看護師

【体験談】男性看護師として働くのが辛い【ジョブチェンジのススメ】

辛い日常から抜け出したい男性看護師
辛い日常から抜け出したい男性看護師
男性看護師として働くのが辛い…。

どうすれば、辛い毎日から抜け出すことができるのか知りたい。

男性看護師の知り合いが少なく、辛い現状を理解してもらえないので、実際に男性看護師として働いたことがある人の話を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

私も男性看護師として病院で働いていましたが、女性社会にうまく馴染めず、あなたと同じように辛い思いをしてきました。

それでもなんとか看護師を10年続けてこれたのは、考え方を180度変えて、孤独を苦痛と感じなくなったからです。

今回はそんな私の実体験にもとづいて、男性看護師として上手に生きる方法などを解説します。

男性看護師として働くのが辛い…【できれば3年は続けるべし】

同じ男性看護師として、女性社会で働くことの辛さはよくわかります。

  • 同期の女性には優しいのに、自分だけ意味もなく怒鳴りつけられる…
  • 相談できる同性の相手がいない…
  • 男だからという理由で辛さを理解してもらえない…
  • 女性しかない職場に馴染めない…
  • お昼休憩が苦痛でしかない…
  • 肩身が狭くて辛い…、だからといって女性看護師の徒党には入れない…
  • 女性看護師の会話の輪に入れない…
  • 毎日のように疎外感を感じる…
  • etc…

上記のように、私自身も毎日のように辛い…辞めたい…、と思って過ごしていました。

幸いなことに、私の場合は、辞めることなく看護師を10年続けることができましたが、10年は長すぎたなと後悔することが多々あります。

今思えば、3年がんばった時点で辞めて、いろいろなことに挑戦するべきだったと思います。

辛い気持ちはわかるけど、3年は続けたほうがいい

3年論争については賛否両論があります。

ただ、個人的には、3年目を終えるタイミングまで続けたほうがいいと感じました。

理由は、以下のとおり。

  1. 看護師として、一人前のレベルに到達することができる(もちろん、個人差ありです…)
  2. 一人前のレベルに到達すれば、転職先の選択肢が広がる
  3. 転職先の選択肢が広がると、仕事に困らなくなる
  4. 仕事に困らなくなると、衣食住に困らなくなる
  5. 衣食住に困らなくなると、看護師以外の仕事にも挑戦しやすくなる

実際に多くの職場では、即戦力のある人材を求めています。

そういった意味で、3年目を終えるまでがんばって一人前のレベルに到達することは、人生の保険という観点でもかなり重要な要素になります。

ただし、うつ病の症状がある場合がすぐに辞めるべき

具体的には、以下のような症状が2週間以上続いている場合は、うつ病の可能性があるのですぐに辞めるべきです。

気分や行動面
  • 憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く
  • 意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている
  • ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い
  • 気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)
身体面
  • 重く締めつけられるような頭痛
  • 腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み
  • 食欲不振、胃の痛み
  • 発汗、息苦しさなど

引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報ーこんにちは2011年3月号:メディカル・ライフ教育出版

