看護師

看護師に向いてない…辞めたいと思った時の対処法【転職を考えよう】

看護師
看護師
看護師に向いてないと感じている。

看護師を辞めた方がいいのかな…

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 看護師に向いてない…辞めたいと悩んでしまう原因
  • 看護師に向いてない…辞めたいと悩んでいるときの対処法
  • 失敗しない転職方法
朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

いまは看護師を辞め、Webライターとして充実した毎日を過ごせています。

「看護師に向いてない…辞めたい」その気持ち痛いほどよくわかります。

なぜならわたし自身、看護師に向いてないという理由で転職し、今は看護師以外の仕事をしているから。

もちろん働き慣れた職場を離れる不安は大きく、本当に辞めてもいいのか?とかなり悩みました。

最終的には転職という決断し、いまはWebライターという自分に向いている仕事ができるように。勇気を出して転職してよかった…と心から思っています。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、看護師に向いてない…辞めたいと悩んでしまう原因や対処法、失敗しない転職方法などについて解説しています。

看護師に向いてない…辞めたいと悩んでしまう原因

安心してください。「看護師に向いてない…辞めたい」と悩んでいるのは、あなただけではありません。

実際、マイナビ看護師がおこなったアンケートでも、看護師を辞めた理由の上位に「向いていないと感じた」がランクイン。

さらに、看護師を辞めたい…と思っている人の声をみてみても「向いてない…」という理由で退職を考えている人が、一定数いることがわかりました。

では、看護師に向いてない…辞めたいと感じる原因には、どんなものがあるのでしょうか。原因は以下の4つ。

看護師に向いてないと感じる原因
  1. 命を預かる責任の重さに耐えられない
  2. 向いてない!と言われた
  3. 多忙な職場環境に適応できない
  4. 思うように仕事をこなせない

原因①|命を預かる責任の重さに耐えられない

責任が重くて精神的に疲れた、仕事が怖いなど、命を預かる責任の重さに耐えられないことが「看護師に向いてない…辞めたい」と感じてしまう原因の一つに。

実際、命を預かる責任の重さに耐えられないと感じている看護師の声をみてみると、

看護師
看護師
命に関わるミスを起こすかもと考えると仕事が怖くて仕方ない。こんな自分は看護師に向いてないと思う
看護師
看護師
看護師に向いてないと思い辞めようと考えている。理由は責任が増えてきて、精神的に疲れてしまったから
看護師
看護師
命を預かる責任の重さに耐えられない。病棟以外の職場で働きたい
看護師
看護師
仕事はシンドイし責任は重すぎるし、自分には看護師は向いてない

などの声が。

命を預かる責任の重さに耐えられないことが「看護師に向いてない…辞めたい」と感じていしまう原因の一つになっていることがわかります。

責任の重さは看護師を辞める一つの原因に。

マイナビ看護師が行ったアンケートでも「業務の責任の重さ」が看護師を辞めた理由の6位にランクインしていました。

原因②|向いてない!と言われた

先輩などから「向いてない!」言われてしまうことも、看護師に向いてない…辞めたいと感じてしまう原因の一つになっています。

実際、師長や先輩などから「向いてない!」と言われてしまった看護師の声をみてみると、

看護師
看護師
先輩から「あなたの慌てやすい性格は、看護師に向いていない」と言われた。看護師に向いてないんだと改めて実感した
看護師
看護師
先輩から「報告もまともにできないなんて、看護師に向いてない」と指摘をうけた。もう辞めたくてしかたない
看護師
看護師
仕事で失敗し上司に「向いてない、やめろ!」と言われた。ただただ辞めたい
看護師
看護師
コミュニケーションが苦手、多数のインシデント。先日師長から「あなた向いてないから辞めた方がいい」と言われてしまった

などの声が。

師長や先輩から「向いてない!」と言われてしまうことで、看護師に向いてない…辞めたいという気持ちに、拍車がかかっていることがわかります。

原因③|多忙な職場環境に適応できない

多忙な環境が合わない、パニックになるなど、多忙な職場環境に適応できないことも「看護師に向いてない…辞めたい」と感じてしまう原因の一つに。

実際、多忙な職場環境に適応できないと悩んでいる看護師の声をみてみると、

看護師
看護師
忙しさのあまり患者さんにイライラ…。感情のコントロールできない自分は看護師に向いてないと思う
看護師
看護師
看護師向いてない…。仕事に追われるとイライラが表情や態度に出てしまう。穏やかな所で働きたい
看護師
看護師
病棟という多忙な環境が体に合わない。看護師に向いてない…辞めたい
看護師
看護師
忙しくなったり業務が増えるとパニックに。こんな私は看護師にむいてないのかな

