看護師

新人看護師が半年で辞めたい気持ちわかります【我慢のしすぎは禁物】

半年勤務だけど仕事を辞めたい新人看護師
半年勤務だけど仕事を辞めたい新人看護師
新人看護師ですがもう辞めたい…半年で辞めてもいい?

半年で辞めた場合は、どのようなデメリットがありますか?

新人看護師ですが、半年の勤務で看護に向いていないと感じた…どうすればいい?

できれば半年で辞めたくない…新人看護師を乗り切る方法を知りたい。

最悪な職場環境を半年我慢した新人看護師です…まだ我慢するべき?

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は看護師歴10年、現在は転職アドバイザーとして活動しています。

私も新人の頃は、存在価値を全否定される毎日に、常に辞めたいと思っていました。

私の場合は、心と体の不調を避けることはできましたが、いつ鬱になってもおかしくなかったと思います。

今回は、そんな私の実体験にもとづいて、新人看護師がとるべき行動などについて解説します。

新人看護師が半年で辞めたい気持ちわかります【ただ、我慢して続けてよかった】

「看護師として半年しかたってないけど、もう辞めたい…」、その気持ち痛いほどよくわかります。

なぜならわたしが新人看護師のときも、以下のような理由で辞めたいと思っていたから。

  • 仕事ができない自分がイヤになる…
  • 看護師を続ける意味がわからなくなる…
  • 毎日のように先輩看護師から存在価値を否定される
  • etc…

経験談:個人的には辞めずに続けてよかった

とはいえ、いまになって思えば「辞めずに続けてよかった」と思っています。

なぜかというと「看護師資格+看護師経験」のおかげで、新しいことにチャレンジできるようになったから。

そのなかでも、とくに大きな転機となったのが「起業の経験」ができたことです。

起業を経験したことで、やりたいこと・やるべきことがよりいっそう明確になり、次のステップにチャレンジする原動力になりました。

よくある質問「なぜ看護師資格+看護師経験があると、新しいことにチャレンジできるようになるの?」

一番の理由は、食いっぱぐれる心配がなくなるから。

実際のところ、人がいる限り看護という仕事は必ず必要とされます。

それにくわえて、看護の仕事は「国家資格を保有している人」しかおこなうことができません。

このようなことからも「看護師資格+看護師経験」というのは…

  1. 生きていく上での心強い保険になり
  2. 新しいことにチャレンジするための重要な土台

になるんです。

体験談:3年の病棟経験を積むといい件

理由は2つ。

  • 他職種に転職しても、失業という不安に怯えなくてすむ
  • 転職先選びの幅がひろがる

理由①「他職種に転職しても、失業という不安に怯えなくてすむ」

というのも看護師経験3年あれば、「年を重ねても」高い確率で看護師に戻ることができるから。

かりに看護師1年目で辞めてしまった場合「資格があっても経験がない」ので、年を重ねるほど看護師に戻るのが大変になります。

もちろん戻れないことはないとは思いますが、経験がないと「転職選びの幅がグッとせまくなってしまう」というデメリットがあります。

そういった事態を避けるためにも、3年の病棟経験を積むことは重要になります。

理由②「転職先選びの幅が広がる」

なぜなら看護師経験3年あれば、「病院以外の職場」でも看護師として働くことができるから。

具体的には、以下のような職場で働くことができます。(職場によっては看護師経験5年を必要とする場合もある)

病院 クリニック 診療所
臨床開発モニター コールセンター 美容クリニック
介護施設 デイサービス 保健所
リゾートナース 大学の保健室 訪問入浴
保育園 訪問看護 ツアーナース
治験コーディネーター 企業看護師 献血ルーム
救護室 障害福祉施設 児童養護施設
教員 乳児院 健診センター
イベントナース クリニカルスペシャリスト etc…

半年で向いていないと感じた新人看護師がやるべきコト

まずは「病院を辞めてからどうするのか?」を、明確にするコトからはじめたほうがいいです。

理由は、次の転職での失敗を避けるためです。

実際、看護師1年目で「2回以上の転職」をすると、その後の転職活動に悪影響をおよぼしてしまう危険があります。

  1. 看護師1年目で2回以上の転職をしてしまうと…、
  2. 採用担当者に「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか…」という印象を与えてしまう。
  3. 結果、転職選びの幅がグッとせまくなってしまう

余談:すぐに辞めてしまう人は採用側にとってデメリット大

結論として、採用してもすぐに辞めてしまいそうな看護師は「採用する側にとってはデメリットが大きい人材」といえます。

理由は、以下のとおり。

  • 採用のためにかけた時間とコストが、すべてムダになってしまう危険がある
  • 入職した人がすぐに辞めてしまうというのは、現場の士気低下にも繋がってしまう
  • すぐに辞めてしまった場合、同じかそれ以上の時間とコストをかけて、再び採用活動をおこなう必要がある

