看護師

【実証済】看護師転職サイトは使わない方がいい?【使った方がいい】

転職サイトを本当に使わない方がいいのか知りたい看護師
転職サイトを本当に使わない方がいいのか知りたい看護師
看護師転職サイトは、本当に使わない方がいいの?

というか…なんで看護師転職サイトを使わない方がいい、という声があるの?理由を知りたいです。

看護師転職サイトを使わない場合のメリット・デメリットを知りたいです。

ちなみに、看護師転職サイトを使わない場合は、どんな流れで転職活動をすすめていけばいいの?

看護師転職サイトを使うか、使わないかで悩んでいるので、実際に転職サイトを使った場合と使わなかった場合の両方を経験したことがある看護師のリアルな話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。
現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私自身、看護師転職サイトを「使わないパターン」と「使うパターン」の、両方を経験しました。

その結果、「看護師転職サイトは使わないより、使った方がいい」という結論にいきつきました。

とはいえ、、看護師転職サイトにも、「デメリット」があり、使い方を間違えると転職後に後悔してしまう可能性が十分にあるので注意が必要です。

今回は、そんな私の実体験にもとづいて、看護師転職サイトを使わない方がいいという声がある理由や、使わない方法を選択する場合のメリット・デメリットなどを解説します。

【実証済】看護師転職サイトは使わない方がいい?【使った方がいい】

結論として、転職を考えているなら、看護師転職サイトは「使った方がいい」です。

理由は、以下のとおり。

  • 看護師転職サイトは、転職活動において「有益なツール」になる
  • 転職活動において必要なサービスを、すべて「無料」で利用できる
  • 有益なツールを使わないのは「損」でしかない

実際に私の場合、看護師転職サイトを「使わないパターン」と「使うパターン」の両方を経験しましたが、看護師転職サイトを使わない方が「損をするな〜」と思いました。

看護師転職サイトを使わない方が「損」をする理由

理由は、以下のとおりです。

  • 転職の相談をすることができない
  • 求人情報を網羅的に集められない
  • 見学日・面接日の調整を自分でやらないといけない
  • 履歴書・職務経歴書の添削をおこなってもらえない
  • 面接対策をおこなってもらえない
  • 条件・待遇面の交渉を自分でやらないといけない
  • 雇用契約書を確認してもらうことができない

一つずつ解説します。

損する理由①「転職の相談をすることができない」

とくに、はじめて転職する場合は、なおのこと看護師転職サイトに登録して、「転職の相談ができる人」を確保したほうがいいです。

なぜなら、あなたのなかの「モヤモヤや疑問に対するアドバイス」をもらうことができるから。

  • 「どんな職場に転職したいのか?」
  • 「自分に最適な転職先はどこなのか?」
  • 「今の自分にとってどんな働き方が最適なのか?」
  • 「本当に転職するべきなのか?」
  • 「etc…」

実際に私が利用した看護師転職サイトには、「担当エージェント制度」があり転職活動が終わるまで、同じ担当の方が転職の相談にのってくれました。

そのおかげもあって、モヤモヤしていた頭のなかが少しずつ整理され、転職に対する方向性を決めることができるようになりました。

やっぱり、いつでも相談でき、疑問をぶつける相手がいるというのは、かなり心強いと思います。

損する理由②「求人情報を網羅的に集められない」

短期間で効率的に情報収集をするためには、看護師転職サイトを使った方がいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 個人でおこなう情報収集には「限界」がある
  • 看護師転職サイトには、これまで培ってきた「圧倒的な情報量」がある

実際に私は、看護師転職サイトを「使わないパターン」と「使うパターン」の両方を経験しましたが、情報収集率の差は歴然でした。

看護師転職サイト 情報収集率
使わないパターン 30%
使うパターン 70%

上記に加えて、看護師転職サイトには、ネットにはのっていない「各職場のリアルな内部情報」があるのも、大きな強みだと思いました。

損する理由③「見学日・面接日の調整を自分でやらないといけない」

とくに、「電話するのが苦手な人」や「忙しすぎて時間がない人」などは、看護師転職サイトを使った方がいいです。

というのも、看護師転職サイトに登録すると、担当の転職エージェントが見学日・面接日の調整をすべておこなってくれるから。

実際に私も、電話するのが大の苦手なので、転職エージェントにかなり助けられました。

しかも、見学日・面接日の調整という「手間がかかる作業」を代行しておこなってくれたおかげで、空いた時間を違うことに使うことができました。

ちなみに、失敗しない転職をするためには、見学がマストになります。

看護師転職では、面接前に見学するのがマスト【メリットがたくさん】看護師転職では、面接前に見学したほうがいいの?見学をするメリットってあるの?見学はどうやって申し込むのがいいの?こういった疑問に答えます。...

