その他

【相談ランキング上位】看護師の抱える悩み【具体的な解決策を解説】

解決したい悩みを抱えている看護師
解決したい悩みを抱えている看護師

私と同じような悩みを抱えている、看護師がいるのか知りたい。

もしくは、相談ランキング上位にある、看護師の悩みを知りたい。

できれば、それらの悩みを解決する、具体的な解決策も知りたい。

できるだけ悩みが少ない人生を送りたいので、どうすれば悩みがなくなるのかを知りたいです。

また、同じ悩みを経験した看護師に直接相談できたらうれしいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈

この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私自身も、看護師時代は、さまざまな悩みに苦しめられていました。

看護師特有の人間関係にはじまり、夜勤や残業などのきつい労働環境、重すぎる責任感、減らない有給…、いつも心身ともにヘトヘトでした。

それでも、なんとか10年間、看護師を続けてこれたのは、それぞれの悩みに折り合いをつけて、なんとか解決してこれたから。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、相談ランキング上位にある看護師の悩みと、解決策について解説します。

【相談ランキング上位】看護師の抱える悩み【具体的な解決策を解説】

看護師の抱える悩みのなかで、「相談ランキング上位の悩み」は以下のものになります。

  • 先輩看護師・上司との人間関係がツラい…
  • 医療事故や医療ミスのことを考えると、責任感が重すぎる…
  • とにかく残業が多い、有給もまったくとれない、もう心身ともにヘトヘト…
  • 夜勤がきつすぎて、体調が悪い…
  • こんなにもがんばっているのに給料が低い…
  • そもそも看護の仕事にやりがいを感じられない…
  • 仕事についていくことができない…、看護師に向いてない…
  • 仕事中心の生活が嫌だから、もっと楽な職場に転職したい…

私自身も、看護師時代は、上記の悩みに苦しめられていました。

その経験を踏まえて、一つずつ解決策を解説していきます。

悩み①「先輩看護師・上司との人間関係がツラい…」

理不尽で陰湿ないじめ、ドロドロの人間関係、陰口や嫌味、生きていることを否定されるような言葉、etc…。

こういった、人間関係の悩みに対処するためには、「他人」ではなく、「自分を変える」ことにフォーカスすることが重要です。

なぜかというと、他人の価値観や生き方などは簡単にかわらないですし、変えることもできないから。

実際、物事の価値観や基準、正義や悪、人生で大事にしているものなどは、人によってバラバラです。

私が行った具体的な対処法

以下のことを実践したら、人間関係が楽になりました。

  • 他人に期待しない
  • 人間関係がうまくいかいない前提でいる
  • 自分で稼ぐ力を身につける

具体的には、以下の記事で解説しています。

https://life-climber.com/nurse-relationships/

悩み②「医療事故や医療ミスのことを考えると、責任感が重すぎる…」

この悩みに対する対処法は、以下の2つしかないと思います。

  • 耐え続ける
  • 耐え続けるのをやめる

なぜかというと、看護師として働き続ける限り、基本的に「人の命に責任をもつ」という責任から、逃れられないから。

よくある質問「病院は責任感が重すぎてムリ…でも看護師は続けたい」

そういった場合には、看護師資格を活かせる病院以外の職場で働くのがいいです。

なぜなら、病院以外の職場のなかには、直接的に命に関わる業務をしなくて済むところがあるから。

実際に私の場合は、介護系の職場で働いた経験がありますが、病棟勤務のような責任の重さを感じることが少なくなりました。

ちなみに、病院以外の職場には、以下のようなところがあります。

老人ホーム 保育園 障害者福祉施設
企業の看護師 治験コーディネーター ツアーナース
救護室 デイサービス 検診センター
美容クリニック 訪問看護 献血ルーム
児童養護施設 コールセンター クリニカルスペシャリスト
クリニック 訪問入浴 etc…

仕事内容については、以下の記事で紹介しています。

看護師の働く場所は、病院以外にもたくさんある【オススメは介護系】病院以外で、看護師が働くことができる場所を知りたい。できれば、働く場所ごとの仕事内容や、給料、オススメの職場なども知りたい。病院以外で働きたいと思っているので、実際に働く場所を変えたことがある看護師の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

