看護師

看護師はジョブチェンジがしやすい【異業種へ転職するときの注意点】

ジョブチェンジをしたいと思っている看護師
ジョブチェンジをしたいと思っている看護師

看護師が異業種へ、ジョブチェンジするための方法を知りたい。

というか、看護師が異業種へジョブチェンジすることはできるの?

ジョブチェンジできるなら、異業種へ転職するときの注意点を知りたい。

看護師としてジョブチェンジを考えているので、実際に異業種へ転職した看護師の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈

この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は、看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私の場合は、最終的に看護師から異業種へジョブチェンジし、今は一般職で働いています。

異業種へのジョブチェンジには、大きな不安がありましたが、思っていたよりも大丈夫でした。

そう言えるのは、「看護師資格+看護師経験」が、ジョブチェンジにおいて大きな保険になってくれたからです。

今回は、そんな私の実体験にもづいて、看護師が異業種へジョブチェンジするための方法や、注意点などについて解説します。

看護師はジョブチェンジがしやすい【病棟経験を積んでから転職したほうがいい】

結論として、看護師はジョブチェンジしやすい職種の一つです。

なぜなら、かりにジョブチェンジに失敗したとしても、看護師に復職すれば「衣食住に困ることがない」から。

 体験談:私がジョブチェンジできたのは看護師資格があったから

実際に私が、病院以外の職場や異業種にジョブチェンジできたのは、看護師資格という保険があったから、というのが大きいです。

逆に看護師資格という保険がない状態では、ジョブチェンジというチャレンジはできなかったと思います。

そういった意味でも、看護師はジョブチェンジしやすい職種の一つといえます。

【私の場合】ジョブチェンジして、看護師を辞めたら幸せになれました

なぜかというと、看護師を辞めたことで、人生の「幸せ指数が格段にアップした」から。

幸せ指数が格段にアップした理由は、以下のとおり。

  • 身体的・精神負担が激減した
  • ストレスが激減し、心身ともに穏やかに過ごせる日が増えた
  • 人生に希望ができ、「生きていて楽しい」と思えることが増えた

詳しくは、以下の記事で解説しています。

【実体験】看護師を辞めてよかったです【理由→幸せ指数があがった】質問です…看護師を辞めてよかったですか?辞めてよかったと思うなら、その理由を知りたいです。あと「看護師を辞めなければよかった…」、という後悔をしたないので、実際に看護師を辞めた経験がある人から、辞める前にやるべきことや看護師から別の仕事に転職するための方法、看護師を辞めた後の生活などについて教えてほしいです。こういった疑問に答えます。...

ジョブチェンジするのは病棟経験を積んでからのほうがいい

具体的には、最低でも3年は病棟経験を積んだほうがいいです。

理由は、以下のとおり。

  • 看護師資格をもっていても、病棟経験がないと効果的な保険にはならなから
  • 基本的な看護スキル・知識が身につき、独り立ちできる目安だから
  • 看護師に復職するときに、ある程度なら復職先を選べるようになるから
  • 看護師資格・経験を活かせる職場に、ジョブチェンジすることができるから

看護師資格・経験を活かせるジョブチェンジ先

看護師資格・経験を活かせるジョブチェンジ先には、以下のような職場があります。

老人ホーム 保育園 障害者福祉施設
企業の看護師 治験コーディネーター ツアーナース
救護室 デイサービス 検診センター
美容クリニック 訪問看護 献血ルーム
児童養護施設 コールセンター クリニカルスペシャリスト
クリニック 訪問入浴 etc…

このように、病院以外にも看護師資格・経験を活かしながら働ける職場は、たくさんあるんです。

それぞれの仕事内容については、以下の記事で解説しています。

看護師の働く場所は、病院以外にもたくさんある【オススメは介護系】病院以外で、看護師が働くことができる場所を知りたい。できれば、働く場所ごとの仕事内容や、給料、オススメの職場なども知りたい。病院以外で働きたいと思っているので、実際に働く場所を変えたことがある看護師の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師のジョブチェンジ事情【異業種へ転職するときの注意点】

看護師が異業種へジョブチェンジするときには、以下のことに注意する必要があります。

  • 選ぶ職種によって年収が下がる
  • 看護師の経験が通用しない
  • 看護師経験が長いと、転職先選びの幅が狭くなる

一つずつ解説します。

注意点①「選ぶ職種によって年収が下がる」

ここでは一般職と看護師の年収について、比較してみました。

具体的には、以下のとおり。

全体 20〜29歳 30〜39歳
看護師 約525万円 290〜348万円 356〜368万円
一般事務 約248万円 136〜199万円 114〜214万円
医療秘書 約320万円 190〜257万円 176〜276万円
経理 約360万円 221〜289万円 210〜321万円
広報職 約440万円 281〜353万円 279〜379万円
営業職 約520万円 341〜418万円 348〜448万円

