看護師

【実証】看護師から他職種へ転職したい…【私は一般職へ転職できた】

他職種へ転職したい…と考えている看護師
他職種へ転職したい…と考えている看護師
陰湿な人間関係、命を預かる責任大、看護の仕事が嫌、看護に興味がもてない…。

いろんなことに疲れたから、看護師から他職種へ転職したい。

とはいえ、なにをどうしたらいいのかわからない…。

そもそも、看護師経験しかない私が、他職種へ転職することは可能ですか?

可能なら、失敗しない転職方法や注意点、メリット・デメリット、おすすめの転職先などを教えてほしいです。

転職した後に後悔したくないので、実際に看護師から他職種へ転職した人のその後の生活や、転職してよかったのか?どんな仕事をしているか?などのリアルな話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しながら、「一般職+副業」という形で働いています。

私が看護師を辞めて他職種に転職しようと思ったキッカケは、陰湿な人間関係、命を預かる責任、看護の仕事が嫌…など、いろんなことに疲れはててしまったから。

それに加えて、看護師になった理由が安定した生活を手に入れるため、というのも大きかったです。

私の場合、そういったさまざまな理由で、看護師から他職種に転職しましたが、結果として人生の幸福度がグーンとUPしました。

とはいうものの、看護師から他職種への転職は、メリットだけでなくデメリットもありました。

今回は、そんな私の実体験にもとづいて、看護師から他職種へ転職する方法やメリット・デメリット、おすすめの転職先などを解説します。

看護師から他職種へ転職したい…【その気持、痛いほどよくわかります】

看護師から他職種へ転職したい気持ち、痛いほどよくわかります。

なぜなら、私も以下のような理由で、看護師から他職種へ転職した一人だからです。

  • 陰湿な人間関係から解放されたい…
  • 命に関わらない仕事をしたい…
  • 看護師の仕事が嫌で嫌でたまらない…
  • 看護という仕事に興味をもてなくなってしまった…
  • 看護師だけの人生で終わりたくない…
  • 看護という仕事にやりがいを感じなくなってしまった…
  • チームでおこなう仕事に疲れた、組織に属さず働きたい…
  • etc…

上記のなかでも、「看護師だけの人生で終わりたくない…」という理由が、他職種に転職するための大きなキッカケになりました。

体験談:看護師だけの人生に絶望した話

看護師だけの人生に絶望を感じはじめたのは、看護師5年目のとき。

ただ、そのときは他職種に転職するという考えが頭になく、「このまま病院のなかで人生が終わっていくのか…」と、ただひたすらに絶望感に苛まれていました。

それからしばらくは、自分の気持にウソをつきながら働いていましたが、看護師10年目のときにようやく他職種に転職することができました。

私が看護師から他職種に転職できた理由

それは、「組織に属さず働きたい」という想いに、ハッキリと気づくことができたから。

そして、その想いを実現するために必要だったのが、「他職種に転職して、看護師以外の経験を積む」でした。

もちろん、実際に他職種に転職するのはかなり不安でしたが、その不安を振り払って転職した結果、幸せ度がグーンとUPしました。

看護師から他職種へ転職したいと思っているなら→行動するべし

なぜなら私の場合、決断を先送り先送りにしたせいで「5年という貴重な時間をムダにしてしまった」から。

私と同じような後悔をしないためにも、看護師から他職種へ転職したいと考えているなら、決断を先送りにせず行動するのが最適解です。

看護師から他職種へ転職することは可能です【私は一般職に転職できました】

結論として、看護師経験しかなくなても、他職種へ転職することはできます。

しかも、看護師なら「低リスク」で転職することができます。

その一番の理由は、たとえ転職に失敗したとしても「衣食住に困らない」から。

具体的には、以下のとおり。

  1. 今後も看護師不足が続く
  2. 病院・病院以外にも働く職場がたくさんある
  3. 多様な勤務形態で働くことができる

とくに看護師不足に関しては、厚生労働省の看護職員受給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてで以下のような明記があります。

