副業

副業で看護師の年収を超える【ライターではなくブログ運営が最適解】

ライターを副業にしようか迷っている看護師
ライターを副業にしようか迷っている看護師
副業でライターをやったら稼ぐことができる?

ライターで収入を増やすことはできるの?

というか、ライターの収入ってどれくらいなの?

ライター以外でオススメの副業があれば教えて欲しい。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年+ブログ・アフィリエイト歴3年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しながら、副業としてブログ型アフィリエイトをおこなっています。(副業の収益は3〜5万円/月)

看護師の副業に関して、実体験にもとづいて解説します。

看護師が副業するなら…【ライターよりブログ運営のほうがいい件】

結論として、看護師が副業するならライターより「ブログ運営」のほうがいいと思います。

理由は、以下のとおり。

  • 記事の所有者があなたになる
  • 収益の入口を複数つくることができる
  • 収益の伸び代が大きい
  • あなただけの資産になる

一つづつ解説します。

理由①「記事の所有者があなたになる」

具体的には、以下のとおり。

  • ブログ運営:あなたが所有者
  • ライター:納品先が所有者

ここでの重要なポイントは、「あなたが所有者になる」という点。

たとえば、あなたが30記事を執筆したとして、それがすべてブログ運営用の記事なら、それはあなただけのWeb資産になるんです。

もちろん、ライターとして記事を書いても、実績はたまっていきます。

しかし、記事の所有者は、あくまでも納品先になってしまうので、あなただけのWeb資産にはなりません。

同じ時間をかけて記事を作成しても、ライターとして書いた記事は、あなた以外のものになってしまう…そう考えるとすごくもったいないですよね。

ただし、ライターとして生きていくなら問題なし

もちろん、あなたがライターとして生きていくと決意しているなら、ライターとして記事を書いていも問題ありません。

しかし、副業で稼ぐ手段を身に付けたいというなら、やはりブログ運営がいいと思います。

なぜかというと、ブログ運営をおこなうと、収益の入口を複数つくることができるからです。

理由②「収益の入口を複数つくることができる」

なぜなら、ブログ運営とライターでは、収益化の構造が少し違うからです。

  • ブログ運営→広告収入・サイト作成の受注・ブログ運営のコンサル・etc…
  • ライター→記事の納品

ライターの場合は、シンプルに記事の納品が主な収益源になります。

そのため、ライターとして収入を伸ばすためには、納品する記事の本数を増やす必要があります。

逆に、ブログ運営の場合は、記事を書くだけでは収入を得ることはできませんが、広告収入やサイト作成など複数の収益源を確保することができます。

よくある質問「なぜブログ運営をすると、複数の収益源を確保することができるの?」

ブログ運営をおこなうと、以下のスキルを身につけることができるから。

  • HP作成
  • ブログ運営方法の決定
  • 記事を書くためのキーワードの選定
  • 記事の作成
  • 広告の選定
  • アクセス解析
  • etc…

実際、上記のスキルが身につくと、以下の形で収入を得ることができるようになります。

  • HP作成ができるようになる→サイト作成を受注して収入を得ることができる
  • ブログ運営で収入を得ることができるようになる→ブログ運営のコンサルをおこなって収入を得ることができる

