その他

施設看護師にはこんな悩みがある【施設看護師に向いている人とは?】

施設看護師への転職を考えている人
施設看護師への転職を考えている人
施設看護師として働いている人の悩みを知りたい。

というかどんな人が施設看護師に向いているの?

施設看護師への転職を考えているので、長く働くことができる職場か知りたいです。

こういった疑問に答えます。

朝比奈
朝比奈
この記事を書いている私は、看護師歴10年。

現在は看護・介護の転職アドバイザーとして活動しています。

施設看護師の悩みに関して、実体験にもとづいて解説します。

施設看護師にはこんな悩みがあるんです【5つ悩み】

施設看護師の悩みで、とくに多いのが以下の5つです。

  • 介護職との連携が難しい
  • 緊急時の対応を任されるためプレッシャーが大きい
  • 給料が低い
  • 利用者の暴言・暴力やケア拒否への対応に苦慮する
  • 理想とするケアができないことがある

一つずつ解説します。

介護職との連携が難しい

施設看護師の悩みとして、介護職員と良好な関係を築くことができないということが多々あります。

理由としては医療分野と福祉分野という専門性の違いから、看護師と介護職員の考え方の違いが生じるからです

実際に私も病院から介護施設へ転職したことがありますが、同じことを話しているつもりなのにお互いの認識が違うということが多々ありました。

とくに介護福祉士の資格をもっていない人との会話では、認識のズレがさらに大きくなります。

よくある質問「なぜ認識のズレが起こるの?」

大きな理由としては医療的なことを主体してケアを考える看護師と、日常生活で困っていることを主体としてケアを考える介護職員との考え方の違いだと感じます

もちろんどちらも間違いではないのですが、お互いの連携を図るためには出発点の差を埋めなければいけません。

そのためにはお互いのバックグランドを理解したうえで、お互いが歩み寄る努力を必要があります。

また上下関係のような形ができないよう、お互いに気をつけてコミュニケーションを図ることも大切です。

緊急時の対応を任されるためプレッシャーが大きい

施設看護師の悩みとして、緊急時の対応を任されるプレッシャーに押しつぶされそうになるということが多々ありあます。

理由としては多くの介護施設では医師が常駐していないため、一番はじめの判断を看護師がしなければいけないからです

実際にICU勤務を経て特養で働いた経験のある看護師は、以下のようなことを言っていました。

ICU勤務を経て特養で働いた経験のある看護師
ICU勤務を経て特養で働いた経験のある看護師
入職前は急変対応など自信をもっていました。

しかし意識レベルが低下した方の対応を自分一人で判断・指示しなければならなかったときには、これでいいのかどうかとても不安でした。

よくある質問「プレッシャーに押しつぶされないようにするためにはどうすればいい?」

結論として、日々の勉強と経験を積み重ねるしか方法はありません。

とはいえ多くの介護施設では現場経験が豊富な管理者(上司)がいるため、どのように対応するかを相談することができます。

また提携先の病院が決まっていることが大半のため、自分で判断できない場合でも電話で相談することができます。

しかし緊急を要する状態の場合には、看護師としてその場ですぐに判断しなければいけないケースもあるため、常にそういったケースを想定したイメージトレーニングをすることが重要です

