看護師転職サイト

看護師の転職におすすめの転職エージェント3選【失敗しない転職】

転職を考えている看護師
転職を考えている看護師
看護師の転職でオススメの転職エージェントを知りたい。

というか…本当に転職エージェントを利用したほうがいいの?

転職に失敗したくないので、転職エージェントのメリット・デメリットや、実際に転職エージェントを利用した人の体験談を知りたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

看護師にオススメの転職エージェントに関して、実体験にもとづいて解説します。

看護師の転職を有利に進める転職エージェント3選

結論からいうと、以下の3つの転職サイトに登録すれば大丈夫です。

理由は明確で、基本的にどこの転職サイトも大差はないからです。

実際に私自身も、これらの転職サイトだけで失敗のない転職をすることができたからです。

  • マイナビ看護師|超大手の転職サイト:転職エージェント在籍
  • 看護のお仕事|看護師専門+地域に特化した転職サイト:転職エージェント在籍
  • ナースパワー|採用する側にも優しい転職サイト:転職エージェント在籍

体験談「実際に転職エージェントを利用したAさんの話」

率直な意見として、転職エージェントの質にはバラツキがあります。

その理由はさまざまで、単純に経験が浅い・自分の売上を重視する人・経験が豊富な人・あなたの希望にあった転職先を全力で探してくれる人など…さまざまな思いをもって働いている人がいるからです。

実際に転職サイトを利用したAさんの担当には、自分の売上を重視するタイプのエージェントがついてしまいました。

その結果、退職を急かされたうえ、強引に転職先との面接をセッティングされてしまいました。(幸いAさんは、最後の最後で内定を辞退することができました。)

よくある質問「こんなことがあるなら転職エージェントを利用しないほうがいいのでは?」

たしかにAさんの体験談みてからだと、そう思うかもしれません。

しかし転職の失敗確率を下げるためには、転職エージェントの利用は最適な手段の一つといえます。

なぜかというと転職エージェントは適切に利用すれば、あなたの強い味方になってくれるサービスだからです。

転職エージェントは適切な利用をすればあなたの強い味方になる

転職エージェントを適切に利用するためには、あなたが転職エージェントをコントロールするくらいの気持ちでいることが重要です。(言い方が悪いですが…)

なぜなら転職エージェントを利用した転職失敗の多くは、転職エージェントに任せすぎていることが原因になっているからです。

実際に転職に失敗した人の話を聞いてみると、転職エージェントにいわれるがまま転職活動をすすめてしまったという声を多く聞きました。

こうした失敗を防ぐためには、転職エージェントのペースではなく、あなたのペースで転職活動をすすめていくことが重要です。

転職エージェントは変更できる

強引に転職活動をすすめてくる転職エージェントにつかまった場合は、担当者を変更してもらうことをオススメします。

この場合、転職サイトごと変更したほうがいいのではと思う方もいると思います。

しかしどの転職サイトにも、同じような転職エージェントがいるので根本的な解決にはなりません。

看護師が転職エージェントを利用するメリット・デメリット

転職エージェントを利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • 無料で転職サポートをしてくれる
  • 希望を伝えれば求人を探してれる(非公開求人有り)
  • 履歴書・職務経歴書の作成を手伝ってくれる
  • 面接対策をおこなってくれる
  • 面接日の調整をしてくれる(場合によっては同席もしてくれる)
  • 条件・待遇面の交渉をしてくれる
  • 内定を辞退したい場合は代わりにおこなってくれる
デメリット
  • 転職エージェントの質にバラツキがある
    *電話がしつこい
    *聞いていた条件と違った
    *交渉力が弱い
    *etc…

詳しく解説します。

希望を伝えれば求人を探してれる(非公開求人有り)

実際に自力で探した方はわかると思いますが、スマホやパソコンで求人情報を探すのって結構大変な作業ですよね。(その割にどこも一緒にみえてなにを基準に選んだらいいのかわからず、余計に迷ってしまうことも…。)

転職エージェントでは、こちらの希望を伝えるだけで求人を探してくれたのでそういった労力をつかわずにすみました。

また紹介してくれた求人のなかには、自分が調べてもでてこない求人情報もあり、転職先の幅がグッと広がりました。

履歴書・職務経歴書の作成を手伝ってくれる

履歴書と職務経歴書は、社会人としての最低限のマナーが試されるものだと個人的には思います。

実際に転職サポートをしていると、履歴書・職務経歴書を確認する機会があるのですが、「え…」と思ってしまう履歴書・職務経歴書を目撃することがあります。

でもそれって一人で書いていても気づかないですし、採用担当者の方がアドバイスをくれるわけでもないんです。

転職エージェントは、そういった恥ずかしい事態を防ぐための防波堤になってくれるんです。(私もがっつりおせわになりました。)

面接対策を行なってくれる

私も経験しましたが新卒のときと転職のときの面接は、まったく違うものになります。

私の場合は、一番はじめの転職を自力で行いましたが、新卒と同じ雰囲気で面接を受けにいきボロボロな面接に終わりました。

そんな経験を二度としたくないと思い転職エージェントを利用しましたが、的確なアドバイスのおかげで格段にレベルアップした面接をすることができました。

条件・待遇面の交渉をしてくれる

条件・待遇面の交渉を自分でできますか?私はできませんでした…。

そもそも条件・待遇面の交渉をするという発想が、転職エージェントを利用するまでありませんでした。

実際、私の場合も給料の交渉をしてもらい、年収をアップしてもらうことができました。

転職エージェントを無料で利用できる理由

無料で利用できるのは、転職先から「紹介手数料」をもらっているからです。

一般的に紹介手数料は年収の20〜30%前後になります。

仮にあなたがA病院に転職した際の理論年収が500万円の場合は、転職エージェントに100〜150万円の紹介手数料が支払われることになります。

この紹介手数料が転職サポートの資金になっているため、無料で利用することができるんです。

よくある質問「紹介手数料がかかると転職に不利になる?」

結論として、不利になることはほとんどありません。

なぜなら紹介手数料を払ってでも、人材を確保したいと思っている職場が多いからです。

実際に採用担当者の方と話をしましたが、募集を出してもなかなか応募がないのが現状で、転職エージェントからの紹介も利用しないと人材不足を解消できないという職場が多いといっていました

転職を検討しているならまずは相談してみる

結論として転職を検討しているなら、まずはその道のプロである転職エージェントに相談するのが正解です。

なぜなら失敗しない転職をするためには、事前準備がかなり重要だからです。

実際に私は退職してから転職活動をはじめましたが、条件にあう職場を見つけて内定をもらうまでに数ヶ月ほど時間がかかってしまいました。(その職場も条件面でもめて数ヶ月後に退社しました…。)

もちろん当面のあいだ生活するお金はありましたが、毎月の収入がなくなるというのは精神衛生上よろしくありませんでした。

こういった失敗を避けるためには、転職を検討している現段階で転職エージェントに相談するのが正解です。

【無料】私が実際に利用した転職エージェント
  • マイナビ看護師|超大手の転職サイト:転職エージェント在籍
  • 看護のお仕事|看護師専門+地域に特化した転職サイト:転職エージェント在籍
  • ナースパワー|採用する側にも優しい転職サイト:転職エージェント在籍

【体験談有】看護師にオススメの転職サイト3選