看護師転職サイト

【解決策】看護師転職サイトを利用するときの断り方【状況別に解説】

転職サイトを利用するときの断り方を知りたい看護師
転職サイトを利用するときの断り方を知りたい看護師
看護師転職サイトを利用しているが以下のことで困っている。

電話がしつこい・希望していない求人を紹介された・面接をやめたい・内定を辞退したい…

このような事態に直面したときの上手な断り方を知りたい。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

看護師転職サイトを利用したときの断り方に関して、実体験にもとづいて解説しまます。

看護師転職サイトを有効活用するためには断り方より断る勇気が大事

まずは断り方より、断る勇気をもつことが大事です。

なぜなら断る勇気がないと、相手に押し切られてしまう危険があるからです

実際に転職アドバイスを受けていると、断ることができなかったために転職に失敗してしまったという方の話を聞くことがあります。

たとえばAさんの場合は、「希望していない求人の提案を断りきることができずに、そのまま就職することになってしまい数ヶ月後には退職することになってしまった」という経験をしていました。

よくある質問「断る勇気をもつためにはどうすればいいの?」

相手の利益を考えない、自分自身の利益だけを考える」これに尽きると思います。

理由は明確で、実際に転職して働くのはあなただからです。

実際、本当の意味であなたを守ることができるのはあなただけです

とくに転職サイトの場合は、99%ビジネス的な関係で成り立っているため、自分自身の利益を追求することはとくに重要です。

転職サイトの事実:99%ビジネス的な関係

実際に転職サイトは、あなたを求人者(病院等)に紹介することでお金(紹介手数料)を得ています。

紹介手数料の相場は30%程度と言われていて、あなたの年収が500万円の場合は150万円が紹介手数料という形で、転職サイトに支払われることになります

このように転職サイトというのは、あなたの転職をサポートするだけで十分な利益が発生しているんです。

体験談「断ってもあなたに不利益はないので安心してください」

実際に私も転職サイトを利用していたときに、断るということをしていましたが不利益をこうむることはありませんでした。

逆に断ることで新しい提案がでたり、嫌だなと思っていたことがなくなるなどいい方向に舵取りをすることができました

「本当の意味であなたを守ることができるのはあなただけ」です。

断る勇気をもつためにも「相手の利益を考えない、自分自身の利益だけを考える」ことを徹底することが大切です。

看護師転職サイトを利用するときの断り方【状況別に解説】

ここからは状況別の断り方について、解説していきます。

  • 面接の断り方
  • しつこくかかってくる電話の断り方
  • 希望していない求人を紹介されたときの断り方
  • 内定後の断り方
  • 退会するときの断り方

一つづつ解説します。

面接の断り方

以下の2つの状況について解説します。

  • セッティングしてくれた面接の断り方
  • 面接を受けた後の断り方

セッティングしてくれた面接の断り方

  1. 面接をセティングしてくれた感謝の気持ちを伝える
  2. 面接を断る理由を簡潔に伝える(嘘はつかずに本音で)
    *例:あらためて考えた結果、自分の希望している条件とは合わないと感じたので面接をキャンセルしてください
  3. どんなことを言われても断る

担当エージェントによっては「とりあえず面接だけでも受けてみましょう!」という方もいると思いますが、どんなことを言われても断る勇気をもつことが大事です

なぜなら面接に行ってしまうと、さらに断りにくい状況に陥ってしまう可能性が高いからです。

面接を受けた後の断り方

  1. 面接の機会をつくってくれたことに感謝の気持ちを伝える
  2. 面接先を断る理由を簡潔に伝える(嘘はつかずに本音で)
  3. どんなことを言われても断る

担当エージェントのなかには、面接先に強引に就職させようとする人がいるので注意が必要です。

仮に転職エージェントの説得に心が揺らいだとしても、その場で返事をするのはオススメしません

その場合は、考える時間が欲しいと答えを保留することが大切です。

担当エージェントがしつこいときの断り方

基本的に電話を控えて欲しい、こちらからお願いするとき以外は電話をしないで欲しい、というふうに伝えれば連絡してくることはなくなります

しかし一部の転職エージェントのなかには、こちらの希望を無視して連絡してくる人もいます。

その場合は以下の手順で、対策をするのがいいです。

  1. もう一度電話を控えて欲しいことを伝える
  2. それでも電話がかかってくる
  3. 公式HPのお問い合わせ先に直接連絡して担当を変更してもらう

これを読んでいる人のなかには、転職サイトを変更すればいいのではという思う方もいると思いますが、経験的にあまり意味がないと思います

なぜなら転職サイトを変更したとしても、同じような転職エージェントが存在するからです。

また転職サイトを変更した場合は、また一から説明する手間も発生するので大変です。

希望していない求人を紹介されたときの断り方

いきなり断らずに、なぜ希望していない求人が紹介されたのかを確認することからはじめます。

その際の回答で、対処法が異なります。

  • あなたの希望条件が多すぎるため
  • 転職サイトの売り上げのため

あなたの希望条件が多すぎるため

希望条件が多すぎるというのが理由の場合は、希望条件の絞り込みを行います。

具体的には下記の条件からここだけは譲れないというものを3つ選び、その3つに優先順位をつけます

給料・賞与 年間休日・休暇 有給取得率
夜勤・休日出勤 勤務時間・形態 残業時間
通勤時間 診療科目 病床数・看護師数
教育研修の充実度 産休・育休制度 福利厚生・待遇
寮・住宅補助 託児所完備 キャリアアップ支援
退職金 経営理念 etc…

3つというと少ないと感じるかもしれませんが、考え抜いた選択をしないと「ああすればよかった…」「こうすればよかった…」、という後悔をすることになってしまいます。

転職サイトの売り上げのため

明確な理由を答えてくれない場合や、根拠もなく求人をオススメしてくる場合は注意が必要です。

なぜかというと売り上げのために、希望していない求人を紹介している可能性があるからです

この場合は迷うことなく、求人を断ることが重要です。

転職エージェントのなかには、見学だけでもと強引にすすめてくる人がいますがしっかりと断る勇気をもつようにします。

なぜなら見学に行ってしまうと、そのまま面接に突入してしまうなど断れない状況になってしまう危険があるからです

内定後の断り方

内定を断る場合は、転職エージェントに内定辞退の旨とその理由を伝えれば大丈夫です。(多くの転職サイトでは、内定辞退の連絡をあなたの代わりに行ってくれます。)

転職エージェントとしても、内定辞退というのは珍しいことではないため嫌な顔をされることはほとんどないので大丈夫です。

ただほとんどの場合、内定を辞退した理由を聞かれるのでしっかりと理由を答えれるよう準備しておくことが大切です。

退会するときの断り方(転職サイトが嫌で退会したい場合)

「就職が決まったので退会します」といというのがベストな断り方

理由はシンプルで、これが一番角が立たない断り方だからです。

ただこのあたりは人それぞれの考え方があるので、自分がベストだと思う断り方をするのがいいと思います。

看護転職サイトを実際に利用してわかったこと【断り方より断る勇気】

断るときに大事なのは、「断り方より断る勇気」だと思います。

なぜなら断る勇気が不十分だと、相手の説得に押し切られてしまう危険があるからです。

「本当の意味であなたを守ることができるのはあなただけ」です。

転職サイトを利用するときは、「相手の利益を考えない、自分自身の利益だけを考える」ことを徹底して断る勇気をもつことが最適解です。

【人気記事】看護師にオススメの転職サイト3選