悩み

看護師に向いてない、辞めたい…【新人での転職はオススメしません】

看護師に向いてない、辞めたいと思っている人
看護師に向いてない、辞めたいと思っている人
先輩から「あんた、看護師に向いてない」と言われました。

わたし自身も看護師に向いてないと感じていて「今すぐにでも仕事を辞めたい」と、思っています…。

そもそも看護師に向いてないないという理由で、仕事を辞めてもいいですか?

辞めない方がいいなら「仕事を続けるための対処法」を知りたいです。

辞めてもいいなら「看護師を辞めたあとの仕事の決め方や転職方法」などを知りたいです。

どちらにしても後悔だけはしたくないので、わたしと同じように「看護師に向いてない、辞めたい…」と思ったことがある人の経験談を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は、フリーナースの学校を運営しています。

「看護師に向いてない、辞めたい…」、その気持ち痛いほどよくわかります。

なぜならわたし自身、看護師に向いていないという理由で、病院を辞めた経験があるから。

そんな私も、病院を辞めるときは周囲から猛反対をうけ、「本当に辞めてもいいのか…」とかなり悩みました。

それでも自分の決断を信じて退職した結果、最終的に自分に向いている仕事に出会うことができました。

もしもあの時、周囲の猛反対にくじけて病院を辞めずにいたら、今でも向いてないと思う仕事をイヤイヤ続ける毎日を送っていました。

イヤイヤ仕事を続ける毎日を送らずにすんでいるだけでも、勇気をだして病院を辞めた価値があると思います。

今回は、そんな私の実体験にもとづいて

  • 看護師に向いてないと思ったときにやるべきコト
  • 看護師に向いてないという理由で仕事を辞めてもいい人・続けるべき人
  • 看護師に向いてない、辞めたい…という状況を乗りこえる方法
  • 仕事を辞める決意したときにやるべきこと

などを解説していきます。

目次
  1. 看護師に向いてない、辞めたい…【その気持ちわかります】
  2. 看護師に向いてないと思ったときにやるべきこと【自分の特徴(性格)を知る】
  3. 看護師に向いてないという理由で辞めたい人へ【新人での転職はオススメしない】
  4. 看護師に向いてない、辞めたい状況を乗りこえる【5つの方法】
  5. 看護師に向いてない、辞めると決意したら【すぐに転職の準備をはじめるべし】

看護師に向いてない、辞めたい…【その気持ちわかります】

「看護師に向いてない、辞めたい…」、その気持ち痛いほどよくわかります。

なぜならわたし自身、下記のような理由で、看護師向いてない、辞めたい…と思いながら働いていたから。

  • ドロドロした人間関係になじめない…
  • 経験を重ねるほど夜勤がキツくなる…
  • マルチタスク力がまったく上がらない…
  • 看護という仕事仕事に情熱をもてない…
  • 仕事よりもプライベートを重視したい…

理由①「ドロドロした人間関係になじめない…」

看護師に向いてないと思った1つめの理由は、「ドロドロとした人間関係がほんとうにイヤだった」です。

若いころは先輩から、陰湿で無慈悲なイジメや過激で理不尽なパワハラを受け…。

手術室では、医師から人格を否定されるようなパワハラを受ける。

経験年数が上がるにつれて、先輩や医師からのイジメやパワハラは減りましたが、今度はイジメやパワハラを受けている「後輩の姿」をみることに…。

イジメやパワハラを受けているのもイヤでしたが、ドロドロとした人間関係に苦しんでいる後輩を見ているのも同じくらい心が痛む…。

そんなストレスを抱えながら看護師を続けるのはムリと悟った瞬間に、看護師には向いてない、辞めようと決意しました。

理由②「経験を重ねるほど夜勤がキツくなる…」

看護師に向いてないと思った2つめの理由は、「夜中に仕事をするのが、本当に苦痛で苦痛で仕方なかった」です。

先輩からは「そのうち慣れてくるよ」と言われましたが、そんな気配は一切なし…。

むしろ経験年数を重ねるたびに、苦痛が増大していくのを身にしみて感じていました。

とくに30代目前なってからは、心身の限界を感じるようになり「あ、このまま一生夜勤を続けるのはムリ…、看護師には向いてない…」と確信しました。

理由③「マルチタスク力がまったく上がらない…」

看護師に向いてないと思った3つめの理由は、「マルチタスク力がまったくと言っていいほど、上がらなかった」です。

先輩や他の同期が要領よく仕事をしている一方で、私といえば…、

  • 同時多発的な事態に対処できずにテンパる…
  • 複数案件にうまく優先順位をつけれずパニクる…
  • 複数作業になると頭の回転が追いつかずに効率ダウン…
  • イレギュラーの事態に遭遇すると、手際が悪くなり作業時間が大幅アップ…
  • 不器用で要領が悪く、複数作業をスマートにこなせないため自己嫌悪におちいる…
  • etc…

