看護師

男性看護師が転職するときの4つ注意点【年収UPなら副業するべし】

男性看護師が転職するときの注意点を知りたい。

もしくは、本当に「転職していいのか?」も知りたい。

これから転職を考えているので、実際に男性看護師として転職を経験した人の話を聞きたい。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

男性看護師の転職に関して、実体験にもとづいて解説します。

男性看護師が転職するときの4つ注意点

男性看護師が転職するときには、いくつか注意するべきことがあります。

それが以下の4つです。

  • 経験年数が少ない=転職先が少なくなる
  • 男性看護師は、女性看護師に比べて転職先の選択肢が狭まる
  • 一般職への転職は難しいことが多い
  • どこの職場でもそこまで年収は変わらない

一つづつ解説します。

経験年数が少ない=転職先が少なくなる

結論として経験年数が少ないと、転職できる職場の選択肢がギュっと少なくなってしまいます。

なぜなら「転職=中途採用」だからです

実際に新卒採用と中途採用では、求められている人材が異なります。

  • 新卒採用:仕事に対するモチベーションの高い人材・将来に向けて投資できる人材など
  • 中途採用:即戦力となる人材・実務能力が高い人材・会社への貢献度が高い人材など

このように転職では「即戦力・実務能力・貢献度」など、今すぐに戦力になる人材が求められています

そのため、看護師としての経験年数が少ない状態で転職しようとすると、転職先の選択肢がギュと少なくなってしまうんです。

実際に求人を探してもらうとわかるのですが、とくに病院以外の転職先では、最低条件が臨床経験〇年以上という求人はよくあります。

男性看護師へのアドバイス1「看護師経験は最低でも3年はほしい」

転職先の選択肢を広げたいなら、最低でも3年の臨床経験がほしいところです。

理由は以下のとおり。

  • 臨床経験が3年あれば、ある程度の知識・スキルが身についているから

実際に看護師3年目になると、基本的な知識・スキルが身についた状態と認識されるため、リーダー業務や後輩指導などの新しい業務がはじまりますよね。

そういった意味でも看護師3年目は、「基本的な知識・スキルが習得できた=すぐに戦力になる=転職しても大丈夫な時期」ということができます

男性看護師へのアドバイス2「経験年数3年未満で転職するときは、病院がいい件」

「今の職場をどうしてもやめたい…、でも看護師経験が3年未満…。」

その場合は病院以外ではなく、教育体制が整った別の病院に転職するのがいいと思います

なぜなら看護師としての土台をしっかりと築いていくことは、その後の転職に有利になるからです。

実際に私も病院で10年近く看護師経験を積んだこともあり、転職における選択肢が非常に多くなりました。

それと同時に、看護師として働くことができるという自信をもつことができたおかげで、副業にもチャレンジすることができています。

男性看護師は、女性看護師に比べて転職先の選択肢が狭まる

残念ながら、男性看護師は女性看護師に比べて転職先の選択肢が狭まります。

なぜかというと、看護師の絶対数が少ないクリニックや訪問看護、保育園、介護施設などの病院以外の職場では、男性看護師より女性看護師を求めている傾向があるからです。

男性看護師より、女性看護師が求められている理由

一番の原因は、以下のとおり。

  • 女性看護師 対 女性:○
  • 女性看護師 対 男性:○
  • 男性看護師 対 男性:○
  • 男性看護師 対 女性:×よりの△

男性看護師にあえて説明する必要はないと思いますが、これが現実ですよね。

病院の場合は、看護師の絶対数が多いためそこまで困ることはありません。

しかしクリニックや訪問入浴、介護施設など看護師の絶対数が少ない職場の場合は、はじめから女性看護師を雇ったほうが業務がスムーズに進行することができます。

このようなことから男性看護師は、女性看護師に比べて転職先の選択肢が狭まってしまう傾向にあります。

一般職への転職は難しいことが多い

看護師経験が長ければ長いほど、一般職への転職は難しくなると思います。

なぜかというと、一般企業に求められている知識・スキルが皆無に等しいからです。

私の場合は、いろいろな偶然が重なって一般職に転職しましたが、これまで看護師として積み上げてきたものがまったく役に立たないという現実を知り、とてつもない無力感をおぼえました。

