看護師

看護師が転職後にすぐ辞めるとデメリット大だが…【すぐ辞めるべし】

転職してすぐに辞めてもいいか知りたい看護師
転職してすぐに辞めてもいいか知りたい看護師
看護師ですが、転職後すぐに辞めてもいい?

というか…、転職してすぐに辞めるとどんなデメリットがあるか知りたいです。

転職してすぐだがすでに限界…ただ退職を言い出せない…どうすればいい?

次の転職では失敗したくないので、転職してすぐに辞めない方法も知りたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私自身も、複数回の転職を繰り返すなかで「あ、失敗した…すぐにでも辞めたい…」と思ったことがあります。

実際、すぐに辞めた職場もありますが、やはりデメリットのほうが大きいと感じました。

そういった苦い経験を通して学んだのは、慎重に転職をすすめること重要性です。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、失敗しない転職に関して解説します。

看護師が転職後にすぐ辞めるとデメリット大

結論として、転職後にすぐ辞めるのはデメリット大です。

なぜかというと、次の転職活動でのマイナス要素になってしまう可能性が高いから。

実際、採用担当者の人からは、以下のような声を聞くことがあります。

採用担当者の声
採用担当者の声
転職後すぐに辞めてしまった人を採用するのは、リスクを感じてしまいます。

具体的には、採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか、という不安があります。

そういったリスクと、採用にかかるコスト・時間を考えるとやはり長く働けそうな人を優先して採用したいというのが本音のところです。

上記のとおりで、転職後すぐ辞めるというのは、採用担当者に不信感を与えてしまう一つの要素になってしまうんです。

ただ、個人的には、転職先が合わないのなら、そういったリスクをとってでもすぐに辞めるほうがいいと思っています。

転職先が合わないなら、すぐ辞めるべき【個人的な意見です】

理由は、単純に時間がもったいないからです。

実際のところ、すぐに辞めたいと思ってしまうほどの職場にいても、モチベーションは上がりませんよね。

しかも、モチベーションが上がらないと、いやいや仕事をすることになり、看護師としての成長や自己成長を妨げる大きな要素になってしまいます。

そういった環境で貴重な人生の時間を過ごすことは、とてももったないと思います。

体験談:看護師から一般職に転職したら仕事へのモチベーションが上がった話

実際に私の場合は、看護師から一般職に転職しましたが、看護師時代がウソのように仕事へのモチベーションが上がりました。

とくに、変わったのは、自己研鑽・自己啓発を、自発的かつ積極的におこなうようになったこと。

恥ずかしながら、看護師のときは「自己研鑽・自己啓発」はほどんどしていませんでした…。

しかし、看護師から一般職に転職し、モチベーションが上がる仕事をみつけてからは、仕事終わりに勉強・休みの日に勉強・ちょっとした隙間時間に勉強と、看護師時代には考えられないほど「自己研鑽・自己啓発」をおこなうようになりました。

転職してすぐに辞める看護師に伝えたいこと

今の職場が合わないなら、すぐに辞めてもOK。

ただし、次の転職先でもすぐに辞める、ということを繰り返すのはNG。

なぜなら、転職後すぐに辞めるを繰り返せば繰り返すほど、採用担当者の不信感をより大きなものにしてしまう危険があるから。

転職してすぐ辞めるのを防ぐ方法

経験として、「どう生きたいか?」を明確にすることが重要です。

なぜなら、どう生きたいか?の答えが、転職活動の軸になるからです。

実際に、私の場合は、以下のような軸で転職活動をおこないました。

  • どう生きたいか:組織に属することなく働きたい
  • 転職活動の軸:看護師資格を活かして、組織に属さず働く方法をみつける

私の場合は、組織に属さず働く方法をみつけるために、どんな状況でも、最低1年は同じ職場で経験を積むと心に決めていました。

もちろん、転職先のなかには、胃が痛くなるような職場もありましたが、個人的にはそれも組織に属さず働く力を身につけるための勉強だと思って乗り越えることができました。

それもこれも、転職活動をはじめる前に「どう生きたいか?」を明確にし、「転職活動の軸」をしっかりと決めたからといえます。

よくある質問「どう生きたいかを明確にするためにはどうすればいい?」

自己分析をおこなうことを推奨します。

なぜなら、どう生きたいかを明確にするためには、自分のことを客観的に捉えることが重要だからです。

無料で使える自己分析ツール

自己分析ができるツールはさまざまありますが、とりあえずは無料で使える「キャリアプラン作成補助シート」を利用すれば問題なし。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