そのほかにも、ブログ内広告からの収入や、記事を納品することでも収入を得ることができます。

このようにブログ運営をすると、さまざまなスキルが身につくため、複数の収入源を確保することができるんです。

理由③「収益の伸び代が大きい」

ブログ運営はライターに比べて、収益の伸び代が大きくなります。

なぜかというと、ブログ運営というは「PV×CTR×CVR=収益」という構図になっているから。

  • PV:ブログに訪問した人の数
  • CTR:ブログに設置した広告をクリックした数
  • CVR:クリックした広告から商品を購入した人の数

簡単にいうと、ブログに訪問する人の数を増やして、広告をクリックする人の数を増やして、商品を購入する人の数を増やしていけば、収益がどんどん増えていくということです

  1. 記事作成
  2. 記事に訪問する人が10から100人になる
  3. 10,000円の売り上げが100,000円になる

当然、記事に訪問する人が100人から200人になれば、売り上げももっと増えていきます。

そういった構造があるため、ブログ運営は収益の伸び代が大きいんです。

ライターは、収益の伸び代に限界がある

理由は、ライターの収益構造が以下のようになっているため。

  • 収入源=記事納品
  • 収入額=文字単価×文字数

実際、受注できる案件の多くは、1文字あたりの単価が設定されているため、「書いた文字数×1文字の単価」によって収入が変動します。

初心者ライターの場合

初心者ライターの場合は、文字単価0,3〜0,5円の案件がほとんどになってしまいます。

たとえば、文字単価0,4円の案件を受注し、3,000文字の記事を10記事/月受注した場合。

  • 0,4円/文字×3,000文字=1,200円/日
  • 1,200円/日×10記事/月=12,000円/月

1ヶ月で12,000円…

ここでは、3,000文字で計算しましたが、慣れないうちは3,000文字を書くというのは結構大変な作業なんです。

状況によって異なりますが、早い人なら4〜5時間、遅い人だと8時間程度はかかってしまうと思います。

そう考えると、ライターという仕事は、かなりキツイ仕事と言えますね。

理由④「あなただけの資産になる」

なぜなら、ブログ運営をすると、給料以外から収益を生み出すツールをつくりだすことができるからです

さらに、ブログ運営の場合は、収益を生み出す記事を一度つくってしまえば、継続的に収益を得ることもできるようになります。

しかも、収益を生み出す記事を複数つくることができれば、収益は積み上げ式に増えていくことになります。

費やした時間がすべてあなたに還元される

具体的には、以下のとおり

  • 運営しているHPや作成した記事
  • ブログに訪問してくれる人
  • 発生した収益
  • etc…

逆に、ライターの場合は、費やした時間の一部のみがあなたに還元されます。

時間をかけて作成した記事も、所有者は納品先になってしまいますし、記事から発生した収益も記事を読んでくれる人も納品先に還元されてしまいます。

もちろん、どちらかが正解というものはありません。

しかし、同じ時間を費やすなら、すべてがあなたに還元され、しかも資産になるブログ運営のほうが個人的にはいいと思います。

副業するならブログ運営が最適解【看護師の年収を超えることも可能】

繰り返しになってしまいますが、副業するならブログ運営が最適解です。

一番の理由は、ブログ運営なら看護師の年収を超えることも可能だからです。

同じ時間を費やすならどちらを選ぶ?

記事を執筆するという点では、ライターもブログ運営も同じ時間を副業に費やすことになります。

そこで、あなたに質問です。

仮に300時間を副業に費やすとしたら、どちらを選びますか?

  • ライターで300時間費やす → 看護師の年収を超えるのは難しい
  • ブログ運営で300時間費やす → 看護師の年収を超えることができる

実際に私の場合は、「ブログ運営で300時間費やす」ほうを選択しました。

その結果、サイト作成を受注して40万円、ブログ運営で月3〜5万円、etc…など複数の収入源をつくりだすことができました。

ブログ運営をはじめると、お金の価値観が変わる

とくに変わったのが、時給労働に対する考え方。

たとえば、同じ6,000円を稼ぐとしても、ブログ運営と時給労働では、まったくことなります。

  • ブログ運営:1件3,000円の広告が1日2件売れるだけで、6,000円の収益になる
  • 時給1,000円の時給労働:1日6時間働いて、やっと6,000円の収益になる

これをみてどう感じますか?

私の場合は、1日2件売れるだけで、6時間働いたのと同じ収益が発生することを実感してからは、時給で働くことに絶望を感じるようになりました。

ブログ運営なら、時給を数万円にすることも可能

時間は平等ですが、時間の価値を高めるのは自分次第。

そして、ブログ運営は、時間の価値を高める一つの手段になります。

ブログのはじめ方について

ブログ運営のはじめ方については、以下の記事で解説しています。

参考にしてもらえると、うれしいです。

【画像付でわかりやすい】WordPressを使ったブログの始め方WordPressを使ったブログの始め方を知りたい。これからWordPressをつかってブログ運営を始めたいので、なるべくわかりやすいように始め方を教えてほしいです。こういった疑問に答えます。...