などマルチタスク力のなさを毎日のように露呈していました。

「10年続けても、マルチタスク力が上がらない…」という悲しい現実を突きつけられた瞬間に、看護師に向いてないと確信しました。

理由④「看護という仕事に情熱をもてない…」

看護師に向いてないと思った4つめの理由は、「看護という仕事への情熱が少しずつ失われていった」です。

実際、仕事への情熱が失われていくとともに…

  • 楽な仕事をしたい…
  • 勉強するのが苦痛…
  • 勉強をする気がおきない…
  • 業務についていくのが苦痛…
  • 新しい知識をつけるのが苦痛…
  • 新しい業務をなかなか覚えられない…
  • 仕事や技術の習得力が同僚に比べて低い…
  • 患者さん・家族との関わりに苦痛を感じる…
  • 命に関わる責任・プレッシャーに苦痛を感じる…
  • etc…

など看護師として成長するための意欲や、看護師として責任感も少しずつ失われていきました。

しかもわたしの場合、「手に職をつける」という目的で看護師になったので、余計に仕事への情熱を維持することが難しかったです。

仕事への情熱を維持することができない…、という自分の気持ちを悟った瞬間に、看護師に向いてない、辞めたほうがいいと決心しました。

理由⑤「仕事よりもプライベートを重視したい…」

看護師に向いてないと思った5つめの理由は、「仕事よりもプライベートの重視を考えるようになった」です。

それこそ3年目までは、仕事を覚えることに精一杯で「仕事よりもプライベート」という考えにはいたりませんでした。

それに加えて先輩や上司からの、

  • 有給はとれないのが常識
  • 長期休暇はとれないのが常識
  • サービス早出・サービス残業が常識
  • etc…

というむちゃくちゃな常識をすり込まれていたのも大きかったです。

そんなむちゃくちゃな常識に疑問をもちはじめたはじめたのが、5年目を過ぎたころ。

  • 「有給がとれないなんて変だよな」
  • 「長期休暇とれないの変だよな」
  • 「サービス早出・サービス残業って変だよな」
  • 「etc…」

など看護師の働き方に納得いかないことが多くなりました。

もちろん働き方に納得いかない状態で看護師を続けることは難しく…。

最終的には「有給とりたい、長期休暇とりたい、早出・残業したくない」と思っている時点で看護師には向いてないなと思い、病院を辞める決意をしました。

【実体験】看護師に向いてないと思っても絶望することはない件

経験として、看護師に向いてないと思っても絶望することはありません。

なぜなら「あなたの看護師としての価値」は、いまの職場ですべて決まるわけではないから。

たとえば私の場合、病棟看護師は向いてなかったですが、手術室看護師は向いていました。

そう言い切れるのは、単純に手術にたずさわるのが楽しかったから。

手術室が向いているというのは雰囲気にもあらわれていたようで…

病棟のときに仲の良かった薬剤師の人から「なんか病棟にいたころよりも生き生きして、楽しそうだね」

と言われたことがあります。

この経験をとおしてわかったのが、「自分の特徴(性格)に向いている職場で働く」ことの重要性でした。

そしてそのために必須となるのが、自分の特徴(性格)を知るという作業です。

看護師に向いてないと思ったときにやるべきこと【自分の特徴(性格)を知る】

看護師に向いてないと思ったら、あなたの特徴(性格)を知ることからはじめましょう。

なぜならあなたの特徴(性格)によって、向いてない職場・向いている職場が異なるから。

たとえば急性期は向いてないけど慢性期は向いている、病院看護師は向いてないけど施設看護師は向いているなど、特徴(性格)によって選択肢が変わってきます。

「あなたの特徴(性格)を知る」ことは、数ある選択肢のなかから「最適な職場を選ぶ」ための大切な作業になります。

あなたの特徴(性格)を知る方法

あなたの特徴(性格)を知る方法を知る方法は、さまざまありますが、まずは「無料」で利用できるツールを利用するのがいいです。

具体的には、マイナビ看護師の「職場発見診断」や看護のお仕事の「職場適正診断」をあたりがオススメ。

ちなみにわたしが、マイナビ看護師と看護のお仕事の適性診断をおこなったところ、下記のような結果がでました。

マイナビ看護師の結果(全8問:回答時間約2分)
タイプ 独立心旺盛な挑戦者
特徴 パワフルでエネルギッシュ、意思が強く、決断力・実行力がある
向いてる職場 ・上からの命令に従って動くより、独立した働き方
・全部を自分の責任で行い、自分の判断や裁量でやれるような現場
向いていない職場 ・自分のエネルギーを持て余すような単調な仕事や刺激のない職場。報酬が少ない仕事
・つねに上からの指示に従い、命令どおりにやらなければならないような仕事
・マニュアルどおりに行わなければならない作業
・協調性が必要とされる職場や保守的な職場
オススメの職場 訪問看護・デイサービス・ケアマネ・救急外来など