【無料】キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

今の職場を辞めるのは、どう生きたいが明確になってからにするべし

理由は、毎月の収入を確保するため。

これは実体験ですが、やはり毎月毎月の安定した収入がないと、精神的な余裕もなくなってしまいます。

さらに、精神的な余裕がない状態というのは、正常な判断を奪う一つの要因になってしまいます。

そんな状態で自己分析をおこなってしまうと、正確な自己分析ができなくなり、方向性がずれた結果がでてしまう危険があります。

なので、今の職場を辞めるのは、自己分析をおこないどう生きたいが明確になってからにしてからがベストです。

どうしてもキツかったら、正社員→パート、パート→アルバイト、勤務数を減らすなどして対応するようにしましょう。

転職後すぐに辞めたいけど、怖くて退職を言えないときの対処法

対処法は2つ。

  • 円満退職を諦める
  • 退職代行サービスを利用する

対処法①「円満退職を諦める」

なぜかというと、円満退職を諦めれば、最悪のケースを想定することができるから。

具体的には、以下のとおり。

  1. 円満退職を諦める
  2. 最悪のケースを想定できる
  3. 最悪のケースを想定しながら、イメトレできる
  4. イメトレをおこなうことで、イメージと現実との落差を減らすことができる
  5. 覚悟をもって(激しく罵倒される等)退職を伝えることができる

実際に私の場合も、怖いと評判の上司に人手不足の状況で退職の意思を伝えたことがあります。

イメージとしては、激しく罵倒されるものだと思って、かなり恐怖を感じていましたが、蓋を開けてみると少し嫌味を言われた程度で思ったよりあっさり退職することができました。

とはいえ、そう感じることができたのも、円満退職を諦め、最悪の自体を想定したからだと思います。

もちろん、イメトレの結果、やっぱりムリとなることも多々あると思います。

その場合は、迷わず退職代行サービスを利用するのがいいです。

対処法②「退職代行サービスを利用する」

退職代行サービスとは、退職にかかるすべての手続きを、あなたの代わりにおこなってくれるサービスです。

そんな、退職代行サービスを利用すれば、師長と1回も顔も合わすことなく退職することも可能なんです。

看護師と相性がいい退職代行サービス

看護師と相性がいい退職蛇行サービスは、わたしNEXTです。

理由は、女性向けの退職代行を専門的におこなっているから。

実際、わたしNEXTを利用して退職を成功させている看護師はたくさんいます。

以下は、実際にわたしNEXTを利用した人の口コミです。

26女性:看護師
26女性:看護師
口コミで見た通り丁寧で早い対応をしてもらえた。

看護師でも職場の人と顔を合わせることなく、スムーズに退職ができた。

値段も、これ以上の精神的不安を味わうより安いと思った。

22歳女性:看護師
22歳女性:看護師
女性専用の退職代行サービスなので、安心して相談ができた。

退職代行サービスを利用して病院の人と話すことなく、退職手続きができた。

36歳女性:看護師
36歳女性:看護師
社会保険や雇用保険の手続きについて、勤務先に確認してもらえた。

看護師という少し特殊な職業でも、退職代行サービスで退職することができた。

参考:わたしNEXT

わたしNEXTを利用するメリット

メリットは以下のとおり。

  • 退職成功率が100%で安心*2020年11月現在
  • 病院と直接、話さなくてすむ
  • あなたに直接、連絡しないように伝えてくれる
  • 最短で即日(依頼当日)から出社しなくてすむ
  • 有給休暇の交渉をしてくれる
  • 弁護士の指導を受けているから安心して利用できる

個人的にいいなと思ったのは、師長と直で話さなくてすむこと。

やっぱり、直で話をしてしまうと、うまいこと丸こまれてしまい、退職できなくなるという危険が大いにあります。

そういったリスクを回避する意味でも、退職代行サービスの利用には大きなメリットがあると思います。

退職の相談だけなら無料

費用が発生するのは、退職代行の依頼をしてから。*費用:29,800円

退職の相談だけなら無料でおこなってくれるので、利用を迷っているなら一度相談するのがいいかもです。

相談については24時間対応していて、LINEでおこなうことができます。

最後に…

辞めたいと言えない状態を続けるほど、人生の機会損失は増えていきます。

だからこそ、あなたが「怖くて退職を言えない」と悩んでいるなら、一人で悩まず、退職のプロに相談するのが一番です。

【相談無料】わたしNEXT