確にできるから。

実際にわたしも、自己分析をおこなうことで、看護師を辞めた後のその後の生き方を明確できました。

わたしが自己分析をおこなった結果
  • どう生きたいか:組織に属すことなく働きたい
  • 転職活動の軸:看護師資格を活かして、組織に属さず働く方法を身につける
  • 転職の目的:まずは「病院以外の職場に転職」して、看護師の可能性を探る

自己分析をおこなう方法

まずは無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を利用すれば問題なしです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、明確な答えがでない…

そんな場合は、誰かに相談するのが最適解。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには「誰かと話をしながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また今だと「どう生きたいか?」の明確化をサポートしてくれる、キャリア支援サービスもあります。

とくに「周囲の人に相談できない」「相談したけど、否定的な意見しか返ってこない」などの状況で悩んでいるなら、プロのキャリアトレーナーに相談するのがいいです。

【無料で相談できる】キャリア支援サービス
朝比奈
朝比奈
あとこれは宣伝ですが、わたし自身も「看護師を辞めたい方のキャリア相談」というものをやっています。

くわしくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方のキャリア相談を受け付けています【転職や副業などについて】こんにちはフリーナースの学校のアサヒナです。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適なキャリアを一緒に考えます。...

看護師を辞めた人のその後の転職先【私は一般企業に転職できました】

看護師を辞めた後の転職先を選ぶときは、病院だけにこだわるのを辞めましょう。

なぜなら看護師を辞めたあとの転職先は、病院以外にもたくさんあるから。

たとえば看護師資格を活かした転職先には、下記のような職場があります。

老人ホーム 保育園 障害者福祉施設
企業の看護師 治験コーディネーター ツアーナース
救護室 デイサービス 検診センター
美容クリニック 訪問看護 献血ルーム
児童養護施設 コールセンター クリニカルスペシャリスト
クリニック 訪問入浴 etc…

ちなみに「働く場所は変えたいけど、どこに転職していいかわからない…」と悩んでいるなら、まずは介護系の職場をオススメします。

オススメは介護系の職場

理由は、はじめての転職にオススメの転職先だから。

実際に介護系の職場なら、病棟経験をそのまま活かした働き方や、ワークライフバランスを重視した働き方ができるため、大きな抵抗感なく働きはじめることができます。

そのほかにも介護系の職場で働くと…、

  • 夜勤をしなくてもすむ
  • ほぼほぼ残業なしで働ける
  • 看護師資格があれば働ける
  • 病棟経験をそのまま活かせる
  • アクティブに外にでて働ける
  • ゆったりとした環境で働ける
  • プライベートを充実させられる
  • 命に直接関わらない働き方ができる
  • ワークライフバランスを重視した働き方ができる
  • etc…

などさまざまなメリットを得られます。

このように病棟経験をそのまま活かした働き方や、ワークライフバランスを重視した働き方などができる介護系の職場は、はじめての転職にオススメの転職先です。

ちなみにわたしは介護施設、デイサービス、訪問入浴で働いた経験があります。

  • 介護施設:夜勤も残業なし、病棟経験をそのまま活かせる
  • デイサービス:ゆったりとした環境、命に直接かかわらない環境で働ける
  • 訪問入浴:一日中外にでて仕事をするので、閉鎖された空間から解放された状態で働ける

よくある質問「看護師を辞めて他職種に転職できる?」

結論として、看護師を辞めて他職種に転職することは可能です。

なぜなら看護師歴10年のわたしでも、看護師から一般企業に転職できたから。

ただ私の場合は、いきなり一般職に転職できたわけではなく、はじめは看護師資格を活かして働ける「介護系の職場」に転職しました。

理由は、徐々に働くフィールドをひろげて、病院以外・看護師以外で働く自信をつけようと思ったから。

実際、徐々に働くフィールドをひろげたことで、病院以外・看護師以外で働くことへの抵抗が徐々になくなり、最終的に一般企業に転職できました。

看護師から他職種に転職するのが不安な場合の対処法

看護師から他職種に転職するのが不安な場合は、まずは「派遣看護師×他職種でアルバイト」という形で働くのがいいです。

理由は、ある程度の収入を確保しながら、他職種の経験を積めるから。

実際に派遣看護師なら時給2,000円超えの職場で働けるため、「看護師を週3、他職種を週2」という働き方ができます。

例①「週3日:派遣看護師(時給2,000円)+週2日:アルバイト(時給1,000円)」の場合
  • 2,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 3日/週 ☓ 4回/ヶ月=192,000円
  • 1,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 2日/週 ☓4回/ヶ月=64,000円

派遣看護師とアルバイトの収入を足すと「256,000円」。

十分に生活できる金額ですよね。

例②「週2日:派遣看護師(時給2,000円)+週3日:アルバイト(時給1,000円)」の場合
  • 2,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓2 日/週 ☓ 4回/ヶ月=128,000円
  • 1,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 3日/週 ☓ 4回/ヶ月=96,000円

派遣看護師とアルバイトの収入を足すと「224,000円」。

こちらも、十分に生活できる金額ですよね。

しかも、アルバイトを週2→週3に増やしたため「より短時間で」他職種の経験を積み上げられます。

経験者がオススメする派遣会社

なお派遣会社に登録するときは、実績があり求人数の多い大手の派遣会社を選ぶようにしましょう。

またより良い求人を探すためには、複数の派遣会社に登録して、なるべく多くの求人を比較検討することが重要です。

わたしが実際に利用してよかったオススメの派遣会社は、下記の3つ。どの派遣会社も実績があり求人数も豊富で、担当になってくれた方もとてもいい方でした。

経験者がオススメする派遣会社
派遣会社 求人数
MC-ナースネット 約2,000件
看護のお仕事 約10,000件
ナースパワー 約2,000件

看護師派遣ってどうなの?【メリットやオススメの派遣会社を紹介!】では、派遣看護師の具体的な働き方や、注意すべきこと、メリット・デメリットなどに関して解説しているので、参考にしてもらえれば幸いです。

関連記事