看護師

看護師を辞めたい理由はなんでもいい件【後悔しない選択をするべし】

看護師を辞めたいと思う理由を知りたい人
看護師を辞めたいと思う理由を知りたい人
看護師を辞めたいと思う理由を知りたい。

どんな理由なら、看護師を辞めてもいいのか知りたい。

看護師を辞めた後のこと不安なので、辞めたいと思ったときにやるべきコトを知りたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私も新人の頃から、毎年のように看護師を辞めたいなと思っていました。

ただ、こんな理由で辞めていいのか自問自答するだけで、実際に行動に移すことができずにいました。

そんな私も、10年目にしてやっと辞めることができました。

そこでわかったのは、看護師を辞めるのにこれといった理由はいらないということでした。

今回はそんな実体験にもとづいて、看護師を辞めたい理由などに関して解説します。

看護師を辞めたいと思う理由は人それぞれある

看護師を辞めたいと思っているのは、あなただけではないので安心してください。

実際、多くの看護師が、いろいろな理由で看護師を辞めたいと思っています。

看護師を辞めたいと思う理由
  • 夜勤がキツイ…
  • 人間関係が最悪…
  • 残業ばかりでプライベートまで影響がある…
  • いじめや、パワハラで精神的にツライ…
  • 業務の多忙と比較して給料が割に合わない…
  • 人手不足で勤務が大変…
  • 休日になっても心が休まらない…
  • 看護師に向いていない…
  • etc…

私が看護師を辞めた理由

私が看護師を辞めたのは、定年までずっと看護師として働くことに絶望を感じたから。

私の場合は、毎年のように辞めたいなと思いつつも、実際に行動に移すことができずにいましたが、10年目にしてやっと病院を辞めることができました。

師長や看護師仲間からは、「もったいない」「辞めるべきではない」など、否定的な言葉を結構もらいましたが、今でも辞めたことに対して後悔はありません。

すぐには看護師を辞めることはできなかった

ただ、すぐには看護師を辞めることはできませんでした。

なぜなら、看護師を辞めるために何をすればいいのか、わからなかったからです。

そのため、病院を辞めてしばらくは、看護師として介護系の仕事をしながら、今後の生き方を模索していました。

そういったなかで転機となったのが、起業経験でした。

残念ながら起業は失敗に終わりましたが、起業を経験したことで看護師を辞めるために、何をするべきかが明確になりました。

私の場合:看護師を辞めるためすべきこと

私の場合は、「個人でお金を生み出す力を身につける」という結論にたどり着きました。

この結論にたどりついた理由は、看護師を辞めたいと同時に、組織に属さず働きたいと強く思ったからです。

とういうのも、当初は、少人数で起業をすれば仕事に対する不満はなくなると思っていました。

しかし、実際に運営をはじめてみると、病院にいた頃と同じような不満がわいてくることに気づいてしまったんです。

その結果、たどりついたのが以下のことでした。

  1. 看護師を辞めたとしても、同じような不満がわいてくる…。
  2. それなら、根本的なところから変えないといけない。
  3. 具体的には、自分が理想とする環境で働くために、個でお金を生み出す力を身につける
  4. 結論、「看護師を辞める×組織に属さず働く」