その反面、看護師という世界から飛び出すことができたことで、自分がとても狭い世界で生きてきたんだということに気づくことができ、広い視野で世界を見ることができるようになりました

https://life-climber.com/nurse-jobsearch-generalstaff/

看護師経験が浅いなら、看護師経験を積むほうがいいと思う

ただ個人的には、せっかく看護師資格を取得したなら、独り立ちできるくらいの知識・スキルをつけるほうがいいと思います。

なぜなら「看護師資格+経験」は、人生の保険になり、新しいことにチャレンジしやすくなるからです。

実際に私は、組織に属さず一人で稼ぐ力を身につけるために、アルバイト+副業(ブログ運営)という働き方をしています。

こんなチャレンジャーな働き方ができているのは、看護師としていつでも「正社員に戻ることができる」という安心感があるからです

どこの職場でもそこまで年収は変わらない(むしろ下がる…)

結論として、転職してもそこまで大きく年収は変わりません。

というか病院以外で働くと、どちらかというと年収は下がります

具体的には、以下のとおり。

救命救急病棟 約540万円
企業看護師 約500万円
大学病院 約490万円
総合病院 約470万円
クリニック 約400万円
介護施設 約400万円
検診センター・献血センター 約350万円
治験コーディネーター 約350万円

年収を上げたいなら、病院で働き続けたほうがいい件

このように、病院以外に転職するとほとんど場合、年収は下がってしまうことになります。

そのため年収をあげたいなら、転職先を病院にして、病院で働き続けたほうがいいと思います。

理由はシンプルで、管理職になれば年収がアップするからです。

具体的には、以下のとおり。

看護部長 約900万円
副看護部長 約800万円
看護師長 約700万円
副看護師長 約600万円

このように看護部長までのぼりつめれば、年収900万円台を狙えるんです。

とはいえ私含め、管理職になりたい人ばかりではないと思います。

そういった人は、「看護師+副業」がベストだと思います

男性看護師として、年収を上げたいなら副業がいい件

結論として、年収を上げたいなら「看護師+副業」という方法も検討するべきです。

理由はシンプルで、看護師だけでは年収に限界があるからです。

先ほども説明したように、転職をして職場を変えたとしても、年収は500万円程度が頭打ちになってしまいます

たしかに、看護部長になれば年収900万円台を狙えます。

しかし、その頃には50代になってしまっていますし、必ず看護部長になれるとは限りません。

それなら「看護師+副業」というライフスタイルに切り替えて、収入アップを狙ったほうがいいと思いませんか?

副業するならブログ運営が最適解

看護師が副業するなら、「ブログ運営」が最適解だと思います。

理由は、以下のとおり。

  • あなただけの資産ができる
  • 初期投資が少ない
  • どこでも仕事ができる
  • お金を稼ぐ意識がつく

これらについては、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてもらえるとうれしいです。

【月5万】看護師の副業でオススメの在宅ワークは「ブログ運営」です看護師の副業でオススメの在宅ワークを知りたい。副業で在宅ワークをはじめたいが、どうやってはじめていいかわからない…。副業で在宅ワークをするメリット・デメリットを知りたい。副業で在宅ワークをすると、本当に収入を得ることはできるの?というか…副業で在宅ワークをするリスクはないの?こういった疑問に答えます。...

ブログ運営で年収アップしよう

実際にブログ運営で稼ぐ力を身につけることができたら、看護部長クラスの年収を稼ぐことも可能です

とはいえ実際に行動に移さなければ、何もはじまりません。

よりよい未来を掴むためにも、今すぐ行動しましょう。

ブログ運営のはじめかたについては、以下の記事を参考にしてもらえるとうれしいです。

【画像付でわかりやすい】WordPressを使ったブログの始め方WordPressを使ったブログの始め方を知りたい。これからWordPressをつかってブログ運営を始めたいので、なるべくわかりやすいように始め方を教えてほしいです。こういった疑問に答えます。...