看護師

【例文有り】看護師転職の志望動機の書き方【クリニック別にご紹介】

クリニック別の志望動機を知りたい看護師
クリニック別の志望動機を知りたい看護師
看護師転職の志望動機の例文を知りたい。

これからクリニックへの転職を考えているので、クリニック別の志望動機の例文を知りたい。

志望動機をどうやって書けばいいかわからない…

自分の志望動機が間違ってないか確認したい…

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

クリニック別の志望動機に関して、実体験にもとづいて解説します。

看護師転職の志望動機【クリニックを意識した書き方】

結論として、志望動機にこれという正解はありません

とくにクリニックの場合は、院長や採用担当者の好みに左右されることも多々あります。

志望動機に必須の要素

ただ最低でも、下記の2つの要素は志望動機は必須です。

  • 入社したい理由
  • どのような貢献ができるか

なぜなら多くの採用担当者は、「なぜ自分の職場を希望したのか」「採用したらどのような貢献をしてくれるのか」を知りたいと思っているからです

実際にあなたもお金を払って人を雇うと想像してみると、なんとなくわかると思います。

入社したい理由が曖昧、どのように貢献できるかがわからない人材を、月数万〜数十万かけて雇いたいと思うでしょうか?

私の場合は、率先して雇いたいとは思わないかなと。

志望動機を書く前に行うこと

まずは以下のことを行いましょう。

  • 自分を知るための自己分析
  • 自己分析にもとづいた応募先の選定

自分を知るための自己分析

なにはともあれ、自己分析からはじめましょう。

理由はシンプルで、最適な応募先を見つけるためには、自分を知る必要があるからです

具体的には、以下のことを明確にすることが大事です。

  • 個性や性格
  • 大事にしている価値観
  • 強み・弱み
  • 知識・能力・スキル等
  • 将来取り組みたい働き方

この作業が一番重要なので、時間をかけてじっくりと行いましょう。

自己分析にオススメのキャリアプランシート

キャリアプランシートとは、自分が大事にしたい価値観や強み・弱み、これまでに得られた知識・能力・スキル等を整理することができる無料のツールです

キャリアプランシートを利用することにより、自己理解だけでなく目標設定がスムーズに行うことができます。

キャリアプランシートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」というホームページから無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプランシート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

自己分析にもとづいた応募先の選定

自己分析でどのような職場で働きたいか明確になったら、応募先の選定を行なっていきます。

具体的には、以下を活用して応募先がどのような看護師を求めているかの情報収集を行います

  • 公式HP
  • 転職サイト

公式HP

公式HPをみるときは、以下のポイントを確認します。

院長の挨拶・理念 掲げている目標やどのような想いでクリニックを運営しているのかがわかります。
採用情報 どのような人材を求めているかがわかります。
ブログ 院長やスタッフがどのように考えてクリニックを運営しているかがわかります。

とくにクリニックの雰囲気は、院長によって決まるといっても過言ではありません。

そのため院長が掲げている目標や、どのような想いでクリニックを運営しているかは重要な情報になります

クリニックに転職する場合は、院長の掲げている目標や想いがあなたの大事にしている価値観と一致することが重要になります。

とはいえすべてのクリニックに、上記の情報があるわけではありません。

その場合に活用したいのが、転職サイトです

転職サイト

転職サイトを利用するときは、大手の転職サイトを利用するのがいいと思います

一番の理由は、情報量の多さです。

実際に大手の転職サイトでクリニックの求人を調べてみました。

マイナビ看護師 約8,700件
看護のお仕事 約18,000件
ナースパワー 約7,800件

転職サイトでは、クリニックの内部事情に詳しい専任の転職エージェントが転職のサポートをしてくれるため、あなた一人では調べきれないクリニックの情報を手に入れることができます。

また転職エージェントは、求人先に合わせた志望動機を一緒に考えてくれるため、どこにだしても恥ずかしくない履歴書の作成をすることができます

看護師の転職におすすめの転職エージェント3選【失敗しない転職】看護師の転職でオススメの転職エージェントを知りたい。というか…本当に転職エージェントを利用したほうがいいの?転職に失敗したくないので、転職エージェントのメリット・デメリットや、実際に転職エージェントを利用した人の体験談を知りたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師転職の志望動機の例文【クリニック別に紹介】

