退職

新人看護師が円満退職できる退職理由【ないと思ったほうがいいです】

新人看護師が円満退職できる退職理由を知りたい。

退職理由を伝えたけど、強い引き止めにあっている…新人看護師は辞めることができないの?

退職理由を伝えたいけど、師長が怖くて退職を言い出せない…どうすればいい?

今すぐにでも退職したいので、退職を成功させるためのアドバイスが欲しいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

転職アドバイザーとして活動するなかでわかったのが、新人看護師の円満退職の難しさです。

実際、話を聞いていると引越しなど不可避な事情であっても、強い引き止めや脅しまがいの退職阻止をされることがあることがわかりました。

とはいえ、新人看護師でも、平等に退職する権利はありますし、退職したことで生活がいい意味で一変した人も多くいます。

今回は、そんな私の実体験にもとづいて、新人看護師の退職事情や退職を成功させるための方法などを解説します。

新人看護師が円満退職できる退職理由【ないと思ったほうがいいです】

残念な話ですが、新人看護師の場合、円満退職できる退職理由はないと思ったほうがいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 慢性的に看護師が不足しているから
  • 新しく看護師を雇い教育するためには、膨大な時間とコストがかかるから

上記のとおりで、多くの職場において、あなたが退職することは大きなマイナス要因になってしまいます。

そのため、職場(師長)としては、どんな退職理由であれ、なんとかして退職を阻止したいと考えてしまうんです。

もちろん、働いている職場においては、あなたの気持ちを理解し、円満退職できるためのサポートをしてくれるケースもあります。

とはいえ、大抵の場合、あなたの退職が阻止されることになるので、それを覚悟して退職を伝えるほうがいいです。

そもそも、新人看護師なら退職理由はなんでもOK

なぜかというと、新人看護師の場合、どんな退職理由を伝えても、強い引き止めや脅しまがいの退職阻止に遭遇する確率が高いから。

実際、ある新人看護師が「引越しという不可避の退職理由」を伝えたところに、以下のようなことを言われたそうです。

  • 「最低1年は働いてもらわないと困る」
  • 「社会的責任を果たせていない」
  • 「他のスタッフのモチベーションが下がる」
  • 「あなたが卒業した学校には、たくさんの奨学金を貸してきたけど、それも考え直さないといけない」

最後なんて、半分脅しですよね…。

というか、引越しという不可避の理由で、ここまで言われてしまうのなら、もうどんな退職理由を伝えても同じだなと思います。

逆にいえば、新人看護師が退職を成功させるためには、退職理由よりも重要なものがあるといえます。

新人看護師に重要なもの【退職理由より退職する覚悟・決意】

結論として、新人看護師が退職を成功させるためには、退職理由より退職する「覚悟・決意」のほうが重要です。

理由は先ほどのとおりで、どんな退職理由であっても、強い引きとめや脅しまがいの退職阻止にあう確率が高いからです。

とくに、以下のような不可避な退職理由でない場合は、退職を認めてくれない確率がさらに高くなります。

  • 看護師に向いていないと感じる
  • 仕事が忙しすぎる・業務量が多すぎる
  • 人間関係のストレスで仕事に行くのが辛い
  • 激務なのに給料が安くて辞めたい
  • 夜勤が辛く体力的負担が大きい前残業・後残業が当たり前…しかも残業代が出ない
  • 休みが少ない(取りづらい)
  • 職場の空気(環境)が合わない
  • 自分のやりたいことと実際の業務が違いすぎる
  • 夜勤と勉強で寝不足続き、朝起きるのも辛い
  • 医療事故が不安
  • etc…