このようにすぐに辞めてしまいそうな看護師を雇うというのは、採用担当者にとってリスクが大きすぎる行為なんです。

実際に採用担当者の人からは、以下のような話をきいたことがあります。

採用担当者
採用担当者
どんなに人材に困っていても、すぐに辞めてしまいそうな人材は極力雇いたくない、というのが正直なところです。

よくある質問「今後のことはどうやって明確にすればいいの?」

結論、自己分析をおこないましょう。

なぜなら自己分析をおこなうと、転職活動における「道筋」と「ゴール」が明確になるから。

自己分析をおこなうと明確になるコト
  • どう生きたいか
  • 転職活動の軸
  • 転職の目的(道筋+ゴール)

実際に私の場合も、自己分析をすることで「転職の目的」が明確になりました。

  • どう生きたいか:組織に属すことなく働きたい
  • 転職活動の軸:看護師資格を活かして、組織に属さず働く方法を身につける
  • 転職の目的:まずは「病院以外の職場に転職」して、看護師の可能性を探る

上記のとおりで、自己分析をおこなった結果「なにから始めたらいいのか?」、という疑問の答え(=転職の目的)を明確にすることができました。

実際に病院を辞めた後は、介護業界を転々としたり、起業して失敗したりして、最終的に「一般職+副業」という形になりました。

その結果、副業で3〜5万円/月の副収入と、約10万円/回の副収入を得るスキルが身につき、「組織に属さず働きたい」という理想の生き方に近づくことができました。

自己分析をおこなう方法

まずは無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を利用すれば問題なしです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、明確な答えがでない…

そんな場合は、誰かに相談するのが最適解。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには、誰かと「話をしながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また、今だと「どう生きたいか?」を明確化してくれる、キャリア支援サービスもあります。

私のように、「周囲の人に相談できない」「相談したけど、否定的な意見しか返ってこない」などの状況で悩んでいるなら、プロのキャリアトレーナーに相談するのがいいです。

【無料で相談できる】キャリア支援サービス
朝比奈
朝比奈
あと、これは宣伝ですが、私自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー×一般企業】こんにちはフリーナースの学校のアサヒナです。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...

半年で辞めたい新人看護師が「今」を乗り切る方法

方法は2つ。

  • 「期限付き+実現可能な目標」をたてて仕事をする
  • 「いつでも辞めてやる精神」で仕事をする

方法①「期限付き+実現可能な目標をたてて仕事をする」

理由は、「今」を乗りきるための「原動力」をつくりだすため。

たとえば「将来の保険として、3年は看護師を続ける」という目標をたてれば、「看護師を3年つづけるための原動力」をつくりだすことができます。

こんなかんじで、「期限付き+実現可能な目標」をたてて仕事をすることで、今をのりきるための原動力をつくりだすことができます。

方法②「いつでも辞めてやる精神で仕事をする」

理由は、以下のとおり。

  1. いつでも逃げ出てもいいと思う
  2. 「心の余裕」ができる
  3. じぶんの状態を客観的に把握できる
  4. ざというときに逃げせるようになる

こんな感じで、心の余裕をつくることは、自分の身を守るために重要なコトになります。

【朗報】新人で辞めても人生つまない

理由は、以下のとおり。

  1. 病院含む多くの現場では、まだまだ看護師が不足している
  2. 転職先を選りごのみしなければ、仕事をみつけることはできる

看護師不足に関しては、厚生労働省の看護職員受給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてで、以下のような明記があります。

”社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

半年勤務の新人看護師でも我慢せずに辞めるべき状況

以下のような状況なら、我慢せずに辞めるべきです。

  • 聞いても教えてくれない
  • 医療業務をやらせてもらえない
  • 体または、心に不調が現れている

状況①「聞いても教えてくれない」

聞いていも教えてくれない状況で働いているなら、辞めることを検討したほうがいいです。

なぜなら「なんでも聞ける状況で仕事ができる」のは、新人の頃だけだからです。

看護師2名を比較してみる

たとえば、看護師を下記のとおりで比較します。

  • 看護師A:「しっかりと教えてくれる職場」で1年を過ごす
  • 看護師B:「聞いても教えてくれない職場」で1年過ごす

このばあい同じ1年を過ごしたとしても「看護師Aのほうが成長どあいが大きくなる」可能性が大です。

しかも看護師2年目になると、なんでも聞ける雰囲気ではなくなるので、看護師1年目の教育はかなり重要になってきます。

もちろん1年目で転職するとはじめからのスタートになってしまいますが、教育が不十分の職場にいるよりはよっぽどいいです。

状況②「医療業務をやらせてもらえない」

医療業務をやらせてもらえない状況で働いているなら、すぐに辞めたほうがいいです。

なぜなら「時間の浪費」でしかないからです。

繰り返しになりますが、なんでも聞ける状況で仕事をすることができるのは、新人の頃だけです。

そんな貴重な時間をムダにしないようにするためにも、新しい職場への転職を強くオススメします。

状況③「体または、心に不調が現れている」

具体的には、以下のような症状が「2週間以上つづく場合」はうつ病の可能性があるので注意が必要です。

【気分や行動面】
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。
【身体面】
  • 重く締めつけられるような頭痛。
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。
  • 食欲不振、胃の痛み。
  • 発汗、息苦しさなど。

