その他

夜勤なしでも年収・給料をキープしたい看護師がやるべきこと【副業】

夜勤なしで働きたい看護師
夜勤なしで働きたい看護師
看護師だけど、夜勤なしで働きたいです。

とはいえ、夜勤なしで働くとなると、収入面で不安がある。

看護師が夜勤なしで働くた場合、年収・給料がどれくらい変わるのかを知りたい。

そもそも、夜勤なし・正社員で働くことができる職場はあるの?

あるなら、どんな職場があるのか教えてほしい。

これから、夜勤なしで働きたいので、実際に夜勤なしで働いたことがある看護師の話が聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私の場合は、夜勤がはじまったときから、「あ、夜勤がある生活を、一生続けるのはムリだな…」と確信しました。

とはいえ、いざ求人を探してみると、仕事はあるけど「給料・年収が下がる」という厳しい現実を突きつけられました。

そんな状況のなかで試行錯誤して、たどり着いた答えが「自分で稼ぐ力を身につける」です。

幸いなことに現在では、ブログ運営で月3〜5万円の副収入を得ることができるようになりました。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、看護師が夜勤なしで働く場合の注意点や、夜勤なしでも年収・給料をキープする方法などを解説します。

看護師でも夜勤なしで働くことができる【基本、年収・給料が下がる】

結論として、看護師でも夜勤なしで働くことができる職場は、たくさんあります。

具体的には、以下のとおり。

病院(病棟・外来+パート勤務など) 訪問入浴 訪問看護
クリニック(外来のみ) デイサービス 保育園
介護施設(夜勤なし) 企業看護師 検診センター
治験コーディネーター 美容クリニック etc…

上記のとおりで、看護師でも夜勤なしで働くことができる職場は、結構あるんです。

ただし夜勤有りの看護師より、年収・給料が下がることが多い

理由はもちろん、夜勤手当がなくなるから。

ちなみに、夜勤手当の平均は、以下のとおりです。

1回あたりの金額 1ヶ月あたりの金額
三交代勤務(準夜勤) 約4,000円 約35,000円
三交代勤務(深夜勤) 約5,000円
二交代勤務 約10,000円 約44,000円

上記はあくまでも目安ですが、夜勤なしになると、約40,000円近くの収入がなくなることになります。

年間でいうと480,000円、かなり大きいですよね。

このように夜勤なしの職場で働こうと思うと、どうしても年収・給料が下がることが多くなってしまいます。

夜勤なし・夜勤ありの職場で、看護師の給料・年収を比べてみた

ここでは、さらにわかりやすいように、夜勤なしの職場と夜勤ありの職場の給料・年収を一覧にしてみました。

あくまでも、目安なので参考程度にしてください。

給料 年収
病院(夜勤あり) 約38〜41万 約460〜490万
産業看護師 約41〜50万 約500〜600万
美容クリニック 約30〜40万 約360〜480万
病院(夜勤なし) 約34〜35万 約410〜420万
介護施設(夜勤なし) 約30〜39万 約360〜470万
訪問看護 約29〜36万 約340〜435万
デイサービス 約28〜37万 約340〜450万
検診センター 約25〜40万 約300〜480万
訪問入浴 約25〜35万 約300〜420万
保育園 約25〜33万 約300〜400万
治験コーディネーター(未経験) 約25〜33万 約300〜400万
クリニック(外来のみ) 約23〜25万 約280〜300万

*2021年2月時点

上記はあくまでも目安ですが、一部例外を除いては病院(夜勤有り)に比べて、給料・年収が下がることがわかります。

しかも、年収が1年で10万円違うと、5年で50万、10年で100万、という違いがでてきます。

そう考えると、夜勤の有り・無しの違いは大きいですよね。

産業看護師について

ちなみに、産業看護師は、給料年収ともに病院の夜勤有りを超える場合があります。

しかし、求人自体が貴重なことと、就職先によって、給料・年収が大きくことなるという特徴があります。*平均年収300万の人もいれば、年収1,000万の人もいる

私が実際に、看護師として働いた夜勤なしの職場

私が夜勤なしで働いたことがあるのは、以下の職場です。

  • デイサービス
  • 介護施設
  • 訪問入浴

上記のとおりで、私の場合は、介護系の職場をチョイスしました。

もちろん、訪問看護や美容クリニック(オペ室経験があったので)、産業看護師、治験コーディネーターなども検討していたのですが、どれも介護系に比べると不安が大きく断念しました。

ちなみに、介護系の職場で働いて感じたのは、以下のようなことです。

  • 時給がそこそこ高い
  • 医療行為がほぼほぼない
  • ストレスが少ない
  • 心と体への負担が少ない
  • 病院で身につけた知識・スキルをそのまま活かすことができる
  • etc…