参照:平均年収.jp

上記はあくまでも平均年収ですが、、看護師の年収を維持するためには、広報職や営業職を選ぶ必要があることがわかります。

広報職は中途採用の求人が少ない

広報職は、総合職として採用された人が経験を積み、本人の適性や実績、スキルなどにより選ばれることが多いからです。

そのため、広報職に転職したい場合は、総合職として採用してもらい、そこから経験を重ねていく必要があります。

営業職はメンタルが重要

営業職は直接クレームを受けたる、厳しく断られたるなど、人格を否定されるようなことが多々あるためメンタル面が非常に重要になります。

ちなみに、私は営業は苦手です。(毎日NOといわれると、メンタルがもちません…)

【実体験】看護師が営業に転職するときの必須要素【NOに耐える心】
【実体験】看護師が営業に転職するときの必須要素【NOに耐える心】看護師が営業職に転職することはできる?看護師が営業職に転職したときのメリットやデメリットを知りたい。看護師と営業職の違いや共通点などを知りたい。看護師が営業職に転職したときに活かすことができるスキル・知識を知りたい。看護師でも営業職に向いている人を知りたい。営業職への転職に失敗してもまた看護師に戻ることができる?こういった疑問に答えます。...

注意点②「看護師の経験が通用しない」

異業種において、看護師の経験はほぼ通用しないと考えたほうがいいです。

理由はシンプルで、業務内容がまったく異なるからです。

たとえば、一般職に転職した場合は、以下のような業務をおこなうことになります。

電話対応 書類作成 営業・経営などのサポート
顧客対応 郵便物の発送・仕分け データ入力
見積書・請求書・発注書などの作成・発送・管理 在庫管理 プレゼンテーション資料の作成
伝票処理・整理 契約書の締結 etc…

このように、一般職では、これまで経験したことがない業務をおこなうことになります。

それに加えて、看護師の場合、一般職ではあたりまえの社会常識も身についていないことがほとんどです。(私もそうでした…)

そのため、転職活動においては、経験者に比べて、不利な状況で戦うことになってしまいます。

異業種へジョブチェンジするときは、看護師のプライドを捨てる

そういった状況で重要なのは、看護師としてのプライドを捨て、新人からのスタートという気持ちで仕事をすることです。

なぜなら、看護師としてのプライドがあると、異職種で仕事をするうえでの弊害になってしまうからです。

とくに、看護師経験が長い人は、「新人扱いされる=自分より若い人に指導される」ということも覚悟する必要があります。

注意点③「看護師経験が長いと、転職先選びの幅が狭くなる」

理由は、新卒(第二新卒)と中途採用では求めている人材が異なるから。

  • 新卒(第二新卒):将来性がある人材
  • 中途採用:実務能力・即戦力がある人材

ちなみに、第二新卒とは、大学・短大・専門学校卒業と同時に就職した後、入社3年以内に転職活動をすすめる人のことを指します。

看護師3名を比較してみる

たとえば、看護師を下記のとおりで比較します。

  • 看護師A:看護師経験10年。病棟勤務10年。
  • 看護師B:看護師経験10年。病棟経験5年したのち、派遣看護師+一般職のアルバイト
  • 看護師C:看護師経験3年。病棟経験3年。
一番ジョブチェンジしやすいのは「看護師C」

