看護師

【看護師を辞めたいあなたへ】辞めても人生詰まない【ブログで解説】

看護師を辞めたいと思っている人
看護師を辞めたいと思っている人
看護師を辞めたいけど、辞めた後のことが不安…。

というか、本当に「看護師を辞めてもいいのか?」も知りたい。

看護師を辞める前に、やるべきことを知りたい。

看護師を辞めたいと考えているので、実際に看護師を辞めた人のブログから情報収集したいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護師を辞めて、看護・介護の転職アドバイザーや営業、広報(Web)、副業などさまざまな活動をしています。

今回はそんな私が、看護師を辞めたいあなたにとって有益になる情報に関して、実体験にもとづいて解説します。

【看護師を辞めたいあなたへ】人生詰まない【ブログで解説】

結論として、看護師を辞めても人生詰まないです。

なぜなら、看護師資格さえもっていれば、いざというときでも衣食住に困ることがないからです。

よくある質問「なぜ看護師資格をもっていると、衣食住に困らないの?」

理由は、仕事に困るという心配がほぼほぼ無いからです。

それを裏付けるのが、今後も続く看護師不足です。

看護師不足に関しては、厚生労働省の看護職員受給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてで、以下のような明記があります。

”社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

このように、看護師を辞めたとしても資格さえもっていれば、仕事に困ることはないので人生詰むことはないです。

そう考えると、看護師って生きるうえでは、結構いい資格ですよね。

看護師を辞めても人生詰まない=やりたいことに挑戦することができる

看護師資格があれば、保険をかけた状態でやりたいことに挑戦することができます。

理由は同じく、看護師なら仕事に困ることがないから。

体験談:30歳後半だけど、看護師を辞めてやりたいことに挑戦している話

現在の私は、副業を本業にするために、正社員ではなくアルバイトという形で働いています。

30歳後半でこんな生活ができるのは、看護師なら人生詰まないとわかっているからです。

実際に私の場合は、マイナビ看護師に登録して定期的に看護師の求人をみていますが、常時、看護師の募集が出ている状況なので安心してやりたいことに挑戦することができています。

ちなみに…

看護師なら、病院以外でも働くことができるという強みがあります。

具体的には、以下のような職場で働くことができます。

病院 クリニック 診療所
臨床開発モニター コールセンター 美容クリニック
介護施設 デイサービス 保健所
リゾートナース 大学の保健室 訪問入浴
保育園 訪問看護 ツアーナース
治験コーディネーター 企業看護師 献血ルーム
救護室 障害福祉施設 児童養護施設
教員 乳児院 健診センター
イベントナース クリニカルスペシャリスト etc…

【注意点】病院以外で働きたい場合は…

最低でも、3年の病棟経験が必要です。

なぜなら、病院以外の職場では、募集要項に病棟経験3年以上必要という職場が結構あるからです。

実際に私が介護系に転職するときにも、病棟経験3年以上必要という条件がありました。

よくある質問「なぜ病院以外の職場だと、経験年数の縛りがあるの?」

理由は、以下のとおり。

  • 1フロアあたりの看護師の絶対数が少ないから
  • 一人で判断・対応できるスキル・知識が求められるから

体験談:私が介護系の職場で働いたときの話

実際に私の場合は、介護施設やデイサービス、訪問入浴などの職場で働いたことがありますが、どの職場でも看護師は私1人でした。

そういった状況なので、なにかあったときの初期対応・判断は、すべて私がおこなっていました。

もちろん、連携している病院があるのでDrに相談することも可能です。

とはいえ、はじめから電話をしていたら看護師がいる意味がなくなってしまうので、基本的に初期段階の判断は看護師がおこなう必要があります。(=一人で人で判断・対応できるスキル・知識が必須)

病院以外で働く場合は、派遣看護師もオススメ

理由は、以下のとおり。

  • 勤務の融通が利くので、自分のペースで働くことができる
  • 雇い主が派遣会社なので、いろいろな職場を気軽に体験できる
  • 職場が変わっても雇い主が変わらないので、履歴書に傷がつかない
  • なにかあった場合、派遣会社が間に入ってくれる
  • 大抵の場合、時給がいい

よくある質問「派遣看護師の時給ってどれくらいなの?」

派遣看護師の時給は、以下のとおりです。

病院 1,800〜2,200円
検診センター 1,600〜1,800円
保育園 1,500〜2,000円
特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円
コールセンター 1,900〜2,000円
クリニック 1,500〜2,000円

参照:MC-ナースネット・2020年6月現在

このように、派遣看護師なら時給2,000円越の職場で働くことも可能です。

私が実際に利用したオススメの派遣会社

【経験談】看護師を辞めたいと思ったときにやるべきこと【ブログで解説】

やるべきことは、以下のとおり。

  • 生きる上での軸を明確にする
  • 他人の意見を気にしない

生きる上での軸を明確にする

なぜかというと、軸が決まっていないとブレブレの人生になってしまうからです。

実際、生きる上での軸が決まると、物事を決めるときの判断基準になります。

よくある質問「生きる上での軸ってどうやって明確にするの?」

自己分析をおこないましょう。

理由は、「人生において大事にしたい価値観=生きる上での軸」を導き出すことができるからです。

実際に私の場合は、「組織に属さず働く力を身につけるために行動する」が生きる上での軸になっています。

自己分析をおこなう方法

まずは、無料で利用することできる「キャリアプラン作成補助シート」を利用すれば問題なしです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「生きる上での軸」を明確にすることができます。

【無料】キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプランシートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」というホームページから無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

生きる上での軸が決まったら実際に行動に移す

実際に行動に移すときには、超絶近い未来設定をおこない、小さなステップを積み重ねていくのがいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 行動をリアルにイメージしやすい
  • 行動→結果→未来設定→行動ができる

実際に私の場合は、以下のような形で小さなステップを積み重ねてきました。

超絶近い未来設定 実際の行動 行動の結果
ステップ1 看護師としての可能性を探る 他の医療施設で働く 介護業界にも興味がでる
ステップ2 介護で起業できるか探る 介護現場で働く 介護現場で知り合った人と起業の話が進む
ステップ3 起業の経験を積む 起業する 自分が経営者にならないといけないとわかる
ステップ4 一人起業の手段を探る インターネットビジネスをはじめる 経営者になるための勉強も必要だと知る
ステップ5 経営者になるための勉強をする 中小企業に就職する バイト+インターネットビジネスで勉強中

当然ながら、どの未来設定を行うときにも「組織に属さず働く力を身につけるために行動する」という軸を最優先に意思決定を行ってきました。

他人の意見は気にしない

とくに批判や反対する人の意見は、気にしないのが一番です。

理由はシンプルで、実際に行動するのはあなた自身だからです。

体験談:私が看護師を辞めるときの話

実際に私も看護師を辞めるときに、同期や友達、上司、両親など多くの人から批判や反対をされました。

​結果として、そんな批判や反対の声を無視する形で看護師を辞めましたが、今になってみれば他人の意見を気にせず行動してよかったなと思います。

もしもあのとき、看護師を辞めることを踏みとどまっていたら、一生後悔していたと思います。

後悔のない選択をしよう

これを読んでいるあなたも、後悔のない選択をして欲しいと思います。

というわけで以上です。記事が参考になりましたら幸いです。