社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

このように、今後も看護師不足は続くため、病院を含む「多くの医療・福祉現場」で看護師が必要とされます。

結果、「仕事に困ることがない=衣食住に困ることがない」ため、低リスクで他職種への転職に挑戦することができます。

実際、私は看護師から一般職に転職できました

ただ私の場合は、いきなり一般職に転職できたわけではなく、一番はじめは看護師資格を活かして働ける「介護系の職場」に転職しました。

理由は、徐々に働くフィールドを広げていき、病院以外で働く自信をつけようと思ったから。

実際、介護系の職場を転々としたことで、病院以外で働くことへの抵抗が徐々になくなりました。

さらに、介護系の職場で働いたことで、起業する機会にも恵まれました。

結果、看護と関係ない仕事をすることに抵抗がなくなり、最終的に一般職に転職することができました。

看護師から他職種へ転職して実感した【メリット・デメリット】

私自身は、看護師から一般職へ転職したことは、まったくもって後悔していません。

ただ、人によっては、「やっぱり、やめておけばよかった…」と思うことがあると思います。

というのも、看護師から他職種への転職には、メリットだけでなくデメリットもあるから。

そこで、ここからは、実際に私が看護師から他職種へ転職して実感したメリット・デメリットについて解説します。

看護師から他職種へ転職して実感したデメリット(悪かったコト)

デメリット(悪かったコト)は、以下のとおり。

  • 給料が下がった
  • 自分のポンコツ具合にかなりヘコんだ

一つづつ解説します。

デメリット①「給料が下がった」

一番の理由は、夜勤がなくなったから。

具体的には、「約4万円/月」の収入減になりました。

年間にすると約50万円…、まあまあ大きい金額ですよね。

とはいえ、そのぶん規則的な生活を送れるようになり、生活の質が大幅にUPしたので、結果的には悪くなかったです。

しかも、下がった分の給料は、副業をおこなうことで回収できるようになりました。

そのあたりについては、以下の記事で解説しています。

夜勤なしでも年収・給料をキープしたい看護師がやるべきこと【副業】看護師だけど、夜勤なしで働きたいです。とはいえ、夜勤なしで働くとなると、収入面で不安がある。看護師が夜勤なしで働くた場合、年収・給料がどれくらい変わるのかを知りたい。そもそも、夜勤なしで正社員で働くことができる職場はあるの?あるなら、どんな職場があるのか教えてほしい。これから、夜勤なしで働きたいので、実際に夜勤なしで働いたことがある看護師の話が聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

デメリット②「自分のポンコツ具合にかなりヘコんだ」

なぜなら、看護師経験がほぼほぼ役に立たなかったから。

実際、一般職と看護師の仕事内容は、まったく違いました。

たとえば、顧客対応とか、見積書・請求書の作成とか、契約書の作成・締結とか、すべてにおいて看護師経験がほぼほぼ役に立ちませんでした。

あまりのできなさに、一般職に転職してしばらくは、自分のポンコツ具合にかなりヘコミました。

とはいえ、一般社会で生きるうえで必須となる知識・スキルを身につけれられたのは、他職種へ転職したおかげなので、結果としてよかったといえます。

看護師から他職種へ転職して実感したメリット(良かったコト)

メリットは、以下のとおり。

  • 対人ストレスが激減した
  • 生活の質がグーンと向上した
  • 精神的な負担が激減した
  • 看護師以外で生きていくための自信がついた

一つづつ解説します。

メリット①「対人ストレスが激減した」

理由は、陰湿な人間関係から解放されたから。

実際、他職種に転職してからは、病院で常にあった陰湿な人間関係に遭遇する機会がほぼほぼなくなりました。

「対人ストレスが激減した」、これだけでも看護師から他職種へ転職した大きなメリットになりました。

メリット②「生活の質がグーンと向上した」

理由は、夜勤がなくなり「日勤だけの生活」になったから。

実際、「昼は起きて、夜は寝る」という規則的な生活を送るようになってから、全体的に体の調子がよくなりました。

それに伴い、今までしなかった運動や勉強する心身の余裕までうまれ、格段に生活の質が向上しました。

【実体験】看護師を辞めてよかったです【理由→幸せ指数があがった】質問です…看護師を辞めてよかったですか?辞めてよかったと思うなら、その理由を知りたいです。あと「看護師を辞めなければよかった…」、という後悔をしたないので、実際に看護師を辞めた経験がある人から、辞める前にやるべきことや看護師から別の仕事に転職するための方法、看護師を辞めた後の生活などについて教えてほしいです。こういった疑問に答えます。...

メリット③「精神的な負担が激減した」

理由は、命を預かるプレッシャーから解放されたから。

もちろん、他職種に転職しても、会社から求められる期待に応えなければいけない、というプレッシャーを日々受けることになります。

ただ、失敗したら人を殺してしまうかもしれない、という命を預かるプレッシャーに比べると、格段に精神的な負担が軽くなりました。

看護師だけど、命に関わらない仕事をしたい…【結論:実現可能です】看護師だけど、命に関わらない仕事をしたい。どんな仕事があるか知りたい。また、どの仕事を選べばいいかしりたい。看護師として今後の生き方に悩んでいるので、実際に命に関わらない仕事をしている看護師の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。 ...