看護のお仕事の結果(全4問:回答時間約1分)
タイプ てきぱき的確な判断を下せる、自主性タイプ
特徴 ・判断力があり、臨機応変に対応できる自信がある。人への交渉力がある
・行動や思考を言葉にして伝える力がある
向いている職場 組織の中の一人としてがんばるより、自分という柱をしっかりともって様々な場所にとびこんでいくことが向いている
オススメの職場 訪問看護・クリニック・介護入所系

こんな感じで診断ツールをつかうと、自分の特徴(性格)を可視化できます。

ちなみにわたしの診断結果は、あながち間違いではなかったです。

その証拠にいまは、会社に属さず生きていくためのスキル・知識を身につけるために、日々、インプット・アウトプットをおこなっています。

もちろん診断ツールはあくまでも参考ですが、自分の特徴(性格)を客観視するためには有益なツールです。

診断ツールは「無料」で利用でき、たった数分で終わるので、軽い気持ちでやってみましょう。

【無料】あなたの特徴(性格)を調べられるツール

あなたの特徴(性格)がわかった後にやるべきコト

あなたの特徴(性格)に「向いている職場への転職」を、検討しましょう。

なぜなら自分の特徴(性格)に向いている職場で働いたほうが、人生の幸福度が格段にアップするから。

実際にわたしの場合は、看護師10年目のときに「つねに上からの指示に従い、命令どおりにやらなければならない」という病院勤務が向いてないという理由で、転職を決意しました。

結果、いまは看護師ライターとしてフルリモートワークで働けるようになり、病院時代に比べて格段に人生の幸福度が上がりました。

このように自分の特徴(性格)に向いている職場への転職は、人生を好転させるキッカケになります。

ただし人生を好転させるキッカケになる転職も、「辞めるタイミング」によってマイナスの要因になってしまうので注意が必要です。

看護師に向いてないという理由で辞めたい人へ【新人での転職はオススメしない】

結論として、看護師に向いてないという理由で仕事を辞めるのは「全然あり」。

ただし看護師を辞めるなら「3年目をやりきってから」のほうがいいです。

なぜなら3年目をやりきると、下記のようなメリットを得られるから。

  • 人生の保険ができる
  • 働き方の幅がひろがる
  • 転職先選びの幅がひろがる

とくに「人生の保険ができる」は、転職活動をすすめるうえでのプラス要因になります。

人生の保険が転職活動をすすめるうえでのプラス要因なる理由

理由は、「低リスク」で転職できるようになるから。

実際、人生の保険があると、「仕事に困らなくなる=衣食住に困らなくなる」なるため、失敗を恐れることなくさまざまな挑戦ができます。

わたしが「公務員看護師という安定した立場」をすて、新しい挑戦をすることができたのも、人生の保険があったのが大きいです。

とはいえ状況によっては、3年目をやりきる前に辞めた方がいい場合があります。

【重要】3年目をやりきる前でも辞めるべき人

下記のような症状が「2週間以上続いている場合」は、うつ病の可能性があるため、3年目をやりきる前でもすぐに辞めるべきです。

気分や行動面について
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう
  • 「自分という人間には価値がない」という思いが強い
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している
  • 仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)
身体面について
  • 重く締めつけられるような頭痛がある
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛みがある
  • 食欲不振、胃の痛みがある
  • 発汗、息苦しさなどがある

*引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

ただし、新人でもうつ病の症状がないなら3年目までやりきろう

なぜなら3年目までやりきると、下記のようなメリットを得られるから。

  • 人生の保険ができる
  • 働き方の幅がひろがる
  • 転職先選びの幅がひろがる

もちろんうつ病になるまで我慢するのはNGですが、「低リスク」で転職活動をおこなうためには、できる限り3年目をやりきるまでがんばった方がいいです。

そこでここからは、看護師に向いてないと悩んでいる状況を乗りこえるための方法について解説していきます。

看護師に向いてない、辞めたい状況を乗りこえる【5つの方法】

看護師に向いてない、辞めたいという状況を乗りこえる方法は、下記のとおり。

  • 他人と比べない
  • 期限を決めて働く
  • 失敗を肯定的に捉える
  • 先輩の指導は話半分で聞く
  • 共感してもらえる相手に苦しい気持ちを吐き出す