などの声が。多忙な職場環境に適応できないことが「看護師に向いてない…辞めたい」と思う原因の一つになっていることがわかります。

わたしも多忙な職場環境に適応できなかった一人。

経験年数を重ねれば、心身ともに慣れてくると思っていましたが、まったくそんなことはなく…経験年数を重ねれば重ねるほど心身の負担が激増。

多忙な職場環境で定年まで働くのはムリだと思い、看護師を辞める決意をしました。

原因④|思うように仕事をこなせない

小さなミスを繰り返してしまう、急変時の対応ができないなど、思うように仕事をこなせないことも「看護師に向いてない…辞めたい」と感じてしまう原因の一つに。

マイナビ看護師がおこなったアンケートでも「インシデントなどミスをした時」が、業務の中で辞めたいと感じる瞬間の1位にランクインしていました。

実際、思うように仕事をこなせないと感じている看護師の声をみてみると、

看護師
看護師
やっぱり看護師に向いてない。失敗も多いし申し送りも頭が真っ白になり、うまくできない
看護師
看護師
急変時の対応もできないし、言われないと動けない。自分って向いてないんだなと思う
看護師
看護師
覚えが悪く怒られてばかり。自分には看護師は向いてないと思う…辞めたい
看護師
看護師
ケアレスミス、コミュニケーションエラー、全体を見られないなど、看護師に向いてないと思う。別の道に進もうか悩んでいる

などの声が。思うように仕事をこなせないことが「看護師に向いてない…辞めたい」と感じていしまう原因になっていることがわかります。

看護師に向いてない…辞めたいと悩んでいるときの対処法

では次に「看護師に向いてない…辞めたい」と悩んでいるときの対処法を解説します。

向いてない…辞めたいと悩んでいる時の対処法
  1. どんな働き方が向いているかを知る
  2. 働く環境をかえて自分に向いている職場を探す

対処法①|どんな働き方が向いているかを知る

看護師
看護師
看護師に向いてない…辞めたいけど、次に何をしたらいいか分からない

上記のような悩みを抱えているなら、まずは自己分析をおこない「自分にどんな働き方が向いているか?」を知ることが重要。

自己分析をおこなう方法としてオススメなのは、キャリアプラン作成補助シートの活用。

キャリアプラン作成補助シートを活用すると、

  • 自分の個性や性格
  • 大切したい価値観
  • 仕事を選ぶ上でのこだわり

などを明確にしやすくなります。

ツールの活用の他にも、第三者に相談するのも一つの手。第三者に相談することで、自己分析では気づけなかったコトを再発見できます。

どんな働き方が向いているか?を知るうえで、自分の個性や性格、大事にしたい価値観などを知ることは重要。

自分に向いている働き方を実現するためにも、ツールの活用をしたり、第三者へ相談したりして、どんな働き方が向いているかを知りましょう。

朝比奈
朝比奈
わたし自身も看護師を辞めたい方のキャリア相談を行っているので、ご活用していただけたらうれしいです。

対処法②|働く環境をかえて自分に向いている職場を探す

今の職場で「看護師に向いてない…」と感じても、悲観する必要はありません。

なぜなら、人にはそれぞれ向き不向きがあったり、職場によって特徴や体質、カラーが異なったりするから。

たとえば同じ病院勤務でも、A病院では向いてない…と感じたけど、B病院では向いていると感じた、というケースは珍しくありません。

他にも、病院勤務では看護師に向いてない…と感じたけど、病院以外の職場では看護師に向いていると感じた、というケースも。

このように同じ看護の仕事でも、自分に向いている職場を見つけることで、看護師として自信をもって働けるようになる可能性が十分にあります。

自分に向いている職場を探すためには、

  • 働く病院を変える
  • 病院以外に転職する

などして思い切って働く環境を変えることが必須。

実際、働く環境を変えた看護師の声を見てみると、

看護師
看護師
転職先では、周囲の人たちに受け入れてもらえて、楽しく自信をもって働けるようになった
看護師
看護師
いい上司に恵まれ、いろんな研修に出させてもらい、いろんな体験ができ、看護師として自信がつきました
看護師
看護師
好きなように看護させてくれて、楽しく過ごせている。勇気をだして転職してよかった