メリット④「看護師以外で生きていくための自信がついた」

なぜなら、他職種に転職することで、一般社会でいきるうえで必須となる知識・スキルを、強制的に身につけることができたから。

具体的には、以下のとおり。

電話対応 書類作成 営業・経営などのサポート
顧客対応 郵便物の発送・仕分け データ入力
見積書・請求書・発注書などの作成・発送・管理 在庫管理 プレゼンテーション資料の作成
伝票処理・整理 契約書の締結 etc…

上記のとおりで、他職種に転職し、一般社会でいきていくうえで必須となる知識・スキルをみにつけられたおかげで、看護師以外にで生きていくための自信がつきました。

結果→私の場合は看護師から他職種に転職してよかった

結果として、私は看護師から他職種に転職してよかった、と心から思っています。

なぜなら、これまでと違う働き方をすることで、自分が本当にやりたいことを実現するための「手段・方法」を見つけることができたから。

とはいうものの、人によっては他職種に転職したない方がいい場合があります。

看護師から他職種へ転職するときの注意点【転職しない方がいい人】

経験として、以下の場合は、いったん他職種への転職をしない方がいいです。

  • 病棟経験3年未満の人
  • 明確な転職目的がない人

ケース①「病棟経験3年未満の人」

病棟経験3年未満の人は、「病棟経験3年を積んでから」他職種へ転職した方がいいです。

理由は、以下のとおり。

  1. 一人前のレベルになる*個人差有り
  2. 結果、人生の保険ができる
  3. 万が一のときにも、看護師に戻りやすくなる
  4. 看護師に戻ることができれば、食いっぱぐれることがなくなる

実際、私がリスクをとって他職種に転職できたのも、「看護師資格+経験」という人生の保険があったのが大きいです。

しかも、人生の保険があると「心に余裕をもった状態」で、転職活動をおこなえるようになるため、転職後に後悔する確率を減らすことができます。

ケース②「明確な転職目的がない人」

明確な目的がない人は、「転職目的を明確にしてから」他職種へ転職した方がいいです。

理由は、以下のとおり。

  1. 転職目的が曖昧…
  2. 行き当りばったりの転職活動をしてしまう
  3. 転職後に後悔する確率が高くなる
  4. それによって、短期間で転職を繰り返してしまう確率も高くなる
  5. 履歴書が傷つき、採用担当に与える印象が悪くなってしまう
  6. 結果、内定をもらえなくなる確率が高くなってしまう

上記のとおりで、転職目的が曖昧だと、結果として負の連鎖に陥る可能性が高くなってしまうんです。

転職目的の明確化は、そういった悪循環を防ぐための有効な手段になります。

【実証済】看護師から他職種へ転職する方法【失敗を防ぐためにやるべきこと】

繰り返しになりますが、後悔&失敗しない転職をおこなうためには、「転職活動の軸=転職の目的」を明確にすることが重要。

そのためにおこなうべきことが、「自己分析」です。

というのも、転職の軸を明確にするためには、自己分析をおこない「どう生きたいか」を明確にする必要があるから。

【無料】自己分析をおこなう方法

とりあえずは、無料で利用できる「キャリアプラン作成補助シート」を利用すればOK。

キャリアプラン作成補助シートには、自分の個性・性格や仕事を選ぶうえでのこだわり、自分の強み・弱み、将来取り組みたい仕事や働き方などに答える項目があります。

これらの項目を一つずつ答えていくことで、自己理解をおこなうことができ、最終的に「どう生きたか」を明確にすることができます。

キャリアプラン作成補助シートは、厚生労働省のジョブカード制度の一つで、「ジョブカード制度総合サイト」から無料でダウンロードすることができます。

  • キャリアプラン作成補助シート(PDFExcel記入例
  • キャリアプラン作成補助シート付録(PDFExcel*必要に応じて

*参照:厚生労働省・ジョブカード制度総合サイト

一人で考えても、どうすればいいかわからない…

そんな場合は、誰かに相談するのがいいと思います。

というのも、自分が本当に思っていることを明確にするためには、誰かと「話をしながら」頭の中を整理することが大切だから。

相談する相手は、話しやすい相手なら親でも友人でも、同期、先輩でも誰でもOK。

また、今だと「どう生きたいか?」を明確化してくれる、キャリアのパーソナル・トレーニングサービスもあるので、そういったものを利用するのもいいと思います。

朝比奈
朝比奈
あと、これは宣伝ですが、私自身も「看護師を辞めたい方の生き方相談」というものをやっています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、一度、みてもらえるとうれしいです。

看護師を辞めたい方の生き方相談を受けます【看護師歴10年×転職アドバイザー】こんにちは、Life-Climber朝比奈です。看護師を辞めたいけど、どうすればいいかわからない…そんなあなたにとっての、最適な生き方を一緒に考えます。...