方法①「他人と比べない」

看護師に向いてない、辞めたいという状況を乗りこえるためには「他人と比べない」ことが重要。

なぜなら仕事を覚えるペースや、仕事ができるようなるスピードは、人それぞれ違うから。

わたしの場合は、仕事を覚えるのも、できるようになるのも、他の人に比べて遅くて毎日のように先輩に怒られていました。

それに加えて「なんで他の人に比べて自分はこんなにもできないんだろう…」、といつもいつも自己嫌悪に陥っていました。

そんな自己嫌悪にさいなまれる毎日を乗りこえることができたのは、他人ではなく「自分と比べられる」ようになったから。

他人との差ではなく、昨日の自分との差を比べよう

昨日の自分との差を比べるときに重要なのは、できなかったコトではなく「できたコト」にフォーカスすること。

たとえば…

  • 昨日の自分よりも、吸引がうまくできた
  • 昨日の自分よりも、怒られる回数が減った
  • 昨日の自分よりも、点滴管理がうまくできた
  • 昨日の自分よりも、ルート確保がうまくできた
  • 昨日の自分よりも、申し送りがスムーズにできた
  • 昨日の自分よりも…etc…

など昨日の自分と比べて「できたコト」にフォーカスするようにしましょう。

できたコトにフォーカスすることで、自己肯定感があがり、仕事に対するモチベーションもあがり、もう少し続けてみようという意欲を少し高められます。

方法②「期限を決めて働く」

看護師に向いてない、辞めたいという状況を乗りこえるためには「期限を決めて働く」ことが重要。

なぜなら期限を決めると、その期限までがんばれば辞められるという「希望」がうまれるから。

期限はできれば3年をもうけて「3年かけて看護師に向いてるかを検証する」、という気持ちで働くのがいいです。

3年は長すぎる…と感じた場合は、1年という期限をもうけて「1年後に〇〇ができるようになっていたら、もう1年延長する」という気持ちで働きましょう。

もちろんうつ病の症状がでた場合は、すぐに辞めるべしです。

わたしの場合は、3年の期限をもうけました

私の場合は、3年かけて看護師に向いているかを検証するパターンで働きました。

その結果「どうせ3年後には辞めるんだし、やれるとこまでやってみよう」と考えられるようになり、なんとか4年目をやりきるまで病棟で働けました。

方法③「失敗を肯定的に捉える」

看護師に向いていない、辞めたいという状況を乗りこえるためには、失敗を肯定的に捉えることが重要。

なぜなら失敗を「否定的に捉えてしまう」と、失敗から学びを得る機会を失ってしまうから。

実際、失敗を否定的に捉えていると「失敗=後悔」という思考に陥りやすくなります。

さらに失敗=後悔という思考に陥ると、ただただ失敗を悔やむだけで終わってしまい、失敗から学びを得る機会を失ってしまいます。

しかも、失敗から学びを得る機会を失うと「ふたたび同じ失敗をくり返す→後悔→ふたたび同じ失敗をくり返す→…」という悪循環に陥ってしまうことにも…。

失敗を肯定的に捉えることは、失敗→後悔→失敗→…という悪循環に陥らないの重要な思考になります。

失敗から学びを得るためには、失敗を肯定的に捉えることが重要

なぜなら、失敗を肯定的に捉えると「失敗=反省」という思考になるから。

そして失敗=反省という思考になると「失敗した原因を客観的に分析できるようになり」失敗から学びを得られる機会が増えます。

さらに失敗から学びを得られれば、同じ失敗をくり返す回数が減り、結果として看護師に向いてないと思う状況も減らすことができます。

方法④「先輩の指導は話半分で聞く」

看護師に向いていない、辞めたいという状況を乗りこえるためには「先輩の指導は話半分で聞く」ことが重要です。

なぜなら先輩からの指導のなかには、悪意のある指導が含まれている場合が多々あるから。

たとえば、下記のような指導はあきらかに悪意にみちています。

  • 失敗やミスを過剰なまでに攻め立ててくる
  • あら探しをして、なにかにつけて嫌がせをしてくる
  • 患者や他のスタッフがいる前で、わざと怒鳴りつけてくる
  • ちょっとしたことですぐにキレて、いきなり暴言をはかれる
  • 八つ当たりをされたあげく、明らかに理不尽な理由で怒られる
  • 大声で怒鳴られ、個人の尊厳や人格を否定されるようなこともいわれる
  • etc…