などの声が。働く環境を変えたことで、自信をもって働けるようになっていることがわかります。

とくに「看護の仕事は好きだから、自分に合う場所でもう一度がんばりたい」と思っているなら、思い切って働く環境を変えることを検討しましょう。

働く環境を変えたい看護師必見!失敗しない転職方法

では、最後に失敗しない転職方法について紹介します。

失敗しない転職方法
  1. 引き止めへの備えをする
  2. 看護師転職サイトを活用する

ステップ①|引き止めへの備えをする

退職理由を伝えるときに「看護師に向いてないから」というネガティブな理由を伝えるのはNG。引き止めにあうなど、円満退職が難しくなってしまう危険があります。

円満退職をするためには、ネガティブな理由を避け、ポジティブな動機や不可避な事情など「師長が納得せざるを得ない理由」を伝えるようにしましょう。

師長が納得せざるを得ない退職理由には、以下のようなものがあります。

  • 体調不良のため
  • 進学や留学のため
  • 遠方に引っ越すため
  • 病院以外の職場を経験するため
  • 看護師以外の職種を経験するため
  • 結婚・出産・育児・介護などライフスタイルが変化したため

円満退職するためには、師長が納得せざるを得ない理由を伝えることが重要。

本当の退職理由が「看護師に向いてない」というネガティブなものの場合、上記の理由を退職理由として伝えましょう。

ステップ②|看護師転職サイトを活用する

失敗しない転職をするためには、看護師転職サイトの活用して、転職先のリアルな様子を知ったうえで転職することが重要。

看護師転職サイトは、転職活動で必須となるすべてのサポートを「無料」で行ってくれるサイトのこと

とくに転職先の職場環境や業務内容、人間関係の様子、教育体制などの情報収集において、看護師転職サイトを活用するメリットは大。

実際、看護師転職サイトを活用すると、

  • 比較検討できる求人数が増える
  • 希望する求人を探してくれる
  • 内部情報をゲットできる可能性がアップする
  • 職場見学のセッティングをしてもらえる

など網羅的かつ多角的に情報収集ができるため、想像と現実のギャップをうめられます。

とりわけ実際の業務内容や労働環境、人間関係の様子など、あなたの知りたいコトを採用担当者に直接聞ける「職場見学」は、情報収集において必要不可欠なもの。

とはいえ「職場見学だけをさせてほしい」という連絡をするのは、けっこうハードルが高いですよね。

一方で、看護師転職サイトを活用すれば、転職エージェントがあなたの代わりに職場見学のセッティングをしてくれるので、ストレスフリーで情報収集をおこなえます。

さらに、看護師転職サイトを活用すれば、転職エージェントが転職のサポートをしてくれるため、在職中でも転職活動をすすめることが可能に。

在職中に転職先が決まれば、退職から転職までの間隔をあけずに転職できるため

  • 貯金がない場合
  • 次の転職先が見つかるか不安な場合

などでも安心して転職できます。

なお、看護師転職サイトを利用するときは、複数の看護師転職サイトに登録しましょう。比較検討できる求人が増え、自分に向いている職場を見つけられる確率がアップします。

わたしが実際に利用してよかった看護師転職サイトは以下の3つ。看護師転職サイト選びの参考にしてもらえるとうれしいです。

 転職サイト  求人数 HP
1位 レバウェル看護
(看護のお仕事)
2位 マイナビ看護師
3位 ナースパワー

看護師転職サイトの選び方や、オススメの転職サイトの詳細については「【転職経験者が厳選】看護師転職サイトランキングTOP3を紹介!」で詳しく解説しているので、参考にしてもらえたらうれしいです。

【まとめ】看護師に向いてない…辞めたいと思ったら転職を検討しよう

今回は、看護師に向いてない…辞めたいと悩んでしまう原因や対処法、失敗しない転職方法などについて解説してきました。

結論として、看護師に向いてない…辞めたいと思ったら、思い切って働く環境を変えるのがオススメ。

今の職場では看護師に向いてない…と感じていても、転職して働く環境を変えることで、自信をもって働けるようになる可能性は十分にあります。

働く環境を変えるのは不安が大きいと思いますが、看護師として充実した毎日を送るためにも、思い切って転職することを検討しましょう。

看護師におすすめの転職サイトを知りたい方はこちら!
看護師を辞めたい方のキャリア相談はこちら!

  • マイナビ転職|看護師辞めたいけど不安…… 経験者が語る辞めて良かったこと・転職後の仕事
  • ナースプラス|看護師を辞めたいと感じる瞬間は? 本音アンケートや対策を紹介
  • マイナビ看護師|看護師白書 2020年度版