転職活動の軸が明確になれば、面接のときも安心

なぜなら、「看護師を辞めた理由」と「就職したい理由」を答えられるようになるから。

とはいえ、これまで看護師の経験しかない人が、なんの予備知識もなく他職種へ転職するのはリスク大。

そういったリスクを限りなくゼロにするために利用すべきなのが、転職支援を受けることができる転職サイトの利用です。

看護師から他職種へ転職するときに使うべき転職サイト【まずはキャリアアドバイザーに相談するべし】

他職種への転職を考えているなら、マイナビエージェントやリクナビネクストなどの大手転職サイトに登録すればOK。

というのも、大手の転職サイトなら、転職を支援してくれるキャリアアドバイザーが在籍しているから。

実際問題、看護師から他職種への転職は、看護師から看護師への転職とは事情がまったく異なります。

自分の置かれている状況を客観的に理解し、後悔のない転職をするためにも、まずはキャリアアドバイザーに相談をするところからはじめるのが最適解です。

看護師転職サイトの完全利用ガイド【失敗しないためのマニュアル書】看護師転職サイトの利用を考えている。とはいえ、 右も左もわからない状態なので、どんな感じで利用すればいいか知りたい。また、実際に転職サイトを利用した人の立場から、おすすめの看護師転職サイトを教えてほしい。こういった疑問に答えます。...

よくある質問「他職種は他職種でも、看護師資格を活かせる職場で働きたい…。そういった職場はありますか?」

病院で働いているとなかなか気づかないですが、病院以外にも看護師資格を活かして働くことができる場所は結構あります。

具体的には、以下のとおり。

老人ホーム 保育園 障害者福祉施設
企業の看護師 治験コーディネーター ツアーナース
救護室 デイサービス 検診センター
美容クリニック 訪問看護 献血ルーム
児童養護施設 コールセンター クリニカルスペシャリスト
クリニック 訪問入浴 etc…

仕事内容や年収については、以下の記事で解説しています。

看護師の働く場所は、病院以外にもたくさんある【オススメは介護系】病院以外で、看護師が働くことができる場所を知りたい。できれば、働く場所ごとの仕事内容や、給料、オススメの職場なども知りたい。病院以外で働きたいと思っているので、実際に働く場所を変えたことがある看護師の話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

他職種への転職したいけど不安大…【派遣看護師×アルバイトが最適解】

悩みを抱えた看護師
悩みを抱えた看護師
他職種へ転職したいけど、未経験の職種でいきなり正社員として働くのは不安…。

そもそも、経験がないのに内定をもらえる自信がない…。

できれば、ある程度は、経験をつんでから他職種への転職を挑戦したい。

そんな悩みを抱えているなら、「派遣看護師×アルバイト」という形で働くのがいいです。

理由は、生活費を稼ぎながら、興味がある職種の経験を積むことができるから。

派遣看護師なら時給2,000円超の職場で働くことも可能

具体的には、以下のとおり。

病院 1,800〜2,200円
検診センター 1,600〜1,800円
保育園 1,500〜2,000円
特別養護老人ホーム 1,500〜2,000円
有料老人ホーム 2,000〜2,200円
デイサービス 1,450〜2,000円
訪問入浴 1,580〜1,800円
コールセンター 1,900〜2,000円
クリニック 1,500〜2,000円

*2020年6月現在
参照:MC-ナースネット

例①「週3日:派遣看護師(時給2,000円)+週2日:アルバイト(時給1,000円)」の場合

具体的には、以下のとおり。

  • 2,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 3日/週 ☓ 4回/ヶ月=192,000円
  • 1,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 2日/週 ☓4回/ヶ月=64,000円

派遣看護師とアルバイトの収入を足すと、「256,000円」。

十分に生活できる金額ですよね。

例②「週2日:派遣看護師(時給2,000円)+週3日:アルバイト(時給1,000円)」の場合

具体的には、以下のとおり。

  • 2,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓2 日/週 ☓ 4回/ヶ月=128,000円
  • 1,000円/時間 ☓ 8時間/日 ☓ 3日/週 ☓ 4回/ヶ月=96,000円

派遣看護師とアルバイトの収入を足すと、「224,000円」。

こちらも、十分に生活できる金額ですよね。

しかも、アルバイトを週2→週3に増やしたため、より短時間で経験を積み上げることができます。

実際に利用してよかったおすすめの派遣会社

以下のとおり。

ちなみに、派遣会社にはそれぞれ得意な分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。