看護師

【経験談】ツライ・怖い・看護師辞めたい…【乗り越える方法を解説】

いろいろな怖いで看護師を辞めたい人
いろいろな怖いで看護師を辞めたい人
ツライし怖いし、看護師辞めたい…同じ気持ちの人はいるの?

責任が重い、医療ケアが怖い…看護師辞めたい。

先輩が怖い…動機がして涙が出てくる…もう看護師辞めたい。

失敗が多くてミスばかりの毎日…そのうち患者さんの命に関わるようなミスをしそうで怖い…なにか起こす前に看護師辞めたい。

どうして他の人は看護師を続けることができるの?辞めた人、辞めなかった人の話を聞きたい。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

医療ケアが怖い…、師長・先輩が怖い、命に関わる仕事が怖い…、私も常にいろいろな怖いに直面し、何度も看護師辞めたい…と思ったことがあります。

それでも10年看護師を続けることができたのは、悪い面だけでなく良い面にも目を向けることができたからだと思います。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、ツライ・怖い・看護師辞めたいを乗り越える方法を解説します。

【経験】ツライ・怖い・看護師辞めたい【乗り越える方法を解説】

ツライ・怖い・看護師辞めたい…その気持ち、同じ看護師としてすごくよくわかります。

実際に私も、ナースステーションが凍りつくほど怒られたり、申し送りで無視されたり、夜勤の組み合わせを見て絶望したり…ツライ・怖い経験を何度もしました。

朝ロッカーで着替えた後、動悸がして冷や汗をかいて、なかなかドアを開けることができず、このまま辞めてしまいたいと思ったことも何度もあります。

また、ミスばかりする毎日に自信をなくし、このままでは患者さんの命に関わるようなミスをするのではと怖くなり、看護師向いていない辞めたほうがいいかも、と毎日のように思っていました。

看護師を辞めたいと思っていた私が10年続いた理由

繰り返しになりますが、私も同じように辛い・怖い・看護師辞めたいと、常に考えて働いていました。

そんな私が、看護師を辞めずに10年続けることができたのは、視点や考え方をグルッと変えることができたからだと思います。

具体的には「逃げ腰・無感情」を、要所要所に取り入れるようにしました。

どれも、人によっては「え…」と思うことかもしれませんが、私にとってはこの3つがあったことで、看護師として働くことがすごく楽になりました。

看護師を辞めたい場合は逃げ腰になるといい件

私の場合、逃げ腰スタンスを要所要所に取り入れることができた結果、看護師を辞めたいという気持ちがかなり軽減しました。

なぜなら、ツライ・怖いという状態がこの先何十年も続く、という絶望感から解放されたからです。

具体的には、以下のような感じです。

  • 期限を設けながら働く
  • ずっと看護師で働く必要はないと考える
  • etc…

期限を設けながら働く

具体的には、以下の感じで期限を設けます。

  1. 期限については「3〜6ヶ月」が目安
  2. 期限を設けるときは達成目標を設定する
  3. 達成目標は、現実で実現可能なものにする
  4. 期限終了時に、目標を達成できていれば期限を延長する

ちなみに、期限を設ける目的は逃げることではなく、心の余裕を取り戻して、小さな成功体験を積み上げ、自信をつけていくことです。

ずっと看護師で働く必要はないと考える

「看護師を辞める(看護師以外に転職)=逃げ=悪」という固定概念を取っ払いましょう。

別に、看護師になったからといって、看護師以外に転職してはいけないなんてことはありません。

むしろ、看護師資格をもっているなら、積極的に看護師以外の仕事にチャレンジしたほうがいいと思います。

実際、数年後には看護師を辞めて、新しいことにチャレンジしようと考えるだけでワクワクしますよね。

しかも、ワクワクする未来があると、今をがんばる原動力になります。

看護師以外に転職するときは3年の病棟経験があるといい件

理由は2つ。

  • 他職種に転職しても、失業という不安に怯えなくてすむ
  • 転職先選びの幅が広がる

詳しくは以下の記事で解説しています。

新人看護師が半年で辞めたい気持ちわかります【我慢のしすぎは禁物】新人看護師ですがもう辞めたい…半年で辞めてもいい?半年で辞めた場合は、どのようなデメリットがありますか?新人看護師ですが、半年の勤務で看護に向いていないと感じた…どうすればいい?できれば半年で辞めたくない…新人看護師を乗り切る方法を知りたい。最悪な職場環境を半年我慢した新人看護師です…まだ我慢するべき?こういった疑問に答えます。 ...