責任の重さに耐えられなそうなら、一旦、看護師を辞めるべし

実際に私も、責任の重さに一生耐えるのはムリだと思い、最終的に看護師を辞めました。

結果、今は「一般職+副業」という働き方をしていますが、命に預かるという責任から解放され心穏やかに過ごすことができるようになりました。

看護師だけど、命に関わらない仕事をしたい…【結論:実現可能です】看護師だけど、命に関わらない仕事をしたい。どんな仕事があるか知りたい。また、どの仕事を選べばいいかしりたい。看護師として今後の生き方に悩んでいるので、実際に命に関わらない仕事をしている看護師の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。 ...

悩み③「とにかく残業が多い、有給もまったくとれない、もう心身ともにヘトヘト…」

「もう残業なんてしたくない…、のんびり働きながらプライベートを充実させたい」と思っているなら、勇気を出して環境を変えることが必要です。

なぜなら、環境をかえない限り、忙しい毎日にただただ忙殺されてしまうことになるから。

実際に私の場合は、「病院勤務+正社員」というメリットを捨て、パートやアルバイト、派遣などさまざまな働き方をすることで、のんびり働く生活を手に入れることができました。

看護師なら低リスクで仕事を辞めることができます

理由は、以下のとおり。

  1. 今後も看護師不足が続く
  2. 基本的に、仕事に困ることがない
  3. 衣・食・住に困ることがない
  4. 低リスクで仕事を辞めることができる

ちなみに、私が環境を変えることができたのも、いつでも働く場所を確保することができる、という保険があったからです。

悩み④「夜勤がきつすぎて、体調が悪い…」

体調が悪くなるほど、夜勤がきついなら、転職or看護師を辞めたほうがいいと思います。

なぜなら、きついと思う夜勤を続けても、メリットよりデメリットのほうが大きいから。

実際に私が感じたメリット・デメリットは、以下のとおり。

メリット
  • 夜勤手当がもらえる
デメリット
  • 夜勤明けに気持ち悪くなってしまう
  • 夜勤明けに家に変えると、体調が悪くなる日が続く
  • 体力的にきつて、身体のバランスがグチャグチャになる
  • 生活・睡眠リズムが乱れて、疲れがとれない
    etc…

上記のとおりで、私にとって夜勤を続けることは、ほぼほぼデメリットしかありませんでした。

結果、お金よりも「生活の質」を重視する選択をして、夜勤のある生活を辞めました。

夜勤なしでも給料・年収をキープする方法

スキマ時間で、副業をはじめるのが最適解です。

なぜかというと、しっかりと副業に取り組めば夜勤分の収入を得ることが可能だから。

実際に私も副業として、ブログ運営をおこなっていますが、月3〜5万円の副収入と、不定期ですが10万円/回の副収入を得ることができるようになりました。

夜勤なしでも年収・給料をキープしたい看護師がやるべきこと【副業】看護師だけど、夜勤なしで働きたいです。とはいえ、夜勤なしで働くとなると、収入面で不安がある。看護師が夜勤なしで働くた場合、年収・給料がどれくらい変わるのかを知りたい。そもそも、夜勤なしで正社員で働くことができる職場はあるの?あるなら、どんな職場があるのか教えてほしい。これから、夜勤なしで働きたいので、実際に夜勤なしで働いたことがある看護師の話が聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

悩み⑤「こんなにもがんばっているのに給料が低い…」

結論として、給料を上げるためには、リスクをとって行動するべきです。

なぜなら、安定をとって看護師を続けている限りは、以下の縛りによって、安い給料から脱することができないから。

  • 看護師の場合、給料の上限が決まっている
  • どんなにがんばっても、そのがんばりが給料に反映されない(一部を除いて)

給料をアップさせる方法

結論として、「副業」がベストな選択です。

理由は以下のとおり。

  • お金を稼ぐ知識・スキルを身につけることができる
  • 継続的に収入が発生する仕組みを、ネット上に構築できる

具体的には、以下の記事で解説しています。

【実証済】ブログは看護師にオススメの副業です【月3万を稼ぐ方法】看護師ですが、副業でブログを始めたいと考えています。ただ…知り合いにブログを行っている人がいないため、本当に稼げるかわからず、あと一歩が踏み出せずにいます。そもそも副業でブログを始めて、収入を得ることは可能ですか?可能なら、その理由やブログで収入を得るための方法を教えてほしいです。それとブログを始めてから後悔したくないので、実際に副業でブログを行っている看護師から「ブログを行うデメリット・メリット」や「副業を始めるときの注意点」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