うつ病は早期発見して対処することが重要

そのためには、定期的にセルフチェックをおこない、少しでも異変を感じたら、すぐに病院に受診することが大切です。

セルフチェックできるものには、以下のようなものがあります。

我慢のしすぎはNG。

常に自分の心と体の状態に注意して、SOSのサインを見逃さないようにしましょう。

孤独で辛い毎日を乗り越える方法【男性看護師と女性看護師を比較しない】

孤独で辛い毎日を乗り越えるためには、女性看護師と自分(男性看護師)を比較しないことが重要です。

なぜかというと、孤独で辛いと感じてしまうのは、誰かと比較することで起きてしまう現象だからです。

実際、以下のように感じるのは、女性看護師と自分(男性看護師)を比べてしまっているのが大きな原因です。

  • (男性看護師だから)職場に馴染めず辛い…
  • (男性看護師だから)疎外感を感じる…
  • (男性看護師というだけで)あたりがキツイ…
  • etc…

よくある質問「誰かと比較しないようにするためには、どうすればいいの?」

結論、孤高の人になるのがいいです。

ここでいう、孤高の人というのは、他人が嫌いなわけではなく、自分は自分という考えをもつ人のことを指します。

実際に私も、孤高の人という概念を人生にとりいれてからは、他人と比べてもしょうがない、自分は自分の考えをもって行動すればいいと思うことができるようになりました。

孤高の人になるための注意点

注意点は、以下のとおりです。

  • 中立的な立場でいる
  • 協調性をもち、自分の意見をおしつけない
  • 孤高と孤独の意味をはき違えない

注意点①「中立的な立場でいる」

孤高の人になるためには、中立的な立場でいることが重要です。

なぜなら、常に中立的な立場でいることで、独自のポジションを築いていくことができるから。

実際、独自のポジションを築くことができれば、自分の居場所を自分で確保することができ、孤独や疎外感という概念から脱却することができます。

注意点②「協調性をもち、自分の意見をおしつけない」

孤高の人になるためには、常に協調性をもち、自分の意見をおしつけないことが重要です。

なぜなら、協調性を欠き、自分の意見だけを押し付けていると、ただの厄介者・暴君と思われ、周囲から完全に孤立してしまうから。

実際に私も、孤高の意味をはき違えて、完全に孤立してしまった過去があります。

そこから学んだのは、自分の芯はしっかりともちつつ、他人の意見を柔軟に取り入れ、両者がwin-winになる着地点を見つけることの重要性です。

そのためには、協調性を大事にして、相手との信頼関係を深めることも重要になります。

注意点③「孤高と孤独の意味をはき違えない」

孤高の人になるためには、孤高と孤独の意味をはき違えないことが重要です。

なぜなら、孤高の意味をしっかりと理解していないと、知らない間に自分の首を絞めてしまうことになるから。

孤高と孤独の意味の違いは、以下のとおり。

  • 孤高:孤独を寂しいと思わず平然としていること
  • 孤独:思うことを語ったり、心を通い合わせる人が一人もいなく寂しいこと

重要なのは、孤高は自分の意思で一人になり、寂しさを感じないという点。

逆に、孤独は誰かといたいのに一人でなってしまい、寂しさを感じてしまっているという点。

仮にあなたが、孤独を感じつつ、孤高であると思い込んでいると、寂しさがどんどんとつもり大きなストレス源となってしまいます。

孤高の人になると人生楽になる

なぜなら、他人に依存しなくてすむから。

実際、他人に依存しなくてすむと、嫌われたくないという感情がなくなるため、いちいち相手の顔色を伺って生活する必要がなくなります。

そうなってからの人生は本当に楽で、悩みの数が激減しました。

アドラーの教えに「すべての悩みは対人関係である」とありますが、まさにそのとおりだなと思います。

とはいっても、人間関係は複雑…

いくら孤高の人になっても、耐えられないことは多々あります。

その場合は、我慢しすぎることなく、逃げ出してもいいと思います。

男性看護師として働くのが辛いなら、看護にこだわる必要はない【ジョブチェンジのススメ】

看護師として働くのが辛いなら、一旦、看護師を辞めてジョブチェンジするのもいいです。

なぜなら、仕事を変えることで、今より幸せな毎日を送ることができる可能性があるからです。

実際に私も、今は看護師以外の仕事をしていますが、看護師時代より幸せな毎日を過ごすことができています。

看護師経験3年以下の場合のジョブチェンジ術

「将来性」と「仕事への意欲」をアピールします。

もちろん、どちらも前提として、採用する側にとって利益がある存在だと思ってもらう必要があります。

そのためには、希望する転職先がどんな人材を求めているのかを徹底的に調べ、転職先が求める人材を明確にすることが重要です。

看護師経験が長い場合のジョブチェンジ術

まずは「派遣看護師+転職したい異業種でアルバイト」という形で働くのがいいと思います。

理由は、転職したい異業種の実務能力・即戦力を身につけ、ジョブチェンジ成功の確率をあげるためです。

派遣看護師がいい理由

時給がよくて、勤務の融通がきくからです。

実際、派遣看護師の場合は、時給2,000〜2,500円を超える求人もあります。

時給平均が900〜1,000円といわれている飲食店や販売系と比べると、派遣看護師の時給の高さがわかります。

収入の確保は、心の余裕につながる

現実問題、実務能力・即戦力を身につけている間の期間は、収入がガクンと下がってしまいます。

そういった意味でも、時給の高い派遣看護師で少しでも多くの収入を確保することは、心の余裕を保つ意味でも重要なことです。

派遣看護師+アルバイトのモデルケース

「1,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」+「2,000円/時間×8時間/日×10日/ヶ月」=8万円+16万円=24万円

上記のとおりで、時給1,000円の職場で10日、時給2,000円の職場で10日ずつ働けば、月に24万円の収入を得ることができます。

派遣会社は複数登録がいい

実際に、私も派遣会社を利用することで、効率的に収入を確保しつつ、ジョブチェンジへの準備をすることができました。

ちなみに派遣会社にはそれぞれ得意な分野があるため、複数の派遣会社に登録するのがいいです。

私が実際に利用したオススメの派遣会社