介護系の職場で働くなら、まずは派遣がいいかも

理由は、以下のとおり。

  • 直接雇用よりも、時給が高い
  • 直接雇用よりも、より柔軟な働き方ができる
  • なにかあったときに、派遣会社が間にはいってくれる

実際に私も派遣会社を利用したことがありますが、1ヶ月おきに勤務日数・時間の変更ができるのがとても助かりました。

また、雇用されているのはあくまでも派遣会社だったので、働く場所を気軽に変更できるのもよかったです。

ただ、派遣会社の良し悪しは、担当になってくれた人によって左右されるので、複数登録してそのなかから相性のいい派遣会社を選ぶのがいいと感じました。

私が実際に利用したオススメの派遣会社

看護師で夜勤なしだと、給料・年収は下がるけど…【心身が安定する】

理由は、以下のとおり。

  • 昼起きて夜眠る、という生活ができる
  • 生活リズムが安定する

理由①「昼起きて夜眠る、という生活ができる」

夜勤を辞めてから、「昼起きて、夜眠る」という生活スタイルが、私にとって一番理想的なスタイルであることを、あらためて実感しました。

先輩看護師からは、そのうち体が慣れてくると言われましたが、まったくそんなことはありませんでした。

むしろ、経験年数が上がれば上がるほど、心身への負担が大きくなり、負のスパイラルにはまっていました。

  1. 心身の負担が大きくなると、心身のバランスが不安定になる…
  2. 心身のバランスが不安定になると、心身の負担が大きくなる…
  3. 心身のバランスを取り戻そうと、散財してお金がなくなる…
  4. 心身の負担が大きくなると…

しかし、夜勤を辞めて、「昼起きて、夜眠る」という生活をはじめてからは、本当に嘘のように、負のスパイラルから抜け出すことができました。

理由②「生活リズムが安定する」

夜勤がなくなり、勤務が規則的になったことで、劇的に「生活リズムが安定」しました。

とくに、私にとって「規則的な生活+生活リズの安定」は、かなりプラスにだったようで、心身に余裕がうまれるようになりました。

そのおかげで、以下のことを生活の一部にとりいれることができるようになり、人生の充実度がかなりUPしました。

  • 定期的に運動するようになった
  • スキマ時間に読書するようになった
  • 副業をはじめるようになった
  • ゆっくりと音楽を聞くようになった
  • 物事をゆっくりと考える時間をつくるようになったた
  • 自分と向き合う時間をつくるようになった
  • etc…

上記のとおりで、夜勤なしの生活をはじめてからは、散財以外でストレス発散できるようになりました。

また、日々に忙殺されることがなくなり、新しいことをはじめる余裕ができるなど、心身ともに安定した生活ができるようになりました。

私の場合は、夜勤なしの生活を選んでよかった

理由は、人生の充実度が劇的にアップしたから。

もちろん、夜勤なしの生活を選んだことで、給料・年収はかなり下がりましたが、それを上回るほどのメリットがありました。

とはいえ、給料・年収が下がるのは、結構な痛手であるのは、間違いないです。

私自身も、夜勤なしで年収・給料をキープする方法がないか、いろいろ調べていました。

その結果、たどりついた答えが「副業」でした。

看護師が夜勤なしで年収・給料をキープする方法【副業をするべし】

経験として、夜勤なしで年収・給料をキープするなら、副業をはじめるのがいいと思います。

理由はシンプルで、夜勤分の収入を得ることが可能だからです。

実際に私も副業として、ブログ運営をおこなっていますが、月3〜5万円の副収入と、不定期ですが10万円/回の副収入を得ることができるようになりました。

ちなみに、1ヶ月あたりの夜勤手当は、三交代勤務で約35,000円、二交代勤務で44,000円なので、副業で十分補える金額ですよね。

よくある質問「副業ってどんなことをすればいいの?」

 

これから副業をはじめるなら、以下の要件を満たす副業をはじめるのがいいです。

  • 時給労働から解放される副業
  • 個の力で稼ぐ力が身につく副業
  • 資産になる副業
  • 在宅ワークができる副業
  • ネットを活用した副業

上記の条件を満たす副業→「ブログ運営」

そして副業でブログ運営を始めると、以下のようなメリットがあります。

  • 会社や組織に依存することなく、生きていくことができる
  • 嫌な人と仕事をしなくてすむようになる
  • 努力次第で収入を増やすことができる
  • 会社に束縛される時間が減り、自由な時間が増える
  • 好きなとき、好きな場所で仕事ができるようになる
  • ちょっとした空き時間で副業ができる
  • 誰のものでもない、自分だけの資産をつくりあげることができる
  • 勤務時間を自分で決めることができる
  • 収入の柱を増やすことができる
  • 看護師を副業にすることができる
  • etc…

実際に私は、副業でブログ運営をつづけてきた結果、月3〜5万円の継続収入と、単発ですが数十万/回の収入を得るスキルと知識を身につけることができました。

それにプラスして、月3〜5万円分の時間を、好きな場所で過ごすことができるようになり、人間関係のストレスをかなり減らすことができるようになりました。

ブログ運営については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてもらえるとうれしいです。

【実証済】ブログは看護師にオススメの副業です【月3万を稼ぐ方法】看護師ですが、副業でブログを始めたいと考えています。ただ…知り合いにブログを行っている人がいないため、本当に稼げるかわからず、あと一歩が踏み出せずにいます。そもそも副業でブログを始めて、収入を得ることは可能ですか?可能なら、その理由やブログで収入を得るための方法を教えてほしいです。それとブログを始めてから後悔したくないので、実際に副業でブログを行っている看護師から「ブログを行うデメリット・メリット」や「副業を始めるときの注意点」などのリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...