看護師転職サイト

看護師転職サイトが最悪だったというのは本当の話です【対処法アリ】

転職サイトの利用を躊躇している看護師
転職サイトの利用を躊躇している看護師
看護師転職サイトが「最悪だった」というのは本当の話なのか知りたい。

本当の話なら「なぜ最悪だったのか」という理由を知りたい。

できれば転職サイトを利用したいので、上手に使いこなす方法を知りたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

看護師転職サイトは最悪なのか?という疑問に関して、実体験にもとづいて解説します。

看護師転職サイトが最悪だったというのは本当の話です

結論からいうと、転職サイトが最悪だったというの実際にある話です。

具体的には、以下のようなエピソードがあります。

看護師Aさんの場合
看護師Aさんの場合
転職エージェントがすすめてくれたところなら大丈夫だろうと、とくに深く考えず就職しました。

しかし実際に働きはじめると、想像していた職場とは全然違いました。

正直、はじめから病院の内情をわかっていれば就職をしなかったレベル…。

転職エージェントというのは、こういったことを含めてサポートしてくれると思っていたのですが最悪な結果になってしまいました。

看護師Bさんの場合
看護師Bさんの場合
はじめの電話での印象はとてもよく、私の話や希望していることなどを親身になって聞いてくれました。

しかし実際に求人を紹介してくれる段階になると、一気に不信感が募りました。

それというのもこちらが伝えた希望とは、まったく違う求人をすすめてきたからです。

相談した時間はなんだったのか…、その後もこちらの希望とは違う求人ばかりを紹介してきたので担当を変更してもらいました。

看護師Cさんの場合
看護師Cさんの場合
日勤のみで働くことができる施設を希望していることを伝えた結果、すぐに求人が見つかり面接・内定までトントン拍子にすすんでいきました。

しかし数日後、転職エージェントの方から正社員で働くなら最低でも月に2回は夜勤をやらなければいけない、と言われてしまいました。

もちろん日勤のみの希望をしていたと伝えましたが、そんなことは聞いていないの一点張り…。

最悪な担当に捕まってしまいました。

看護師Dさんの場合
看護師Dさんの場合
とにかくレスポンスが悪い…。

最初のヒアリング終了後、すぐに連絡しますねと言ったのにもかかわらず連絡がきたのは1週間後。

待っている方は不安なので、せめてメールで新着情報を教えて欲しいなと思いました。

その後も、約束した時間とは違う時間に連絡がきたり、希望とは違う求人を紹介してきたりと最後までイマイチなサポートでした。

よくある質問「なぜこのようなことが起こるの?」

結論として、担当になった転職エージェントが原因のことがほとんどです

理由はシンプルで、転職エージェントの質にばらつきがあるからです。

実際にこれらのエピソードに共通しているのは、転職エージェントに関連した問題です。

  • オススメされた求人に就職したら最悪な環境だった
  • 紹介される求人が希望とかけ離れていた
  • 希望を伝えたが聞いてないことにされた
  • レスポンスが遅い・約束した時間に連絡がこないため不信感が募った