引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

少しでも異変を感じたらセルフチェックをするべし

セルフチェックできるものには、以下のようなものがあります。

大事なのは自分の身を守ってあげることです

とくに我慢のしすぎはNGです。

つねに自分の心と体の状態に注意して、SOSのサインを見逃さないようにしましょう。

それと同時に、心が悲鳴をあげて体に異変がでているようなら「我慢せずに転職をするべき」です。

【失敗しない転職活動】看護師転職サイトの利用が最適解

失敗しない転職をおこなうためには、転職の決意〜転職終了までに「3〜6ヶ月」の準備期間をもうけて「計画的にすすめる」ことが重要。

理由は「熟考する時間を確保」して、間違った選択をする可能性をゼロに近づけるため。

具体的なスケジュールは、以下のとおり。

スケジュール 内容
転職の決意 転職時期の決定
6〜4ヶ月前 自己分析
4〜2ヶ月前 求人探し
求人先への見学
求人先の絞り込み
面接対策・履歴書・職務経歴書の作成
2〜1ヶ月前 求人先への面接
転職終了 内定・入社

詳しくは、以下の記事で解説しています。

【実証済】看護師の転職方法を徹底解説【後悔しない転職をする方法】看護師ですが、転職を考えています。とはいえ、なにから手をつければいいのかわからない…。転職したあとに後悔したくないので、失敗しない転職方法を知りたいです。具体的には、転職スケジュールの立て方やオススメの転職方法、自分に合った転職先を見つける方法などを知りたいです。それともう一つ、円満に退職する方法も知りたいです。失敗しない転職をおこないたいので、実際に転職した経験のある看護師のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

転職するなら看護師転職サイトを「使った方がいい」件

理由は、以下のとおり。

  • 看護師転職サイトは、転職活動において「有益なツール」になる
  • 転職活動において必要なサービスを、すべて「無料」で利用できる
  • 有益なツールを使わないのは「損」でしかない

実際に私の場合、看護師転職サイトを「使わないパターン」と「使うパターン」の両方を経験しましたが、看護師転職サイトを使わないと「損をするな〜」と思いました。

看護師転職サイトを使わない方が「損」をする理由

理由は、以下のとおりです。

  • 転職の相談をすることができない
  • 求人情報を網羅的に集められない
  • 見学日・面接日の調整を自分でやらないといけない
  • 履歴書・職務経歴書の添削をおこなってもらえない
  • 面接対策をおこなってもらえない
  • 条件・待遇面の交渉を自分でやらないといけない
  • 雇用契約書を確認してもらうことができない

詳しくは以下の記事で解説しています。

【実証済】看護師転職サイトは使わない方がいい?【使った方がいい】看護師転職サイトは、本当に使わない方がいいの?というか…なんで看護師転職サイトを使わない方がいい、という声があるの?理由を知りたいです。看護師転職サイトを使わない場合のメリット・デメリットを知りたいです。ちなみに、看護師転職サイトを使わない場合は、どんな流れで転職活動をすすめていけばいいの?看護師転職サイトを使うか、使わないかで悩んでいるので、実際に転職サイトを使った場合と使わなかった場合の両方を経験したことがある看護師のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

【無料】看護師転職サイトおすすめベスト3【実際に使ってよかった】

私が実際に利用してよかった、オススメの看護師転職サイトは以下の3つです。

上記3つの看護師転職サイトをオススメする理由は、他の転職サイトと比較して「転職エージェントの質がよかった」から。

具体的には、以下のとおり。

  • レスポンスが速かった
  • 質問に対して誠実で正確な答えがかえってきた
  • いい情報だけでなく、悪い情報も教えてくれた
  • こちらの要望をしっかりと反映してくれた
  • しっかりと距離感を保ってくれた
  • 一つひとつの確認を、しっかりとおこなってくれた
  • etc…

実際に私の場合は、複数の看護師転職サイトに登録して、転職エージェントを比較検討しましたが、オススメした転職サイトに所属する転職エージェントの質は「ずば抜けてよかった」です。

【無料】看護師転職サイトおすすめベスト3【実際に使ってよかった】無料で利用できる、おすすめの看護師転職サイトを知りたいです。ただ、悪い噂も聞くので、本当に看護師転職サイトを使うかどうか迷っている…。本当に看護師転職サイトを使って、転職活動をおこなった方がいいの?使った方がいいなら、その理由や失敗しない使い方などを教えてほしいです。転職した後に後悔したくないので、実際に転職サイトを使って転職活動した看護師から、転職サイトを使ってわかったメリット・デメリットや注意点などのリアルな情報を聞きたいです。あと、実際に使ってよかったオススメの看護師転職サイトや、転職サイトへの登録方法・退会方法も知りたいです。こういった疑問に答えます。...