その他

仕事に行きたくない看護師1年目へ【最後は自分の気持を優先すべし】

仕事に行きたくない看護師
仕事に行きたくない看護師

看護師1年目ですが、仕事に行きたくないです…。

そう思う理由は、同僚、上司との人間関係や、責任の重さ、仕事量など…。

そのせいで、不眠、胃痛、嘔吐、無気力…、とにかく看護師として働くことがシンドイ…。

できれば、転職もしくは、仕事を辞めたいけど、自分の選択が本当に正しいのか不安なので、同じような経験をした人の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈

この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私も、看護師時代のときは、いつも仕事に行きたくないと思いながら働いていました。

とくにシンドかったのは、看護師1年目のとき…。

仕事を一度で覚えられえない→毎日のように失敗する→毎日、怒られる→人として価値がないと感じる…。

ほんとうにもう、負の連鎖でした。

それでも辞めずに10年目まで続けられたのは、仕事に対する考え方を変えることが大きいと思います。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、仕事に行きたくないと思ったときの対処法などについて解説します。

仕事に行きたくない気持ち痛いほどわかります【とくに1年目がしんどかった】

仕事に行きたくない気持ち、痛いほどわかります。

なぜなら、私もあなたと同じような経験をしたから。

  • 仕事のことを考えただけで動悸に襲われる…
  • 自分なりに精一杯やっても認めてもらえない…
  • 一度で仕事を覚えることができず、毎日のように怒られる…
  • いてもいなくても一緒…いっそうこの世から消えてしまいたい…
  • なにをやってもうまくいかない…、もうすべてを投げ出したい…
  • 楽しさもやりがいも感じない…、そもそも看護師に向いてない…
  • 夜勤で心身がボロボロ、睡眠バランスの崩壊、食生活も乱れる、休みの日は動く気力でない…
  • 先輩からは目の前で露骨に嫌味を言われ、患者からは怒鳴られ、常に憂鬱…
  • etc…

とくに、1年目のときは、毎日のように仕事に行きたくないと思っていました。

それと同時に、看護師になんてならなければよかった…と、いつも後悔しながら働いていました。

我慢のしすぎはNG【うつ病になった同期をみて思った話】

「我慢は美徳、1年目で辞めるなんて悪」という人がいますが、私はそうは思いません。

なぜなら、我慢のしすぎは、結果として不幸をもたらすことになってしまう危険が大だから。

実際、同期の一人が我慢のしすぎでうつ病になってしまい、その後もなかなか現場に復帰できない状態になってしまいました。

しかも、仕事だけでなくプライベートにも支障をきたしていて、とても苦しい思いをしていまいした。

そういった事態を防ぐためにも、我慢のしすぎはNGだと思います。

重要なのはうつ病になる前に辞めること

なぜなら、一度うつ病になってしまうと、仕事・私生活含めその後のライフスタイルにも、悪影響を及ぼしてしまう危険があるから。

そういった危険を防ぐためには、以下のつのことが重要です。

  • 我慢をしすぎない
  • 常に自分の心身の状況を確認し、早め早めの対処をする
  • 心身に異常があるなら、1年目であろうとすぐに辞める

うつ病の具体的な症状については、次で詳しく解説しています。

仕事に行きたくない…【看護師1年目でもすぐに辞めるべき場合】

以下のような症状が2週間以上続く場合は、看護師1年目だとしても「すぐに仕事を辞めるor転職して環境を変える」ほうがいいです。

理由は、うつ病の可能性があるから。

【気分や行動面】
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。
【身体面】
  • 重く締めつけられるような頭痛。
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。
  • 食欲不振、胃の痛み。
  • 発汗、息苦しさなど。

引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

客観的に自分の状態を知るためには、セルフチェックをするべし

セルフチェックできるものには、以下のようなものがあります。

うつ病の症状がない場合【できれば3年目まで続けたほうがいい】

理由は、以下の2つ。

  • 採用担当者に与える印象がよくなる
  • 転職先選びの幅が広がる
  • 人生の保険になる

このなかでも、とくに重要だと感じたのが「人生の保険になる」です。

というのも、人生の保険ができると、看護師以外の仕事にも挑戦しやすくなるから。

たとえば私の場合、今は「アルバイト+副業」という形で仕事をしています。

その結果、以下のようなメリットがありました。

  • 仕事のストレスは激減。(とくに人間関係のストレス)
  • 月3〜5万円の副収入と、不定期で10万円/回の副収入を得られるようになった

こういった働き方ができているのも、「看護師資格+看護師経験=人生の保険」があるからです。

【実証済】ブログは看護師にオススメの副業です【月3万を稼ぐ方法】看護師ですが、副業でブログを始めたいと考えています。ただ…知り合いにブログを行っている人がいないため、本当に稼げるかわからず、あと一歩が踏み出せずにいます。そもそも副業でブログを始めて、収入を得ることは可能ですか?可能なら、その理由やブログで収入を得るための方法を教えてほしいです。それとブログを始めてから後悔したくないので、実際に副業でブログを行っている看護師から「ブログを行うデメリット・メリット」や「副業を始めるときの注意点」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

