看護師

【経験談】看護師転職事情を年齢別で解説【30代がラストチャンス】

看護師転職事情を年齢別で知りたい人
看護師転職事情を年齢別で知りたい人
看護師の転職事情を年齢別で知りたい。

というか…転職するならどの年齢が一番いいの?

看護師の転職に年齢制限があるのか知りたい。

看護師以外の仕事に転職したいときは、年齢が若いときのほうがいい?

転職に関してしっかりと考えたいので、年齢によって看護師の転職がどう変化するのか知りたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私が転職したのは、30歳のとき。

私のなかで、30歳は転職のラストチャンスだと思っていたので、実際に転職に踏み切れたことは、ナイスな決断だったと思います。

ただ、今思えば、もっと早く転職して、いろいろなことを経験しておけばと後悔しています。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、看護師の転職と年齢に関して解説します。

看護師転職事情を年齢別で解説【20代で色々経験したほうがいい】

看護師の場合は、過度なこだわりを捨て、置かれた状況を理解したうえで職場選びをすれば、どの年齢でも転職に困ることはありません。

ただ、年齢によって、転職事情は大きく変わってくるので注意が必要です。

具体例:具体的には、以下のとおり。

  • 20代:転職していろいろ経験したほうがいい
  • 30代:未経験の職場へ転職するラストチャンス
  • 40代〜50代:今までの積み上げが重要

20代看護師の転職事情:いろいろなこと経験をしたほうがいい

経験として、20代なら積極的に転職して、いろいろなことを経験したほうがいいと思います。

理由は、以下のとおり。

  • 新しいことに挑戦する「体力と時間の余裕」がある
  • 人生の軌道修正が容易にできる
  • 30代以降に向けてやるべきことを明確にすることができる

体験談:私が30歳で転職して後悔した話

実際に私の場合は、30歳のときに勇気を出して転職しました。

その結果、自分が本当にやりたいことを見つけることができましたが、やはり20代の頃に比べて体力と時間の制限をかなり感じます。

そして、体力と時間の制限を感じるたびに、20代のときに転職をしておけばよかったと後悔しています。

20代で転職するときの注意点【看護師経験3年積んでからのほうがいい件】

理由は、以下のとおり。

  • 採用担当者に与える印象がよくなる
  • 転職先選びの幅が広がる
  • 人生の保険になる

とくに、人生の保険になるという点はかなり重要です。

実際に私が、看護師を辞めて新しいことに挑戦できたのも、失敗してもいざとなれば看護師に戻ることができるという人生の保険があったからです。

なので、個人的には、看護師3年の経験を積んでから、転職をすることを強くオススメします。

20代は看護師以外の仕事にも挑戦しやすい件

なぜなら、第二新卒として転職できる可能性があるから。

ちなみに、第二新卒とは、大学・短大・専門学校卒業と同時に就職した後、入社3年以内に転職する人のことを指します。

そして、第二新卒の場合は、将来性や仕事のへの意欲いメリットを感じて、第二新卒を積極的に採用している職場が多くあるため、看護師以外の仕事にも転職しやすいんです。

30代看護師の転職事情:未経験の職種へ転職するラストチャンス

経験として、30代は未経験の職種へ転職するラストチャンスです。

なぜなら、30代ならギリギリ将来性があるから。

実際問題、一から人材を育てるのは膨大なコストと時間が必要になります。

しかも、かかるコストと時間は、20代でも30代でも同じなため、将来性がギリギリの30代を採用するのは会社にとって大きな負担となってしまいます。

そういった意味で、30代看護師は、未経験の職種へ転職するラストチャンスといえます。

30代で看護師を辞めたいなら、なるべく早く行動するべし

なぜなら、年齢を重ねるごとに、将来性というアドバンテージを失ってしまうから。

実際、30代の転職活動は中途採用の扱いになり、基本的に即戦力・実務能力を求められます。

そのため、希望する職種の経験がまったくないと、書類選考で落とされてしまうということが多々あります。

将来性は、そういった不利な状況を打破するために重要な要素になります。

だからこそ、看護師を辞めて未経験の職種に転職したいなら、なるべく早く行動することが重要になります。

30代看護師なら、病棟経験を活かした転職をするのもアリ

なぜなら、転職先が豊富にあるから。

具体的には、以下のような転職先があります。

病院 クリニック 診療所
臨床開発モニター コールセンター 美容クリニック
介護施設 デイサービス 保健所
リゾートナース 大学の保健室 訪問入浴
保育園 訪問看護 ツアーナース
治験コーディネーター 企業看護師 献血ルーム
救護室 障害福祉施設 児童養護施設
教員 乳児院 健診センター
イベントナース クリニカルスペシャリスト etc…

上記のとおりで、病院以外にも看護師経験を活かしながら活躍できる場所は、たくさんあるんです。

そのため、病院は辞めたいけど、看護師を続けたいと思っている人は、病棟経験を活かした転職をするのがいいと思います。

病院以外の職場に転職するときは、転職サイトの利用がマスト

なぜなら、転職後に後悔しないようにするためです。

実際、自分がイメージしている仕事内容と、実際におこなう仕事内容のギャップが、大きければ大きいほど転職後に後悔する危険が高くなってしまいます。

もちろん、仕事内容については、ネットなどでも調べることはできますが、やっぱり実際に勤務している人の生の声を聞くのが一番確実です。

そういった意味で、さまざまな職場へのパイプがあり、リアルな情報を入手することができる転職サイトの利用はマストだといえます。

【無料】私が実際に利用した転職サイト

40代〜50代:今までの積み重ねが重要

40代〜50代の転職では、これまでのあなたの積み重ねが重要になってきます。

なぜなら、40代〜50代の場合、30代の頃にも増して、即戦力・実務能力が求められるからです。

実際、転職先についても、まったく未経験の職場への転職は現実的に難しくなってきます。

そういった意味でも、20代〜30代で仕事に対する方向付けをおこない、計画的に積み重ねをおこなうことが重要になります。

【病院勤務に疲れた】40代〜50代看護師にオススメの転職先

個人的には、「介護系」がオススメです。

理由は、以下のとおり。

  • 病院での仕事内容と似ている
  • 病院に比べて精神的・身体的負担が少ない
  • 正社員でも夜勤なしで働くことができる

実際に私の場合は、老人ホームやデイサービス、訪問入浴などで働きましたが、精神的・身体的負担がかなり少ない状態で働くことができました。

ただ、介護系の場合は、病院よりも年収が数十万円ほどが下がるというデメリットがあります。

看護師の転職で重要なこと【年齢より実績】

経験として、転職において重要なのは年齢よりも実績です。

なぜなら、どんなに年齢を重ねていても、転職先が求める実績がなければ、雇ってもらうことができないからです。

実際、転職を成功させている人の多くは、以下のような流れで転職活動をおこなっています。

  1. 人生を逆算してゴール地点を決める
  2. ゴールに辿り着くために、必要となる実績を身につける
  3. 実績を携えて転職活動する
  4. 転職に成功する

実績作りはなるべく早い段階でおこなったほうがいい

理由は、以下のとおり。

  • 実績作りには時間が必要になる
  • 年齢を重ねるごとに選択肢が狭まる

実際に私の場合は、30歳を過ぎてから本当に意味での実績作りをはじめましたが、もっと早くはじめていればよかった、といつも後悔しています。

とはいえ、何かをはじめるのに遅すぎることはない

もちろん、年齢によって制限されてくる部分はあります。

しかし、年齢を理由に諦めていたら、何もできなくなってしまいます。

重要なのは、冷静に現状を見極め、今できる最大限の努力をすることです。