看護師

看護師を辞めたい…【転職して環境を変えると、好転する場合がある】

今の職場を辞めて転職したいと思っている看護師
今の職場を辞めて転職したいと思っている看護師

看護師ですが、今の職場を辞めて転職したい。

看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない。

  • 経験年数が少ないと、希望どうりの転職先は見つらない?そもそも採用してもらえる?
  • 転職するときは、転職サイトを利用したほうがいい?
  • そもそも看護師を続けたいのかわからない…
  • 次に何をしたらいいのかわからない…
  • どこに転職すればいいのかわからない…というか看護師以外に転職できる?

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

看護師転職に関して、実体験にもとづいて解説します。

看護師を辞めたい…【転職して環境を変えると、好転する場合がある】

経験として、看護師を辞めたいと思ったときは、転職して環境を変えると状況がよい方向に変わることがあります。

というのも、転職して環境を変えると、見える世界や感じ方などが変わり、あれほど嫌だった看護師という仕事に楽しさを見出せる可能性があるからです。

体験談:知り合いの看護師の話

実際、会うたびに辞めたいと言っていた看護師は、転職することで楽しく仕事ができるようになりました。

この看護師が辞めたいと言っていた理由は、イジメやパワハラ、多忙な業務の連続で心身ともに疲れ切ってしまったから。

しばらくして、その看護師は中規模な病院に転職したのですが、久しぶりに再会するとあの頃とは比べものにならないくらい清々しい表情をしていました。

話を聞いてみると、転職した病院の雰囲気や勤務状況がとても合っているようで、転職後は楽しく仕事ができるようになったと言っていました。

転職するときの注意点【看護師経験が短い人は注意アリ】

上記のように、転職というは、今の状況をよい方向に変えるための、効果的な方法の一つといえます。

ただし、経験年数が短い看護師の場合は、転職に対して慎重になる必要があります。

なぜかというと、経験年数が短い人の転職では、採用担当者に悪い印象を与えてしまう危険があるからです。

実際、採用担当者に話を聞いたときに、1〜2年未満の転職だと「採用したとしてもすぐに辞めてしまうのではないか…」という不安があり、採用を躊躇してしまうことがあると言っていました。

