その他

【経験談】看護師を続けるのが辛い…【あなたの気持よくわかります】

辛い毎日を過ごしている看護師
辛い毎日を過ごしている看護師
看護師を続けるのが辛い…。

辛い状況をどうやって乗り越えればいい?

そもそも、辛い状況でも看護師を続けるべき?

できることなら、看護師を辞めて違うことをしたいけど、なにをどうすればいいかわからない…。

実際に、看護師経験があって、看護師以外の仕事をしている人の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私自身、看護師として働いていましたが、基本的に辛い思い出しかありません。

それでもなんとか10年は続けることはできましたが、最終的には看護師を辞めて違う仕事をしています。

結果、結構幸せな毎日を過ごすことができています。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、辛い毎日を乗り越える方法や、看護師を辞めたあとのことなどに関して解説します。

看護師を続けるのが辛い…【あなたの気持わかります】

あなたの辛い気持ち…痛いほどわかります。

なぜかというと、私自身も毎日辛い…と思って働いていたからです。

私が辛かった理由は、以下のとおり。

  • ドロドロの人間関係
  • 心と体が削りとられる夜勤
  • どんなにがんばっても給料が上がらない
  • 忙しくて帰れないのに人手不足が解消されない
  • etc…

辛い理由①「ドロドロの人間関係…」

人間関係辛かったです…。

一番の理由は、さまざまなハラスメントがはびこっていたから。

具体的には、以下のとおり。

  • パワハラ:職務上の優位性を背景に、精神的や身体的な苦痛を与えること
  • モラハラ:言葉や態度による精神的に継続的な嫌がらせ
  • ジェンハラ:男らしさ・女らしさという概念から強要する嫌がらせ
  • パーハラ:個人的な趣向や容姿・クセなどパーソナルな面について文句をつけたり、いじめたりする行為
  • エイハラ:年齢に関しての嫌がらせ
  • ラブハラ:恋愛に関する話題で相手に精神的苦痛や不快感を与えること。
  • ブラハラ:血液型が与える印象で、血液型の分類による決め付けや偏見やいじめ

参照:おしごとぷらざ「会社が知っておくべき!!ハラスメントのこと。」

一番辛いのは人格否定されること

どのハラスメントも辛いですが、最も辛かったのは人格否定されること。

私が言われた、人格否定の一例…。

  • 「あんたなんて生きている価値ない」
  • 「ほんとうに使えない人間だ」
  • 「いつもミスばっかりで、頭おかしいんじゃない」
  • 「ダメな人間だから、死んだほうがいいでしょ」
  • 「etc…」

今思い出しても、精神的ダメージがやばい…。

もちろん、仕事ができない自分も悪い部分もありますが、人格否定されるのは死ぬほど辛かった。

一時期は、自分ってこの世に必要なんじゃないかって、何度も何度も考えていました。

病棟の人間関係は特殊だった気づいた話

というのも、どの転職先でも病棟以上にドロドロな人間関係である職場がなかったから。

もちろん、どの転職先でも、自分にとって嫌な人はいますが、それでも病棟に比べればどこの職場もマシでした。

そう考えると、看護師を辞めてよかったなと、心から思います。

辛い理由②「心と体が削りとられる夜勤」

そもそもとして、夜勤自体が体に合わなかったので、かなり辛かったです。

しかも、年齢を重ねるごとに、削られ具合がどんどん増えていく…。

ある夜勤明けの日に、「あ、このまま看護師を続けていくのは、ムリだ…」と思いました。

その後、病院を辞め、複数回の転職を繰り返して、今は夜勤のない生活をすることができています。

夜勤がない生活は最高な件

なぜなら、規則的な生活になり、体の調子がすこぶる良くなったから。

実際、夜勤がない生活を手に入れてからは、心身共に削れることがなくなり、新しいことにチャレンジする活力がうまれるようになりました。

そのおかげもあって、今では副業で月3〜5万円の継続収入と、ときどき数十万円の収入を得ることができるようになりました。

【月5万】看護師の副業でオススメの在宅ワークは「ブログ運営」です看護師の副業でオススメの在宅ワークを知りたい。副業で在宅ワークをはじめたいが、どうやってはじめていいかわからない…。副業で在宅ワークをするメリット・デメリットを知りたい。副業で在宅ワークをすると、本当に収入を得ることはできるの?というか…副業で在宅ワークをするリスクはないの?こういった疑問に答えます。...