よくある質問「こういった場合の対処法はあるの?」

結論、対処法はあります。

ここからは、一つひとつの問題に対しての対処法を解説していきます。

オススメされた求人に就職したら最悪な環境だった

この問題に対処するためには、転職エージェントの情報を鵜呑みにしないことが重要です

なぜかというと転職エージェントのなかには、売り上げだけを目的に求人を紹介する人がいるからです。

実際に転職サイトというのは、主に病院からもらう紹介手数料で運営されています。

そのため転職エージェントの本音としては、紹介手数料が発生する求人者(病院等)に就職してほしいと思っています。

転職サイトを利用するときには、こういった背景を理解してうえですべてを転職エージェントに任せないことが重要です。

実際、転職エージェントからオススメの求人を紹介された場合は、以下のことを行います。

  • ネットなどで求人先の評判を調べる
  • 面接前に見学に行き、自分の六感で確かめる
  • 他の転職サイトで求人先の評判を確認する

あくまでも転職エージェントは、一つのサポートツールとして考えるようにするのがベストです

紹介される求人が希望とかけ離れていた

この問題に対処するためには、なぜ希望していない求人を紹介したのかを確認することが重要です

理由は、転職エージェントがどのような目的でサポートしているのかを知るためです。

実際に「なぜ?」と質問したときの転職エージェントの答えによって、転職エージェントの目的がある程度わかります。

紹介手数料が目的の場合は「オススメです」「人気の求人です」など、あなたの「なぜ?」に明確に答えてくれない場合が多いです。

逆にあなたの希望条件が多すぎる場合は「希望条件にあう求人が見つからなかったから、希望とは違う求人を紹介した」など原因をしっかりと教えてくれる場合が多いです。

あなたの質問に対して明確・具体的な回答をしてくれない場合は、紹介された求人を断ったほうがいいと思います

またそのような転職エージェントのサポートを受けるのは危険なので、転職エージェントの変更をお願いするのが正解です。

希望を伝えたが、聞いてないことにされた

この問題に対処するためには、転職エージェントとのやりとりを書面として残しておくことが重要です。

理由は明確で、書面として残しておけば自分の身を守ることができるからです。

実際に書面に残す場合は書面を転職エージェントに確認してもらいその都度、自筆のサインをもらうのがベストです。

たしかに「そこまでする必要ある?」という気持ちはわかります。

しかし転職エージェントのサイン付きの書面を残すという作業をすれば、転職エージェントも適当なことをいえなくなり結果として最悪な事態を防ぐことにつながります。

レスポンスが遅い・約束した時間に連絡がこないため不信感が募った

レスポンスが遅いという問題に対処するためには、返信までの具体的な日数を決めておくことが重要です

理由はシンプルで、「すぐに」「できるだけ早く」という日数基準は人によって大きく異なるからです。

具体的には「○月○日までに連絡をください」と具体的な日にちを指定するのがベストです。

ただ転職エージェントによっては、約束をすっぽかす人がいるようです。

そういった人が担当になった場合は、時間をムダにしないためにもすぐに担当を変更してもらうことが重要です。

【最悪という口コミは一部】転職サイトにはいい口コミがたくさんある

ここまで読んだ人のなかには「転職サイトを利用しないほうがいいのでは?」と思う人もいると思います。

そういった疑問に対しての答えは「No」です

なぜなら転職サイトには悪い口コミ以上に、いい口コミがたくさんあるからです。

看護師Eさんの場合
看護師Eさんの場合
担当になってくれたエージェントさんはとてもいい方で、私の意見を尊重しながら転職活動をサポートしてくれました。

一番心配であった面接も、担当さんが同行してくれたため落ち着いて受け答えすることができました。

担当さんのサポートのおかげで、第一希望に就職することができとても感謝しています。

看護師Fさんの場合
看護師Fさんの場合
疑問に思ったことや、わからないことなどに対して的確なアドバイスをくれました。

とくにありがたいと思ったのが、条件面についての交渉を私の代わりにしてくれたことです。

おかげで給料がアップしました。

看護師Gさんの場合
看護師Gさんの場合
希望する条件にあう求人を自力で探していましたが、なかなか見つからず転職サイトを利用しました。

その結果、すぐに希望にあう求人が見つかり面接、内定とトントン拍子にことがすすみました。

最初から転職サイトを利用していれば、ムダな時間を使わずに済んだのにと若干後悔しています。

【体験談】転職サイトは有益なツールだと感じた

私も転職サイトを利用しましたが、非常に有益なツールだと感じました。

なぜかというと、転職に必要なサポートをすべて無料で受けることができたからです。

私も転職サイトの悪い噂を知っていたので、最初は利用をためらっていました。

しかし食わず嫌いはよくないと思い、実際に利用してみるとこれまで利用しなかったことに後悔しました

迷っている時間はもったないです。

まずは利用してみて判断するのが、個人的にはいいと思います

【無料】実際に私が利用したオススメの転職サイト3選