仕事に行きたくないときの対処法【看護師1年目向け】

対処法は、以下のとおり。

  • 仕事以外の時間は、とにかく遊ぶ
  • 撤退ラインを決めておく
  • すべて自分のせいにしない

一つずつ解説します。

対処法①「仕事以外の時間はとにかく遊ぶ」

経験として、仕事に行きたくないと苦しんでいるときには、仕事以外の時間をすべて遊びの時間にするのがいいです。

理由はシンプルで、できる限り仕事のことを忘れて、ネガティブなの感情を吹き飛ばすためです。

よくある質問「看護師1年目は、休日も勉強が必須じゃないの?」

もちろん、心の余裕があるなら、勉強をしたほうがいいです。

とはいうものの、心がネガティブな感情でいっぱいなら、勉強よりも遊びのほうが重要だと思います。

なぜなら、1年目で大事なのは、勉強よりも、自分の気持をいたわってあげることがだからです。

そもそも、看護師1年目は…

疾患の知識・看護技術・記録や書類の業務などなど、覚えることが尋常じゃないくらい多いですよね。

それだけでも、頭がパンクしそうなのに、先輩からはいじめのような指導を受けたり、怒られたりしたら、心の余裕なんてうまれないと思います。

そんな状態で、休日も勉強や仕事のことを考えていたら、絶対的に心身によくないです。

なので、仕事に行きたくないと苦しんでいるなら、仕事以外の時間はとにかく遊ぶことに集中すべきです。

対処法②「撤退ラインを決めておく」

なぜかというと、撤退ラインを決めることで、「そこまではがんばって仕事に行こう」という気持ちになりやすいから。

具体的には、以下のように期間を決めるのが、一番明確でわかりやすいかなと。

  • あと3ヶ月はがんばろう
  • あと6ヶ月はがんばろう
  • 1年続けてもダメなら、パートに切り替えよう
  • etc…

このほかにも、「あと100回怒られるまでがんばろう」とか、「あと100回ミスをしたらやめよう」とかでもOKです。

重要なのは、自分なりの撤退ラインを決めて、そこまではがんばるということです。

対処法③「すべて自分のせいにしない」

なぜなら、自分自身を追い詰め、仕事に行きたくない気持ちを、よりいっそう強くしてしまうから。

もちろん、できなかったことを振り返り、できるようにしていくことが大切です。

ただ、できなかったことをすべて自分のせいにするのはNG。

たとえば、以下のように、少しくらい開き直る気持ちをもったほうがいいです。

  • 先輩がしっかり教えてくれなかったから
  • 先輩がちゃんとフォローしてくれなかったから
  • etc…

そもそも、1年目はできなのがあたりまえ。

それなのに、完璧を求めてすべてを自分のせいにしていたら、いずれ張り詰め続けた糸が切れてしまい、完全に仕事に行きたくなくなってしまいます。

そういった最悪の事態を防ぐためには、適度に肩の力を抜くことが重要です。

【朗報】看護師1年目で辞めても仕事はあるから大丈夫

なぜなら、基本的に看護師が不足している職場が多いから。

実際、看護師不足に関しては、、厚生労働省の看護職員需給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてでは、以下のような明記があります。

社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

上記のとおりで、今後も看護師は多くの職場で必要とされるため、看護師1年目で仕事を辞めても大丈夫です。

ただ、1年目未満で辞めたことに、強い抵抗感をもつ採用担当者もいるので、面接できついことを言われたり、内定をもらえないこともあります。

とはいえ、転職先にこだわらなければ、仕事はあるので心配する必要はないです。

よくある質問「仕事を辞めるのは甘えというか、悪いことですか?」

経験として、甘えは必ずしも悪ではありません。

なぜなら、心身ともに健康に過ごすためには、がんばるだけでなく「甘えること」も必要だから。

実際に私の場合は、嫌なことから逃げ出した結果、自分が本当にしたい生き方がみつかり、生きることが楽しくなりました。

仕事に行きたくないときは、別の仕事も検討すべし【看護師1年目以降向け】

とくに、仕事にやりがいを感じない、仕事が楽しくない、と感じているなら、積極的に別の仕事を検討するべきだと思います。

なぜかというと、やりがいを感じないと思っていることを続けると、数年後に後悔する確率が高いから。

実際に私の場合は、看護師5年目あたりから、看護という仕事にやりがいをみいだせなくなっていました。

今思えば、あのとき、あの瞬間に新しい挑戦をするべきだったのですが、その一歩を踏み出すことができませんでした。

そのせいで、私は数年後にひどい後悔をすることになってしまいました。

看護師にやりがいを感じないときの対処法【新しい挑戦をするべし!】看護師にやりがいを感じない…どうすればいいか知りたい。というか…看護師にやりがいを感じないなら違う仕事をしたほうがいい? 看護師にやりがいを感じなくて人生に絶望しているので、実際に看護師を辞めてやりがいのある仕事をみつけた人の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...