上記のような悪意ある指導をすべて受け止めてしまうと、心身ともに削られてしまい、最悪の場合「うつ病を発症してしまう」危険があります。

うつ病という最悪な状態を避けるためには、先輩の指導を話半分で聞くことが重要になります。

先輩の指導を話半分で聞く方法

先輩の指導を話半分で聞くためには、聞く情報の取捨選択をおこない、自分にとって必要だと思う情報だけを聞くことが必須。

自分にとって必要だと思う情報を聞くスキルが身につけられれば、悪意のある情報のシャットダウンができ、心身への負担を減らすことができます。

方法⑤「共感してもらえる相手に苦しい気持ちを吐き出す」

看護師に向いてない、辞めたいという状況を乗りこえるためには、共感してもらえる相手に苦しい気持ちを吐き出すことが重要。

なぜなら苦しい気持ちをためこむと、心身に大きな負担がかかってしまうから。

さらに心身の負担を抱えすぎると、うつ病を発症し、日常生活にまで支障がでてしまう危険も…。

実際、同期のなかにも苦しい気持ちをため込み過ぎた結果、うつ病になってしまった人がいます。

うつ病になってしまった同期は、休職後、治療に専念して一度は職場に復帰しましたが、すぐに体調が悪くなりふたたび休職してしまいました。

その後も休職と復職を繰りかえすも、なかなか以前の状態に戻ることができない状態に…。

最終的には、病院に戻ってこれましたが、以前と同じ状態で働くことはできなくなってしました。

苦しい気持ちを吐き出す相手がいない…

そんなときは、無料の相談窓口を利用するのも一つの方法。

またわたし自身も、「生き方相談」という形で、サポートをおこなっています。

いずれにしても重要なのは、苦しい気持ちを吐きだせる環境をつくることです。

無料の相談窓口

【結論】3年目をやりきった段階で看護師に向いてないと思ったらすぐに辞めるべし

「なんとか3年目までやりきたっけど、やっぱり看護師に向いてない、辞めたい…」と思ったら、すぐに辞めた方がいいです。

なぜなら、決断するのが遅くなればなるほど「若さ+時間」という、貴重な資源をムダにしてしまう可能性が高いから。

実際にわたしも不安に負けて決断が遅くなってしまった結果…

  • 「7年」という貴重な時間
  • 「若さ」という貴重な武器

をムダにしてしまいました。

とくに若さは転職活動をするうえで、貴重な武器になります。

転職において「若さ」が貴重な武器になる理由

理由は、下記のような強みがあるから。

  • 若いほうが、体力がある
  • 若いほうが、柔軟性がある
  • 若いほうが、吸収力がある
  • 若いほうが、方向性をかえやすい
  • 若いほうが、たくさんのことを試すことができる
  • 若いほうが、トライ&エラーを実践できる時間がたくさんある
  • 若いほうが、etc…

上記のような強みを最大限いかすためには、なるべく早い段階で転職することが重要です。

わたしの場合は、不安に負け決断を先のばしにしてしまったせいで、若さという貴重な武器を最大限いかせなかったことを「今でもひどく後悔」しています。

看護師に向いてない、辞めると決意したら【すぐに転職の準備をはじめるべし】

失敗しない転職をおこなうためには、「3〜6ヶ月の期間」をもうけて転職活動をおこなった方がいいです。

3〜6ヶ月の期間をもうける理由は、熟考する時間を確保し「間違った選択をする可能性をゼロに近づける」ため。

具体的なスケジュールは、下記のとおりです。

スケジュール 内容
転職の決意 転職時期の決定
6〜4ヶ月前 自己分析
4〜2ヶ月前 求人探し
求人先への見学
求人先の絞り込み
面接対策・履歴書・職務経歴書の作成
2〜1ヶ月前 求人先への面接
転職終了 内定・入社

とくに「転職したいけど、なにから始めたらいいか分からない…」と、悩んでいるなら「自己分析」は必須になります。

詳しくは下記の記事で解説しているので、参考にしてもらえるとうれしいです。

【実証済】看護師の転職方法を徹底解説【後悔しない転職をする方法】看護師ですが、転職を考えています。とはいえ、なにから手をつければいいのかわからない…。転職したあとに後悔したくないので、失敗しない転職方法を知りたいです。具体的には、転職スケジュールの立て方やオススメの転職方法、自分に合った転職先を見つける方法などを知りたいです。それともう一つ、円満に退職する方法も知りたいです。失敗しない転職をおこないたいので、実際に転職した経験のある看護師のリアルな話を聞きたいです。こういった疑問に答えます。...
関連記事