看護師を辞めたい理由はなんでもいい件【後悔しない選択をするべし】

経験として、看護師を辞めたい理由はなんでもいいと思います。

なぜなら、どんな理由であれ、明日死んでも後悔しない選択をすることのほうが大事だからです。

実際に私の場合は、看護師を辞めたことに対しては後悔していませが、遅すぎる決断には後悔しています。

こんな理由で辞めるのはダメだよな…と勝手に思いこんで、5年くらいは時間をムダにしてしまったなと、今でもよく思います。

なので、看護師を辞めたい理由より、明日死んでも後悔しない選択をするほうが重要です。

【朗報】看護師を辞めても人生詰まない

看護師を辞めるというと、多くの人が否定的な意見を言ってきますが、そこまで気にしなくて大丈夫です。

なぜかというと、看護師を辞めたとしても人生詰まないからです。

実際のところ、人が生きている限り、看護という仕事はなくなることはありません。

また、看護師資格を取得する人の数が、劇的に増えることもまずないと思います。

そうなると、看護師資格を保有していて、職場を選り好みしなければ、食いっぱぐれることは、ほぼほぼないといってもいいです。

重要なのはチャレンジすることです

なぜなら、チャレンジしない限り、現状はなにも変わらないからです。

実際、私も仕事の不満を環境や他人のせいにし、それらが変わるのを待っていたのですが、なにも変わりませんでした。

しかし、勇気を出して一歩踏み出した途端、これまでの停滞が嘘のように、劇的に環境が変わりはじました。

もちろん、いい変化だけでなく、悪い変化もありました。

それでも、後悔したまま一生を過ごす人生よりは、よかったと今でも思っています。

次の場合は、病棟経験3年あったほうがいい

転職先選びの幅を広げたい・いずれ看護師として復職したい、と考えている場合は、病棟経験3年あったほうがいいです。

転職先の幅を広げたい

病院以外の転職先では、病棟経験○年以上という縛りがある職場あります。

なぜかというと、病院以外の職場では、看護師の絶対数が少ないため、一人で業務をこなすことができる知識・スキルを求められるからです。

実際、私が介護系の転職先を探しているときも、必須項目に病棟経験3年以上と記載されている職場が結構ありました。

なので、転職先の幅を広げたいなら、病棟経験3年あったほうがいいです。

いずれ看護師として復職したい

とくに、病院以外への復職を考えているなら、病棟経験3年あったほうがいいです。

理由は、先ほどと同じです。

もちろん、病院に復職する場合でも、病棟経験3年の有無は大きな違いになります。

実際、採用担当者の方も、過去に病棟経験3年あれば、まったく経験のない看護師に比べて安心して採用することができると言っていました。

以下の場合は3年も頑張らなくいい【心と体が健康なうちに看護師を辞めるべき理由】

なぜなら、心と体が不健康になってしまうと、新しいことにチャレンジすることが難しくなってしまうからです。

具体的には、以下のような症状が、2週間以上続く場合はうつ病の可能性があるので注意が必要です。

【気分や行動面】
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。
【身体面】
  • 重く締めつけられるような頭痛。
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。
  • 食欲不振、胃の痛み。
  • 発汗、息苦しさなど。

引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

少しでも異変を感じたらセルフチェックをするべし

主張:セルフチェックできるものには、以下のようなものがあります。

大事なのは自分の身を守ってあげることです

常に自分の心と体の状態に注意して、SOSのサインを見逃さないようにしましょう。

それと同時に、心が悲鳴をあげて、体に異変が出ているようなら、我慢せずに看護師を辞めるべきだと思います。

看護師を辞めたいと思ったときにやるべきコト【理由も解説】

まずやるべきことは、徹底的な情報収集です。

なぜなら、徹底的な情報収集をおこなうことで、時間のムダを最小限することができるからです。

残念ながら、私の場合は、なんとかなるか精神で、ロクに情報収集もせずに看護師を辞めてしまいました。

その結果、なかなか転職先が見つからない、見つけたとしても理想と現実とのギャップに仕事のへの意欲を無くして早期退職するなど、結構な時間をムダにしてしまいました。

情報収集は看護師を辞める前におこなうべし

情報収集については、うつ病の症状がある場合を除いて、在職中におこなったほうがいいです。

理由は2つ。

  • 収入を確保しながら転職活動をすることができる
  • お金の心配がないから、焦らず計画的に転職活動を進めることができる

実際に毎月の収入が途絶えて、お金が減っていくだけというのは、たとえ貯金があったとしても、精神衛生上あまりよろしくありません。

安定的な収入と心の余裕は、直結しているんだなと身をもって実感しました。

在職中に転職活動をするメリットについて

以下の記事で詳しく解説しています。

【看護師に告ぐ】転職活動は在職中に行うべし【成功の鍵=情報取集】転職活動は、在職中におこなったほうがいい?退職後におこなったほうがいい?在職中に転職活動をおこなうとどんなメリットがある? 在職中の転職活動はどうやって進めていけばいい?とういうか…在職中でも、看護師転職サイトに登録することはできる?登録できるなら、看護師転職サイトの効果的な利用方法を知りたい。在職中に転職活動を進めたいので、実際に転職活動をした人の話を聞きたい。こういった疑問に答えます。 ...

転職活動の始め方

転職活動の始め方については、以下の記事で詳しく解説しています。

【実体験】看護師が解説する失敗しない転職の始め方【マニュアル書】看護師ですが、転職を考えています。とはいえ、なにから始めたらいいのかわからない…。失敗や後悔をしたくないので、実際に転職経験がある看護師から転職のノウハウ等を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...