怖い先輩看護師に対しては無になるを発動するといい件

ここでいう怖い先輩とは、理不尽なことをしてくる意地悪な先輩看護師のことです。

そういった人たちに対しては、無になるを発動して接したほうがいいです。

理由は一つ、心無い言葉や態度から、自分の心を守ってあげるためです。

無を発動するとは、簡単にいうと話半分で接すると思ってもらえればいいです。

そもそも、いじめと指導は違う

具体的には、以下のとおり。

  • 指導:ある目的・方向に向かって教え導くこと
  • いじめ:自分より弱いものに対して一方的に、身体的・心理的攻撃を継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じるもの

もしも、あなたが継続的に「深刻な苦痛」を感じるのなら、それは「指導」ではなく「いじめ」といえます。

そして「いじめ」は、教え導く「指導」とは違い、ただただ苦痛を伴うというデメリットしかありません。

だからこそ、理不尽なことをしてくる意地悪な先輩看護師に対しては、無になるを発動して接したほうがいいです。

逆に、怖くても「指導」をしてくれる先輩看護師の話は、真摯に聞くべきです。

ただし、無にも限界がある

とはいえ、いくら無になるを発動していても、完璧には心のダメージを防ぐことができません。

だからこそ、常に自分の心と体の状態に注意して、SOSのサインを見逃さないようにすることが重要です。

とくに、以下のような症状が、2週間以上続く場合はうつ病の可能性があるので注意が必要です。

【気分や行動面】
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。
【身体面】
  • 重く締めつけられるような頭痛。
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。
  • 食欲不振、胃の痛み。
  • 発汗、息苦しさなど。

*引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

少しでも異変を感じたらセルフチェックをするべし

主張:セルフチェックできるものには、以下のようなものがあります。

大事なのは自分の身を守ってあげることです

常に自分の心と体の状態に注意して、SOSのサインを見逃さないようにしましょう。

それと同時に、心が悲鳴をあげて、体に異変が出ているようなら、我慢せずに看護師を辞めるべきだと思います。

看護師を辞めたい方へ【怖いという感情は看護をする上で重要】

なぜかというと、失敗を防ぐためには必要な感情だからです。

実際、怖いと思って作業している間は、注意深く慎重に作業を進めるため、重大なミスをする確率は低くなります。

なので、怖いという感情は看護をする上で重要な要素の一つなんです。

ただし、極端に怖がるとミスが増える

なぜなら、以下のような悪循環に陥ってしまう可能性が大だからです。

極端に怖がる→作業が遅くなる→焦る→パニクる→ミスする→さらに焦る・パニクる→ミスる→…怖いという感情がさらに強くなる

このような悪循環を防ぐためためには、極端に怖がることをやめる必要があります。

そのためには、自分は自分、他人は他人と考えることが重要です。

自分と他人を比べて焦る必要はない

結論として、仕事をマスターすることに、スピードは大して重要ではないです。

なぜなら、半年で仕事をマスターした人でも1年かかった人でも、3年もすればみんな同じレベルになるからです。

「すぐにできない=ダメ」ではない

なぜなら、勘がいい人は仕事を早く覚えて、勘が悪い人は仕事を覚えるのに時間がかかる。

ただ、それだけだからです。

それに、長い人生でみたときに、最初の半年や1年の差なんてほとんどなくなります。

重要なのは、コツコツと続けること

理由はシンプルで、誰でもコツコツとやり続けることで、いろいろなことができるようになるから。

物事には順序があります。

自分と他人を比べずに、コツコツと毎日を積み上げていきましょう。