悩み⑥「そもそも、看護の仕事にやりがいを感じない…」

看護師にやりがいを感じないなら、一旦、看護師を辞めて新しいことに挑戦したほうがいいです。

なぜなら、やりがいを感じないと思っていることを続けると、数年後に後悔する確率が高いから。

私がひどく後悔した話

実際に私の場合も、看護師5年目あたりから、看護という仕事にやりがいを感じなくなっていました。

今思えば、あのとき、あの瞬間に看護師を辞めて新しい挑戦をするべきだったのですが、勇気がなくその一歩を踏み出すことができませんでした。

そのせいで、私は数年後にひどい後悔をすることになりました。

ひどい後悔した一番の理由

約5年という貴重な時間をムダにしてしまったから。

実際、新しいことに挑戦するたびに、「若さ=時間」が大きな武器になると痛感しました。

そのたびに、もっと早く看護師を辞めて、いろいろなことに挑戦するべきだったと、毎回ひどい後悔に襲われます。

私のような後悔をしないためにも、やりがいを感じないなら、一旦、看護師を辞めて新しい挑戦をするべきただと思います。

看護師にやりがいを感じないときの対処法【新しい挑戦をするべし!】看護師にやりがいを感じない…どうすればいいか知りたい。というか…看護師にやりがいを感じないなら違う仕事をしたほうがいい? 看護師にやりがいを感じなくて人生に絶望しているので、実際に看護師を辞めてやりがいのある仕事をみつけた人の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

悩み⑦「仕事についていくことができない…、看護師に向いてない…」

私も看護師時代は、「自分は看護師に向いていない…」「1日でも早く看護師を辞めたい…」と思って働いていました。

そんな状況を乗り越えて、10年目までなんとかがんばることができたのは、以下のことをおこなったからです。

  • 自分への期待度を下げる
  • 他人と比べない
  • 他人の期待に応えない

具体的には、以下の記事で解説しています。

看護師に向いてない…もう辞めたい【私もそう思って働いていました】看護師に向いてない…もう辞めたい。こんなときは、どんな気持ちで看護師をしているか知りたい。また、看護師を辞めたいと思ったときに、どうやって乗り越えたか知りたい。もしくは、看護師を辞めて、他の仕事をしたいと考えているけど可能?こういった疑問に答えます。...

悩み⑧「仕事中心の生活が嫌だから、もっと楽な職場に転職したい…」

楽な職場に転職したいなら、介護系の職場がいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 医療行為がほぼほぼない
  • ストレスが少ない
  • 心と体の負担が少ない

実際に私は、介護系の職場(デイサービス・訪問入浴・介護施設)で仕事をしましたが、病棟と比べて楽だなと感じました。

また、介護系の職場では、夜勤なしで働くことができたため、生活リズムが一定になり、生活の質が大幅に改善され、プライベートを充実させる余力もうまれました。

【実体験】看護師でも楽な職場で仕事ができます【介護系がよかった】看護師ですが疲れました…、楽な職場で仕事をしたい…。そもそも看護師でも、楽な職場で仕事をすることができるの?かりに楽な職場があったとして、楽な職場で仕事をするデメリットはある?一旦、楽な職場で仕事をしたいので、実際に楽な職場で働いたことがある人の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

同じ悩みを経験した看護師が、あなたの相談にのります【ランキング以外でも大丈夫】

有料になってしまいますが、「看護師を辞めたい方の生き方相談」という形で、お悩み相談をおこなっています。

生き方相談では、私の経験を踏まえて、看護師を辞めた後の行動目標の検討や、看護師以外に転職するための方法など、看護師を辞めたい人の生き方をサポートします。

とくに私と同じように、悩みを相談できる人が周囲にいなくて、どうしたらいいか困り果てているなら、気軽に相談してもらえたらと思います。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...