【朗報】経験年数が短くても転職できないわけではない

なぜかというと、経験年数が短い転職の場合は、第二新卒という扱いになることが多いからです。

ちなみに、第二新卒とは、大学・短大・専門学校卒業と同時に就職した後、入社3年以内に転職活動をする人のことを指します。

実際、転職先によっては、新卒と同じ「将来性や仕事への意欲」という点をメリットに感じて、第二新卒を積極的に採用しているところもあります。

そのため、経験年数が短い転職の場合は、「将来性と仕事への意欲」を積極的にアピールすることが大切と言えます。

ただし…短期間×頻回の転職は評価が厳しくなる

1年に3回、半年毎の転職など短期間×頻回に転職を繰り返している場合は、転職先の幅が狭まると思ったほうがいいです。

理由はシンプルで、「採用したとしてもすぐに辞めてしまうのではないか…」という採用担当者の不安をさらに高まってしまうからです。

実際問題、希望する求人先に転職するためには、求人先から選ばれる看護師になる必要があります。

そのためには、継続して勤務することができる、という実績をつくることが重要になります。

【現実問題】できれば3年は病棟経験を積むといい件

看護師資格をもっているなら、できれば3年は病棟経験を積むのがいいと思います。

なぜかというと、一人でできることが増えて、求人選びの幅が広がるからです。

実際問題、病院以外の職場では、1フロアにいる看護師の数が少ないです。

職場によっては、1フロアにいる看護師があなた一人だけということもあります。

そういった職場で働くためには、やはり臨機応変に対応できる判断力や最低限の看護スキル・知識が必要になります。

そう考えると、最低でも病棟経験を3年積み上げて、判断力やスキル・知識を高めることがベターだと思います。

看護師を辞めずに、病棟経験を積み上げる方法

看護師を辞めずに病棟経験を積み上げるためには、常に逃げ道を用意してあげることが大切です。

そのために重要な思考が「逃げることは悪ではない」という思考です。

というのも、逃げることが悪だと思っていると、心の余裕がなくなり、どんどん自分を追い詰めてしまうから。

実際、仕事を続けるうえでは、「自分で」自分の身を守ってあげる必要があります。

そのために重要なのが、「逃げること=悪」という思考を捨てて、常に逃げ道を用意してあげることです。

体験談:逃げ道をつくる重要性を知った出来事

実際のところ、私も最初は逃げることが悪だと思っていましたが、ある日を境にそれが間違いであることに気づきました。

そのきっかけとなったのが、同期の存在です。

その同期はいつも明るく元気な人だったのですが、会うたびに表情が暗くなり、最終的に心を壊してしまいました。

その後も、しばらく休んでいましたが、結局、復職することはできずにそのまま退職してしまいました。

しかも退職後も、以前のような状態に戻ることができず、転職活動にも苦労していました。

そういった同期の姿を目の当たりにして、気づいたのが「逃げ道をつくる」ことの重要性です。

実際、逃げ道をつくったら心が楽になった

私の場合は、「どうしてもムリなら逃げればいい(転職すればいい)」という、逃げ道をつくることで、心が大分楽になりました。

【重要】逃げの転職をするなら明確な目的が必須

なぜなら、明確な目的がない転職だと、転職の失敗確率が上がってしまうからです。

具体的には、数年後にどんな働き方をしていたいかという「目標」を立てて、その目標を実現するための「目的」を立てることが重要です。

よくある質問「目標と目的をたてるにはどうすればいいの?」

結論、無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を利用して、自己分析をおこなうといいです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などの項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、「自己理解」と「目標設定」が明確になり、目標と目的をたてることができるようになります。

キャリアプランシートは無料でダウンロードできる

キャリアプランシートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」というホームページから無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

看護師を辞めて、他職種に転職する道もある

看護師を辞めたい…、そもそも看護師を続けたいかもわからなくなった…という場合は、他職種に転職するのもいいと思います。

なぜかというと、看護師以外の仕事をすることで、仕事の幅を広げることができるからです。

実際に私も、看護師から一般職へ転職しましたが、看護師の仕事だけでは得ることができないスキルや知識を身につけることができました。

看護師と一般職の仕事内容を比べてみた

実際、看護師と一般職では、仕事内容がまったく異なります。

看護師の仕事内容
問診 点滴・注射・採血 食事・排泄・入浴などの介助
各種検査の介助 患者さんの移送 手術の補助
体位変換 カルテの記載 夜勤の巡回
バイタル測定 ガーゼ交換 etc…
一般職の仕事内容
電話対応 書類作成 営業・経営などのサポート
顧客対応 郵便物の発送・仕分け データ入力
見積書・請求書・発注書などの作成・発送・管理 在庫管理 プレゼンテーション資料の作成
伝票処理・整理 契約書の締結 etc…

他職種に転職するときの注意点【若いほうが有利】

他職種への転職を考えているなら、若いうちにおこなったほうがいいと思います。

理由はシンプルで、経験年数が短い転職の場合は、第二新卒という扱いになり、「将来性と仕事への意欲」を重視してもらえることが多いからです。

ちなみに、看護師への復帰を考えているなら、3年の病棟経験を積んでから、他職種に転職したほうがいいです。

歳を重ねるほどにハードモードになる件

現実問題、他職種への転職は、歳を重ねるほどハードモードになります。

理由は、シンプルで「実務能力・即戦力」が求められるようになるからです。

実際、看護師経験しかない人が、いきなり一般企業に転職しようとしても、実務能力・即戦力がない看護師は、ほぼほぼ戦力外といってもいいですよね。

他職種に転職する場合も目標・目的をたてること大事です。

なぜなら、目的・目標がない転職だと、ただ時間を浪費するだけの転職になってしまうからです。

実際問題、実務能力・即戦力は一朝一夕では身につきません。

無意味な転職にしないためにも、しっかりと目標・目的をたてて転職をおこなうことが重要です。

職場を辞める前にするべきこと【看護師転職サイトのススメ】

とくに現段階で、どこに転職すればいいのかわからない…、次に何をしたらいいのかわからないという場合は、「転職前の思考」が重要になります。

なぜなら転職前の思考が不十分だと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまうからです。

実際に転職に失敗しやすい人というのは、以下についての思考が不十分なことが多いです。

  • 転職の目的が明確ではない
  • 優先順位が明確ではない
  • 転職時期が明確ではない
  • 情報収集が不足している
  • 自分の市場価値が明確ではない
  • キャリア設計が明確ではない

これらについては、以下の記事で詳しく解説しています。

転職に失敗ばかりしてしまう看護師のための【思考術・最適解ツール】看護師です…転職に失敗ばかりしてしまう原因を知りたい。 これ以上、転職に失敗したくないので、転職に失敗しないための方法も教えてほしいです。...

転職に失敗する可能性を下げるもう一つの方法

結論として、転職サイトの利用をオススメします。

なぜなら、失敗しない転職をするためには、看護師の転職に精通した人のサポートが欠かせないからです。

実際に私も、転職サイトを利用せずに転職活動をしたことがありますが、条件面で転職先と食い違いがあり痛い思いをした経験があります。

そういった失敗を防ぐ意味でも、転職サイトを活用する価値は十分にあると思います。

【無料】私が実際に利用した転職サイト