その他

【実体験】看護師でも楽な職場で仕事ができます【介護系がよかった】

楽な職場で仕事をしたいと思っている看護師
楽な職場で仕事をしたいと思っている看護師

看護師ですが疲れました…、楽な職場で仕事をしたい…。

そもそも看護師でも、楽な職場で仕事をすることができるの?

かりに楽な職場があったとして、楽な職場で仕事をするデメリットはある?

一旦、楽な職場で仕事をしたいので、実際に楽な職場で働いたことがある人の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈

この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私自身、看護師の仕事はキツイのがあたりまえで、楽な職場で仕事をするなんて不可能だと思っていましたが、それは私の勝手な思い込みでした。

それがわかったのは、介護系の職場に転職したから。

もちろん、介護は介護の大変さはありますが、個人的には「病棟・オペ室の仕事と比べたら楽な職場だな」と感じました。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、看護師でも楽な職場で仕事ができる話や、具体的な仕事内容、デメリットなどを解説します。

【実体験】看護師でも楽な職場で仕事ができます【介護系がよかった】

結論として、看護師でも楽な職場で、仕事することができます。

なぜかというと、看護師の転職先のなかには、病棟よりも身体的・精神的負担が軽い職場があるから。

その一つが、介護系の職場です。

介護系の職場は、病棟より仕事内容が楽だった

実際に私の場合は、介護系の職場(デイサービス・訪問入浴・介護施設)で仕事をしましたが、病棟と比べて楽だなと感じました。

理由は、以下のとおり。

  • 医療行為がほぼほぼない
  • ストレスが少ない
  • 心と体の負担が少ない

一つずつ解説します。

楽な理由①「医療行為がほぼほぼない」

というのも、介護と看護では、仕事内容の根本が違うから。

具体的には、以下のとおり。

  • 介護:日常生活を安全かつ快適に営むためのサポート
  • 看護:病気や怪我などの治療や療養のサポート

実際に私が働いた介護施設では、ほとんどの人がある程度自立した生活を送っていました。

そのため、お風呂介助や移動介助、排泄介助など、日常生活のサポートがメインでした。

また、医療行為があるとしても、血糖測定やインスリン注射、褥瘡処置、胃ろうなど、高度な知識やスキルがなくてもできるものでした。

そういったこともあり、病棟に比べて仕事が楽に感じました。

急変時の対応について

ちなみに、私の職場では、入居中の利用者さんが急変したとしても、救急車で病院で運ばれる仕組みになっていました。

そのため、救急カートを使っての処置や除細動器を使う場面は一度もありませんでした。

楽な理由②「ストレスが少ない」

私がそう感じたのは、「ミスをしたら死なせてしまうかもしれない…」というプレッシャーから解放されたから。

実際に私が働いた介護施設では、点滴をしてる人はいなかったので、薬の誤点滴の心配をする必要がなくなりました。

もちろん、オペ出しなんてないので、プレッシャー大なオペ患の管理もなくなりました。

また、基本的に時間がゆったりと流れているので、時間に追われて仕事をする、というストレスからの解放されました。

こんな感じでストレス減で働けるという点においても、介護系は病棟に比べて楽な職場であると言えます。

楽な理由③「心と体の負担が少ない」

理由は2つ。

  • 夜勤なしで働くことができる
  • 業務負担が少ない

実際にデイサービス、訪問入浴、介護施設含め、夜勤なしで働くことができました。

結果、生活リズムが一定になり、生活の質が大幅に改善され、心身の負担が劇的に少なくなりました。

それに加えて、私が働いた介護施設では、利用者さんのペースに合わせたスケジューリングが組まれていました。

そのため、病棟に比べてゆったりと働くことができ、心と体への負担が少なかったです。

介護施設は楽な職場だけど、注意点がある

それは、介護施設での仕事には向き不向きがあるという点です。

というのも、病棟勤務と介護施設では、さまざまな違いがあるから。

具体的には、以下のとおり。

  • 業務における考え方にギャップがある
  • 病棟の当たり前は介護施設には通用しない
  • 求められているニーズが違う

詳しくは、以下の記事で解説しています。

看護師が介護施設へ転職する際の注意点【正直、向き不向きありです】看護師が介護施設に転職する際の注意点を知りたい。看護師が介護施設へ転職するメリット・デメリットを知りたい。看護師としてのブランクがあっても、介護施設で働くことはできますか?病棟勤務から逃げたいという理由で、介護施設に転職するのはあり?というか…病棟勤務から介護施設への転職はハードですか?介護施設での看護師の役割や業務内容などを知りたい。これから介護施設への転職を考えているので、実際に病棟勤務から介護施設へ転職した看護師の話を知りたいです。こういった疑問に答えます。...