よくある質問「それなら嘘の退職理由を伝えたほうがいいの?」

結論、新人看護師の場合は、嘘は伝えないほうがいいです。

なぜなら、嘘をつくメリットより、嘘がバレたときのリスクのほうが大きいから。

それに、何人・何十人もの退職者を見てきた師長の前では、嘘がバレてしまう可能性がのほうが高いです。

それだけに、新人看護師の場合は、嘘の退職理由をつくのは得策とはいえません。

嘘をつくくらいなら「覚悟・決意」をもって、退職理由を伝えたほうがいい

具体的には、以下のとおり。

  • 覚悟:退職を認めてくれないことを前提に、退職を伝える
  • 決意:どんなことを言われてもブレない心で、退職を伝える

繰り返しになりますが、新人看護師の場合、どんな退職理由を伝えても、強い引き止めや脅しのような退職阻止にあう可能性が高いです。

そうなったときに、退職を勝ち取るためには、どんな状況でも職場(師長)に屈しない、強い覚悟と決意が必要になります。

そして、そのためには、新人看護師であっても、平等に退職する権利があることを知っておくが重要です。

【重要】新人看護師が退職できないは嘘【退職する権利は平等にある】

結論として、新人看護師が退職できない、というのは嘘です。

なぜなら、退職できる権利は法律によって、誰にでも与えられているから。

具体的には、民法第627条第1項に以下のような記述があります。

当時が雇用期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合においては、雇用は、解約申入れ日から二週間を経過することによって終了する。

上記のとおりで、新人看護師であっても、2週間前に申告すればいつでも退職することができるんです。

ちなみに、奨学金の返済が残っていても退職できます

理由は、労働基準法第16条で、以下のように明記されているから。

第十六条、使用者は、労働契約の不履行について、違約金を定め、または損額賠償を予定する契約をしてはならない。

上記のとおりで、奨学金の返済が残っていたとしても、病院は看護師の退職を阻止することはできないんです。

ただ、返済途中の奨学金がなくなるわけではないので、退職したとしても計画的に返済していく必要はあります。

参考:労働問題弁護士ナビ「看護師を辞めたい方へ!辞めたい理由別の対処法と退職・転職の手順」 

とにもかくにも、就業規則にそって退職準備をすすめるべし

なぜなら、そのほうが円満退職できる確率が高くなるから。

たとえば、就業規則に「退職は申し出から3ヶ月とする」と明記されている場合は、それに従って退職準備をすすめていきます。

よくある質問「精神的に辛くて、3ヶ月も待てない…どうすればいい?」

この場合は、3ヶ月待たずして退職しても問題なしです。

というのも、退職に関しては、就業規則より「民法」のほうが効力が強いから。

実際、師長から「退職は3ヶ月後にならないとできない、就業規則にそう書いてあるから」と言われても、退職届を出せば2週間で退職が成立します。

参考:転職Hack「退職は2週間前の申告でできるって本当?退職日設定や有休消化も解説

あなたもこんな悩みを抱えた一人ではないですか?

とはいえ、これを読んでいる人のなかには、「師長が怖くて退職を言い出すことができない…」とツライ悩みを抱えている人がいると思います。

そんな悩みを抱えているあなたに利用してほしいのが、退職代行サービスです。

退職理由を伝えたいけど、怖くて言い出せない新人看護師へ【最終手段→退職代行サービス】

退職代行サービスとは、名前のとおり退職に関わるすべての手続きを、あなたの代わりにおこなってくれるサービス。

たとえば、女性の退職代行に特化している「わたしNEXT」という退職代行サービスだと、相談〜退職までの流れをスマホ1つのでおこなうことができるんです。(面談不要)

わたしNEXTを利用するメリット

メリットは以下のとおり。

  • 退職成功率が100%で安心*2020年11月現在
  • 病院と直接、話さなくてすむ
  • あなたに直接、連絡しないように伝えてくれる
  • 残りの給料を払ってくれない場合は相談できる
  • 最短で即日(依頼当日)から出社しなくてすむ
  • 有給休暇の交渉をしてくれる
  • 弁護士の指導を受けているから安心して利用できる

費用は29,800円かかりますが、退職代行サービスを利用すると有給休暇の交渉もおこなってくれるため、決して高くはないのかなと思います。

たとえば、20日ある有給をすべて取得することができたら、約20万円(日給1万として)をゲットすることができるので、結果としてプラスになりますよね。

わたしNEXTのいいところ

個人的にいいなと思ったのは、師長と直で話さなくてすむこと。

やっぱり、直で話をしてしまうと、うまいこと丸こまれてしまい、退職できなくなるという危険が大いにあります。

そういったリスクを回避する意味でも、退職代行サービスの利用には大きなメリットがあると思います。

退職の相談だけなら無料

費用が発生するのは、退職代行の依頼をしてから。

退職の相談だけなら無料でおこなってくれるので、退職できずに悩んでいるなら一度相談するのがいいかもです。

相談については24時間対応していて、LINEでおこなうことができます。

【相談無料】わたしNEXT