理由はシンプルで、第二新卒扱いになる可能性が高いからです。

実際、新卒同じ「将来性」という点にメリットを感じて、第二新卒を積極的に採用している転職先は多々あります。

一般職にジョブチェンジしやすいのは「看護師B」

なぜなら、看護師Bには、一般職で働くための実務能力・即戦力がある程度備わっているからです。

もちろん、看護師Aも転職先を選ばなければ、ジョブチェンジすることは不可能ではありません。

とはいえ、しっかりと転職先を選ばないと、ブラックな職場にあたってしまう可能性が高くなってしまうのでオススメしません。

看護師のジョブチェンジ術【転職に向けてやるべきこと】

経験として、失敗しないジョブチェンジをおこなうためには、以下のことが重要になります。

  • 徐々に職種の幅を広げていく
  • 自己分析をおこなう
  • win-winの関係を意識する

方法①「徐々に職種の幅を広げていく」

とくに、「看護師を辞めたいけど、いきなりジョブチェンジするのは不安…」という人は、徐々に職種の幅を広げていくのがいいです。

なぜなら、病院以外で働くことに対する免疫を、つけていくことができるから。

実際に私も、看護師の経験しかなく、ジョブチェンジには不安があったため、まずは看護師資格・経験が活かせる介護系の職場に転職しました。

その結果、徐々に職種の幅が広がり、最終的に一般職に転職することができました。

方法②「自己分析をおこなう」

なぜなら、失敗しないジョブチェンジをおこなうためには、「どう生きたいか」を明確することが重要だから。

具体的には、以下のとおり。

  • どう生きたいかが明確になってないと、転職に失敗する確率が上がる
  • どう生きたいかの答えが、別の仕事を模索する際の軸になる

たとえば、私の場合は、以下を軸に転職活動をおこないました。

  • どう生きたいか:組織に属すことなく働きたい
  • 転職活動の軸:看護師資格を活かして、組織に属さず働く方法をみつける

結果として今は、「アルバイト(一般職)+副業」という、看護師以外の働き方をすることで、充実した毎日を過ごすことができています。

自己分析をおこなう方法

まずは、無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を、利用すれば問題なしです。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

【無料】キャリアプラン作成補助シートのダウンロード先

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、どうすればいいかわからない…

そんな場合は、誰かに相談するのがいいと思います。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには、誰かと「話をしながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また、今だと「どう生きたいか?」を明確化してくれる、キャリアのパーソナル・トレーニングサービスもあるので、そういったものを利用するのもいいと思います。

朝比奈
朝比奈
あと、これは宣伝ですが、私自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...

方法③「win-winの関係を意識する」

というのも、失敗しない転職をおこなうためには、採用する側と採用される側が「win-winの関係」になることが重要だから。

そのためには、あなたが採用する側にとって利益になる存在だということを、アピールする必要があります。

看護師経験に応じたアピール方法【ジョブチェンジの成功率を上げる】

ジョブチェンジの成功率を上げるためには、経験年数に応じてアピールするポイントをかえる必要があります。

看護師経験3年以下の場合のジョブチェンジ術

「将来性」と「仕事への意欲」をアピールします。

もちろん、どちらも前提として、採用する側にとって利益がある存在と思ってもらう必要があります。

そのためには、希望する転職先がどんな人材を求めているのかを徹底的に調べ、転職先が求める人材を明確にすることが重要です。

看護師経験が長い場合のジョブチェンジ術

まずは「派遣看護師+転職したい異業種でアルバイト」という形で働くのがいいと思います。

理由は、転職したい異業種の実務能力・即戦力を身につけ、ジョブチェンジ成功の確率をあげるためです。

派遣看護師がいい理由

時給がよくて、勤務の融通がきくからです。

実際、派遣看護師の場合は、時給2,000〜2,500円を超える求人もあります。

時給平均が900〜1,000円といわれている飲食店や販売系と比べると、派遣看護師の時給の高さがわかります。

収入の確保は、心の余裕に繋がる

現実問題、実務能力・即戦力を身につけてる間の期間は、収入がガクンと下がってしまいます。

そういった意味でも、時給の高い派遣看護師で少しでも多くの収入を確保することは、心の余裕を保つ意味でも重要なことです。

時給1,000円で20日働いた場合
  • 1,000円/時間×8時間/日×20日/ヶ月=16万円
時給1,000円で10日+時給2,000円で10日働いた場合
  • 「1,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」+「2,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」=8万円+16万円=24万円
派遣会社は複数登録がいい

実際に、私も派遣会社を利用することで、効率的に収入を確保しつつ、ジョブチェンジへの準備をすることができました。

ちなみに、派遣会社にはそれぞれ得意な分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

私が実際に利用したオススメの派遣会社

ジョブチェンジ以外の選択もあり【看護師×副業】

経験として、ジョブチェンジを考えているなら「看護師×副業」という選択肢もありだと思います。

実際に私も、副業をおこなっていますが、人間関係の悩みを劇的に減らすことができ、収入の柱も増やすことができました。

詳しくは、以下の記事でご紹介しています。

【月5万】看護師の副業でオススメの在宅ワークは「ブログ運営」です看護師の副業でオススメの在宅ワークを知りたい。副業で在宅ワークをはじめたいが、どうやってはじめていいかわからない…。副業で在宅ワークをするメリット・デメリットを知りたい。副業で在宅ワークをすると、本当に収入を得ることはできるの?というか…副業で在宅ワークをするリスクはないの?こういった疑問に答えます。...