看護師が楽な職場で仕事をするデメリット【私の場合は給料が減った】

介護系の職場は、病棟に比べて楽だなと感じる職場でした。

ただ、それに伴うデメリットもありました。

それが、「給料が減ってしまった」ということです。

理由としては、「夜勤がなくなった」のが一番大きかったです。

【悲報】夜勤がない職場は楽だけど、給料が下がる…

理由はもちろん、夜勤手当がなくなるから。

ちなみに、夜勤手当の平均は、以下のとおりです。

1回あたりの金額 1ヶ月あたりの金額
三交代勤務(準夜勤) 約4,000円 約35,000円
三交代勤務(深夜勤) 約5,000円
二交代勤務 約10,000円 約44,000円

上記はあくまでも目安ですが、夜勤なしになると、約40,000円近くの収入がなくなることになります。

年間でいうと480,000円、かなり大きいですよね。

このように夜勤なしの職場で働こうと思うと、どうしても年収・給料が下がることが多くなってしまいます。

夜勤なし・夜勤ありの職場で、看護師の給料・年収を比べてみた

ここでは、さらにわかりやすいように、夜勤なしの職場と夜勤ありの職場の給料・年収を一覧にしてみました。

あくまでも、目安なので参考程度にしてください。

給料 年収
病院(夜勤あり) 約38〜41万 約460〜490万
介護施設(夜勤なし) 約30〜39万 約360〜470万
デイサービス 約28〜37万 約340〜450万
訪問入浴 約25〜35万 約300〜420万

*2021年2月時点

上記はあくまでも目安ですが、介護系の職場では、病院(夜勤あり)に比べて、給料・年収が下がることがわかります。

夜勤なしでも年収・給料をキープしたい看護師がやるべきこと【副業】看護師だけど、夜勤なしで働きたいです。とはいえ、夜勤なしで働くとなると、収入面で不安がある。看護師が夜勤なしで働くた場合、年収・給料がどれくらい変わるのかを知りたい。そもそも、夜勤なしで正社員で働くことができる職場はあるの?あるなら、どんな職場があるのか教えてほしい。これから、夜勤なしで働きたいので、実際に夜勤なしで働いたことがある看護師の話が聞きたいです。こういった疑問に答えます。...

とはいえ、私の場合はデメリット以上のメリットを感じた

一番の理由は、病棟に比べてゆったりと働くことができ、ストレスが激減したから。

それに加えて、夜勤がなくなったことで、生活リズムが一定になり、生活の質が大幅に改善され、心身の負担が劇的に少なくなったのも、大きなメリットでした。

看護師が楽な職場で仕事をするのは悪いことではない【価値観は人それぞれ】

私は、楽な職場で仕事をするのは、悪いことではないと思っています。

なぜかというと、「働き方に対する価値観」というのは、人によって異なるから。

価値観が違う看護師4名を比較してみる

たとえば、看護師を下記のとおりで比較します。

  • 看護師A:看護師なら、楽な職場で働くべきではない
  • 看護師B:看護師でも、なるべく楽な職場で働きたい
  • 看護師C:看護師なら、病院で働くべき
  • 看護師D:看護師でも、病院以外で働いてもいい

ここで注意すべき点は、2つあります。

  • 誰か一人の意見が、絶対正しいなんてことはない
  • 同じ看護師でも、働き方の価値観は人によって異なるという事実を受け入れる

実際問題、同じ看護師でも、働き方の価値観は人によって異なります。

だからこそ、あなたが楽な職場で働きたいと思ったら、相手の意見を気にせず自分の気持ちを大事にすればいいと思います。

【朗報】看護師なら低リスクで転職できる

理由は、以下のとおり。

  1. 今後も看護師不足が続く
  2. 仕事に困ることがない(条件にこだわらなければ)
  3. 衣・食・住に困ることがない
  4. 低リスクで仕事を辞めることができる

実際、看護師不足に関しては、、厚生労働省の看護職員需給見通しの今後の進め方について(案)の、看護職員確保対策についてでは、以下のような明記があります。

社会保障・税一本改革の試算では、2025年に看護職員が約196〜約206万人も必要とされており、今後、仮に3万人/年のペースで増加しても、約3万人〜13万人分のギャップが生じるとされている。

出典元:第2回看護職員需給見通しに関する検討

上記のとおりで、今後も看護師は多くの職場で必要とされるため、低リスクで仕事を辞めることができます。

なので、楽な職場で働きたいと思ったら、とりあえず転職してみるのがいいです。

かりに、「あ、間違った…」と思っても、また病院に戻ることもできるので問題なしです。

【実体験】看護師が解説する失敗しない転職の始め方【マニュアル書】看護師ですが、転職を考えています。とはいえ、なにから始めたらいいのかわからない…。失敗や後悔をしたくないので、実際に転職経験がある看護師から転職のノウハウ等を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...