自分を知るための自己分析と自己分析にもとづいた応募先の選定ができたら、いよいよ志望動機を考えていきます。

志望動機を書くときに、最低でも以下の2つの要素をいれることが重要です。

  • 入社したい理由
  • どのような貢献ができるか
入社したい理由を書く

クリニックの掲げている目標や理念、治療方針、想いなどが、あなたの大事にしている価値観と一致することを主張(共感)する

例:貴院に入社したい理由は、(掲げている目標・理念・治療方針・想いなど)があるからです。
私自身が転職を決意したのも、(大事にしている価値観)と思ったからなので、貴院の(掲げている目標・理念・治療方針・想いなど)に強く共感しました。

どのような貢献ができるかを書く

あなたの強み、これまでの経験で培った知識・スキル、将来取り組みたい働き方のために行なっていることで、どのように貢献できるかを書く

例:(これまでの経験)で培った知識・スキルがあります。
また(将来取り組みたい働き方)のために、常に自己研鑽を行なっています。
これらの強みをいかすことで、貴院に貢献することができます。

ここからは実際に、上記の2つの要素をいれた例文を、クリニック別にご紹介します。

ただ一つ注意点として、志望動機にこれという正解はないのであしからず

重要なのは、上部でなく本心から志望動機を考えることです。

当然ならが、ウソをつくのはNGです。

内科クリニック

入社したい理由:

貴院に入社したい理由は、生活を支える医療という貴院の目標と、私の目指す看護師像が一致したからです。
私自身が転職を決意したのも、地域の方々の生活を支えることができる看護師を目指したい、という想いがあったからなので貴院の目標には強く共感しました。

どのような貢献ができるか:

これまで循環器・糖尿病・内分泌内科での勤務経験があるため、これまで培った知識・スキルをいかすことで貴院に貢献することができます。
*具体的な知識・スキルを記載することであなたの強みを主張する

神経科クリニック

入社したい理由:

貴院に入社したい理由は、患者さまへの説明と納得の徹底するという目標と、私の目指す看護師像が一致したからです。
私自身が転職を決意したのも、患者さまに寄り添い安心感と信頼感を得られる看護師になりたい、という想いがあったからなので貴院の目標には強く共感しました。

どのような貢献ができるか:

神経内科での勤務経験はありませんが、目的・目標のために常に学習を怠らない、患者さまの立場にたった看護ができるという2つの強みをいかすことで、貴院に貢献することができます。

整形外科・リハビリテーション科クリニック

入社したい理由:

貴院に入社したい理由は、整形外科疾患の治療だけでなく、通所サービスを通して地域の方々の健康をサポートできるからです。
私自身が転職を決意したのも、治療だけでなく治療後の生活を支えるお手伝いをしたい、という想いがあったからなので貴院の方針には強く共感しました。

どのような貢献ができるか:

これまで整形外科での勤務経験があるため、整形外科全般の知識・スキルがあります。
それに加えて、私自身も大きなケガをした経験があるため、より患者さんに近い視点で看護することができます。
貴院に入社した暁には、この2つの強みを生かして貢献することができます。

小児科クリニック

入社したい理由:

貴院に入社したい理由は、子どもの個性を大切に見守る診療と、家庭でのケアと観察がもっとも大切だと考えているところです。
私自身が転職を決意したのも、子どもとの時間を大切にしながら仕事を行なっていきたい、と想いがあったからなので貴院の診療への想いには強く共感しました。

どのような貢献ができるか:

看護師として培った知識・スキルに加えて、現在進行形で子育てをしているという経験をいかすことで貴院に貢献することができます。
*具体的にどのような経験をいかすことができるのかを主張する

美容外科クリニック

入社したい理由:

貴院に入社したい理由は、すべてを医療従事者としての資格がある医師、看護師だけで対応しているからです。
私自身、美容外科に転職するときには、カウンセリングの段階から患者様と関わりたいと考えていたので、貴院のポリシーに強く共感することができました。