損する理由④「履歴書・職務経歴書の添削をおこなってもらえない」

とくに、はじめて転職する場合は、なおのこと看護師転職サイトに登録して、「履歴書・職務経歴書の添削」をしてもらったほういいです。

なぜなら、自分では気づかない不備が結構あるから。

実際に私も、担当の転職エージェントに履歴書・職務経歴書の添削をしてもらいましたが、結構な箇所に修正がはいりました。

添削されずにそのまま提出していたら、「かなり恥ずかしい思い」をするところだったので、看護師転職サイトを使ってよかったです。

損する理由⑤「面接対策をおこなってもらえない」

面接に対して少しでも不安があるなら、看護師転職サイトを使った方がいいです。

なぜなら「面接の出来」は、失敗しない転職をするための大きなカギとなるから。

実際、看護師転職サイトを利用すると、担当エージェントの人が転職先に最適な面接対策をおこなってくれます。

しかも、看護師転職サイトの場合は、何千・何万・何十万もの転職サポートをおこなってきたノウハウがあるため、的確な対策方法を教えてもらうことができます。

そう考えると、使わないと損ですよね。

損する理由⑥「条件・待遇面の交渉を自分でやらないといけない」

少しでも条件がいい職場に転職したいなら、看護師転職サイトを使った方がいいです。

なぜなら、担当の転職エージェントがあなたのかわりに、条件・待遇面の交渉をしてくれるから。

実際、転職エージェントに給料面の交渉をしてもらった結果、「月1万ほど給料がアップした」看護師もいました。

もちろん、すべての交渉がうまくいくわけでなありません。

しかし、交渉してみないことにはなにもはじまらないので、ダメ元で交渉するのがいいです。

損する理由⑦「雇用契約書を確認してもらうことができない」

条件面でのトラブルを避けるためには、看護師転職サイトを使った方がいいです。

というのも、担当の転職エージェントが、雇用契約書の確認をしてくれるから。

実際に私の場合、はじめての転職のとき、看護師転職サイトを使わずに転職しました。

結果、「条件面でトラブルになり、数カ月後に退職する…」、という苦い経験をすることに…。

それからは、「看護師転職サイトに登録→担当エージェントに確認してもらう」という流れをとるようになり、同じようなトラブルが発生することがなくなりました。

結論→看護師転職サイトは使った方がいい

これだけ有益なツールで、しかも「無料で利用できる」看護師転職サイトを使わないのは損でしかありません。

それでも、看護師転職サイトを使わない方がいい、という声があるのは、ある原因があるからなんです。

看護師転職サイトを使わない方がいい、という声がある理由

結論として、看護師転職サイトを使わない方がいい、という声があるのは「転職エージェントが原因」のことがほどんど。

理由としては、看護師転職サイトの仕組みが関係しています。

看護師転職サイトを使わない方がいい、という声が生まれる原因

主な原因は、以下のとおり。

  1. 実際に転職サポートをしてくれるのは、転職エージェント
  2. しかし、転職エージェントの質には、ばらつきがある
  3. 質の悪いサポートを受けた結果、転職サイトは使わない方がいいと声になる

実際、看護師転職サイトの悪い口コミに共通しているのは、転職エージェントに関連した問題です。

  • おすすめされた求人に就職したら、最悪な環境だった
  • 紹介される求人が希望とかけ離れていた
  • 希望を伝えたが聞いていないことにされた
  • レスポンスが遅い・約束した時間に連絡がこないため、不信感が募った