給料が低い

施設看護師の悩みとして、病院と比べて給料が低いことがあります。

主な理由としては介護報酬に依存したシステムになっているため、給料の底上げができないことがあります。

実際に25〜29歳の看護師で医療施設の病棟と、医療施設以外の平均給料を比べてみると50万円ほど給料が低くなっています

25〜29歳の看護師の場合
医療施設の病棟 約413万円
医療施設以外 約359万円

*参考:ナースフル

介護施設に転職する場合は仕事のやりがいと生活バランスを考えて検討

このように施設看護師へ転職する場合は、給料が低くなるのは覚悟する必要があります。

ただ介護施設では医療施設の病棟に比べて、基本的に医療度が低い利用者が入居しているため業務的には楽に感じることが多い傾向にあります。

いずれにしても給料面は自分ではどうにもできない部分が大きいため、仕事のやりがいや生活とのバランスなどを考えて職場を検討する必要があります

利用者の暴言・暴力やケア拒否への対応に苦慮する

施設看護師の悩みとして、暴言・暴力やケア拒否など病院ではあまり経験しなかったことに苦慮することが多々あります。

主な理由としては、介護施設は生活の場であること・認知症の方が生活していることがあります

実際に私も介護施設で働いたことがありますが、認知症によるものや利用者の性格などが原因で暴力・暴言を浴びることが多々ありました。

また利用者によってはケアに拒否的な言動もよくあり、入浴の介助を行おうとした際に「お前なんか来るな」と言われ殴られた経験もあります。

よくある質問「暴言・暴力やケア拒否にはどのように対応すればいいの?」

結論としては、感情的にならず対応することがプロだといえます。

とはいえ私たちも人間である以上、いつも穏やかに対応できるとは限りません。

そういった場合は、他の職員に変わってもらう・二人体制で対応するなど職員と協力しながら対応していくようにします

また日頃から家族・管理者・職員と情報を共有することで、どのように対応したらいいのかを検討していくことも重要です。

理想とするケアができないことがある

施設看護師の悩みとして、ケアのやり方について介護職員との間にギャップが生じ、理想とするケアができないことがあります。

理由としては、病院と介護施設ではケアの方法や考え方が根本的に違うことがあるからです

実際に施設看護師として働いている方からは「病院で数十年前に行っていたケアを、介護施設では当たり前のように行っていた」という話を聞いたことがあります。

よくある質問「ケア方法のギャップを埋めるためにはどうすればいい?」

結論として、いきなり病院の方法を押し付けてもギャップは埋まりません。

またムリに病院の方法を押し付けようとすれば、介護職員から強い反発を受けてしまいます

そのような事態を避けるためには、まずは介護職員と同じケア方法を実践して周囲からの信頼を得ることが大切です。

またそれに並行して、ケアについての考え方を話し合う時間を設けたり、短時間で行える勉強会を開催してお互いのギャップを徐々に埋めていきます。

実際にこのような方法を行なっていくことで、施設全体がケアの変化を少しずつ受け入れてくれるようになったケースもあります。

施設看護師はこんな人に向いています【要確認】

結論として施設看護師は、以下のような人に向いている職場といえます。

  • 日常生活の支援をすることが好きな人
  • 人と話をすることが好きな人
  • 利用者のペースに合わせて待つことができる人

一つづつ解説します。

日常生活の支援をすることが好きな人

施設看護師は、日常生活上の支援をすることが好きという人に向いています。

なぜなら介護施設では、基本的に高齢者の日常生活を支援する業務を行うからです。

実際に私も介護施設で働いたことがありますが、お風呂介助やおやつの準備、レクリエーション、散歩援助など一緒に日常を過ごすことがメインになります

そのためこのような業務に物足りなさを感じてしまう方は、施設看護師にはあまり向いてないといえます。

人と話をするのが好きな人

施設看護師は、人と話をするのが好きな人に向いています。

なぜなら介護施設では、おやつの時間やレクリエーション、散歩援助など利用者とコミュニケーションをとる時間がたくさんあるからです。

実際に介護施設で働いていると、一緒にソファに座って話をすることも信頼関係を築くうえでの大切な仕事になります

そのため会話はそこそこに急々と働きたいと思う方は、施設看護師にはあまり向いてないといえます。

利用者のペースに合わせて待つことができる人

施設看護師は、待つことができる人に向いています。

なぜなら介護では残存能力をできる限り保つために、できることは自分で行なってもらうというのが基本的な考え方だからです

実際、介護現場では処置や検査、手術など時間が決まったものはほとんどありませんが、日常生活を支援するためにやるべきことは多くあります。

ときには時間に追われることもありますが、それでもできるだけ本人のペースに合わせて援助を行なっていくことが大切になります。

そのため利用者のゆっくりとしたペースにイライラしてしまう方は、施設看護師にあまり向いてないといえます。

施設看護師への転職を考えている方へ

施設看護師に転職を考えているなら、転職サイトの利用をオススメします。

なぜかというと、一言に介護施設といっても特別養護老人ホームや有料老人ホーム、サービス付高齢者住宅、看護多機能小規模施設などさまざまな形態の施設があるからです。

実際にそれぞれの施設ごとに少しずつ働き方も異なるため、実際に働く前の情報収集が重要になります

私も介護施設に転職するまえに転職サイトを利用しましたが、転職エージェントという専任のアドバイザーの方が介護施設に就職した場合にどのような仕事をするのか、どのような役割を与えられるのかなどを丁寧に説明してくれました。

転職してから思っていた職場と違った、ということを避けるためにも転職サイトなどでしっかりと情報収集を行うことをオススメします。

https://life-climber.com/nurse-changejob-recommended/