どのような貢献ができるか:

前職では手術室勤務をしていたため、清潔操作や手術器具の使い方の基本的な知識・スキルがあります。
また美容に強い興味があり、日々新しい知見を得る努力をしています。
それに加え、書籍や研修会に参加するなどして、接遇に関してのスキルを高めています。
これらの強みを生かして、貴院に貢献することができます。

眼科クリニック

入社したい理由:

貴院に入社したい理由は、目の見づらい人たちに対するホスピタリティを向上させるために、さまざまな工夫を行なっているからです。
私自身が転職を決意したのも、患者さんの視点にたった、患者さんに寄り添った看護を実践するためだったので、貴院の取り組みには強く共感しました。

どのような貢献ができるか:

眼科での勤務経験はありませんが、病棟勤務で身につけた知識・スキル・コミュニケーション能力があります。
また患者さんに寄り添った看護を実践するために、書籍や研修会などに参加して接遇の勉強を行なっています。
これらの強みをいかすことで、貴院に貢献することができます。

婦人科・産婦人科クリニック

入社したい理由:

貴院に入社したい理由は、産婦人科という枠にとらわれず、女性一生の健康を見守るための科として運営しているからです。
私自身が転職を決意したのも、女性の生涯を見守ることができる看護師を目指したいと思ったからなので、貴院の理念には強く共感しました。

どのような貢献ができるか:

これまで産婦人科での病棟経験があるため、産婦人科全般の知識・スキルがあります。
それに加えて、疾患や治療に対してわかりやすい説明・ケアができるように、常に自己研鑽を行なっています。
これまで培った知識・スキルだけでなく、常に自己研鑽を怠らないことで貴院に貢献することができます。

脳神経外科クリニック

入社したい理由:

貴院に入社したい理由は、脳の病気のなかでも、とくに子どもたちの偏頭痛の治療に力をいれているからです。
私自身、子どものことからひどい偏頭痛に悩まされてきたので、貴院の取り組みには強く共感しました。

どのような貢献ができるか:

脳神経外科での勤務経験はありませんが、病棟勤務で培った知識・スキルがあります。
また不足している知識・スキルについては、書籍や研修会などに参加するなどして自己研鑽を行なっています。
現状に満足せず常に自己研鑽を行うこと、私自身の経験から患者さんの視点にたった看護ができる、この2つの強みをいかすことで貴院に貢献することができます。

看護師転職の志望動機のまとめ

志望動機で大事なのは、以下の2点。

  • 入社したい理由を書く
  • どのような貢献ができるかを書く
入社したい理由を書く

クリニックの掲げている目標や理念、治療方針、想いなどが、あなたの大事にしている価値観と一致することを主張(共感)する

例:貴院に入社したい理由は、(掲げている目標・理念・治療方針・想いなど)があるからです。
私自身が転職を決意したのも、(大事にしている価値観)と思ったからなので、貴院の(掲げている目標・理念・治療方針・想いなど)に強く共感しました。

どのような貢献ができるかを書く

あなたの強み、これまでの経験で培った知識・スキル、将来取り組みたい働き方のために行なっていることで、どのように貢献できるかを書く

例:(これまでの経験)で培った知識・スキルがあります。
また(将来取り組みたい働き方)のために、常に自己研鑽を行なっています。
これらの強みをいかすことで、貴院に貢献することができます。

志望動機に正解はない

なんどもいいますが、志望動機に正解はありません。

とはいえ完璧な正解を求めていたら、いつまでたっても完成させることはできません。

重要なのは、実際に書いてみること。

自分が書いたものに自信がもてないときは、その道のプロである転職エージェントに確認してもらうといいでしょう

看護師の転職におすすめの転職エージェント3選【失敗しない転職】看護師の転職でオススメの転職エージェントを知りたい。というか…本当に転職エージェントを利用したほうがいいの?転職に失敗したくないので、転職エージェントのメリット・デメリットや、実際に転職エージェントを利用した人の体験談を知りたいです。こういった疑問に答えます。...