辛い理由③「どんなにがんばっても給料が上がらない」

どんなにスキル・知識を積み重ねても、給料が上がらないのは、かなり辛い状況でした。

というのも、私の場合は、給料がモチベーションを保つ大きな要因になっていたから。

現実問題、給料が上がらない事実を知ってからは、仕事へのモチベーションが下がり、辛い状況に耐えるメンタルも弱っていきました。

看護師の昇給率は微々たるもの

具体的には、以下のとおり。

年齢別の看護師の給与総月額(基本給+夜勤手当・時間外手当等)
20〜24歳 297,596円
25〜29歳 322,787円
30〜34歳 330,422円
35〜39歳 357,283円
40〜44歳 381,514円
45〜49歳 393,883円
50〜54歳 382,309円

参照:公益社団法人 日本看護協会 広報部(2012年病院勤務看護職の賃金に関する調査 年齢による賃金上昇の低さが明らかに 賃金制度の整備に課題

給料が一番低い20〜24歳と、給料が一番高くなら45〜49歳を比べると、約10万円程度しか給料がアップしていないのがわかります。

私の場合は、こういった状況から抜け出すために、看護師を辞めました。

【悲報】看護師の給料が安い理由【安い給料から抜け出す方法】
【悲報】看護師の給料が安い理由【安い給料から抜け出す方法を解説】看護師をしてますが、給料が安いです…。なぜ看護師の給料は、こんなにも安いんですか?その理由を知りたいです。というか…看護師として働き続けても、給料は安いままですか?転職すれば、安い給料から抜け出すことはできますか?これ以上、安い給料のまま働くのは嫌なので、実際に看護師をしている人から、安い給料から抜け出す方法を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

辛い理由④「忙しくて帰れないのに人手不足が解消されない」

毎日のように定時で帰れない…、しかも、忙しくて帰れないのがあたりまえになっている…。

これが、定年まで続くのかと思うと、看護師として働くのが辛くなりました。

実際、看護師として働いている10年間、人手不足が解消することは一度もなく、基本的に定時で帰れることはありませんでした。

状況改善は、主体的におこなうべし

なぜなら、他力本願では現状は変わらないからです。

そのためには、よりよい職場へ転職したり、組織に属さず働く力を身につけるなど、主体的に状況を改善していく必要があります。

辛い看護師生活を乗り越える方法

「逃げ腰+無感情」が、辛い看護師生活を乗り越える鍵になります。

理由は、辛い状態がこのさき何十年も続く、という絶望感から開放されるから。

実際に私も、「逃げ腰+無感情」を要所要所に取り入れることで、なんとか10年は看護師を続けることができました。

具体的な方法については、以下の記事で解説しているので、参考にしてもらえるとうれしいです。

【経験談】ツライ・怖い・看護師辞めたい…【乗り越える方法を解説】ツライし怖いし、看護師辞めたい…同じ気持ちの人はいるの?責任が重い、医療ケアが怖い…看護師辞めたい。先輩が怖い…動機がして涙が出てくる…もう看護師辞めたい。失敗が多くてミスばかりの毎日…そのうち患者さんの命に関わるようなミスをしそうで怖い…なにか起こす前に看護師辞めたい。どうして他の人は看護師を続けることができるの?辞めた人、辞めなかった人の話を聞きたい。こういった疑問に答えます。...

【重要】辛い気持ちを我慢のしすぎるのはダメ

具体的には、以下のような症状が、2週間以上続く場合はうつ病の可能性があるので、我慢せずに「辞めるor転職する」べきです。

【気分や行動面】
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。
【身体面】
  • 重く締めつけられるような頭痛。
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。
  • 食欲不振、胃の痛み。
  • 発汗、息苦しさなど。

引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

看護師という仕事が辛いなら辞めてもいい件【私は辞めました】

経験として、看護師という仕事が辛いと感じているなら、辞めて違う仕事をするのがいいと思います。

理由は、ほんとに看護師という仕事を続けていくべきかを、再検討するためです。

実際、私の場合は、複数回の転職を繰り返した結果、看護師ではなくWeb系の仕事をしたいということに気づくことができました。

看護師なら辞めても問題なし

なぜなら、看護師資格さえもっていれば、いざというときでも衣食住に困ることがないから。

具体的には、以下の記事で解説しています。

【看護師を辞めたいあなたへ】辞めても人生詰まない【ブログで解説】看護師を辞めたいけど、辞めた後のことが不安…。というか、本当に「看護師を辞めてもいいのか?」も知りたい。看護師を辞める前に、やるべきことを知りたい。看護師を辞めたいと考えているので、実際に看護師を辞めた人のブログから情報収集したいです。こういった疑問に答えます。...

転職するなら看護師転職サイトを利用するべし

なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。*すべての転職サイトに当てはまるわけではありません。

  • 転職に必要な情報が手に入る
  • 求人探しが楽になる
  • 時間を有効活用できる
  • ネットには乗っていない情報が手に入る
  • 転職についての相談ができる(家族や友達に話せないこと)
  • 言いにくいことが言える
  • 気軽に見学に行ける
  • 気兼ねなく複数の面接を受けることができる
  • 雇用条件の食い違いを防ぐことができる

なお「失敗しない転職サイトの使い方」については、以下の記事で詳しく解説しています。

看護師転職サイトの完全利用ガイド【失敗しないためのマニュアル書】看護師転職サイトの利用を考えている。とはいえ、 右も左もわからない状態なので、どんな感じで利用すればいいか知りたい。また、実際に転職サイトを利用した人の立場から、おすすめの看護師転職サイトを教えてほしい。こういった疑問に答えます。...