とはいえ、こういった場合への対処法はあるので安心してください。

詳しくは以下の記事で解説しているので、参考にしてもらえるとうれしいです。

看護師転職サイトが最悪だったというのは本当の話です【対処法アリ】看護師転職サイトが「最悪だった」というのは本当の話なのか知りたい。本当の話なら「なぜ最悪だったのか」という理由を知りたい。 できれば転職サイトを利用したいので、上手に使いこなす方法を知りたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師転職サイトを使わない場合の転職方法【ハローワーク・Google検索・etc…】

看護師転職サイトを使わない場合の転職方法には、以下のようなものがあります。

  • ハローワーク
  • ナースセンター
  • Google検索(求人広告サイトや公式HPなど)

私の場合は、なんとなく看護協会に関わりたくなかったので、ナースセンターは利用しませんでした。

とはいうものの、ハローワークとGoogle検索だけでは、情報収集的にイマイチだったので、はじめは「ハローワーク+Google検索+転職サイト」の3本柱で情報収集していました。

体験談①:Google検索は使わなくてもいいかも

なぜなら、調べる労力の割に思ったほどいい情報が集まらなかったから。

それに加えて、Google検索で求人を調べていると、なんだかんだで看護師転職サイトに移動することが多々ありました

これなら、Google検索を使わず、最初から看護師転職サイトを使ったほうがいいな、と思いました。

体験談②:使うのは看護師転職サイトとハローワークでOK

なぜかというと、看護師転職サイトとハローワークを両方使うことで、お互いのよい点悪い点を補うことができるから。

転職サイトを利用してよかった点・悪かった点
よかった点 時間を有効活用できる
複数の転職サイトから比較検討することができる
専任の転職エージェントがついてくれる
履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
安心して面接に臨むことができる
条件面の交渉をしてもらうことができる
内部情報を知ることができる
悪かった点 転職エージェントが質が一定ではない
紹介料がネックになることがある
連絡がしつこいと感じることがある
ハローワークを利用してよかった点・悪かった点
よかった点 自分のペースで求人探しができる
職員の質に一定感がある
商売感がない(ガツガツしていない)
悪かった点 時間が限られている
その都度担当が違う
現地まで行かないといけない
混んでいると待ち時間がある
詳しい内部情報などはわからない

これらのついては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてもらえるとうれしいです。

【体験談】看護師転職サイトとハローワーク【両方を使うのが最適解】看護師転職サイトとハローワークどちらを利用すればいいか知りたい。実際に両方を利用し感じた、よかった点・悪かった点を知りたい。転職を検討しているので、看護師転職サイト・ハローワークを効果的に使い倒す方法を知りたい。こういった疑問に答えます。...

余談:私が実際に利用したおすすめの転職サイト

世の中にはさまざまな看護師転職サイトがありますが、私がみつけた最適解は以下の3つです。

【まとめ】転職サイトを使わない方がいい看護師はいない【情報収集ツールとして活用しよう】

たとえば、「転職先がある程度決まっている」「転職するか迷っている」という人でも、転職サイトを利用した方がいいです。

理由は、以下のとおり。

  1. 情報収集ツールとして活用できる
  2. 徹底的に情報収集することで、よりよい条件の転職先をみつけられる可能性が高くなる
  3. 結果、よりよい条件の職場で働くことができる

実際、よりよい条件の求人をみつけるためには、なるべく多くの情報のなかから比較検討をすることが重要になります。

そういった意味で、看護師転職サイトは、有益なツールになります。

【注意点】看護師転職サイトは使った方がいいけど、使い方が重要

なぜなら、看護師転職サイトも使い方を間違えると、不利益をこうむる危険があるから。

そういった危険を避けるためには、効果的に転職サイトを利用する方法を知っておくことが重要になります。

看護師転職サイトの失敗しない使い方については、以下の記事内で解説しています。

看護師転職サイトの完全利用ガイド【失敗しないためのマニュアル書】看護師転職サイトの利用を考えている。とはいえ、 右も左もわからない状態なので、どんな感じで利用すればいいか知りたい。また、実際に転職サイトを利用した人の立場から、おすすめの看護師転職サイトを教えてほしい。こういった疑問に答えます。...